ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

ビットコインFX(BTCFX)

ビットコインFX(BTCFX)とは?仕組みと始め方を分かりやすく解説

投稿日:

【ボーナスが手厚いおすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【4位】Binance Futuresの詳細ページはこちらから

ビットコインFX(BTCFX)とは?仕組みがよくわからない。

ふつうにビットコインを買うことと、ビットコインFX(BTCFX)にはどのような違いがあるの?

ビットコインFX(BTCFX)の始め方について知りたい。

あなたは今、このようにお考えではないでしょうか。

仮想通貨ブームを経て、ビットコインFX(BTCFX)という言葉がよく聞かれるようになり、はじめる方も増えています。

ここではビットコインFX(BTCFX)とはどのようなものか、その仕組みと始め方について解説していきます。

ビットコインFX(BTCFX)とは?仕組みと始め方を分かりやすく解説

ビットコインFX(BTCFX)とは?仕組みについて解説

ビットコインFX(BTCFX)とは何なのか、まずは仕組みについてみていきましょう。

ビットコインFX(BTCFX)の仕組みは「証拠金取引」

ビットコインFX(BTCFX)の仕組みを把握するためには証拠金取引について理解する必要があります。

証拠金取引とは、証拠金を担保にして新規注文を行い、ビットコインにおけるレートの変動のタイミングを見極めて決済注文を行い、売買の差額を受け取るという仕組みです。

売買の差額を受け取るためには、買う・売るというふたつの往復注文を、新規注文と決済注文のどちらかで行う必要があります。

一方、ふつうにビットコインを買ったり売ったりすることを現物取引と言い、現物取引を知ることでビットコインFX(BTCFX)の仕組みをより理解できます。

たとえば1BTC=100万円のときに、ビットコインの現物取引とビットコインFX(BTCFX)で買い注文するとしましょう。

現物取引は、口座残高から100万円を支払って、1BTCを口座に反映させることができます。

一方、ビットコインFX(BTCFX)は、1BTCの買いポジションを口座に反映させることになり、この時点では口座残高による決済は行わず、残高はそのままの状態です。

保有した買いポジションは、反対売買である売り注文で決済して、発生した売買差益をようやく口座残高として反映させることができます。

現物取引は商品を買う要領で実際にビットコインを手に入れられますが、ビットコインFX(BTCFX)は反対売買の差額を利益や損失として受け取ることになるというものです。

ビットコインFX(BTCFX)をはじめるためには証拠金を取引所に預けて担保にすると前述しましたが、その理由は損失リスクがあるためです。

もし損失が発生した場合、証拠金取引であるビットコインFX(BTCFX)の証拠金は全額没収となるという仕組みもあることを覚えておきましょう。

ビットコインFX(BTCFX)の仕組み 1.レバレッジ取引できる

ビットコインFX(BTCFX)の仕組みのひとつに、レバレッジ取引できることがあります。

レバレッジ取引とは、証拠金にレバレッジをかけて、大きな金額でトレードできるハイリターン・ハイリスクトレードをさします。

たとえば1万円を証拠金に100倍のレバレッジをかけると、100万円でビットコインFX(BTCFX)できます。

1BTC=100万円が、101万円に上昇すると、現物取引では1万円の儲けになるのに対し、レバレッジ100倍でビットコインFX(BTCFX)した場合は100万円の利益になります。

一方、損失が発生した場合も同じ金額だけ損失になり、大きなリスクを抱える可能性があるということです。

ビットコインFX(BTCFX)でレバレッジ取引できる仕組みは、トレード損益のみを口座に付与する証拠金取引だからです。

ビットコインFX(BTCFX)の仕組み 2.空売りできる

空売りできることもビットコインFX(BTCFX)の仕組みのひとつです。

まず空売りとは、売り注文から始めることをさします。

投資の基本は「安く買う→高く売る」という順序で注文し、値上がりした金額を利益として受け取れます。

一方、空売りとは「高く売る→安く買う」という順序で、値下がりした金額を利益として受け取れます。

現物取引は前述の通り、実物のビットコインを売買するため、先に売ることはできず、空売りはできません。

一方、ビットコインFX(BTCFX)は、取引所に証拠金を預けることと引き換えに、売るための資金を借りるという仕組みがあるので、空売りできるのです。

すなわち空売りができるビットコインFX(BTCFX)は、上昇相場でも下落相場でも利益をめざすことができるため、現物取引と比べると利益を得る機会を増やすことができるでしょう。

ビットコインFX(BTCFX)の始め方

ビットコインFX(BTCFX)の始め方を手順に沿ってみていきます。

ビットコインFX(BTCFX)の始め方1.取引所を選ぶ

ビットコインFX(BTCFX)の始め方は、取引所選びからスタートします。

まずビットコインFX(BTCFX)のメリットはレバレッジ取引できることですが、国内取引所のレバレッジは最大2倍に制限されているためハイリターンが期待できません。

海外取引所は、最大20倍~100倍を超えるビットコインFX(BTCFX)ができるうえ、ゼロカット制度の採用により、損失による借金リスクがないためおすすめです。

おすすめの取引所は、世界一の取引量と銘柄数を誇るBinance、最大100倍のレバレッジ適用のBybit、最大500倍のレバレッジに対応したCryptoGTなどです。

ビットコインFX(BTCFX)の始め方2.口座開設する

ビットコインFX(BTCFX)の始め方における次の手順は、取引所で口座開設の手続きを行います。

口座開設の始め方は、公式サイトの口座開設画面から流れに沿ってメールアドレスや個人情報を登録して、本人確認書類を提出し、承認がおりたらビットコインFX(BTCFX)をスタートできます。

ビットコインFX(BTCFX)の始め方における前提条件として、取引所にトレード資金を入金する必要があるため、仮想通貨の入金も忘れずに行ってください。

現金ではなく仮想通貨を入金する理由は、海外取引所は日本円の入金に対応していないため、まず国内取引所を開設して日本円を入金してから仮想通貨を購入したのち、海外取引所へ送金する必要があるためです。

ビットコインFX(BTCFX)の始め方3.新規注文する

資金を準備したら、いよいよビットコインFX(BTCFX)の始め方としてトレードに進みます。

ビットコインFX(BTCFX)は反対売買を行う必要があるため、まずは新規注文からはじめましょう。

取引所のビットコインFX(BTCFX)の画面に進み、注文フォームに成行注文・指値注文などの注文タイプを選択しましょう。

成行注文は、現在のビットコインの価格で注文したいときに選択して、数量を記入して発注します。

指値注文は、ビットコインを売買したい価格を決めて注文する方法で、注文価格と数量を記入して発注します。

新規発注を行うと、取引ツールにビットコインFX(BTCFX)のポジションが反映されていることを確認できます。

ビットコインFX(BTCFX)の始め方4.決済注文する

ビットコインFX(BTCFX)のレートが決済ポイントに到達したら、決済注文を行いましょう。

保有ポジションが買いの場合は売り注文、ポジションが売りの場合は買い注文にて決済注文します。

決済注文を完了すると、取引ツールのポジションは消滅し、取引口座にビットコインFX(BTCFX)の損益が反映されます。

ビットコインFX(BTCFX)とは?仕組みと始め方を分かりやすく解説まとめ

ビットコインFX(BTCFX)とは、トレードの損益を発生させることをさします。

現物取引との違いは、レバレッジ取引できること、空売りできることで、ビットコインFX(BTCFX)の仕組みは証拠金取引のもと成り立っています。

ビットコインFX(BTCFX)の始め方は、取引所選びをして口座開設を完了し、資金を入金して、新規注文と決済注文と言う流れで行います。

少額資金ではじめられることからビットコインFX(BTCFX)は人気のトレード商品ですので、おすすめと言えるでしょう。

-ビットコインFX(BTCFX)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.