ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

ビットコインFX(BTCFX)

ビットコインFX(BTCFX)のMT4の取引所を分かりやすく解説

投稿日:

【ボーナスが手厚いおすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】おすすめ1位の取引所(LINE公式で確認)

【2位】CryptoGTの詳細ページはこちらから

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【4位】Binanceの詳細ページはこちらから

ビットコインFX(BTCFX)にMT4を採用する取引所はどこなの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

ボラリティの高いビットコインFX(BTCFX)のトレードにMT4を利用したいという方も多いのではないでしょうか。

ここではビットコインFX(BTCFX)にMT4を採用する取引所について詳しく解説していきましょう。

ビットコインFX(BTCFX)のMT4の取引所を分かりやすく解説

ビットコインFX(BTCFX)のMT4を採用する取引所を利用することで、快適にトレードにできるとお考えの方も多いはずです。

海外のビットコインFX(BTCFX)の取引所では、追証なし・ゼロカット採用のもと、100倍を超えるハイレバレッジ取引を行うことで、ハイリターン・ハイリスクトレードが可能です。

また国内取引所と比較して海外取引所は、取扱銘柄が多く、ビットコインFX(BTCFX)でトレードしたり、ビットコインを証拠金にしてレバレッジ取引することもできます。

ボラリティが高いうえハイレバレッジで取引できる海外のビットコインFX(BTCFX)は損失が大きくなるため、少しでも利益をめざすために高機能なMT4を採用する取引所でトレードしたいとお考えの方も多いでしょう。

MT4は、世界中のプロ投資家が愛用する取引プラットフォームですが、優れたチャート分析機能を搭載しており、視覚的な注文操作にも対応していることから圧倒的な人気を誇っています。

チャート分析機能として充実したインジケーターの種類や描画ツールをはじめ、時間足やチャートの種類などカスタマイズ性にも優れているでしょう。

特にMT4は、取引所独自の取引ツールと比較しても自動売買の種類が多いことが大きな特徴です。

PC版だけでなくスマホアプリ版にも対応しており、無料でインストールし利用できることも、MT4の大きなメリットだと言えるでしょう。

ビットコインFX(BTCFX)のMT4の取引所は?

ビットコインFX(BTCFX)をMT4でトレードできる取引所を探してみたところ、残念ながら見つけることができませんでした。

MT4によるビットコインFX(BTCFX)はあきらめて、各取引所で実装している独自プラットフォームをご利用ください。

ただしビットコインFX(BTCFX)の取引所の中には、MT4の後継版であるMT5を採用する取引所は存在します。

ビットコインFX(BTCFX)のMT4の取引所はないためMT5採用の取引所がおすすめ

ビットコインFX(BTCFX)ではMT4のかわりにMT5を採用する取引所をおすすめします。

MT4同様、MT5でも自動売買を利用できますが、MT4よりも種類が少ないことはデメリットでしょう。

しかし自動売買の開発環境においては、MT4もMT5も優れています。

一方、MT4とMT5の自動売買には互換性がないため、共用することはできないのでご注意ください。

海外取引所のCryptoGTは、MT5を採用し、MT4よりも軽快な動作や整然とした画面を実現し、快適にビットコインFX(BTCFX)できることが大きな特徴と言えるでしょう。

ビットコインFX(BTCFX)の自動売買ではなく、裁量トレードを検討されている方は、MT4よりもMT5のほうがおすすめです。

時間足やカスタムインジケーターについては、MT4もMT5も大差がないため、充実した機能を活用しながらビットコインFX(BTCFX)できるでしょう。

ビットコインFX(BTCFX)のMT4の取引所では基本的にTradingViewを採用

ビットコインFX(BTCFX)でMT4を採用する取引所はなく、MT5は限られた取引所でしか利用できません。

基本的にビットコインFX(BTCFX)の取引所では独自の取引プラットフォームを採用しているため、こちらを活用していくことになるでしょう。

また独自の取引プラットフォームに加えて、ビットコインFX(BTCFX)の取引所ではTradingViewを採用しているため、充実したチャート分析機能や注文フォームを利用することができます。

ビットコインFX(BTCFX)のトレードをTradingViewで行うことができる取引所は、BinanceやBybitでしょう。

海外取引所だけでなく、国内取引所の多くもTradingViewを採用しているため、TradingViewはビットコインFX(BTCFX)のチャート分析ツールの代表格と言えます。

MT4とTradingViewの違いは、MT4はWindows上のみの動作保証であるのに対し、TradingViewは機種や環境に依存しないクラウド型です。

TradingViewはブラウザ上で動作することから、デバイスの容量を圧迫しないためスペックの低い機種でも快適に動作する、場所にとらわれることなくトレードできることでしょう。

MT4もTradingViewも、インジケーターにおいて種類が豊富で、描画ツールはTradingViewのほうが多いものの、MT4も30種類と充実したチャート分析が可能です。

時間足数やチャートの種類も、MT4よりもTradingViewのほうが多いでしょう。

ただし自動売買(EA)についてTradingViewはPineスクリプトをカスタマイズしなければ利用できません。

自作やバックテストなどにも対応しているものの、デフォルトでビットコインFX(BTCFX)を自動売買できないのは、MT4に劣っている大きなデメリットと言えるでしょう。

ビットコインFX(BTCFX)でMT4の採用なしの取引所でも充実した取引ツールを利用可能

MT4がない取引所でもTradingViewを採用しているため、問題なくビットコインFX(BTCFX)をはじめることができますが、自動売買はデフォルトで利用できないことがデメリットです。

しかしビットコインFX(BTCFX)の取引所では、TradingViewの他にも独自取引プラットフォームを採用しており、APIコードを発行して自動売買と紐づける設定だけで自動売買をスタートできます。

取引プラットフォームを上手に使い分けることで、MT4がない取引所でもビットコインFX(BTCFX)のトレードをスムーズに始めることができるでしょう。

ビットコインFX(BTCFX)のMT4の取引所を分かりやすく解説まとめ

ビットコインFX(BTCFX)でMT4を採用する取引所は存在しませんが、CryptoGTはMT5を採用しています。

BinanceやBybitなどの取引所も、TradingViewと取引所の独自プラットフォームを併用することでビットコインFX(BTCFX)を快適に始めることができるでしょう。

-ビットコインFX(BTCFX)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.