ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

Bybit(バイビット)

Bybit(バイビット)の複数アカウントを分かりやすく解説

更新日:

【ボーナスが手厚いおすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【4位】Binance Futuresの詳細ページはこちらから

Bybit(バイビット)は最大レバレッジ100倍ある海外の仮想通貨取引所。

日本語にも対応しているため、日本人ユーザーからも高い人気を誇っています。

自動売買したいので複数アカウントを開設したいという人は多いのではないでしょうか。

そこで今回はBybit(バイビット)で複数アカウントは作れるのか、その作成方法や注意点などを詳しく解説します。

Bybit(バイビット)の複数アカウントを分かりやすく解説

Bybit(バイビット)では下記の複数アカウントを作成できます。

・1つのメールアドレスにつき1つのメインアカウントを作成

・1つのメインアカウントに紐付いたサブアカウントを作成

ではそれぞれの作成方法や複数アカウントのメリットなどを見ていきましょう。

Bybit(バイビット)では複数のメインアカウントを作成できる

Bybit(バイビット)では1つのメールアドレスにつき、1つのメインアカウントを作成できます。

口座開設時にはメールアドレスだけが必要で、本人確認書類の提出などは必要ありません。

つまりお手持ちのメールアドレスの数だけBybit(バイビット)でアカウントを複数開設できます。

ただし、登録に利用したメールアドレスを変更することはできません。

携帯電話など変更の可能性があるメールアドレスの利用はやめておきましょう。

Bybit(バイビット)で複数のメインアカウントを作成する方法

Bybit(バイビット)で複数のメインアカウントを作成する方法は簡単です。

公式サイトにてメールアドレスを入力して「今すぐ登録」ボタンを押してください。

すると登録したメールアドレスあてに認証コードが届きますので、その数字を入力するだけです。

これで1つ目のアカウントが作成できました。

次に別のメールアドレスを用意して同様の手順を繰り返すだけです。

これでBybit(バイビット)で複数のメインアカウントを作成できます。

Bybit(バイビット)での複数のサブアカウントを作成できる

Bybit(バイビット)では2021年より複数のサブアカウントを作成できるようになりました。

サブアカウントの特徴は以下のとおり。

・1つのメインアカウントでサブアカウントを最大20個まで作成可能

・サブアカウントから入出金できない

・トレードはメインアカウントと全く同じ

・損益はメインアカウントと分離されている

Bybit(バイビット)の複数のサブアカウントから直接入出金することはできません。

サブアカウントページ内の「資産交換」にてメインアカウントとの資金移動を行ってください。

なお、手数料は一切かかりませんし、即時に資金移動できます。

サブアカウントでの取引方法はメインアカウントと同じで、APIも使えます。

また、サブアカウントの損益とメインアカウントの損益は分離されています。

運用アカウントごとの損益が明確になるのは大きなメリットといえるでしょう。

Bybit(バイビット)で複数のサブアカウントを作成する方法

Bybit(バイビット)で複数のサブアカウントを作成する方法をみていきましょう。

Bybit(バイビット)にログインして右上の人型アイコンをクリックして「サブアカウント」を表示させましょう。

するとサブアカウント新規作成ページへと移りますので、「ユーザー名」と「パスワード」を入力してください。

なおユーザー名はあとで変更できませんのでご注意ください。

確定を押すとメインアカウントで登録していたメールアドレスや携帯番号あてに認証コードが送られてきます。

そのコードを入力すれば、Bybit(バイビット)でサブアカウントを使えるようになるでしょう。

サブアカウントは最大20個まで作成できますので、複数作成したい人はこの作業を繰り返してください。

Bybit(バイビット)では複数アカウント作るメリット

Bybit(バイビット)で複数アカウントを作るメリットには次の2つがあげられます。

・自動売買用と裁量トレード用を分けられる

・ロング専用、ショート専用などトレードの目的別に分けられる

まず、Bybit(バイビット)で複数アカウントを検討している人は、自動売買をすでにされている人が多いのではないでしょうか。

自動売買と裁量トレードを1つの口座内で行うことはできません。

中にはA取引所を自動売買用、B取引所を裁量トレード用と分けている人もいるでしょう。

ですが1つの取引所で複数アカウントを運用すれば運用が楽になり、収益の計算がしやすくなる大きなメリットがあります。

また、同じアカウントでロング専用、ショート専用、あるいは銘柄ごとにアカウントを切り分けてもよいかもしれません。

両建てには要注意ですが、トレードの目的がはっきりします。

Bybit(バイビット)で複数アカウントをもつメリットは大きいので、どのようなトレードをしていきたいのか事前に検討しておきましょう。

Bybit(バイビット)の複数アカウントの切替方法

まず複数のメインアカウントをお持ちの場合は、Bybit(バイビット)にログインするページにて切り替えてください。

次にBybit(バイビット)のサブアカウントへの切替方法は2通りあります。

1つ目はBybit(バイビット)のメインアカウントにログインするページで直接切り替える方法です。

メインアカウントの「ログイン」バナーの直下に「サブアカウントにログイン」との文言が記載されています。

そちらをクリックすればサブアカウントに切り替えてそのままログインできます。

2つ目はメインアカウントでログインしたあとにサブアカウントへと切り替える方法です。

ログイン後に「サブアカウント」ページへと移るとサブアカウント一覧ページが表示されます。

ログインしたいサブアカウントのユーザー名を確認してから「ログイン」をクリックしましょう。

複数のサブアカウントをお持ちの場合では、このページから切り替えていくほうがよいかもしれません。

Bybit(バイビット)の複数アカウントでの禁止行為

Bybit(バイビット)では複数アカウントを利用するのはかまいませんが、禁止されていることはあります。

・ボーナスや入金キャンペーンなどを二重に受け取ること

・複数アカウントでのトレードバトルへの参加

・自己アフィリエイト

Bybit(バイビット)では定期的に入金ボーナスやトレードバトルが開催されています。

これらのイベントでは、一人につき1つのアカウントでしか参加できません。

ユーザーにとってお得なイベントがあると、複数のアカウントを利用して、それぞれで利益を得たい気持ちは分かります。

ですが、Bybit(バイビット)の利用規約にて明確に禁止されています。

また、複数アカウントを作成してお互いを紹介する形にしてアフィリエイト報酬を得る行為も禁止されています。

こうした禁止行為を行うと、ボーナスの没収だけでなく全てのアカウントが停止になってしまう可能性がでてくるでしょう。

これらの複数アカウントでの禁止行為は行わないようにしてください。

Bybit(バイビット)の複数アカウントを分かりやすく解説まとめ

Bybit(バイビット)では「複数のメインアカウント」と「複数のサブアカウント」を持つ方法が用意されています。

メインアカウントは1つのアカウントにつき1つのメールアドレスを用意しなければいけません。

複数のサブアカウントは2021年より始まった新しい機能です。

トレードに制限もなく切替もスムーズです。

これからBybit(バイビット)で複数アカウントを運用していきたいのであれば、サブアカウントを複数開設することをおすすめします。

-Bybit(バイビット)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.