ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

Bybit(バイビット)

Bybit(バイビット)の出金方法と反映時間を分かりやすく解説

投稿日:

Bybit(バイビット)の出金方法にはどのようなものがあって、どのようなやり方をするの?

出金の反映時間も知りたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

Bybit(バイビット)の入金方法は日本円ではできないため、基本的に仮想通貨で行いますが、出金方法も同じく仮想通貨で出金を行います。

Bybit(バイビット)の出金方法と反映時間を分かりやすく解説

Bybit(バイビット)の出金方法の事前準備

Bybit(バイビット)の出金方法の事前準備として、二段階認証の設定・ウオレットアドレスの登録・現物アカウントへの口座振替を行いましょう。

Bybit(バイビット)の出金方法の事前準備1.二段階認証の設定

二段階認証を2つ設定しなければ、Bybit(バイビット)の出金方法はできませんので、事前準備として済ませておく必要があります。

やり方の手順は、Bybit(バイビット)にログイン後、マイページ右上のアカウントアイコンから「アカウント&セキュリティ」に進み「二段階認証」の「設定」から画面の流れに沿って完了させてください。

メールアドレスで登録している方は、SMS認証かGoogle認証のどちらかを設定し、携帯電話番号で登録している方は、メール認証かgoogle認証のどちらかが必要になります。

Bybit(バイビット)の出金方法の事前準備2.ウオレットアドレスの登録

Bybit(バイビット)の出金方法の事前準備として、出金先ウオレットのアドレスを済ませておくとスムーズです。

やり方の手順は、Bybit(バイビット)にログイン後、マイページのアカウントから「アカウント&セキュリティ」の「個人資産」に進み「個人資産」を選択します。

「ウオレットアドレス管理」に進み「追加」をクリックして、以下をフォームに記入しましょう。

  • コイン:出金する仮想通貨の銘柄を選択
  • アドレス:出金する仮想通貨のウオレットのアドレスを記入
  • アドレス名:任意のアドレス名を自由に設定する

記入を終えたら「確定」をクリックしてください。

次項の出金方法の手続きで、登録したウオレットアドレスを選択できるようになります。

Bybit(バイビット)の出金方法の事前準備3.現物アカウントに口座振替を済ませる

Bybit(バイビット)から外部への出金方法に対応しているのは現物アカウントのみです。

デリバティブアカウント・USDCアカウント・BiFiアカウントから、外部へ出金することはできないため、事前準備として口座残高を口座振替で現物アカウントへ集約させましょう。

やり方の手順は、Bybit(バイビット)のマイページの「資産」から出金したい取引アカウントを選択しましょう。

口座振替する銘柄の「振り替える」を選択します。

  • 振替元:デリバティブアカウント・USDCアカウント・BiFiアカウントのいずれを選択
  • 振替先:現物アカウントを選択
  • コイン:口座振替するで銘柄を確認
  • 数量:口座振替する数量を記入

記入を終えたら「確定」をクリックしましょう。

現物アカウントへの着金を確認したら、Bybit(バイビット)の出金方法に進むことができます。

Bybit(バイビット)の出金方法のやり方

Bybit(バイビット)の出金方法のやり方をみていきましょう。

手順は、Bybit(バイビット)のマイページ「資産」から「現物アカウント」に進みます。

出金したい銘柄の「出金」に進み、Bybit(バイビット)の出金フォームを記入しましょう。

  • コイン:出金したい銘柄なのかを確認
  • ウオレットアドレス:前項で登録したウオレットアドレスを選択
  • 数量:出金したい数量を記入

すべて記入を終えたら「提出」をクリックするとメールが届くので、メール内の確認URLをクリックして出金方法は完了となります。

Bybit(バイビット)の出金反映時間

Bybit(バイビット)の出金反映時間は、仮想通貨の銘柄と出金数量に応じて異なります。

まず即時反映できるのは、以下の通りで、その他の銘柄は出金数量に関係なく即時反映になります。

  • 5BTC未満
  • 70ETH未満
  • 60,000EOS未満
  • 250,000XRP未満
  • 100,000USDT未満

ただし出金が即時反映になるものであっても、出金処理に30分~1時間程度要するケースもあります。

一方、上記の5銘柄のうち上の出金数量を超えるものにについては、出金反映時間が日本時間の1時・9時・17時のいずれかになります。

ただし上記の時間のギリギリに出金リクエストをしても出金処理に時間がかかる可能性もあるため、反映時間が遅れてしまうケースもあります。

出金の反映時間の目安として、Bybit(バイビット)の入出金履歴で現在の処理状況を確認できるため、ぜひ参考にしてみましょう。

Bybit(バイビット)の出金方法の注意点と出金できない原因について

Bybit(バイビット)の出金方法における注意点として、出金ルールを守ららなかった場合は、出金できない原因となります。

イオス (EOS) ・リップル (XRP) ・ネム(XEM)・ステラルーメン(XLM)出金方法の手続きでは、出金アドレスのほか、タグ・メモ・メッセージが必要になります。

これらの出金手続きでは、出金アドレスのほか、タグ等を記入しなければ、仮想通貨が消失してしまうため、出金方法の注意点として覚えておきましょう。

Bybit(バイビット)で出金できない原因として考えられることは、以下の通りです。

  • 出金手続きで確認メールのURLをクリックしていない
  • トランザクションの混雑
  • 出金反映時間になっていない

Bybit(バイビット)の出金履歴のステータスが「送金完了」になっているのにもかかわらず出金できない場合は、トランザクションの混雑によることが影響しています。

トラブルに見舞われたのではなく、各仮想通貨の処理状況によって反映時間が長引いているため、反映されるまで待ちましょう。

Bybit(バイビット)の出金反映時間が日本時間の1時・9時・17時と規定されている銘柄については、この時間までに出金手続きを済ませないことが出金できない原因になります。

またこの時間よりも早く出金手続きを済ませたとしても、処理には時間がかかるため、時間ギリギリだった場合も出金できません。

早めにBybit(バイビット)で出金手続きを行いましょう。

Bybit(バイビット)の出金方法と反映時間を分かりやすく解説まとめ

Bybit(バイビット)の出金方法は、二段階認証と現物アカウントより行うため資金を集約させる手続きが必要で、先に出金口座のウオレットアドレスの登録を済ませておくとスムーズです。

出金反映時間は、銘柄や数量によって異なりますのできちんと確認しておきましょう。

またBybit(バイビット)では出金数量や銘柄によって、1日3回の反映時間に制限されるケースもありますのでご注意ください。

出金方法は画面の流れに沿って済ませるだけでスムーズに完了することができるでしょう。

-Bybit(バイビット)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2024 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.