ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

ビットコインFX(BTCFX)

ビットコインFX(BTCFX)のMT4の取引所を分かりやすく解説

投稿日:

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

ビットコインFX(BTCFX)でMT4を採用している取引所はどこなの?

あなたは今、このようにお考えではないでしょうか。

世界中のプロ投資家が利用するMT4でビットコインFX(BTCFX)トレードをしたいとお考えの方は多いはずです。

個人投資家でもすでにMT4を利用し、あらたにビットコインFX(BTCFX)取引を開始するときに、利用したいとお考えの方もいるでしょう。

ビットコインFX(BTCFX)でMT4を採用する取引所はどこなのかについて解説していきます。

ビットコインFX(BTCFX)のMT4の取引所を分かりやすく解説

ビットコインFX(BTCFX)でMT4を採用する海外取引所はどこなのでしょうか。

やはりビットコインFX(BTCFX)と言えば、追証なし・ゼロカット採用・ハイレバレッジトレード可能な海外取引所が魅力的です。

MT4は、ビットコインFX(BTCFX)のチャート分析機能に優れ、充実したインジケーターやトレンドラインなどの描画ツールを採用しています。

注文フォームも使いやすく視覚的な操作でエントリーできますが、MT4がもっとも優れているのは自動売買(EA)です。

世界的に人気の取引プラットフォームの中でもMT4の自動売買は圧倒的に取り扱い数が多いため、ビットコインFX(BTCFX)取引所でも活用したいとお考えの方は多いでしょう。

ビットコインFX(BTCFX)のMT4を採用する取引所は?

ビットコインFX(BTCFX)でMT4を採用する海外取引所は、筆者が探してみたところ、残念ながら見つけることができませんでした。

MT4に搭載されている自動売買(EA)のご利用をビットコインFX(BTCFX)でお考えの方は、他のプラットフォームのご利用を検討されるとよいでしょう。

ただしMT4の後継版であるMT5を採用している取引所は、存在します。

ビットコインFX(BTCFX)はMT4の代わりにMT5を採用する取引所がおすすめ

MT4を採用するビットコインFX(BTCFX)取引所は見つけることができませんでしたが、MT5を採用することなら可能です。

ビットコインFX(BTCFX)取引所のCryptoGTは、取引プラットフォームにMT5を搭載し、自動売買(EA)運用も可能です。

ただしMT4と比較すると、MT5は自動売買(EA)の取り扱い数が少ないのがデメリットと言えるでしょう。

しかし自動売買(EA)の開発環境においては、MT4・MT5ともに優れています。

たとえばストラテジーを構築しMT4に内蔵されているテスター機能でバックテストでき、分析・修正によって最適化した自動売買を一般公開できます。

開発した自動売買をCode Baseと呼ばれるMT4上でシェアできる場にて無料配布したり、販売したりすることもできます。

よって「自動売買の開発は行わない、でも標準搭載されている自動売買でビットコインFX(BTCFX)をしたい」という方にとって、MT4を利用できないデメリットは大きいと言えるでしょう。

ちなみにMT4とMT5の自動売買(EA)には互換性がありませんので、ビットコインFX(BTCFX)取引所でEAのご利用を検討される方はご注意ください。

自動売買(EA)ではなく裁量トレードでのビットコインFX(BTCFX)のご利用をご検討されている方は、むしろMT4よりもMT5の取引所のほうがおすすめです。

MT5はMT4よりも軽くスピーディーに動作し、気配値表示やナビゲーターウインドウも整然とし見やすくなっています。

時間足の種類も豊富で、カスタムインジケーターはMT4のほうが多いですがMT5も豊富で徐々に増えてきているなど、メリットも大きくおすすめです。

ビットコインFX(BTCFX)取引所はMT4ではなくTradingViewを採用

ビットコインFX(BTCFX)取引所の取引プラットフォームは、MT4ではなくTradeingViewを採用する取引所が圧倒的に多いです。

近年、TradingViewはMT4と同じく、グローバルな取引プラットフォームとして認知されつつあります。

ビットコインFX(BTCFX)取引所の中で、TradinguViewを採用している取引所は、FTXとBybitなどです。

MT4と比較したメリットは、MT4はWindows上でしか動作保証されていないのに対し、クラウド型のTradingViewは機種や環境に依存していません。

たとえばTradingViewは、スペックの低いデバイスで動作すること、どこにいてもアクセスできることがメリットでしょう。

MT4もTradingViewのどちらも、内臓・カスタム問わずインジケーターにおいて種類が豊富で、描画ツールはTradingViewのほうが多いもののMT4も30種類と充実したチャート分析が可能です。

時間足数やチャートの種類も、MT4よりもTradingViewのほうが多いです。

ただし自動売買(EA)についてTradingViewはPineスクリプトをカスタマイズしなければ利用できません。

自作やバックテストなどもできますが、デフォルトでビットコインFX(BTCFX)を自動売買できないのは、MT4に劣っていると言えるでしょう。

ビットコインFX(BTCFX)でMT4がない取引所でも充実したトレードツールを利用できる

そもそもビットコインFX(BTCFX)取引所にはMT4がなくても、充実したチャート分析や注文フォームなどが標準装備されています。

CryptoGTはトレードツールとしてMT5が必須ですが、FTXとBybitにはチャート分析として豊富なインジケーターや描画ツールが備わっています。

自動売買についてはAPI設定だけで、各取引所でのビットコインFX(BTCFX)トレードが可能です。

FTXは自動売買(EA)を簡易的に作成できるQuant Zoneが装備されており、プログラミングがわからない方でもトレード手法を確立している方であれば簡単に構築できます。

たしかにMT4はビットコインFX(BTCFX)の中でも特に自動売買の利便性を向上させますが、取引所独自のツールやMT5でも十分カバーできると考えてよいでしょう。

ビットコインFX(BTCFX)のMT4の取引所を分かりやすく解説まとめ

ビットコインFX(BTCFX)MT4を採用する取引所について解説しました。

MT4は充実したチャート分析が行える取引プラットフォームで、ビットコインFX(BTCFX)取引をスムーズに行うことができます。

ただしMT4を採用するビットコインFX(BTCFX)取引所は少なく、現実的に取引所が採用していないことから利用できないと考えてよいでしょう。

ビットコインFX(BTCFX)取引所ではMT4の代わりとして、TradingViewやMT5を採用する取引所も多いため、ぜひご活用ください。

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

-ビットコインFX(BTCFX)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.