ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

ビットコインFX(BTCFX)

ビットコインFX(BTCFX)のスプレッドの比較一覧を分かりやすく解説

投稿日:

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

ビットコインFX(BTCFX)のスプレッドを一覧比較したい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

スプレッドは、ビットコインFX(BTCFX)のトレードコストのひとつとして発生します。

取引所ごとに異なるビットコインFX(BTCFX)のスプレッドを一覧にして比較し、スプレッドが狭い業者を利用したいとお考えの方もいるのではないでしょうか。

ビットコインFX(BTCFX)のスプレッドの比較一覧を分かりやすく解説

為替FX業者には平均スプレッド一覧表が装備されているため、手軽に比較できる一方、ビットコインFX(BTCFX)業者には備わっていません。

そこでビットコインFX(BTCFX)のリアルスプレッドを一覧にし、比較してみましょう。

ビットコインFX(BTCFX)のスプレッドは買値と売値の差額であり、変動制のトレードコストです。

よって少しでもビットコインFX(BTCFX)のトレードコストを抑えたいところであり、そのためにはスプレッドを一覧にして比較すると明確です。

こちらではハイレバレッジや追証なし・ゼロカットでハイリスク・ハイリターントレード可能な海外取引所のスプレッドを一覧にし、比較します。

ビットコインFX(BTCFX)のスプレッド一覧を比較

ビットコインFX(BTCFX)のスプレッド一覧は以下の通りです。

以下すべて2020年11月21日現在のビットコインFX(BTCFX)のスプレッドです。

  • CryptoGT:5ドル~8ドル⇒500円~800円
  • FTX:0.5ドル⇒50円
  • Bybit:0.5ドル⇒50円

ビットコインFX(BTCFX)のスプレッド一覧から、FTXとBybitは日本円換算で50円、直近ではこの数値を示し続けています。

スプレッドは変動制ですが、FTXとBybitの変動はほぼない状態で50円を示し続けています。

一方、CryptoGTのスプレッドは、500円から800円くらいの間で変動を続けています。

今月上旬くらいは500円から600円の間と変動幅が狭い傾向にあったため、ビットコインFX(BTCFX)のスプレッドは市場の状況によって異なると心得ておくとよいでしょう。

もちろん直近でスプレッド変動がないFTXとBybitだったとしても、変動する可能性は十分にあります。

ビットコインFX(BTCFX)のスプレッド一覧を比較すると、CryptoGTのスプレッドはFTXとBybitよりも10倍以上広いことがわかります。

スプレッドだけに着目すると、ビットコインFX(BTCFX)のトレードコスト負担はFTXとBybitが軽いと言えるでしょう。

ビットコインFX(BTCFX)のスプレッド一覧を国内取引所と比較

ビットコインFX(BTCFX)の中でもFTXやBybitのスプレッドはCryptoGTと比較すると狭いことがわかりました。

しかしそれは、たまたまではありません。

国内取引所のスプレッド一覧と比較しても、FTXとBybitのスプレッドが圧倒的に狭いことは明確です。

  • bitFlyer Lightning:877円
  • GMOコイン「取引所のレバレッジ取引」:532円
  • GMOコイン「暗号資産FX}:686円

国内取引所のビットコインFX(BTCFX)のスプレッド一覧からFTXとBybitのスプレッドを比較すると、各社数十倍以上もFTX・Bybitよりスプレッドが広いという結果になりました。

ビットコインFX(BTCFX)のスプレッドと取引手数料の比較一覧

ビットコインFX(BTCFX)のスプレッドを一覧比較した結果、FTXとBybitのスプレッドは国内外問わず最狭レベルであると考えられます。

しかしビットコインFX(BTCFX)のトレードコストは、スプレッドに加えて取引手数料が発生することにも心得ておかなければいけません。

以下は各ビットコインFX(BTCFX)のスプレッドと取引手数料を比較したものを一覧にまとめました。

  • CryptoGT:【取引手数料】無料 / 【スプレッド】500円~800円
  • FTX:【Taker(テイカー)手数料】 最小0.04%~最大0.07%・【Maker(メイカー)手数料】 最小0.01%~最大0.02% ※30日間の取引ボリュームに応じて変化 / 【スプレッド】50円
  • Bybit:【Taker(テイカー)手数料】 0.075%・【Maker(メイカー)手数料】 -0.025% / 【スプレッド】50円

ビットコインFX(BTCFX)のスプレッドと取引手数料の比較一覧から、CryptoGTで取引にかかるトレードコストは、スプレッドのみです。

一方、FTXは30日間の取引ボリュームに応じたTaker手数料とMaker手数料設定になり、スプレッドに加えてトレードコストとして負担しなければいけません。

BybitもTaker手数料はスプレッドとともにトレードコストになります。

一方、指値注文で発生するMaker手数料は支払うのではなく獲得できるため、発生するトレードコストはスプレッドのみとなります。

Maker手数料ぶんはトレードコストを軽減できることになり、結果的にスプレッド負担を抑えることにもつながるでしょう。

FTXとBybitのTaker手数料はトレードコストとしての負担が大きいため、スプレッドとともに負担を考えると、CryptoGTのほうがトレードコスト負担が軽くなります。

たとえばBybitでビットコインFX(BTCFX)をし、10,000BTCを買い、9,000BTCで執行した場合の取引手数料は、以下の通りです。

10,000÷9,000×0.075%=0.00083333BTC=833.33円

成行注文すると、ビットコインFX(BTCFX)の取引手数料は833.33円、スプレッドは50円ですので1回あたりのトレードコストが883.33円発生し、800円以下に収まるCryptoGTのほうがコスト負担は軽いと言えるでしょう。

ただし指値注文では取引手数料を獲得できるため、ビットコインFX(BTCFX)のトレードコストは大幅に軽減することになるため、一丸にCryptoGTで得をするとも言えません。

FTXは30日間の取引量に応じて取引手数料の料率が異なるため、もう少し考え方が複雑になりますが、Bybitと同じくTaker手数料方式ですので上の計算方法は考え方の目安になるはずです。

ビットコインFX(BTCFX)のスプレッドの比較一覧を分かりやすく解説まとめ

ビットコインFX(BTCFX)のスプレッドを一覧にし比較すると、海外取引所では数十円という圧倒的に狭い取引所も存在します。

しかしビットコインFX(BTCFX)のトレードコストはスプレッドだけでなく、取引手数料もスプレッドと同じ回数だけ発生することにも注意しなければいけません。

ビットコインFX(BTCFX)のスプレッドとともに、取引手数料も考慮してトレードコストを抑えましょう。

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

-ビットコインFX(BTCFX)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.