ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

ビットコインFX(BTCFX)

ビットコインFX(BTCFX)のスプレッドの比較一覧を分かりやすく解説

更新日:

【ボーナスが手厚いおすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【4位】Binance Futuresの詳細ページはこちらから

ビットコインFX(BTCFX)のスプレッドの比較一覧を確認したい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

スプレッドはビットコインFX(BTCFX)の取引コストのひとつです。

取引所ごとにスプレッド幅は異なるため、取引コストの負担を軽くするために、ビットコインFX(BTCFX)のスプレッドを一覧にして比較したいとお考えの方もいるのではないでしょうか。

ビットコインFX(BTCFX)のスプレッドの比較一覧を分かりやすく解説

ビットコインFX(BTCFX)のスプレッドの比較一覧は実装されていないため、各自取引ツールで確認する必要があります。

スプレッドとは、ビットコインFX(BTCFX)の買値と売値の差額をさしており、変動制のトレードコストをさします。

ビットコインFX(BTCFX)のスプレッドは狭いほどトレードコストの負担が軽くなるため、取引所ごとにスプレッドを一覧にして比較することをおすすめしましょう。

海外取引所におけるビットコインFX(BTCFX)のスプレッド一覧をもとに、他業者または国内取引所のスプレッドを比較していきます。

なおここでは2021年12月10日付けのスプレッドのデータを使用しています。

ビットコインFX(BTCFX)のスプレッドの比較一覧 海外取引所

ビットコインFX(BTCFX)のスプレッドの比較一覧を、海外取引所でまとめると以下の通りです。

  • CryptoGT:25ドル~30ドル ⇒ 2500円~3000円
  • Binance:0.01ドル ⇒ 1円
  • Bybit:0.5ドル ⇒ 50円

基本的にスプレッドは変動制ですが、直近のスプレッド幅を確認すると、Binanceは1円、Bybitは50円で一定しています。

一方、CryptoGTは2500円から3000円の間でたえず変動を続けています。

ビットコインFX(BTCFX)のスプレッド一覧を比較した結果、Binanceがもっとも狭く、ついでBybit、CryptoGTの順に広いと言えるでしょう。

BinanceとBybitのスプレッドはほぼ負担がないと言えますが、CryptoGTはBinanceの2500から3000倍と圧倒的に広くスプレッドの負担は極端に異なる結果となっています。

ビットコインFX(BTCFX)のスプレッドの比較一覧 国内取引所

国内取引所におけるビットコインFX(BTCFX)のスプレッドの比較一覧は、以下の通りです。

  • bitFlyer Lightning:3517円
  • DMM Bitcoin:2827円
  • GMOコイン「暗号資産FX」:3096円

国内取引所と、Binance・Bybitのスプレッド一覧を比較しても、BinanceとBybitのほうが圧倒的に狭い結果となりました。

一方、CryptoGTと比較すると、国内取引所と同等のスプレッド、またはわずかに狭い結果となっています。

ここまで比較してきた国内外6社のビットコインFX(BTCFX)のスプレッド一覧から、Binance・Bybitのみほぼスプレッド負担がないことが明確になりました。

ビットコインFX(BTCFX)のスプレッドと取引手数料の比較一覧

ビットコインFX(BTCFX)のスプレッド比較一覧から、BinanceとBybitのスプレッドは、世界最狭クラスであると言えます。

ただしビットコインFX(BTCFX)のトレードコストは、スプレッド一択の業者がある一方、スプレッドに取引手数料が上乗せされる業者も存在します。

以下は、ビットコインFX(BTCFX)のスプレッドと取引手数料の比較一覧になります。

  • CryptoGT:【取引手数料】無料 【スプレッド】2500円~3000円
  • Binance:【Taker(テイカー)手数料】0.04% 【Maker(メイカー)手数料】0.02% 【スプレッド】1円
  • Bybit:【Taker(テイカー)手数料】0.075% 【Maker(メイカー)手数料】-0.025% 【スプレッド】50円

CryptoGTはスプレッドの負担のみですが、BinanceとBybitはスプレッドに別途取引手数料が上乗せされます。

取引手数料を一覧で比較すると、Taker手数料についてはBinanceのほうが安いでしょう。

一方、BybitはTaker手数料の負担が大きいぶんMaker手数料は受け取れるしくみになっているため、指値注文のトレードコストはスプレッドだけになります。

ビットコインFX(BTCFX)の総合的なトレードコストを把握するため、取引手数料を計算してスプレッドと合算し比較一覧にしていきます。

ここでは1BTC=4,953,000円だったことを想定して、0.01BTCを証拠金に1BTCでビットコインFX(BTCFX)のトレードをしたときを想定しています。

  • CryptoGT:2500円~3000円
  • Binance:【成行注文】1982円 【指値注文】990円
  • Bybit:【成行注文】3765円 【指値注文】50円(1238円を受け取り)

スプレッドを含むビットコインFX(BTCFX)のコスト一覧を比較した結果、もっともコストが軽いのはスプレッドだけの負担で済むBybitの指値注文です。

ついでBinanceの指値注文、Binanceの成行注文、CryptoGT、そしてもっともコストが重いのはBybitの成行注文でした。

ただし前述の通り、スプレッドは変動制のトレードコストですので、常時一定しているわけではありませんので、ビットコインFX(BTCFX)をするたびにスプレッドを比較するようにすることをおすすめします。

特にCryptoGTのようにスプレッドだけの取引所は、スプレッドがビットコインFX(BTCFX)のトレードコストとしてそのまま負担することになるため注意が必要です。

スプレッド比較一覧を参考にすることで、現時点におけるビットコインFX(BTCFX)のコストを抑えるために最適な取引所やトレード方法を選択するための目安を把握できるのではないでしょうか。

ビットコインFX(BTCFX)のスプレッドの比較一覧を分かりやすく解説まとめ

ビットコインFX(BTCFX)のスプレッドの比較一覧を、海外取引所の業者同士、国内取引所でまとめて解説しました。

国内取引所の多くはスプレッドがビットコインFX(BTCFX)のコストになる業者が多いですが、あくまでも傾向であって中には海外取引所のような別途取引手数料が発生する業者も存在します。

同じく海外取引所も業者によってスプレッド以外に取引手数料を負担しなければいけないケースもあります。

一目でビットコインFX(BTCFX)のコスト負担を把握することはできませんので、スプレッド比較一覧に取引手数料を加算してから、ビットコインFX(BTCFX)に適した取引所を選ぶとよいでしょう。

-ビットコインFX(BTCFX)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.