ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

ビットコインFX(BTCFX)

ビットコインFX(BTCFX)のスキャルピングにおすすめの取引所を分かりやすく解説

投稿日:

【おすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】CryptoGTの詳細ページ

【2位】FTXの詳細ページはこちらから

【3位】Binance Futuresの詳細ページはこちらから

【4位】Bybitの詳細ページはこちらから

ビットコインFX(BTCFX)スキャルピングにおすすめの取引所の条件を知りたい。

スキャルピングにおすすめの取引所は、どこなの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

少しでもビットコインFX(BTCFX)のトレードで多くの利益獲得を目指すために、スキャルピングを始めてみたいとお考えの方もいるのではないでしょうか。

ビットコインFX(BTCFX)のスキャルピングにおすすめの取引所を分かりやすく解説

ビットコインFX(BTCFX)はスキャルピングにおすすめです。

その理由は、ビットコインのボラリティが高いからです。

ボラリティとは値動きをさし、ビットコインはレート変動が大きいため、短期間で大きな利益を目指すことができます。

スキャルピングは超短期トレードで利益を狙う手法ため、短時間で大きなレート変動が期待できるビットコインFX(BTCFX)におすすめと言えるでしょう。

またビットコインFX(BTCFX)はレバレッジによって証拠金以上のトレードができるため、短時間で大きな利益を狙うことができおすすめです。

スキャルピングとは、1日に数十回以上のトレードを繰り返し、ビットコインFX(BTCFX)の利益を積み上げていく手法です。

1回のトレードで狙う利益は小さい一方、スキャルピングではトレード回数を重ねることで小さな利益を大きな利益につなげていく手法と言えるでしょう。

ここではビットコインFX(BTCFX)のスキャルピングにおすすめの取引所について解説していきましょう。

ビットコインFX(BTCFX)のスキャルピングにおすすめの取引所の条件

ビットコインFX(BTCFX)のスキャルピングにおすすめの取引所の条件は、まずスキャルピングを認めている取引所でなければいけません。

特に国内取引所は、スキャルピングを禁止しているパターンがたびたび見受けられます。

一方海外取引所はスキャルピングを認めている業者が多いため、ビットコインFX(BTCFX)を始めるのに適していると言えるでしょう。

ひきつづき海外取引所を中心に、ビットコインFX(BTCFX)のスキャルピング手法におすすめの取引所の条件について解説します。

ビットコインFX(BTCFX)のスキャルピングにおすすめの取引所は取引手数料が安い

ビットコインFX(BTCFX)のスキャルピングにおすすめの取引所の条件は、まず取引手数料が安いことです。

注文するたびに取引手数料が発生しますので、複数回のトレードを繰り返すスキャルピングの取引手数料は少しでも安く抑えたいところです。

ここではビットコインFX(BTCFX)のスキャルピングにおすすめの取引所として考えられる、CryptoGT・FTX・Bybitの取引手数料をまとめました。

  • CryptoGT:-
  • FTX:Take(テイカー)手数料 最小0.04%~最大0.07% / Maker(メイカー)手数料 最小0.01%~最大0.02% ※取引ボリュームに応じて変化
  • Bybit:Take(テイカー)手数料 0.075% / Maker(メイカー)手数料 -0.025%

まずCryptoGTは取引手数料が発生しません。

FTXの取引手数料は、Taker(テイカー)手数料とMaker(メイカー)手数料に分かれており、30日間の取引ボリュームに応じて取引量が多くなるほど段階的に減っていきます。

Taker(テイカー)手数料は成行注文を行う際に発生し、Maker(メイカー)手数料は指値注文のたびに発生します。

ビットコインFX(BTCFX)のスキャルピングに適しているのは、即座に約定できる成行注文ですので、Taker(テイカー)手数料を重視して取引所を選択しなければいけません。

FTXのTaker(テイカー)手数料は、最小取引ボリュームの合計が4,999,999ドルまでの場合は0.07%、最大35,000,000ドル以上の場合は0.04%です。

一方BybitのTaker(テイカー)手数料は、トレードするたびに0.075%が発生します。

たとえば1BTC=10,000ドルだったとき、0.01BTCのビットコインを成行注文で買ったしたとしましょう。

Bybitの取引手数料は、0.01×10,000ドル×0.075%=7.5ドル=750円です。

FTXの取引手数料は、0.01×10,000ドル×0.07%=7ドル=700円です。

最低これだけの取引手数料が発生するため、BybitとFTXはスキャルピング向きではないと考えられます。

よって取引手数料の観点からスキャルピングに向くビットコインFX(BTCFX)取引所はCryptoGTと言えるでしょう。

ビットコインFX(BTCFX)のスキャルピングにおすすめの取引所はスプレッドが狭い

ビットコインFX(BTCFX)のスキャルピングにおすすめの取引所の条件は、スプレッドが狭いことです。

スプレッドは、ビットコインの買値と売値の差額をさし、取引手数料とともにトレードのたびにコストとして発生します。

ビットコインFX(BTCFX)のスキャルピングにおすすめの取引所として、同じく3社を比較しましょう。

  • CryptoGT:523
  • FTX:50
  • Bybit:50

まずCryptoGTのスプレッドは、400円台後半から600円台前半程度です。

一方、FTXとBybitのスプレッドは、どちらも50円でした。

スプレッドの観点から、ビットコインFX(BTCFX)のスキャルピングにおすすめの取引所はFTXとBybitです。

ビットコインFX(BTCFX)のスキャルピングにおすすめの取引所はレバレッジが高い

ビットコインFX(BTCFX)のスキャルピングにおすすめの取引所は、レバレッジが高いことです。

前述の通り、超短期トレードで利益獲得をめざすスキャルピングは、短時間に多くの儲けを発生させなければいけません。

ビットコインFX(BTCFX)のスキャルピングにおすすめの取引所として、こちらも以下3社のレバレッジを比較しましょう。

  • CryptoGT:500倍 ※取引ボリュームに応じて変化
  • FTX:101倍
  • Bybit:100倍

いずれも100倍を超えるレバレッジでビットコインFX(BTCFX)できますが、中でもCryptoGTは500倍という超ハイレバレッジでトレードできます。

ハイレバレッジトレードはスキャルピングにおすすめですが、レバレッジ倍率が高いほど少しのレート変動でロスカットされやすくなってしまいます。

スキャルピングでハイレバレッジトレードを行う際は、多くの証拠金を準備しておきましょう。

ビットコインFX(BTCFX)のスキャルピングにおすすめの取引所

ここまでの解説をもとに取引手数料・スプレッド・レバレッジ倍率の観点から、ビットコインFX(BTCFX)のスキャルピングにおすすめの取引所は、CryptoGTと言えるでしょう。

ただ前述の通り、スキャルピングではトレードのたびに、スプレッドに加えて取引手数料も同じ回数で発生します。

トレードコストの面から総合的に判断すると、CryptoGTがスキャルピングに適していると考えられます。

CryptoGTは最大レバレッジ500倍でトレードできるうえ、日本円建てのビットコインFX(BTCFX)も可能ですので、日本人トレーダーにとって使いやすい取引です。

そのようなことからもビットコインFX(BTCFX)のスキャルピングにおすすめの取引所は、CryptoGTと言えるでしょう。

ビットコインFX(BTCFX)のスキャルピングにおすすめの取引所を分かりやすく解説まとめ

ビットコインFX(BTCFX)のスキャルピングにおすすめの取引所について解説しました。

スキャルピングの特徴である、トレード回数の多さによるコスト軽減を考慮することは、ビットコインFX(BTCFX)で利益獲得するためにかかせない条件と言えます。

これからビットコインFX(BTCFX)のスキャルピングを始めたい方の参考になれば幸いです。

-ビットコインFX(BTCFX)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.