ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

ビットコインFX(BTCFX)

ビットコインFX(BTCFX)の借金のリスクを分かりやすく解説

投稿日:

【ボーナスが手厚いおすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【4位】Binance Futuresの詳細ページはこちらから

ビットコインFX(BTCFX)には借金リスクがあるの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

口コミを見ているとビットコインFX(BTCFX)で儲かったという声が聞こえてくる一方、借金を抱えてしまったという声も聞こえてきます。

ビットコインは将来性が高いと言われているため始めたいと思う一方、ビットコインFX(BTCFX)は借金になるという声も聞こえてくることから、なかなか始められないという方もいるのではないでしょうか。

では本当にビットコインFX(BTCFX)は借金リスクがあるのでしょうか。

ビットコインFX(BTCFX)の借金のリスクを分かりやすく解説

ビットコインFX(BTCFX)に借金リスクはあるの?

結論から言いますと、ビットコインFX(BTCFX)には借金リスクがあるパターンとないパターンがあります。

ビットコインFX(BTCFX)に借金リスクがあるパターンは、国内取引所でトレードした場合です。

一方、海外取引所でトレードすると、借金リスクはありません。

国内取引所のユーザーにとって、海外取引所の借金リスクがないという事実は信じがたいことでしょう。

金融庁は、ビットコインFX(BTCFX)のみならず、海外取引所全般を「ハイレバレッジトレードを提供する無登録業者」として警告を行っています。

当然、日本の金融業界を管理している金融庁からの警告ですので、海外取引所は危険という声をうのみにし、ビットコインFX(BTCFX)の借金リスクがないなんて信じられないと思う方も多いでしょう。

金融庁の警告通り、国内取引所ではビットコインFX(BTCFX)の最大レバレッジを2倍に限定しています。

一方、海外取引所のビットコインFX(BTCFX)では、最大20倍~100倍を超えるハイレバレッジトレードによってハイリスク・ハイリターントレードを行うことができます。

しかし金融庁の警告には、ハイレバレッジトレードの危険性について触れているだけで、海外取引所の大きなメリットである借金リスクをカバーする制度については触れられていません。

結論をいいますと、国内取引所には借金リスクをカバーする制度はありませんが、海外取引所は借金をカバーする制度を採用しています。

でも金融庁の警告を無視して海外取引所でビットコインFX(BTCFX)してもよいのかと疑問を感じる方もいるでしょうが、問題ありません。

そもそもビットコインFX(BTCFX)の取引所は、営業拠点の国の金融制度で認可を受けていればよいので、海外取引所は日本の金融庁で認可を受ける必要はないのです。

海外取引所と比較するとサービス性が下がってしまうため、金融庁はあえて海外取引所の借金リスクのカバーについて触れていないと考えられるでしょう。

ビットコインFX(BTCFX)の借金リスクはゼロカット制度でカバーできる

ビットコインFX(BTCFX)の借金リスクをカバーする制度を、ゼロカットと言います。

ゼロカットとは、ビットコインFX(BTCFX)で発生した損失の借金を取引所が肩代わりし、マイナスにいたった口座残高をゼロにリセットしてもらえる制度です。

本来、ビットコインFX(BTCFX)で拡大した含み損によってポジションがロスカットされ、確定した損失は借金として返済しなければいけません。

一方、ゼロカット制度が採用されていれば、借金を返済する必要がないため、安全にビットコインFX(BTCFX)でトレードできます。

国内取引所のユーザーにとっては信じがたいことでしょうが、海外取引所は投資家を借金リスクから守る制度としてゼロカットしています。

ただし勘違いしないでいただきたいことは、ゼロカット制度はあくまでも借金リスクがなくなるだけで、ロスカットにいたった場合、証拠金は全額没収となります。

ゼロカット制度は、あくまでもハイレバレッジによるビットコインFX(BTCFX)の莫大な借金リスクから投資家を守るための救済制度であるだけで、お得な制度ではないことにご注意ください。

国内取引所は、ビットコインFX(BTCFX)の最大レバレッジが2倍に制限されています。

さらにゼロカット制度は採用されていないため、万が一ロスカットで損失が確定した場合は、トレーダーがみずから借金として返済しなければいけません。

当然、証拠金は没収になり、追証制度によって借金リスクが拡大してしまうことも、国内取引所でビットコインFX(BTCFX)する場合は心得ておく必要があるでしょう。

しかしゼロカット制度が採用されている海外取引所は、ハイレバレッジ取引になるため、ビットコインFX(BTCFX)の損失リスクは拡大し、ロスカットされやすくなります。

ロスカットリスクを防ぐために、海外取引所でビットコインFX(BTCFX)するときには、口座残高を多めに準備しておきましょう。

ビットコインFX(BTCFX)における借金リスクの観点からは、ゼロカット制度を採用する海外取引所のほうが圧倒的に安心です。

ビットコインFX(BTCFX)の借金のリスクは追証制度も関係する

ビットコインFX(BTCFX)の借金リスクは、追証制度も関係しています。

追証制度とは、国内取引所が採用しており、ビットコインFX(BTCFX)でロスカットリスクを回避するための制度です。

海外取引所では追証制度を採用していません。

追証とは、含み損が拡大したポジションに証拠金の追加入金を行い、含み損の割合を軽減しながら証拠金の割合を回復することで、ビットコインFX(BTCFX)のロスカットを防ぎます。

ただし追証によってポジションが含み益方向へ向かえばよいのですが、ロスカットにいたってしまった場合は追証も借金としてのしかかり、借金リスクを拡大させてしまいます。

国内取引所はゼロカットのかわりに追証制度を採用していますが、ロスカットによって追証は借金リスクに転じてしまうことも心得たうえでご利用ください。

ビットコインFX(BTCFX)の借金のリスクを分かりやすく解説まとめ

ビットコインFX(BTCFX)の借金リスクを考慮すると、国内取引所よりも海外取引所の方が圧倒的に安全です。

海外取引所は、ハイリスクハイリターントレードを楽しみながら、万が一の借金リスクに備えることもできるため、ビットコインFX(BTCFX)に適していると言えるでしょう。

-ビットコインFX(BTCFX)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.