ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

Bybit(バイビット)

Bybit(バイビット)のゼロカットを分かりやすく解説

更新日:

【ボーナスが手厚いおすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【4位】Binance Futuresの詳細ページはこちらから

Bybit(バイビット)のゼロカットってなに?

ゼロカットの執行方法はどのようにするの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

国内取引所のユーザーはゼロカットになじみがないため、はじめて海外取引所のご利用を検討されている方の中には疑問を抱く方もいるでしょう。

またBybit(バイビット)のゼロカットに魅力を感じて、登録を検討されている方もいるのではないでしょうか。

Bybit(バイビット)のゼロカットを分かりやすく解説

Bybit(バイビット)のゼロカットとは?

Bybit(バイビット)のゼロカットとは、ロスカットでマイナスになってしまった口座残高をゼロまでリセットしてもらえる制度です。

ロスカットされて損失が確定すると口座残高はマイナスになり、借金を抱えることになります。

国内取引所ではトレーダーが追証をして、マイナスの残高をゼロまで戻す必要がありますが、Bybit(バイビット)では必要ありません。

すなわちゼロカットとは、発生した借金をBybit(バイビット)が肩代わりするトレーダーを守るための救済制度です。

一方、国内取引所は救済制度として追証があります。

ポジションが一定の証拠金維持率を下回ったときに、追証してロスカットを回避できます。

つまり国内取引所の追証は、借金の発生を防いでトレーダーを守る救済制度であり、Bybit(バイビット)のゼロカットは、発生した借金の返済リスクからトレーダーを守る救済制度と言えるでしょう。

Bybit(バイビット)のゼロカットのしくみ

ゼロカットは、FXブローカーがトレーダーの借金を肩代わりすることをさしますが、Bybit(バイビット)では「保険基金」と「自動デレバレッジ(DA)」というしくみのもとトレーダーの損失補てんを行っています。

保険基金とは、過去ロスカットになったユーザーから没収した証拠金をBybit(バイビット)が積み立てておいたもので、ゼロカットの補てんとして活用します。

自動デレバレッジ(DA)とは、保険基金ではまかないきれないゼロカットの補てんは、Bybit(バイビット)で反対売買方向を選択しているユーザーの中からランキングが高い人を選び、そのユーザーのポジションをデレバレッジして補填します。

Bybit(バイビット)の公式サイトでは保険基金の残高と自動デレバレッジのランキングを公開しており、きちんとしたしくみのもと、ゼロカットを執行します。

Bybit(バイビット)のゼロカットの執行方法

Bybit(バイビット)のゼロカットの執行方法は、サポートデスクへゼロカットの申請を行う必要はありません。

ロスカットされると証拠金が没収されて、口座残高のマイナス分は保険基金で補てんされるという処置が、システムにより自動的に執行されます。

国内取引所のユーザーは、ゼロカットにはメリットしかないけれど、何か執行するための条件があったり、利用するリスクがあるのではと考える方もいるでしょう。

ゼロカットの執行は無条件・全ユーザーが対象ですし、リスクを挙げるならば国内取引所と同じく証拠金が没収になることくらいです。

Bybit(バイビット)で口座残高がマイナスになってしまった全ユーザーがゼロカット執行の対象者ですのでご安心ください。

Bybit(バイビット)はゼロカットも追証も利用できる

Bybit(バイビット)はゼロカットを採用していますが、追証も利用できます。

ただしBybit(バイビット)の追証は、国内取引所のように義務的ではなく自由に利用できることがメリットでしょう。

Bybit(バイビット)の追証は、手動で行う方法と「自動証拠金補充機能(AMR)」を利用して証拠金を自動で補充する方法から選択できます。

追証により任意でロスカットを回避することができるうえ、追証せずにロスカットされてしまってもゼロカットが執行されるため、自分でリスク管理を選択できるのはBybit(バイビット)の大きなメリットだと言えるでしょう。

Bybit(バイビット)のゼロカットを国内取引所が採用しない理由

なぜBybit(バイビット)はゼロカット制度があるのに、国内取引所では採用しないのか、疑問を感じる方もいるはずです。

そもそもゼロカットは、Bybit(バイビット)に限らず、ハイレバレッジトレードに対応した海外取引所全般が採用しています。

ハイレバレッジトレードは、大きな利益が期待できる一方、損失が発生すると莫大な借金を背負うことになりかねないため、安全にトレードしてもらうために海外取引所ではゼロカットを採用しています。

国内取引所でもゼロカットを採用すればいいのにと感じる方も多いでしょうが、国内取引所は金融庁の傘下にあり、金融庁はブローカーによる損失補てんを禁止しています。

ゼロカットの代わりに追証制度を採用して、損失の確定を回避し借金の発生リスクからトレーダーを守るという方法を国内取引所はとっているのです。

ただし追証は、元手資金以上の証拠金を入金するため、万が一ロスカットされた場合は、元手資金に加えて追証した金額も失うことになります。

一方ゼロカットは、証拠金だけが没収になるため、元手資金以上の金額を失うことはありません。

Bybit(バイビット)などの海外取引所は、ゼロカットが採用されているため、借金リスクを抱えることなく仮想通貨FX出来ることが大きなメリットだと言えるでしょう。

ただしBybit(バイビット)はゼロカットがあるからと言って、ロスカットされてもいいやと思っていてはトレード技術が身に付きません。

Bybit(バイビット)を利用する目的はゼロカットを利用することではなく利益をめざすことですので、損切りなども覚えてトレード技術を向上させていきましょう。

Bybit(バイビット)のゼロカットを分かりやすく解説まとめ

Bybit(バイビット)のゼロカットとは、ロスカットでマイナスになってしまった口座残高を無条件でゼロまでリセットし、投資家を借金リスクから守るための救済制度です。

口座残高がマイナスになれば、自動的かつ無条件でゼロカットは執行されるため、安心して仮想通貨FXを楽しむことができるでしょう。

国内取引所の追証は、ロスカットを回避できるものの、強制決済にいたってしまった場合は、借金を返済しなければいけません。

Bybit(バイビット)は借金リスクから免れられるうえ、任意で追証してロスカットを回避することもできる、万能なリスク管理を備えた海外取引所と言えるでしょう。

-Bybit(バイビット)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.