ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

Bybit(バイビット)

Bybit(バイビット)のデモ口座の開設方法と使い方を分かりやすく解説

更新日:

【ボーナスが手厚いおすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【4位】Binance Futuresの詳細ページはこちらから

Bybit(バイビット)は最大レバレッジ100倍の仮想通貨FX取引所です。

国内の取引所だけでなく海外の仮想通貨取引所を利用してみたいと考え始めた人は多いのではないでしょうか。

そこで気になるのがデモ口座。

しかしデモ口座への入金方法がわからないとお悩みの人が多いようです。

そこで今回はBybit(バイビット)のデモ口座の開設方法と使い方、入金されていないときの対処法などを分かりやすく解説します。

Bybit(バイビット)のデモ口座の開設方法と使い方を分かりやすく解説

Bybit(バイビット)のデモ口座の開設方法 テストネットにアクセス

Bybit(バイビット)のデモ口座は「テストネット」と呼ばれています。

このテストネットはBybit(バイビット)のトレード口座とは別に開設手続きをしなければいけません。

デモ口座=テストネットの特徴は下記のとおり。

・デモ専用であるテストネットで口座を開設

・Bybit(バイビット)のトレードと同じ取引画面でデモできる

・架空の資産を入金してトレードできる

まず、Webサイトの検索画面で「Bybit」「テストネット」と入力してください。

するとBybit(バイビット)の日本語版のテストネットにアクセスできます。

Bybit(バイビット)のデモ口座の開設方法

Bybit(バイビット)のデモ口座にアクセスできたら、電話番号またはメールアドレスを入力して「今すぐ登録」を押してください。

中国やアメリカ、シンガポールなどの制限国に住んでいるかどうかを問われますので「いいえ」をクリック。

続いてメール認証またはSMS認証を行います。

届いた6桁の数字をBybit(バイビット)のテストネットに入力してください。

これでBybit(バイビット)のデモ口座であるテストネットに口座を開設できました。

なお、認証コードの有効期限は5分ですので、その場でデモ口座開設まで一気にすませてしまいましょう。

もし時間が過ぎてしまった場合は、再送信ボタンを押せば再度手続きできます。

Bybit(バイビット)のデモ口座の使い方1 テストコインデポジットが入っているか確認

Bybit(バイビット)のデモ口座の使い方としてまずは、架空の資金「テストコインデポジット」が入金されているかどうかの確認を行いましょう。

 

右上の「資産」をクリックして、デモ口座の架空の資金「テストコインデポジット」が入金されているかどうかを確認してください。

合計資産額は基本的には1BTC以上が入っているはずです。

もし全ての数字が「***************」と表示されている場合には非表示になっているだけですので、左上の「合計資産」の右横の目のマークをクリックしましょう。

2021年10月18日以降に作成したBybit(バイビット)のデモ口座にはあらかじめこのテストコインデポジットが入金されているはずです。

もしこの金額が「0」であれば、Bybit(バイビット)に連絡して資金を入金してもらわなければいけません。

その手続き方法は2つです。

・チャットで「テストコインデポジット」と入力する

・上記で解決しなければライブチャットで担当者とチャットで交渉

それぞれの方法を次章で詳しく解説します。

Bybit(バイビット)のデモ口座の使い方2 テストコインデポジットが入っていない時はチャットで依頼

Bybit(バイビット)のサイトの右下に「ヘッドフォンマーク」が常時表示されていますので、ここをクリックしてください。

するとBybit(バイビット)ライブチャットサービスがポップアップ表示されます。

まずは送られてきた「テストコインの資産確認」のリンクをクリックしてみましょう。

ここでテストコインデポジットが確認できれば問題ありません。

すぐにでもトレードへと移りましょう。

もし追加のコインが欲しいのであれば、このチャットから追加依頼することもできます。

もし、資産確認をしても「0」の場合には、その旨を伝えましょう。

なおBybit(バイビット)のサポート担当者は日本人ではありません。

翻訳機能を使ってチャットのやりとりをします。

日本語の翻訳が通じにくい時は簡単な英単語で伝えるとよいかもしれません。

なお、Bybit(バイビット)のライブチャットサービスは対応は迅速です。

このチャットを終了して1分とかからずにテストコインが補充されていました。

もしお困りであれば、気軽にライブチャットで問い合わせしてみてください。

Bybit(バイビット)のデモ口座の使い方3 現物取引のトレード方法

では次に、Bybit(バイビット)のデモ口座の現物取引でのトレード方法をみていきましょう。

Bybit(バイビット)のデモ口座画面は、リアルトレードとまったく同じ見た目です。

トレード方法を試す前にアドレスが「testnet.bybit.com/」となっているか再度チェックしておきましょう。

ではまず、トレードタブをクリックします。

現物取引を選んで取引したい銘柄を選びます。

すると右側に注文スペースが表示されます。

Bybit(バイビット)のデモ口座ではリアルトレードと全く同じトレード方法をとれます。

・指値注文

・成行注文

・条件付き注文

指値注文では、「注文価格と数量」を入力して「BTCを買う」をクリックしてください。

成行注文ではチャートや取引板の価格を確認して納得すれば「数量」を入れて「BTCを買う」をクリックしましょう。

Bybit(バイビット)の条件付き注文では下記のトレード方法をとれます。

・トリガー価格成行き

・トリガー価格指値

いろいろなトレード方法をBybit(バイビット)のデモ口座でお試しください。

Bybit(バイビット)のデモ口座の使い方4 デリバティブのトレード方法

では次に、Bybit(バイビット)のデモ口座のデリバティブでのトレード方法をみていきます。

デリバティブ口座画面もBybit(バイビット)のリアルトレードと同じ画面でトレードできます。

・指値注文

・成行注文

・条件付き注文

上記いずれかのトレード方法を選んで、参入価格や決済注文を入れていきましょう。

条件付きであれば、トリガー価格の発動をどの価格にするのか選べます。

・最終取引価格

・インデックス価格

・マーク価格

Bybit(バイビット)ではロスカットや損益計算はマーク価格で行われますので、マーク価格にてトリガー価格をいれておくほうがよいかもしれません。

Bybit(バイビット)のデモ口座の開設方法と使い方を分かりやすく解説まとめ

Bybit(バイビット)のデモ口座の開設方法と使い方について詳しく解説しました。

Bybit(バイビット)のデモ口座はリアルトレードとは別に開設しなければいけません。

基本的にはあらかじめテストコイン入金されているはずですが、入金されていないこともままあります。

その場合にはライブチャットサービスから問い合わせしてください。

Bybit(バイビット)のデモ口座の取引画面はリアル口座と同じですので、間違わないように注意しておきましょう。

-Bybit(バイビット)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.