ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

ビットコインFX(BTCFX)

ビットコインFX(BTCFX)の借金のリスクを分かりやすく解説

投稿日:

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

ビットコインFX(BTCFX)では借金リスクがあるの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

実際にSNSでビットコインFX(BTCFX)で借金リスクを抱えてしまったという声や、ビットコインFX(BTCFX)には借金リスクがないという声などが聞こえてきます。

ビットコインFX(BTCFX)を始めたいけれど、借金リスクが不安でなかなか始められないとお考えの方もいるはずです。

では実際、ビットコインFX(BTCFX)に借金リスクはあるのでしょうか。

ビットコインFX(BTCFX)の借金リスクを分かりやすく解説

ビットコインFX(BTCFX)の借金リスクは発生するの?

ビットコインFX(BTCFX)では借金リスクが発生するパターンと、発生しないパターンがあります。

一般的に国内取引所のビットコインFX(BTCFX)は、借金リスクが発生します。

一方、海外取引所のビットコインFX(BTCFX)は、借金リスクが発生しません。

国内ビットコインFX(BTCFX)ユーザーは、海外取引所の利用で借金リスクが発生しないなんて信じられないと思う方もいるでしょう。

金融庁はビットコインFX(BTCFX)を含む海外FX業者に対し「ハイレバレッジトレードを提供する無登録業者」と警告を行っています。

そのようなことから海外取引所で借金リスクがないなんて考えられないと感じる方もいるはずです。

金融庁が警告する通り、国内取引所では最大4倍のレバレッジトレードまでに限定されます。

一方海外ビットコインFX(BTCFX)取引所は、100倍を超えるレバレッジ取引でハイリターン・ハイリスクトレードを行うことができます。

しかし警告にはハイレバレッジトレードの危険性のみしか記載されておらず、ハイレバレッジトレード取引所に装備されている借金リスクをカバーする制度についての記述がありません。

結論を申し上げますと、海外のビットコインFX(BTCFX)の借金リスクはないと考えてよいでしょう。

ちなみに金融庁から警告を受けているビットコインFX(BTCFX)取引所でトレードしてもよいのかとお考えの方もいるでしょうが、問題ありません。

そもそもビットコインFX(BTCFX)取引所は運営拠点である国で認可されていればよいため、海外取引所は日本の金融庁からの認可は不要なのです。

ビットコインFX(BTCFX)の借金リスクはゼロカットでカバーできる

ビットコインFX(BTCFX)借金リスクをカバーする制度をゼロカットと言います。

ゼロカットとは、ビットコインFX(BTCFX)で発生してしまった借金を取引所が肩代わりし、マイナス残高を0円にリセットしてもらえる救済制度です。

ビットコインFX(BTCFX)で大きくふくらんだ含み損によって、ポジションがロスカットされてしまった場合、損失が借金としてのしかかってきます。

ゼロカット制度によって借金リスクがないため、安全にビットコインFX(BTCFX)でトレードできます。

国内ビットコインFX(BTCFX)ユーザーにとって、借金リスクがないことは信じられないことでしょうが、実際に海外取引所はゼロカット制度を採用しています。

ただしゼロカット制度はあくまでもビットコインFX(BTCFX)の借金リスクを負わなくてもよい制度であり、ロスカットに至った場合は証拠金は全額没収されてしまいます。

ビットコインFX(BTCFX)においてゼロカットはお得な制度ではなく、あくまでもトレーダーをハイレバレッジによる借金リスクから守るための救済制度にとどまることを心得ておきましょう。

国内取引所では最大4倍までのレバレッジでしかビットコインFX(BTCFX)できません。

さらにゼロカット制度が採用されていないため、万が一ロスカットに至った場合の借金は、トレーダー自身が全額返済する必要があります。

当然証拠金も全額失ううえ、追証制度によって借金リスクが大きくなることも、国内ビットコインFX(BTCFX)取引所をご利用の際は、考慮しておかなければいけません。

ゼロカットが採用されていたとしても、ハイレバレッジでビットコインFX(BTCFX)トレードを行えば、損失リスクも大きくなるうえ、ロスカットされやすくなります。

よって海外取引所でビットコインFX(BTCFX)する際は、口座残高を多めに準備しておく必要があります。

ただし借金リスクの観点からは、ゼロカットを採用する海外ビットコインFX(BTCFX)のほうが圧倒的に安心と言えるでしょう。

ビットコインFX(BTCFX)の借金リスクは追証なしも関係している

ビットコインFX(BTCFX)の借金リスクは、追証も関係しています。

追証は国内取引所で採用している、ビットコインFX(BTCFX)のロスカットリスクを防ぐための制度です。

海外取引所で追証は発生しません。

追証は含み損がふくれあがったポジションへ証拠金を追加入金し、含み損に対して証拠金の割合を向上させ、ビットコインFX(BTCFX)のロスカットを防ぐことができます。

ただしポジションが利益方向へ向かえばよいのですが、ロスカットに至ってしまった場合は、追証も借金としてのしかかってきてしまい、借金リスクを倍増させてしまいます。

国内取引所ではゼロカットの代わりに救済制度として追証を採用していますが、ロスカットによって借金リスクに転じることを覚えておきましょう。

ビットコインFX(BTCFX)の借金リスクを分かりやすく解説まとめ

ビットコインFX(BTCFX)の借金リスクの観点から、国内取引所よりも海外取引所のほうが安心してトレードできることをご理解いただけたかと思います。

海外取引所はハイレバレッジによるハイリターンハイリスクトレードができるうえ、ゼロカットによって借金リスクをカバーすることができます。

追証を採用する国内取引所と比較すると、海外取引所はビットコインFX(BTCFX)で大きな利益を狙えるうえ借金リスクを心配することなくトレードできるのが魅力と言えるでしょう。

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

-ビットコインFX(BTCFX)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.