ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

ビットコインFX(BTCFX)

ビットコインFX(BTCFX)のハイレバを分かりやすく解説

更新日:

【ボーナスが手厚いおすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【4位】Binance Futuresの詳細ページはこちらから

ビットコインFX(BTCFX)のハイレバの最大倍率はどのくらい?

金融庁によりハイレバによるビットコインFX(BTCFX)は危険だと警告されているけれど、取引しても大丈夫なの?

ビットコインFX(BTCFX)でハイレバする取引所選びの注目ポイントはなに?

あなたは今、このような疑問を抱えていますよね。

ここではビットコインFX(BTCFX)のハイレバについて詳しく解説していきましょう。

ビットコインFX(BTCFX)のハイレバを分かりやすく解説

ビットコインFX(BTCFX)のハイレバトレードができるのは、海外取引所ならではのメリットだと言えるでしょう。

国内取引所は金融庁の規制により、近年ビットコインFX(BTCFX)の最大倍率を2倍に制限する動きが見られています。

ではビットコインFX(BTCFX)のハイレバについて詳しく解説してきましょう。

ビットコインFX(BTCFX)のハイレバは近年規制により抑えられている傾向にある

海外取引所のビットコインFX(BTCFX)はハイレバトレードが可能で、最大100倍以上のレバレッジで取引できる業者も少なくありません。

たとえばBybitは最大100倍・FTXは101倍・CryptoGTは500倍と、国内取引所では考えられないようなハイレバトレードに対応しています。

しかし近年、ビットコインFX(BTCFX)は各国の規制によってハイレバトレードの最大レバレッジが低下しつつあります。

たとえば世界一の取引量を誇るBinanceは、過去125倍というハイレバレッジトレードに対応していましたが、現在は規制によって新規ユーザーの最大レバレッジは20倍に制限されています。

ビットコインFX(BTCFX)の最大レバレッジが規制されているのは、ハイレバに対応している海外取引所だけではなく、国内取引所も対象となっています。

最大4倍のレバレッジでトレードできた国内取引所のビットコインFX(BTCFX)も、2020年5月より最大2倍にまで引き下げられています。

ここ数年間、国内取引所は最大4倍のレバレッジ規制のもとビットコインFX(BTCFX)に対応していましたが、最大2倍に引き下げがありました。

このため現状ではビットコインFX(BTCFX)よりも現物取引や暗号資産交換所へサービスをシフトしている傾向があります。

国内取引所ではビットコインFX(BTCFX)のハイリターン・ハイリスクトレードのメリットがほぼなくなってしまったため、海外取引所が注目を浴び始めています。

現状、国内取引所よりもハイレバトレードできる海外取引所では、ビットコインFX(BTCFX)のハイレバトレードの提供を継続し続けています。

しかしハイレバ規制が見受けられるため、今後さらに海外のビットコインFX(BTCFX)でもレバレッジ制限がかかることも考えられるでしょう。

ビットコインFX(BTCFX)のハイレバトレードのメリットとデメリット

ビットコインFX(BTCFX)のハイレバトレードは、元手資金をレバレッジをかけて大きな金額でトレードできます。

すなわちハイレバトレードのメリットは、必要証拠金を抑えてトレードできます。

たとえば1BTC=100万円のとき、レバレッジ2倍と100倍でビットコインFX(BTCFX)のポジションを1BTC建てる場合の必要証拠金をみていきましょう。

  • レバレッジ2倍の必要証拠金:1×100万円÷2=50万円
  • レバレッジ100倍の必要証拠金:1×100万円÷100=1万円

同じ金額のビットコインFX(BTCFX)をする場合であっても、ハイレバとそうでない場合は、こんなに必要証拠金を抑えてトレードできるのです。

一方、ハイレバのデメリットは、ビットコインFX(BTCFX)で含み損が発生した場合です。

ハイレバでトレードすると、含み損も大きくなるため証拠金維持率が一気に低下し、ほんの少しのレート変動でロスカットされやすくなります。

必要証拠金を抑えることができますが、ハイレバでビットコインFX(BTCFX)する場合は、口座残高を多めに準備しておきましょう。

ビットコインFX(BTCFX)のハイレバは追証なし・ゼロカット制度が採用されている

ハイレバトレードが可能な海外のビットコインFX(BTCFX)は、追証はなくゼロカット制度が採用されています。

追証とは、ポジションの証拠金維持率を回復するために、追加入金してロスカットを回避する制度ですが、海外取引所では採用されていません。

主に追証は国内取引所で採用されている投資家のための救済制度ですが、海外取引所では救済制度としてゼロカット制度が採用されています。

ゼロカット制度とは、ポジションがロスカットされてしまい、損失が確定しマイナスになった口座残高をゼロまでリセットしてもらえます。

このため損失による借金返済の義務はありません。

一方、国内のビットコインFX(BTCFX)は、ロスカットで発生した損失については、借金として返済しなければいけません。

救済制度として採用されている追証のロスカット回避効果も一時しのぎであるため、不利な方向にレートが進み続けてしまえばロスカットされてしまい、追証も失うことになります。

このように比較すると、ハイレバトレードができる海外のビットコインFX(BTCFX)のほうが国内取引所よりも、ロスカットで失う資金は少ないため安全性は高いと言えるでしょう。

ビットコインFX(BTCFX)のハイレバする取引所選びは出来高に注目しよう

ビットコインFX(BTCFX)のハイレバトレードを行うための取引所選びは「出来高の多さ」で選ぶとよいでしょう。

その理由は、スプレッドを抑えることができるからです。

スプレッドはビットコインの買値と売値の差額を指し、トレーダーにとってのトレードコストの一部になります。

よってビットコインFX(BTCFX)のスプレッドは少しでも抑えたいところでしょう。

そもそも出来高とは、トレードのボリューム(数量)ですので、低レバレッジ取引よりもハイレバトレードのほうが必然的に大きくなります。

もちろん頻繁に売買されることを示す「流動性」も出来高に関係しますが、あくまでも流動性は頻繁に売買されることすなわち「トレード回数」をさすこととしてとらえられることが多いです。

トレード回数が多くても、1回あたりのボリュームが少なければ、出来高につながりにくいです。

一方、大口注文を行えば、逆にスプレッドを広げてしまうことにもなりかねません。

その点、ビットコインFX(BTCFX)のハイレバトレードは、たった1回の取引だけで、低スプレッドに抑えながら出来高につなげることができます。

よってハイレバのビットコインFX(BTCFX)は、板が厚くなりスプレッドを狭くすることが可能です。

ビットコインFX(BTCFX)のハイレバを分かりやすく解説まとめ

ビットコインFX(BTCFX)のハイレバは、海外取引所の場合、国内取引所よりも大きなレバレッジでトレードできます。

ただし近年、ビットコインFX(BTCFX)のハイレバは抑えられている傾向があるため、今後の動向にも注目しましょう。

現状、海外のビットコインFX(BTCFX)はハイレバトレードができるため、追証なし・ゼロカット制度採用のもと、ハイリスク・ハイリターントレードが可能です。

ハイレバできるビットコインFX(BTCFX)取引所選びは、出来高の多さを基準にするとよいでしょう。

-ビットコインFX(BTCFX)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.