ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

ビットコインFX(BTCFX)

ビットコインFX(BTCFX)の手法を分かりやすく解説

更新日:

【おすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから

【3位】FTXの詳細ページはこちらから

【4位】Binance Futuresの詳細ページはこちらから

ビットコインFX(BTCFX)の手法にはなにが適しているの?

ボラリティが高いと言われているビットコインFX(BTCFX)はやはりスキャルピング手法が向いているの?

ビットコインFX(BTCFX)の勝ち方を知りたい。

あなたは今、このようにお考えではないでしょうか。

ビットコインFX(BTCFX)の手法としてさまざまな情報が出回っていますが、実際に試してみたけれど負けてしまうとお考えの方もいるのではないでしょうか。

ここではビットコインFX(BTCFX)で勝つための手法について詳しく解説していきましょう。

ビットコインFX(BTCFX)の手法を分かりやすく解説

まずビットコインFX(BTCFX)で利用できる手法として、スキャルピング・デイトレード・スイングトレードなどがあります。

3つは基本的な手法ですが、トレーダーが独自に編み出した手法もあります。

ではビットコインFX(BTCFX)の各手法はどのようなものか、どの手法を利用したら勝つことができるのかについてみていきます。

ビットコインFX(BTCFX)の基本手法にはスキャルピング・デイトレード・スイングトレードがある

ビットコインFX(BTCFX)の3種類の基本的な手法は、スキャルピング・デイトレード・スイングトレードの3種類です。

スキャルピングとは、小さな利幅を狙うため、数秒から数分間でビットコインFX(BTCFX)トレードを、1日数回繰り返して利益を大きく積み上げる、超短期のトレード手法です。

スイングトレードとは、大きな利幅を狙うため、数週間から数ヶ月にわたる長期ポジションを保有する長期のトレード手法です。

デイトレードとは、1日で注文から決済を完結させるトレード手法で、スキャルピングよりも大きな利幅かつスイングトレードよりも小さな利幅を狙うトレード手法をさしています。

ビットコインFX(BTCFX)の手法で勝ちやすいものはどれ?

ビットコインFX(BTCFX)で勝ちやすい手法はどれなのかというと、スキャルピングです。

勝てる回数面から言うと、多くのトレード回数を重ねるスキャルピングは、勝てる可能性が大きい手法と言えるでしょう。

スキャルピングは小さな利幅を狙いますが、ビットコイン自体のボラリティが高いことから大きな利幅を狙いやすいと言えます。

また海外のビットコインFX(BTCFX)は最大20倍から100倍というハイレバレッジトレードが可能ですので、短時間に大きな利幅を狙いやすい環境も整っています。

トレード中も、スキャルピングはチャートの前にいるため、相場急変に備えることができることも、勝ちやすく負けにくい手法と言えるでしょう。

ボラリティの高いビットコインFX(BTCFX)のハイレバレッジによるスイングトレードは、急激な相場変動リスクがあることからおすすめできません。

ビットコインFX(BTCFX)の手法にスキャルピングが適しているのは上級者

前項の通り、ビットコインFX(BTCFX)で勝ちやすい手法としておすすめなのはスキャルピングです。

スキャルピングは、負けてしまっても小さな損失の抑えることができる、すぐにトレード結果がわかる、隙間時間にトレードできるなど、ビットコインFX(BTCFX)の初心者にとってわかりやすいメリットが多いため、人気のトレード手法です。

SNS上にも、ビットコインFX(BTCFX)のスキャルピングに関する口コミが多く投稿されていることから、多くのトレーダーが利用していることが明確でしょう。

このような理屈に反して、ビットコインFX(BTCFX)のスキャルピング手法では勝てないという声も少なくありません。

実はスキャルピングは上級者向けのトレード手法であり、初心者が始めるためには難易度が高いトレード手法と言えます。

そもそも小さな利幅を狙うスキャルピングで勝つためには、1回限りではなく勝ち続けなければ利益を積み上げることはできず、最終的に勝つことはができません。

そのためにはトレードに負けないことが、前提条件として必要になるため、このような理由からビットコインFX(BTCFX)のスキャルピングは上級者向けのトレード手法と言えるでしょう。

ちまたにあふれる「ビットコインFX(BTCFX)におすすめの手法はスキャルピング」という口コミや文面は、前提条件として上級者に向けられたものであると考えてよいのかもしれません。

ビットコインFX(BTCFX)の手法として初心者に適しているのはスイングトレード

ではビットコインFX(BTCFX)の初心者に適している手法はどれなのと疑問を感じている方もいるでしょう。

結論をいいますと、初心者に適している手法はスイングトレードです。

前項でビットコインFX(BTCFX)はスイングトレードに適していないと解説しましたが、たしかにハイレバレッジトレードには向いていないのかもしれません。

しかし注文方法でレバレッジ調整を行ったり、口座資金を多めに準備することで、スイングトレード手法によるビットコインFX(BTCFX)で勝てる可能性は高まります。

スイングトレードは長期相場でトレードするため、スキャルピングよりも値動きが大きくなります。

同時にトレード回数が少ないため、注文や決済で発生するメイカー手数料やテイカー手数料を抑えることができます。

別途トレードコストとして、スワップポイントや資金調達率が発生するリスクがありますが、取引手数料と比較すると圧倒的に発生回数が少ないため、コスト負担を軽減することができます。

スキャルピングに負けてしまう原因のひとつとして、手数料負けというケースがあるため、注文回数が少ないスイングトレードはビットコインFX(BTCFX)で勝ちやすいと言えるでしょう。

またチャートに張り付いて心身を消耗させることも、長期相場を狙うため結果を急ぐ必要もなくなりじっくりトレード戦略を練り直すこともできます。

スイングトレードでは、相場急変に備えて損切り注文をしこんでおくことで、損失を抑えることもできます。

このようなことから、ビットコインFX(BTCFX)のスキャルピングで勝てない方や初心者の場合は、スイングトレードがおすすめと言えるでしょう。

ビットコインFX(BTCFX)の手法を活かすためには投資の基本を学ぶことが大切

ビットコインFX(BTCFX)の手法を活かすためには、投資の基本としてトレードルールの遵守やテクニカル分析、基本的な注文方法などの基礎知識を学ぶことが大切です。

投資はギャンブルのように直感で勝つことはできませんし、スキャルピングのようにトレード結果を積み上げていく手法であればなおさら勝つことは難しくなります。

感情に流されてしまう方は、自動売買によるトレード手法を活用することでトレードルールに沿った取引を行うことができます。

トレード結果をフィードバックし、今後の戦略を練ることはビットコインFX(BTCFX)の手法を活かすためにかかせない方法です。

またビットコインFX(BTCFX)の手法を活かすためには、テクニカル分析を学ぶことも必要です。

テクニカル分析では、チャートにインジケーターやトレンドラインなどの指標を設定し、過去の値動きから今後を予測する手法です。

同時に注文方法の特徴や取引プラットフォームをマスターしておくことも、ビットコインFX(BTCFX)で勝つためにに必要不可欠と言えるでしょう。

応用的な手法を学ぶよりも、まずは基本的な知識を身に着けることがビットコインFX(BTCFX)で勝つためには欠かせないと言えます。

ビットコインFX(BTCFX)の手法を分かりやすく解説まとめ

ビットコインFX(BTCFX)の手法について解説しました。

特別な手法でトレードするよりも、まずは投資の基礎知識や取引プラットフォームの使い方からマスターすることがビットコインFX(BTCFX)で勝つためにはかかせません。

トレードルールの遵守・テクニカル分析の実行・取引プラットフォームの使い方・ビットコインの基礎知識などを学んだうえで、ビットコインFX(BTCFX)の手法を活用し、勝てるトレードをめざしましょう。

-ビットコインFX(BTCFX)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.