ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

Bybit(バイビット)

Bybit(バイビット)のマーク価格を分かりやすく解説

更新日:

【ボーナスあり&使いやすいおすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的なBTCの入金ボーナスがあり特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて2番目に登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【4位】BaseFEXの詳細ページはこちらから

【5位】BTCMEXの詳細ページはこちらから

【ボーナスあり&使いやすいおすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的なBTCの入金ボーナスがあり特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて2番目に登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【4位】BaseFEXの詳細ページはこちらから

【5位】BTCMEXの詳細ページはこちらから

【ボーナスあり&使いやすいおすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的なBTCの入金ボーナスがあり特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて2番目に登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【4位】BaseFEXの詳細ページはこちらから

【5位】BTCMEXの詳細ページはこちらから

Bybit(バイビット)を使っていくうえで市場価格や含み損益、ロスカット価格など様々な価格表示の確認は欠かせません。

しかし、実はBybit(バイビット)における価格表示は統一されていません。

「最終取引価格」「インデックス価格」「マーク価格」といった複数の価格表示が混在しています。

そして、中でもマーク価格はロスカットと深い関係があるため、しっかりと理解しておく必要があります。

そこでBybit(バイビット)のマーク価格について分かりやすく解説していきます。

Bybit(バイビット)のマーク価格を分かりやすく解説

Bybit(バイビット)のマーク価格とは

Bybit(バイビット)のマーク価格とは、Bybit(バイビット)独自の価格表示です。

実はBybit(バイビット)の価格表示には以下の3種類があります。

・最終取引価格・・・Bybit(バイビット)の現在の市場価格
・インデックス価格・・・他社の価格も加味した価格
・マーク価格・・・インデックス価格をさらに調整した価格

最終取引価格は単純にBybit(バイビット)で直近に取り引きされた価格です。

インデックス価格はBybit(バイビット)以外の取引所、具体的には「Bitstamp」「Coinbase Pro」「Kraken」「Gemini」「Bittrex」の市場価格を加重平均した値です。

この取引所ごとの重み付けは定期的に変更されるほか、一部に異常な値動きがあった場合には一時的に変更されます。

マーク価格はインデックス価格へさらにBybit(バイビット)独自の調整を加えた価格です。

Bybit(バイビット)がこのように複数の価格を使っている理由、具体的なマーク価格の調整方法についてはのちほど詳しく解説します。

Bybit(バイビット)でマーク価格が使われている部分

Bybit(バイビット)では「ロスカットのトリガー」「未実現損益(含み損益の計算)」でマーク価格が使われています。

また、取引板にも最終取引価格とあわせてマーク価格が確認できるようになっています。

最終取引価格とマーク価格の値が微妙に乖離していることが分かると思います。

そして、Bybit(バイビット)ではロスカットとなる価格を最終取引価格ではなくマーク価格で判断しています。

したがって、最終取引価格ばかりに注意していると思わぬタイミングでロスカットされてしまうことがあるのです。

Bybit(バイビット)ユーザーの中には、ロスカットラインに達していないのになぜかロスカットされた。

あるいは、逆にロスカットされるはずなのに助かったという経験をした人がいるかもしれません。

そういった人の多くは、このマーク価格ではなく最終取引価格だけを見ていたのではないでしょうか。

Bybit(バイビット)がマーク価格を採用している理由

Bybit(バイビット)がこのような複数の価格を併用しているのは市場操作の影響を回避することが目的です。

もしBybit(バイビット)がシンプルに最終取引価格だけを採用していたとします。

すると、大量の注文を入れることで「一時的に」価格を乱高下させることが可能になってしまいます。

結果として多くのトレーダーは一時的な含み損でロスカットされてしまいます。

フラッシュ・クラッシュとはほんの一瞬のあいだにおこる価格の乱高下です。

フラッシュ・クラッシュは市場操作以外にも様々な要因で発生することがあります。

スイスの政策が原因で起こったスイスフランショックなどが代表的です。

しかし、いずれにせよBybit(バイビット)ではマーク価格を採用しているため、そのような市場操作やフラッシュ・クラッシュによるロスカットは回避できます。

なぜなら、先に触れたとおりマーク価格は他社の取引価格の加重平均をさらにBybit(バイビット)独自の方法で調整した価格だからです。

まず、仮に一部の取引所の価格が乱高下したとしても複数の加重平均であることから影響は軽微で済みます。

さらに、Bybit(バイビット)独自の調整が入ることで、マーク価格は不自然な値動きに追随することがありません。

そのため、トレーダーは市場操作によるロスカットを回避できるのです。

Bybit(バイビット)のマーク価格の計算方法

Bybit(バイビット)のマーク価格は以下の計算式で求められます。

・マーク価格=インデックス価格×(1+資金調達ベーシス)
・資金調達ベーシス=資金調達率×資金調達までの時間÷資金調達間隔

計算式を一見するだけでマーク価格は資金調達率の影響を強く受けることが分かるのではないでしょうか。

資金調達率とはBybit(バイビット)にポジションを保有しているかぎり発生するもので、もらえる場合もあれば支払う場合もあります。

いわば為替FXでいうところのスワップポイントのようなものです。

資金調達率はつねに変動し、1日3回8時間おきに発生します。

具体的な値は取り引きプラットフォーム上で確認できます。

簡単にまとめると、Bybit(バイビット)では資金調達率がプラスに傾けば傾くほどマーク価格はインデックス価格よりも高い値となるということです。

ただ、資金調達率はプラスだけではなくマイナスの値をとることもあります。

その場合は当然にマーク価格はインデックス価格よりも低くなります。

Bybit(バイビット)のマーク価格は乖離に注意

Bybit(バイビット)のマーク価格は市場操作の影響を最小限にとどめることを目的としています。

この機能自体はトレーダーにとってたいへん嬉しいものです。

しかし、マーケットの状況によってはマーク価格が最終取引価格と大きく乖離することがあります。

基本的にBybit(バイビット)のマーク価格は最終取引価格との乖離を縮小するように動きます。

ただ、この一時的な乖離を無視していると思わぬタイミングでロスカットされてしまうといった事態になりかねません。

証拠金維持率に余裕のないトレードをする場合はマーク価格にことさら注意を払っておきましょう。

Bybit(バイビット)のマーク価格を分かりやすく解説 まとめ

Bybit(バイビット)のマーク価格は複数の取引所の市場価格の平均へさらに独自の調整を加えた価格です。

マーク価格は市場操作の影響を最小限におさえることが目的となっているため、Bybit(バイビット)ではロスカットのタイミングはマーク価格で判断されます。

これによりBybit(バイビット)ユーザーは不自然な値動きでのロスカットを回避することができます。

ただ一方で、マーク価格と最終取引価格に大きな乖離が生じていると思わぬタイミングでロスカットされるといったこともあります。

Bybit(バイビット)を使ううえでは最終取引価格だけではなく常にマーク価格にも注目しておくようにしましょう。

【ボーナスあり&使いやすいおすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的なBTCの入金ボーナスがあり特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて2番目に登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【4位】BaseFEXの詳細ページはこちらから

【5位】BTCMEXの詳細ページはこちらから

-Bybit(バイビット)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.