ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

ビットコインFX(BTCFX)

ビットコインFX(BTCFX)におすすめの取引所を分かりやすく解説

投稿日:

【おすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから

【3位】FTXの詳細ページはこちらから

【4位】Binance Futuresの詳細ページはこちらから

ビットコインFX(BTCFX)におすすめの取引所は、どのような特徴があるの?

具体的にビットコインFX(BTCFX)におすすめの取引所はどこなの?

あなたは今、このようにお考えではないでしょうか。

以前と比較するとビットコインの現物取引では大きな利益を目指すのが難しくなり、現在はトレードの主流としてビットコインFX(BTCFX)が定着しつつあります。

ではビットコインFX(BTCFX)におすすめの取引所について解説していきましょう。

ビットコインFX(BTCFX)におすすめの取引所を分かりやすく解説

ビットコインFX(BTCFX)の取引所は現在多く、おすすめの取引所はどこなのかと迷っている方も少なくありません。

証拠金にレバレッジをかけて証拠金以上の資金でトレードすることができるビットコインFX(BTCFX)ですが、まずはおすすめの取引所の特徴について解説していきます。

ビットコインFX(BTCFX)におすすめの取引所の特徴

ビットコインFX(BTCFX)におすすめなのは、海外取引所です。

海外取引所の多くは、レバレッジ100倍以上を誇るハイレバレッジで、証拠金以上の金額をトレードできます。

レバレッジ倍率が高いほど、必要証拠金を抑えてトレードできるため、1回あたりのトレード資金を抑えることができるのも、ビットコインFX(BTCFX)におすすめの理由です。

その他のビットコインFX(BTCFX)におすすめの取引所の特徴をまとめると、以下の通りです。

  • ハイレバレッジをかけて証拠金以上の金額でトレードできる
  • 追証なし・ゼロカットによってマイナス残高をリセットしてもらえる
  • 取引手数料が安いことでトレードコストを抑えられる
  • スプレッドが狭いことでもトレードコストを軽減できる
  • スワップポイント・資金調達率の負担が軽い
  • 出来高が多いと約定しやすくスプレッドを抑えやすい
  • ロスカット率である証拠金維持率が低いとロスカットされにくい

追証なし・ゼロカットは、海外取引所限定のビットコインFX(BTCFX)での救済制度です。

国内取引所は逆に追証あり・ゼロカットなしですが、ロスカットで損失が発生した際に追証は借金リスクがあります。

一方、海外取引所は、ビットコインFX(BTCFX)はロスカットで損失にいたった場合でも、マイナス口座残高を無条件でリセットしてもらえるため、おすすめです。

ビットコインFX(BTCFX)のトレードコストとして発生する、取引手数料・スプレッド・スワップポイントは、負担が軽い取引所がおすすめです。

取引所ごとに手数料体系は異なり、トレードのたびにTaker手数料・Maker手数料などの取引手数料が発生する、そもそも取引手数料が発生しない業者も存在します。

スプレッドはビットコインの売値と買値の差額を示し、手数料ではないもののトレードコストとして取引するたびに相殺されます。

取引手数料もスプレッドもトレードするたびに発生するため、両方を考慮したうえでコスト負担が軽い取引所がおすすめです。

スワップポイントや資金調達率は、ビットコインFX(BTCFX)のレバレッジ手数料と考えていただければ問題ありません。

ビットコインFX(BTCFX)でポジションを保有し続ける限り発生し続け、スワップ料率や発生回数は取引所ごとに異なるため、こちらもコスト負担が軽い取引所がおすすめと言えるでしょう。

出来高が多い取引所は、ビットコインFX(BTCFX)のスプレッドが狭く、約定率が高くなるためおすすめです。

ビットコインFX(BTCFX)はハイレバレッジでトレードできるため、現物取引と比較すると必然的に出来高が高くなります。

出来高は流動性とも関連し、取引量が多ければそれだけ市場でのマッチング率も高くなります。

これによってビットコインFX(BTCFX)の約定率があがり、スプレッドも狭くなります。

ロスカット率を示す証拠金維持率が低く設定されている取引所は、ポジション維持を続けやすく利益獲得につながりやすいためおすすめです。

取引所ごとにロスカット率は異なるため、ビットコインFX(BTCFX)の取引所選びで重要なポイントと言えるでしょう。

ビットコインFX(BTCFX)におすすめの取引所 CryptoGT

ビットコインFX(BTCFX)におすすめの取引所は、CryptoGTです。

おすすめの理由は、最大500倍のレバレッジでトレードでき、証拠金よりも圧倒的に大きな金額でトレードできるうえ、必要証拠金の負担も軽くなることでしょう。

取引手数料は無料、スプレッドは2020年11月6日のデータによると523円と、取引コストは平均的に低い傾向にあるのもおすすめと言えます。

スワップポイントは4時間ごとに発生し、ロング-0.01%・ショート-0.0085%です。

ロスカット率である証拠金維持率は100%と少々高めですので、500倍でビットコインFX(BTCFX)トレードする際は口座残高を多めにご用意ください。

ビットコインFX(BTCFX)におすすめの取引所 FTX

ビットコインFX(BTCFX)におすすめの取引所は、FTXです。

おすすめの理由は、あらかじめロング・ショート、そしてレバレッジ倍率が設定されロスカットがないレバレッジトークンや、上昇・下落にかかわらずレート変動ぶんによってトレードするMOVE取引などのデリバティブ商品による、ビットコインFX(BTCFX)トレードができることでしょう。

先物取引もすることができ、取引手数料はTaker(テイカー)手数料が最小0.04%~最大0.07%、Maker(メイカー)手数料は最小0.01%~最大0.02%です。

取引手数料は30日間の取引ボリュームに応じて手数料が設定され、取引量が多いほど段階的に手数料が増えていきます。

スプレッドは2020年11月6日のデータで50円と圧倒的に狭いためおすすめである一方、取引手数料は少々高めのイメージです。

スワップポイントは1時間ごとに発生する一方、他社と比較すると1回あたりの料率は低い傾向にあります。

資金調達率がマイナスの場合に、ロングを保有しているとスワップ獲得、ショートでスワップの支払い、のように獲得することができるのはおすすめと言えるでしょう。

ビットコインFX(BTCFX)におすすめの取引所 Bybit

ビットコインFX(BTCFX)におすすめの取引所はBybitです。

おすすめの理由は、指値注文でMaker(メイカー)手数料を獲得できることでしょう。

Bybitの成行注文で発生する取引手数料、Taker(テイカー)手数料は0.075%である一方、Maker(メイカー)手数料は-0.025%とマイナス設定です。

本来支払うべき取引手数料を獲得できるBybitの指値注文は、おすすめの取引所と言えるでしょう。

Bybitのスワップポイントは8時間ごとに発生し、FTXと同じようにロング保有で資金調達率がマイナスに転じるとスワップを獲得でき、ショートで支払いとなります。

またロスカット率は取引ボリュームが大きくなるにつれて、高くなってきます。

最小ロスカット率は証拠金維持率20%と、ロスカットされにくいこともおすすめの取引所の理由です。

ビットコインFX(BTCFX)のおすすめの取引所を分かりやすく解説まとめ

ビットコインFX(BTCFX)のおすすめの取引所について解説しました。

取引所ごとにビットコインFX(BTCFX)におすすめ条件は異なりますので、きちんと比較したうえで個々に魅力を感じる取引所をご利用ください。

-ビットコインFX(BTCFX)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.