ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

ビットコインFX(BTCFX)

ビットコインFX(BTCFX)の稼ぎ方を分かりやすく解説

投稿日:

【ボーナスが手厚いおすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【4位】Binance Futuresの詳細ページはこちらから

ビットコインFX(BTCFX)の稼ぎ方は、どのような手順でやればいいの?

「ビットコインFX(BTCFX)」と「ビットコイン」のしくみや違いがよくわからない。

ビットコインFX(BTCFX)の稼ぎ方の注意事項を把握しておきたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

ビットコインで大きな収益をめざしたい方は、ビットコインFX(BTCFX)の稼ぎ方について知りたい方も多いのではないでしょうか。

ビットコインFX(BTCFX)の稼ぎ方を分かりやすく解説

ビットコインFX(BTCFX)の稼ぎ方は、ビットコインの現物取引とは異なります。

同じビットコインを取引するものの、ビットコインFX(BTCFX)と、ビットコインの現物取引ではメリット・デメリット、取引所の選び方が異なります。

ここではビットコインFX(BTCFX)の稼ぎ方におけるしくみや、稼ぎ方の手順や注意事項を解説していきます。

ビットコインFX(BTCFX)の稼ぎ方のしくみ

ビットコインFX(BTCFX)の稼ぎ方のしくみを一言で表現すると、ビットコインの証拠金取引をさしています。

証拠金取引とは、証拠金を担保に新規注文してポジションを保有し、反対売買でポジションの決済注文を行い、売買の差額を損失や利益として取引口座に反映させるトレード方法をさします。

現物取引と比較すると違いは明確ですが、現物取引は注文のたびに取引口座で決済が行われるため、ポジション保有という概念がありません。

証拠金取引であるビットコインFX(BTCFX)の稼ぎ方には以下のような特徴があります。

ビットコインFX(BTCFX)の稼ぎ方はレバレッジをかけられる

ビットコインFX(BTCFX)はレバレッジをかけた稼ぎ方ができます。

レバレッジをかけるというしくみのもと、倍率のぶんだけ証拠金をふくらませて、大きな金額でトレードできます。

たとえば1万円の証拠金に100倍のレバレッジをかけたら、100万円のビットコインFX(BTCFX)取引ができることが、もっとも大きな特徴のひとつと言えるでしょう。

ビットコインFX(BTCFX)では証拠金以上の取引ができるという稼ぎ方になるため、利益と損失も大きくなります。

国内取引所では最大2倍、海外取引所では最大20倍~100倍を超のレバレッジをかける稼ぎ方ができます。

ビットコインFX(BTCFX)の稼ぎ方では空売りできる

ビットコインFX(BTCFX)は、空売りという売り注文からはじめる稼ぎ方もでき、これをショートや信用取引ともいいます。

空売りとは、下落相場を狙い「高く売って安く買い戻す」というしくみのもと、利益をめざすことができます。

投資の基本は「安く買って高く売る」という上昇相場を狙った稼ぎ方になりますが、ビットコインFX(BTCFX)は証拠金取引ですので、下落相場を狙った空売りでも利益をめざせます。

現物取引は、上昇相場を狙う稼ぎ方しかできません。

これは実物のビットコインを高く売るというしくみのもと利益をめざすことができるため、手元になければ売ることができません。

一方、ビットコインFX(BTCFX)では、実際にビットコインを売ったり買ったりせずに、新規エントリーでポジションを保有するというしくみのもと取引するため、ないものを先に売るという注文ができます。

上昇・下落相場問わず、好きなタイミングで注文できることは、ビットコインFX(BTCFX)の稼ぎ方における大きなメリットだと言えるでしょう。

ビットコインFX(BTCFX)の稼ぎ方ではロスカットで証拠金が没収される

ビットコインFX(BTCFX)の稼ぎ方のデメリットは、ロスカットによって証拠金が全額没収されてしまうというしくみがあります。

ロスカットとは、ビットコインFX(BTCFX)のポジションの含み損が証拠金の一定割合を上回ってしまうことで、これ以上損失が膨らまないように強制決済されることをさします。

ビットコインFX(BTCFX)は証拠金にレバレッジをかけるため、少しのレート変動でロスカットに至る可能性があります。

ロスカットを防ぐコツは、口座残高に対しポジションは1%程度にとどめることであり、ビットコインFX(BTCFX)の資金を守る稼ぎ方と言えるでしょう。

ビットコインFX(BTCFX)の稼ぎ方ではゼロカットで借金リスクなし

ゼロカットとは、ビットコインFX(BTCFX)で発生した損失によるマイナス口座残高、すなわち借金を無条件でリセットする、海外取引所限定の投資家を守るためのしくみです。

国内取引所で損失が発生した場合は、ゼロカットが適用されず投資家が借金を全額返済しなければいけません。

一方、ハイレバレッジを提供する海外取引所は、莫大な損失リスクをはらんでいる一方、ゼロカットにより借金リスクなしでトレードできます。

よって海外取引所はハイレバレッジでハイリターンを期待しながら、万が一の損失による借金の不安がない稼ぎ方ができるのが、大きなメリットと言えるでしょう。

ビットコインFX(BTCFX)の稼ぎ方の手順

ビットコインFX(BTCFX)の稼ぎ方の手順は、以下の通りです。

  • 稼ぎ方の手順1:国内取引所と海外取引所で口座開設を完了する
  • 稼ぎ方の手順2:日本円を国内取引所へ入金し、ビットコインを買う
  • 稼ぎ方の手順3:国内取引所から海外取引所へビットコインを送金する
  • 稼ぎ方の手順4:海外取引所でビットコインFX(BTCFX)のチャート分析する
  • 稼ぎ方の手順5:新規注文を行いビットコインFX(BTCFX)のポジションを建てる
  • 稼ぎ方の手順6:決済注文でビットコインFX(BTCFX)のポジションを決済する

ビットコインFX(BTCFX)の稼ぎ方の手順として、国内取引所と海外取引所で口座開設しますが、その理由はビットコインの送金とトレードでふたつを使い分けるためです。

上述した通り、ビットコインFX(BTCFX)トレードでハイレバレッジ・ゼロカットを適用させるためには海外取引所のトレード口座が必須です。

海外取引所でトレードするためにはビットコインを入金する必要があり、日本円でビットコインを買うためには国内取引所の口座が必要です。

ビットコインFX(BTCFX)の稼ぎ方における次の手順は、まずチャート分析で過去の相場から今後の相場を予測し、エントリーポイントを見極めます。

チャート分析には専門知識が必要ですので、参考書等で勉強しましょう。

つづいての手順は、分析結果に基づいて、ビットコインFX(BTCFX)で新規注文を行います。

現在のビットコインFX(BTCFX)のレートで約定させたい場合は成行注文、すでに約定させたい価格が決まっている場合は指値注文を活用しましょう。

ビットコインFX(BTCFX)の稼ぎ方における最後の手順、決済注文は新規注文と反対売買をして、損益を確定させましょう。

ビットコインFX(BTCFX)の稼ぎ方における注意事項

ビットコインFX(BTCFX)の稼ぎ方の注意事項は、以下の通りです。

  • ビットコインFX(BTCFX)はボラリティが高いため、こまめに値動きをチェックし慎重にトレードする
  • 万が一の、取引所におけるハッキングリスクに備えるための対策として、少額づつ入金する
  • 最低ビットコインFX(BTCFX)で年収20万円を超えたら、確定申告を意識すること

稼ぎ方における注意事項の中でも、ビットコインFX(BTCFX)のボラリティについてはトレードに関することですので忘れることはありません。

一方、ハッキングリスクについては意識しない方もいるでしょうし、確定申告については知らなかったという方もいるかもしれません。

ビットコインFX(BTCFX)の稼ぎ方における注意事項は、トレード中だけでなく各取引所の資金管理状況や税務手続きについても意識して、積極的な情報収集をこころがけてください。

ビットコインFX(BTCFX)の稼ぎ方を分かりやすく解説まとめ

ビットコインFX(BTCFX)の稼ぎ方は、証拠金取引のしくみを理解することが大切です。

2020年から上昇を続けているビットコインは現在500万円を上回っており、将来性が高いことから今後も値上がりを続けることが予測されます。

ただし国や政府が通貨価値を保証していないビットコインは下落に転じる可能性もあり予測できません。

ビットコインFX(BTCFX)は値上がりしても値下がりしても利益をめざせるため、稼ぎ方においては現物取引よりも融通が利くことからおすすめと言えるでしょう。

-ビットコインFX(BTCFX)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.