ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

Bybit(バイビット)

Bybit(バイビット)のAPIの使い方を分かりやすく解説

更新日:

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

Bybit(バイビット)は最大100倍までのレバレッジが使える海外の仮想通貨取引所です。

そのBybit(バイビット)で自動売買ができないだろうかとお考えの人もいるのではないでしょうか。

実はBybit(バイビット)ではAPIという機能を使えば自動売買することも可能です。

しかし、よほどPCに詳しい人以外にとっては、APIとは耳慣れない言葉なのではないでしょうか。

そこで今回はBybit(バイビット)のAPIの使い方を分かりやすく解説していきます。

Bybit(バイビット)のAPIの使い方を分かりやすく解説

Bybit(バイビット)のAPIとは

Bybit(バイビット)のAPIとは、簡単にいうと自動売買のための機能です。

APIを利用すれば自分で注文をせずとも、あらかじめ指定した条件で自動的にトレードができるようになります。

一般的にAPIの使い方を理解するためには若干のプログラミングの知識が必要になります。

しかし、Bybit(バイビット)の場合はプログラミング経験がない人でも十分に利用可能になっています。

そもそもAPIは自分でゼロからプログラミングしていくのではなく、Bybit(バイビット)が公開しているプログラムを借用するようなものだからです。

少し詳しく解説しておきます。

APIとは「Application Programing Interface」の略称で、アプリケーションをプログラミングするための窓口のようなものです。

その窓口を介してBybit(バイビット)とつながって、様々なプログラミングをするわけです。

そして、Bybit(バイビット)にはすでに色々なプログラムが存在します。

そこから必要な部分(モジュール)を借用して自分なりに色々なプログラムを組んでいくのです。

したがって、プログラムの主要な部分についてはBybit(バイビット)側で用意されているものを利用することができます。

そのため、プログラミングの経験がなくともAPIを使うことができるのです。

また、後ほど詳しく解説しますが、Bybit(バイビット)ではAPIを介してサードパーティ製のアプリと連携して、そのまま利用することも可能です。

Bybit(バイビット)のAPIの使い方:キーの発行

Bybit(バイビット)のAPIを使うには、まず「キー」と呼ばれるものを取得する必要があります。

この手順は必須です。キーなくしてAPIの使い方は語れません。

APIキーはBybit(バイビット)のプラットフォーム上の「アカウント&セキュリティ」のメニューから取得できます。

「API管理」のタブから「新しいキーの作成」へと進みましょう。

すると下記のようなフォームが表示されます。

「APIトランザクション」はいちから自分でアプリを作る場合、「サードパーティアプリ紐付け」はAPIを介して既存のアプリとBybit(バイビット)を連携させる場合に選びます。

あまりプログラミングに詳しくない人はサードパーティアプリ紐付けを使うことになるでしょう。

名前は自由に設定できます。分かりやすい名前にしておきましょう。

「IPに接続する」は任意です。空欄でも問題ありません。

「キー許可」には以下のような選択肢があります。

・アクティブな注文とポジション
・ポジションのみ
・アクティブな注文のみ

すべての機能を使うのであれば「アクティブな注文とポジション」を選んでおきましょう。

その後、Google認証による二段階認証を済ませればAPIを利用する準備は完了です。

あとはこのAPIキーをコードに記述したりサードパーティ製のアプリに組み込んだりして使っていくことになります。

Bybit(バイビット)のAPIの使い方:APIトランザクション

Bybit(バイビット)のAPIを使って自分でアプリを作る「APIトランザクション」の場合、使い方は簡単ではありません。

プログラミング用のエディタを用意して、そのうえで自分で任意の言語を使ってソースコードを書いていく必要があります。

そのなかで、APIキーを使ってBybit(バイビット)へ接続して、様々なソースコードを部分的に借用していくことになります。

具体的にはAPI文書と呼ばれるライブラリから該当する部分を探して参照していくことになるでしょう。

APIをどういった使い方をしていくのか、目的や用途によってコードは様々です。

また、解説にあたってはプログラミングの知識が前提となります。

よって、ここでは詳しいやり方についての解説は省略します。

Bybit(バイビット)のAPIの使い方:サードパーティアプリ紐付け

Bybit(バイビット)のAPIでサードパーティアプリと連携する場合、プログラミングの知識はさほど必要ありません。

サードパーティアプリの紐付けに関してはBybit(バイビット)でAPIキーを作成する際にあらかじめ選択肢が表示されます。

その中から使用したいものを選んでいくだけです。

あとはそのサードパーティ製のアプリ側での設定となります。

たとえば、3commasは手軽に始められるAPIを使った自動売買です。

3commas自体はサードパーティ制の取引プラットフォームの一種にすぎません。

しかし、botを使った自動売買の機能があることが大きな特徴です。

そして、APIを通じて連携することでBybit(バイビット)でも自動売買が可能になるのです。

具体的な3commasの使い方の解説ここでは省略します。

ただ、プログラミングをするよりはよほど簡単なことは確実です。

3commasはApp StoreやGoogle Play Storeから入手できます。

無料の試用期間もあるので興味のある方は実際に使ってみてはいかがでしょうか。

Bybit(バイビット)のAPIの注意点

Bybit(バイビット)のAPIは無制限に利用できるわけではありません。

Bybit(バイビット)ではひとつのアカウントにつきAPIキーは5つまでしか発行できません。

とはいえ、不要なキーを削除すればあらたに追加することはできます。

ちなみに、APIキーは外部に漏れると悪用されることもあります。

上限に達していないとしても、基本的に不要なAPIキーは削除しておくことをおすすめします。

Bybit(バイビット)のAPIの使い方を分かりやすく解説 まとめ

Bybit(バイビット)ではAPIを用いて自動売買をすることができます。

APIの使い方は難しそうなイメージがあるかもしれません。

しかし、サードパーティアプリと紐付けて使う場合はそれほどでもありません。

プログラミングの知識がなくとも簡単に自動売買を始められます。

ただ、その際は該当アプリがBybit(バイビット)と連携可能かどうかは確認しておくようにましょう。

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

-Bybit(バイビット)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.