ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

Bybit(バイビット)

Bybit(バイビット)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説

更新日:

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

Bybit(バイビット)は最大100倍ものレバレッジが使える海外の仮想通貨取引所です。

その高いレバレッジを使えば短期間に莫大な利益を出すことも不可能ではありません。

しかし、リスクをコントロールしながらハイレバレッジを活用していくには追証・ロスカット・証拠金維持率の知識が必須です。

そこで今回はBybit(バイビット)の追証・ロスカット・証拠金維持率について分かりやすく解説していきます。

Bybit(バイビット)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説

Bybit(バイビット)の追証とロスカット・証拠金維持率の関係性

Bybit(バイビット)の追証・ロスカット・証拠金維持率の概要はそれぞれ以下のとおりです。

・追証・・・ポジションを維持するために追加で口座へ入金する証拠金(※ bybitにはない)
・ロスカット・・・ポジションの含み損が一定値を超えると強制的に決済してしまうシステム
・証拠金維持率・・・ポジションを維持するために必要な証拠金に対する有効な証拠金の割合

Bybit(バイビット)に追証はありません。

そして、証拠金維持率はロスカットのタイミングを判断するうえで極めて重要な考え方になります。

上記はあくまで概要です。

それぞれの関係性を念頭にひとつずつ詳しく解説していきます。

Bybit(バイビット)は追証なしでロスカット

Bybit(バイビット)には追証はありません。

レバレッジ取引とは一定の証拠金を担保にして実際の資金以上のトレードをする取り引きです。

ここで担保となる証拠金の価値にはポジションの含み損益も加味されます。

つまり、含み損が膨らむと担保としての証拠金が不足する状況となってしまいます。

そして、そのままの状況が続くとロスカットが発生します。

それを回避するために不足分の証拠金を追加で口座へ入金するものが追証です。

しかし、Bybit(バイビット)にはそもそも追証が存在しません。

Bybit(バイビット)の場合、含み損が一定値以上になると追証を入れる機会なく自動的的にロスカットされてしまいます。

これは一見すると不利なようにも思えるかもしれませんが、実はそれ以上の大きなメリットがあります。

それは借金を作るリスクがないということです。

FXの相場は値動きが激しい局面ではロスカットが間に合わない状況になることも珍しくありません。

すると、ロスカットが遅れた結果として口座残高以上の損失を出してしまうことがあります。

そして、通常はそこで出た損失もまた追証として口座へ入金しなければなりません。

すなわち借金です。

ところが、そもそも追証のないBybit(バイビット)ではマイナス分の損失をトレーダーが支払う必要はないのです。

こういった追証なしで口座残高以上の損失をなしにしてくれるシステムを一般的にゼロカットと呼びます。

ゼロカットは国内の取引所では採用しているところはありません。

これが多くの人がBybit(バイビット)のような海外の取引所を好んで使うゆえんのひとつと言えるでしょう。

ちなみに、Bybit(バイビット)には追証がないからといって追加で口座へ入金できないわけではありません。

ロスカットを回避するために自主的に追証としての証拠金を入金することは可能です。

そういった点から考えても、Bybit(バイビット)に追証がないことがそれほどデメリットにならないことも分かるのではないでしょうか。

Bybit(バイビット)の証拠金維持率の計算方法

Bybit(バイビット)の証拠金維持率は「有効証拠金÷必要証拠金×100」で求められます。

必要証拠金とはポジションを保有するのに最低限必要証拠金。

そして、有効証拠金はポジションに設定した証拠金と含み損益の合計です。

必要証拠金は使用するレバレッジ倍率によって変動します。

この方の説明はFXに関するものですがBybit(バイビット)でも同じ考え方で問題ありません。

たとえば、レバレッジ10倍で100万円相当のポジションを持つ場合の必要証拠金は「100万円÷10=10万円」です。

有効証拠金については少し複雑です。

Bybit(バイビット)はレバレッジ設定により、口座残高すべてを証拠金として扱うか一部のみとするかを変更できるからです。

ただ、ここではあくまで証拠金維持率の計算方法を解説する場です。

あえて単純化のため口座残高すべてを証拠金とする設定とします。

たとえば、先の例で口座に10万円の証拠金があったとします。

すると証拠金維持率は以下のようになります。

・必要証拠金10万円÷有効証拠金10万円×100=100%

この証拠金維持率は、追証のないBybit(バイビット)においてはロスカットが発生するタイミングを判断するうえで極めて重要になってきます。

このロスカットが発生する証拠金維持率を一般的にロスカットレベルと呼びます。

Bybit(バイビット)のロスカットレベル(証拠金維持率)は段階制

Bybit(バイビット)のロスカットレベルは原則的に50%です。

証拠金維持率が50%を下回ると追証の機会なく自動的にロスカットされてしまいます。

そして、Bybit(バイビット)では例外的に、取り引きするポジションのサイズが大きくなるにつれてロスカットレベルが厳しくなっていきます。

また、あわせて最大レバレッジも低くなっていきます。

こういった取引条件の変動をBybit(バイビット)はリスク制限と呼んでおり、取り引きする通貨によって条件が異なってきます。

一例としてBTC/USDのリスク制限を紹介します。

・~ポジション価額150BTC・・・ロスカットレベル20%、最大レバレッジ100倍
・150BTC~300BTC・・・ロスカットレベル66%、最大レバレッジ66倍
・300BTC~450BTC・・・ロスカットレベル75%、最大レバレッジ50倍
・450~600BTC・・・ロスカットレベル80%、最大レバレッジ40倍
・・・・以降150BTC刻みでポジション価額1500BTC・・・ロスカットレベル90%、最大レバレッジ18倍が上限

Bybit(バイビット)の最大レバレッジは100倍です。

したがって、1.5BTCの証拠金で取り引きするとリスク制限が適用されはじめるポジション価額の150BTCに達してしまいます。

そこからは劇的に最大レバレッジが低くなり、ロスカットレベルも厳しくなってしまいます。

ある程度まとまった資金でトレードする人はこのリスク制限に注意しておきましょう。

Bybit(バイビット)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説 まとめ

Bybit(バイビット)は追証がなく一定の証拠金を下回ると自動的にロスカットが発生する仕様です。

そして、万が一にもロスカットが間に合わず口座残高以上の損失が出たとしても追証はありません。

つまり、どれだけ損失を出しても借金を作るようなリスクはゼロです。

まら、Bybit(バイビット)のロスカットレベルは原則的に証拠金維持率50%ですが、取引サイズに応じてこの条件は変動します。

大きなトレードをメインとするひとはこの条件変化(リスク制限)に注意しておきましょう。

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

-Bybit(バイビット)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.