ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

Bybit(バイビット)

Bybit(バイビット)の取引方法(注文方法)を分かりやすく解説

投稿日:

【ボーナスが手厚いおすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】おすすめ1位の取引所(LINE公式で確認)

【2位】CryptoGTの詳細ページはこちらから

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【4位】Binanceの詳細ページはこちらから

海外の仮想通貨(暗号資産)取引所の中でも日本人トレーダーに人気のあるBybit(バイビット)。

そんなBybit(バイビット)をこれから使ってみたいという人の中には、具体的な取引方法(注文方法)が知りたいという人もいるでしょう。

Bybit(バイビット)では基本的に3つの注文方法が利用できるようになっており、レバレッジの設定条件などもユーザー自身で調整することが可能です。

そこで今回は、Bybit(バイビット)の取引方法(注文方法)を分かりやすく解説していきます。

Bybit(バイビット)の取引方法(注文方法)を分かりやすく解説

レバレッジ最大100倍というハイレバレッジトレードが可能なBybit(バイビット)では、大きく分けて以下の3つの取引方法(注文方法)が選択可能です。

  • 成行注文
  • 指値注文
  • 条件付き注文

どの取引方法(注文方法)も注文を行う項目は同じになっており、Bybit(バイビット)のトレード画面右側に表示されている注文項目から行っていきます。

それでは次項よりBybit(バイビット)のそれぞれの具体的な取引方法(注文方法)をみていきましょう。

Bybit(バイビット)の取引方法(注文方法) 成行注文

Bybit(バイビット)の取引方法(注文方法)の中で、一番シンプルな取引方法(注文方法)が成行注文です。

Bybit(バイビット)の成行注文は売買の時にユーザー側が価格を指定することなく注文を行う取引方法(注文方法)になっています。

現在のレートですぐにポジションを保有したり決済したいという時に利用しやすい取引方法(注文方法)だといえるでしょう。

Bybit(バイビット)で成行注文を行う場合には、注文項目にある上部タブを「成行」に合わせていきます。

成行注文の入力画面が表示されるので、続いてレバレッジを調整していきましょう。

Bybit(バイビット)の成行注文では「クロスマージン」と「分離マージン」が選択できるようになっており、それぞれ以下のような条件のもとにレバレッジをかけることになります。

  • クロスマージン...証拠金の全てを使ってレバレッジ取引を行う(ポジションを保有する)
  • 分離マージン...必要な初期証拠金が残りの口座残高から分離された状態でレバレッジ取引を行う(ポジションを保有する)

クロスマージンを選択する場合には、「クロス」のボタンをタップしてください。

クロスマージンを選択した場合には、レバレッジの調整は行えないので、100倍などのフルレバレッジでトレードすることになります。

分離マージンを選択する場合には、「分離」のボタンをタップしてください。

分離マージンを選択するとレバレッジを自分で調整できますのでレバレッジ調整ボタンをスライドして、取引したいレバレッジに調整を行っていきましょう。

または「分離」の右隣に直接数字を入力してレバレッジを設定することも可能です。

あとは「数量」の部分に注文数量を入力して買い注文の場合には「買い/ロング」、売り注文の場合には「売り/ショート」ボタンをクリックして注文を完了させていきます。

Bybit(バイビット)の取引方法(注文方法) 指値注文

Bybit(バイビット)の取引方法(注文方法)の中で成行注文の次に利用されることが多いのが指値注文です。

指値注文はあらかじめエントリーする(注文を出す)価格を設定して「〇〇円になったら買い(売り)」という注文ができるようになっています。

そのため希望価格さえ決まっていればレートに張り付いていなくてもエントリー可能な取引方法(注文方法)です。

Bybit(バイビット)で指値注文を行うのであれば、注文項目の上部タブを「指値」に合わせていきましょう。

Bybit(バイビット)の指値注文では成行同様に「クロスマージン」と「分離マージン」が選択できるようになっており、それぞれ以下のような条件のもとにレバレッジをかけることになります。

  • クロスマージン...証拠金の全てを使ってレバレッジ取引を行う(ポジションを保有する)
  • 分離マージン...必要な初期証拠金が残りの口座残高から分離された状態でレバレッジ取引を行う(ポジションを保有する)

クロスマージンを選択する場合には、「クロス」のボタンをタップしてください。

クロスマージンを選択した場合には、レバレッジの調整は行えないので、100倍などのフルレバレッジでトレードすることになります。

分離マージンを選択する場合には、「分離」のボタンをタップしてください。

分離マージンを選択するとレバレッジを自分で調整できますのでレバレッジ調整ボタンをスライドして、取引したいレバレッジに調整を行っていきましょう。

または「分離」の右隣に直接数字を入力してレバレッジを設定することも可能です。

レバレッジの設定が完了したら、続いてエントリーする希望価格と数量を入力していきます。

最後に買い注文の場合には「買い/ロング」、売り注文の場合には「売り/ショート」ボタンをクリックして注文を完了です。

希望価格で売れない(または変えない)場合には、一旦オーダーブックに注文が並び、注文が約定するまで待つことになるでしょう。

Bybit(バイビット)の取引方法(注文方法) 条件付き注文

最後に紹介するのが条件付き注文です。

Bybit(バイビット)の3つの取引方法(注文方法)の中でより詳細な注文ができる、指値注文と成行注文の応用編となるような取引方法(注文方法)が利用できます。

Bybit(バイビット)の条件付き注文を行う場合には、注文タブを「条件付き」に合わせてください。

レバレッジは指値注文や成行注文と同様にクロスマージンと分離マージンのレバレッジ設定が可能です。

まずは①にて「成行」「指値」のいずれかを選択した上で②のトリガー価格を設定していきます。

意味としては②のトリガー価格に達した時に①の条件で注文が発動するという意味です。

さらに「最終取引」「インデックス」「マーク」のいずれかを選択してトリガーとなる価格帯を指定していきますが、それぞれ以下のような意味があります。

  • 最終取引...Bybit(バイビット)で最も直近で取引された価格
  • インデックス...Bybit(バイビット)以外の取引所での売買も加味された価格
  • マーク...インデックスにさらにBybit(バイビット)独自の調整が加えられた価格

最後に注文数量を入力した上で買い注文の場合には「買い/ロング」、売り注文の場合には「売り/ショート」ボタンをクリックして注文を完了させていきます。

Bybit(バイビット)の取引方法(注文方法)を分かりやすく解説まとめ

今回は、Bybit(バイビット)の取引方法(注文方法)を分かりやすく解説してきました。

Bybit(バイビット)の取引方法(注文方法)は、成行注文・指値注文・条件付き注文という3つのタイプの注文方法より好きなものを選んで利用することができます。

まずは成行注文から注文を始めて、徐々に指値注文や条件付き注文を活用していきましょう。

-Bybit(バイビット)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.