ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

ビットコインFX(BTCFX)

ビットコインFX(BTCFX)におすすめの取引所を分かりやすく解説

更新日:

【ボーナスが手厚いおすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【4位】Binance Futuresの詳細ページはこちらから

ビットコインFX(BTCFX)におすすめの取引所はどこ?

何を基準にビットコインFX(BTCFX)のおすすめの取引所を選べばいいのかわからない。

あなたは今、このようにお考えですよね。

ビットコインFX(BTCFX)におすすめの取引所について詳しく解説していきましょう。

ビットコインFX(BTCFX)におすすめの取引所を分かりやすく解説

ビットコインFX(BTCFX)におすすめの取引所とは?

ビットコインFX(BTCFX)におすすめの取引所には、以下のような特徴があります。

  • ハイレバレッジ取引できる取引所は証拠金以上の金額でトレードできるためおすすめ
  • スプレッドが狭く取引手数料が安い取引所はトレードコストを軽減できる
  • スワップポイント・資金調達率の負担が軽い取引所もおすすめ
  • ロスカット率である証拠金維持率が低い取引所はロスカットされにくい
  • 追証なし・ゼロカットによってマイナス残高をリセットしてもらえる
  • 出来高が多い取引所は約定しやすくスプレッドを抑えやすい

中でもビットコインFX(BTCFX)におすすめの取引所は、ハイレバレッジ取引できる海外取引所でしょう。

レバレッジは取引所ごとに異なりますが、海外取引所はハイレバレッジが適用されるため、全般的におすすめと言えます。

ではなぜビットコインFX(BTCFX)ではハイレバレッジ取引できる取引所がおすすめなのでしょうか。

ハイレバレッジ適用の取引所はビットコインFX(BTCFX)の必要証拠金を軽減できるためおすすめ

ビットコインFX(BTCFX)でハイレバレッジを適用する取引所では必要証拠金を抑えることができるためおすすめです。

証拠金をレバレッジで割った金額の必要証拠金を準備することになるため、自己負担額を抑えてトレードできます。

ただしハイレバレッジ取引であるほど、ビットコインFX(BTCFX)の損益も大きくなるため、口座残高は多めに準備することをおすすめします。

ハイレバレッジ適用の取引所はビットコインFX(BTCFX)の出来高が多くなるためおすすめ

レバレッジは、ビットコインFX(BTCFX)の出来高に影響を与えることにも注目でしょう。

出来高とは、ビットコインFX(BTCFX)の取引ボリュームをさしており、ハイレバレッジであるほど出来高は多くなります。

ビットコインFX(BTCFX)の出来高が多いほど、流動性に影響を与えるため、スプレッドを抑えることができます。

ハイレバレッジ取引で高まる流動性ですが、もうひとつ頻繁に売買されることでも高くなります。

ただしトレード回数が多くても1回あたりのボリュームが少なければ出来高に結びにくいでしょう。

だからと言って大口取引を行えば、スプレッドを広げてしまうことになりかねません。

ハイレバレッジを適用する取引所のビットコインFX(BTCFX)では、板が厚くなる、すなわち1回の取引だけで出来高につながりやすく、低スプレッドに抑えることができるためおすすめです。

ハイレバレッジ適用の取引所は追証なし・ゼロカット採用によりビットコインFX(BTCFX)の借金が0になるためおすすめ

海外のビットコインFX(BTCFX)の取引所は、追証なしでゼロカットが採用されています。

ゼロカットとは、ビットコインFX(BTCFX)の損失である口座残高のマイナスを、取引所により0までリセットすることをさします。

このため損失を借金として返済する必要がないことはハイレバレッジを適用する海外のビットコインFX(BTCFX)取引所独自のおすすめポイントと言えるでしょう。

ハイレバレッジを適用するビットコインFX(BTCFX)の取引所を利用するメリットについて解説しました。

事項ではビットコインFX(BTCFX)の取引所ごとに異なる、レバレッジ、スプレッドや取引手数料、スワップポイントや資金調達率、ロスカット率、出来高についてみていきましょう。

ビットコインFX(BTCFX)におすすめの取引所 Binance

ビットコインFX(BTCFX)におすすめの取引所は、世界一の取引量を誇るBinanceです。

Binanceは仮想通貨業界において世界の指標的な存在の取引所であり、取扱銘柄数もトップクラスを誇ることがおすすめの理由と言えるでしょう。

独自トークンであるBNBトークンを保有することで取引手数料は割引となり、0.1%のところ0.075%になります。

暗号資産全体の中でも、BNBトークンは2021年11月現在、人気の銘柄を差し置いて時価総額3位までのぼりつめているため、Binance自体の将来性も期待できるでしょう。

Binanceのスワップポイントは8時間ごとに発生し、ロング保有で資金調達率がマイナスの場合はスワップポイントを獲得、ショートで支払いとなります。

ビットコインFX(BTCFX)のレバレッジは最大20倍に制限されており、他社と比較するとハイリターン・ハイリスクではありません。

またBinanceはビットコインFX(BTCFX)と同時に、現物取引、デリバティブ商品のレバレッジトークンにも対応しているため、いろいろな商品でトレードしたい方におすすめの取引所と言えるでしょう。

ビットコインFX(BTCFX)におすすめの取引所 CryptoGT

ビットコインFX(BTCFX)におすすめの取引所は、CryptoGTです。

おすすめの理由は、最大500倍のレバレッジでトレードでき、証拠金よりも圧倒的に大きな金額でトレードできるうえ、必要証拠金の負担も軽くなることでしょう。

取引手数料は無料、スプレッドは2020年11月6日のデータによると523円と、取引コストは平均的に低い傾向にあるのもおすすめと言えます。

スワップポイントは4時間ごとに発生し、ロング-0.01%・ショート-0.0085%です。

ロスカット率である証拠金維持率は100%と少々高めですので、500倍でビットコインFX(BTCFX)トレードする際は口座残高を多めにご用意ください。

この他にも、海外取引所にもかかわからず、日本円を証拠金にトレードできるとして、CryptoGTはおすすめと言えるでしょう。

ビットコインFX(BTCFX)におすすめの取引所 Bybit

BybitもビットコインFX(BTCFX)におすすめの取引所です。

おすすめの理由は、指値注文でMaker(メイカー)手数料を獲得できることでしょう。

Bybitの成行注文で発生する取引手数料、Taker(テイカー)手数料は0.075%である一方、Maker(メイカー)手数料は-0.025%とマイナス設定です。

本来支払うべき取引手数料を獲得できるBybitの指値注文は、おすすめの取引所と言えるでしょう。

Binanceと同じく、Bybitのスワップポイントは8時間ごとに発生し、ロング保有で資金調達率がマイナスの場合はスワップ獲得でき、ショートで支払いとなります。

またロスカット率は取引ボリュームが大きくなるにつれて、高くなってきます。

最小ロスカット率は証拠金維持率20%と、ロスカットされにくいこともおすすめの取引所の理由と言えるでしょう。

ビットコインFX(BTCFX)におすすめの取引所を分かりやすく解説まとめ

ビットコインFX(BTCFX)におすすめの取引所について解説しました。

海外取引所は、ハイレバレッジの適用と追証なし・ゼロカットを採用しているためおすすめでしょう。

ここではビットコインFX(BTCFX)におすすめの取引所の詳細について解説しましたので、取引所選びの参考になさってください。

-ビットコインFX(BTCFX)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.