ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

ビットコインFX(BTCFX)

ビットコインFX(BTCFX)のハイレバを分かりやすく解説

投稿日:

【おすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】CryptoGTの詳細ページ

【2位】FTXの詳細ページはこちらから

【3位】Binance Futuresの詳細ページはこちらから

【4位】Bybitの詳細ページはこちらから

ビットコインFX(BTCFX)のハイレバは、どのくらいの倍率なの?

ハイレバによるビットコインFX(BTCFX)は危険なのでは?

金融庁もハイレバのビットコインFX(BTCFX)を禁止しているけれど大丈夫?

ビットコインFX(BTCFX)でハイレバトレードを行う取引所選びは、どのようなポイントに注目すべき?

あなたは今、海外取引所のご利用について、このような疑問を抱えているのではないでしょうか。

ここではビットコインFX(BTCFX)のハイレバについて詳しく解説します。

ビットコインFX(BTCFX)のハイレバを分かりやすく解説

ビットコインFX(BTCFX)のハイレバトレードは、海外取引所ならではのメリットです。

国内取引所は金融庁の裁量によって、最大4倍までのレバレッジ取引までしか認められていません。

ではビットコインFX(BTCFX)のハイレバについて詳しく解説していきましょう。

ビットコインFX(BTCFX)のハイレバは100倍以上

ビットコインFX(BTCFX)のハイレバは、具体的にどのくらいなのかと言うと、100倍以上です。

海外取引所の多くは最大100倍・500倍などのハイレバでトレードでき、ハイリスク・ハイリターンを見込むことができます。

国内取引所では最大4倍のレバレッジまでしかトレードできませんので、海外のビットコインFX(BTCFX)がどれだけのハイレバレッジを利用できるのかは明確でしょう。

ハイレバのメリットは、ビットコインFX(BTCFX)の必要証拠金を抑えてトレードできることです。

たとえば1BTC=100万円のとき、レバレッジ4倍と100倍でビットコインFX(BTCFX)のポジションを1BTCだけ建てる場合の必要証拠金は、以下の通りです。

  • レバレッジ4倍の必要証拠金:1×1,000,000÷4=250,000
  • レバレッジ100倍の必要証拠金:1×1,000,000÷100=10,000

一方、ビットコインFX(BTCFX)のデメリットは含み損が発生した場合にあります。

ビットコインFXのポジションの証拠金維持率が、各取引所で設定されているロスカット率である証拠金維持率を下回るとロスカットが執行されます。

ハイレバであるほど含み損も大きくなり、ほんの少しのレート変動でロスカットされやすくなってしまいます。

たとえ必要証拠金を抑えることができたとしても、ビットコインFX(BTCFX)の口座残高は多くする必要があると言えるでしょう。

ビットコインFX(BTCFX)のハイレバは追証なし・ゼロカットによる救済制度が備わっている

ビットコインFX(BTCFX)のハイレバトレードには、追証がなくゼロカットが適用されます。

追証とは、証拠金を追加入金することをさします。

ビットコインFX(BTCFX)の取引口座の残高を増やすことにより、レート変動によって抱えた含み損の割合を減らし、ポジション維持を続けられます。

追証は海外のビットコインFX(BTCFX)取引所にはなく、国内取引所独自の救済制度と考えてよいでしょう。

ポジション維持を助ける追証ですが、追証を行ったのにもかかわらずロスカットに至った場合、ビットコインFX(BTCFX)のトレードで損失ともに追証も失うことになってしまうというデメリットも存在します。

一方、ビットコインFX(BTCFX)のゼロカットは、海外取引所限定の救済制度で、急激なレート変動によってロスカットによって発生した損失を取引所が肩代わりしてもらえます。

要するにビットコインFX(BTCFX)のトレードで発生した損失によるマイナス口座を無条件でリセットしてもらえる制度です。

国内取引所は金融庁によって、ゼロカットのような取引所業者による損失補填を禁止しています。

ゼロカットはハイレバトレードを提供する海外取引所独自の制度で、トレーダーの莫大な損失リスクを最小限に抑えることができます。

ビットコインFX(BTCFX)でハイレバする取引所選びは出来高に注目する

ビットコインFX(BTCFX)のハイレバトレードを行うための取引所選びは、「出来高の多さ」で選ぶとよいでしょう。

その理由は、スプレッドを抑えることができるからです。

スプレッドはビットコインの買値と売値の差額を指し、トレーダーにとってのトレードコストの一部になります。

よってビットコインFX(BTCFX)のスプレッドは少しでも抑えたいところでしょう。

そもそも出来高とは、トレードのボリューム(数量)ですので、低レバレッジ取引よりもハイレバトレードのほうが必然的に大きくなります。

もちろん頻繁に売買されることを示す「流動性」も出来高に関係しますが、あくまでも流動性は頻繁に売買されることすなわち「トレード回数」をさすこととしてとらえられることが多いです。

トレード回数が多くても、1回あたりのボリュームが少なければ、出来高につながりにくいです。

そのような状況で大口注文を行えば、逆にスプレッドを広げてしまうことにもなりかねません。

その点、ビットコインFX(BTCFX)のハイレバトレードは、たった1回の取引を行うだけで、低スプレッドの取引所よりも出来高につながりやすくなります。

よってハイレバのビットコインFX(BTCFX)は、板が厚くなりスプレッドを狭くすることが可能です。

ビットコインFX(BTCFX)のハイレバはスキャルピングと相性がいい

ビットコインFX(BTCFX)のハイレバは、長期トレードよりもスキャルピングのような短期トレードと相性がいいです。

ハイレバはレート変動によって含み損を拡大させてしまう可能性があるため、長期トレードするにはロスカットリスクが高すぎます。

その点、スキャルピングなら長期トレードほどのレート変動リスクは低いですし、何よりもチャートの前でトレードを行うため万が一のレート変動にもいち早く対応できます。

短期で小さな利益を狙うスキャルピングは、ハイレバによって多くの利益を狙いやすくなります。

ハイレバがビットコインFX(BTCFX)のスキャルピングと相性がいいと言われる理由は、このようなこともあるのです。

ビットコインFX(BTCFX)のハイレバを分かりやすく解説まとめ

ビットコインFX(BTCFX)のハイレバを解説しました。

海外取引所のハイレバは、100倍以上のレバレッジでトレードできることが大きなメリットであり、国内取引所ではすることができません。

ビットコインFX(BTCFX)のハイレバはハイリターンが期待できるうえ、追証なし・ゼロカット制度によって損失の安全性を高めることができます。

小さな利益を狙うスキャルピングとも相性がいいビットコインFX(BTCFX)のハイレバには、大きな利益を獲得できるメリットもあるのです。

-ビットコインFX(BTCFX)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.