ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

ビットコインFX(BTCFX)

ビットコインFX(BTCFX)とは?仕組みと始め方を分かりやすく解説

投稿日:

【おすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】CryptoGTの詳細ページ

【2位】FTXの詳細ページはこちらから

【3位】Binance Futuresの詳細ページはこちらから

【4位】Bybitの詳細ページはこちらから

ビットコインFX(BTCFX)とは、いったいなに?

ビットコインFX(BTCFX)の仕組みや始め方がわからない。

あなたは今、このようにお考えではないでしょうか。

現物取引よりも多くの利益を狙いたい方の中には、ビットコインFX(BTCFX)に興味を感じている方もいるでしょう。

しかしビットコインFX(BTCFX)の仕組みや始め方をよく理解していない方も多いはずです。

ここではビットコインFX(BTCFX)の仕組みや始め方について解説していきます。

ビットコインFX(BTCFX)とは?仕組みと始め方を分かりやすく解説

ビットコインFX(BTCFX)とは、ビットコインの証拠金取引やレバレッジ取引やFX取引などとも呼ばれています。

ハイリターン・ハイリスクなビットコイントレードを、ビットコインFX(BTCFX)と言います。

同じビットコイン取引であっても現物取引とビットコインFX(BTCFX)では異なる仕組みが存在します。

ビットコインFX(BTCFX)とは?仕組みについて解説

ビットコインFX(BTCFX)とは「証拠金取引」をさしますが、まずはその仕組みについて解説していきましょう。

ビットコインFX(BTCFX)の仕組み【1】証拠金取引である

ビットコインFX(BTCFX)の証拠金取引とは、証拠金を担保に注文し、一時的にポジションという形で保有する、という独自の仕組みがあります。

たとえば1BTC=100万円だったとき、ビットコインFX(BTCFX)で1BTCを買い注文し、ロングを保有するとしましょう。

レバレッジ取引の買いポジションをロング、売りポジションをショートと言います。

ポジションを保有した時点で口座資金は動くことはなく、現物取引のように決済されません。

保有するポジションの決済方法は、反対売買で決済します。

たとえばロングを保有している場合は売り注文で、ショートを保有する場合は買い注文で決済することができます。

上を例にあげ1BTC=101万円になったとき、1BTCのビットコインFX(BTCFX)のロングを決済する場合は、1BTCの売り注文を行います。

投資の基本は「安く買って高く売る」ですので、「買ったら売る」「売った場合は買い戻す」こと、すなわち反対売買することが決済方法です。

上の例でビットコインFX(BTCFX)のレートは100万円から101万円と1万円ぶん上昇していますので、1万円の利益を獲得でき、取引口座へ付与されます。

もし逆に損失が発生した場合は、取引口座から相殺されます。

ビットコインFX(BTCFX)の取引口座で実資金の動きが反映されるのは決済時であり、これも現物取引とは異なる仕組みと言えるでしょう。

ビットコインFX(BTCFX)の仕組み【2】レバレッジ取引である

ビットコインFX(BTCFX)とはレバレッジ取引をさし、レバレッジを適用できるのも独自の仕組みと言えます。

たとえば上で解説したビットコインFX(BTCFX)トレードの例をあげて、100万円を証拠金に2倍のレバレッジ取引を行ったとしましょう。

この場合、証拠金を200万円ぶんと仮定して、ビットコインFX(BTCFX)トレードができます。

1BTC=100万円が101万円に上昇し、1BTCあたり1万円ぶんの利益が発生しましたので、2BTCの利益はほぼ2万円になるという仕組みです。

ただし逆にビットコインFX(BTCFX)で1万円の損失が発生した場合は、損失も2BTCぶんの2万円が発生します。

このようにビットコインFX(BTCFX)とはハイリターン・ハイリスクな仕組みを持つトレード方法と言えるでしょう。

ビットコインFX(BTCFX)の仕組み【3】売り注文から始められる

ビットコインFX(BTCFX)の仕組みとして、売り注文から始められるのも特徴のひとつです。

売り注文から始めることを、別名ショート・空売りなどと呼び「高く売って安く買い戻す」ことがトレードの損益を獲得する仕組みです。

現物取引ではまずビットコインを買い、レート上昇した時点で高く売る方法でしか、トレード利益を獲得することはできません。

本来であれば保有していないビットコインを売ることはできませんが、前述の通りビットコインFX(BTCFX)は証拠金取引です。

証拠金取引の場合は、売りで新規注文を行うとポジションを保有する形で反映されるため、その時点で決済が行われるわけではありません。

あくまでもトレードの損益のみが付与される仕組みがビットコインFX(BTCFX)には備わっているため、ショートから始めることができます。

ビットコインFX(BTCFX)の始め方

ビットコインFX(BTCFX)の始め方は、海外取引所へ登録することです。

国内取引所は最大4倍までのレバレッジ取引しかできないのに対し、海外取引所は最大100倍・500倍などのハイレバレッジでトレードできます。

ビットコインFX(BTCFX)の始め方1:海外取引所へアカウント登録・口座開設する

ビットコインFX(BTCFX)の始め方は、まず海外取引所へアカウント登録し、口座開設を完了しましょう。

始め方の流れは、取引所の登録フォームへアクセスして、メールアドレス・パスワードなどを登録します。

つづいて取引所へログインして、口座開設の手続きを行います。

ビットコインFX(BTCFX)の取引所ごとに口座開設フォームに記入すべき内容は異なります。

生年月日や住所などの個人情報、所得や資産状況、トレード口座のレバレッジ倍率や証拠金通貨などを入力して、口座開設を完了させてください。

身分証明書や住所確認書類の提出を行い、本人確認を完了することでビットコインFX(BTCFX)を始められます。

ビットコインFX(BTCFX)の始め方2:注文方法

ビットコインFX(BTCFX)トレードの始め方は、まず取引所へログインし、注文を行います。

注文フォームへアクセスして、成行注文・指値注文などから選択しましょう。

成行注文は、今すぐ市場価格でビットコインFX(BTCFX)を約定させたいとき、指値注文はビットコインFX(BTCFX)でトレードしたい価格が決まっているときに行います。

その他にも逆指値注文なども利用できます。

成行注文でビットコインFX(BTCFX)するのなら、注文数量を記入してオーダーします。

指値注文では、注文数量に加えて注文価格も記入し、オーダーしましょう。

ビットコインFX(BTCFX)の始め方3:決済方法

ビットコインFX(BTCFX)の決済方法は、前述の通り反対売買でオーダーします。

ロングの場合は売り注文、ショートの場合は買い注文を行いましょう。

ビットコインFX(BTCFX)とは?仕組みと始め方を分かりやすく解説まとめ

ビットコインFX(BTCFX)の仕組みと始め方を解説しました。

現物取引との違いを知れば、ビットコインFX(BTCFX)の仕組みはわかりやすいと言えるでしょう。

ビットコインFX(BTCFX)の始め方は、海外取引所へ登録・口座開設することで、ハイリターン・ハイリスクトレードを行うことができます。

-ビットコインFX(BTCFX)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.