ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

ビットコインFX(BTCFX)

ビットコインFX(BTCFX)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説

投稿日:

【おすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】CryptoGTの詳細ページ

【2位】FTXの詳細ページはこちらから

【3位】Binance Futuresの詳細ページはこちらから

【4位】Bybitの詳細ページはこちらから

ビットコインFX(BTCFX)で追証は発生するの?

ロスカットはいつ執行される?

ビットコインFX(BTCFX)の証拠金維持率はどのくらい?

あなたは今、このようにお考えですよね。

ビットコインFX(BTCFX)でトレードを開始したい方に向けて、追証・ロスカット・証拠金維持率について詳しく解説していきます。

ビットコインFX(BTCFX)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説

ビットコインFX(BTCFX)の追証は、証拠金を追加することをさします。

ロスカットとはポジションの強制決済をさし、証拠金維持率とは証拠金の含み損益を考慮した実質的な証拠金の割合を示しています。

ビットコインFX(BTCFX)を開始するのなら、最大4倍のレバレッジまでしか適用できない国内取引所よりも、最大100倍や500倍のレバレッジでトレード可能な海外取引所がおすすめです。

ここではハイレバレッジトレードが可能なビットコインFX(BTCFX)の追証・ロスカット・証拠金維持率について解説していきましょう。

ビットコインFX(BTCFX)は追証なしでロスカット執行

ビットコインFX(BTCFX)におすすめである海外取引所に、追証はありません。

上述の通り追証とは、ビットコインFX(BTCFX)で証拠金を追加することを示します。

ビットコインFX(BTCFX)でポジションを保有し、損失方向にレートが変動した場合は含み損が発生し、証拠金の割合が減っていきます。

証拠金の割合が一定を下回ると、強制決済すなわちロスカットが執行され損失が確定します。

追証することで、含み損によって証拠金の割合が減ってしまったビットコインFX(BTCFX)のポジションの証拠金の割合を回復することができます。

よって追証は、ビットコインFX(BTCFX)のポジションのロスカットを防ぐことができます。

しかし海外ビットコインFX(BTCFX)取引所では、追証が発生しません。

追証は国内取引所で採用する、トレーダーをロスカットリスクすなわち損失発生を防ぐための救済制度と言えます。

ビットコインFX(BTCFX)のポジションの含み損が一定額を下回ると、追証する目安としてマージンコールが発生します。

ビットコインFX(BTCFX)は追証がない代わりにゼロカットを採用

ただし追証してもロスカットされてしまった場合、ビットコインFX(BTCFX)で失うのは証拠金に加えて追証であり、さらに損失を借金として返済しなければいけません。リスクが高くなります。

その点、海外ビットコインFX(BTCFX)では追証が発生しないため、万が一ロスカットされてしまったとしても失うのは証拠金のみです。

さらに海外ビットコインFX(BTCFX)ではゼロカット制度が採用されているため、損失が発生し口座残高がマイナスにいたってしまっても、取引所が無条件でリセットしてくれるため借金返済リスクもありません。

追証はビットコインFX(BTCFX)のロスカットを防ぐ救済制度であり、ゼロカットはロスカットされた際に発生した損失を取引所が肩代わりしてくれる救済制度という違いがあります。

借金返済リスクの観点から評価すると、追証よりもゼロカット制度のほうが高いと言えるでしょう。

ビットコインFX(BTCFX)の追証やロスカット執行の基準となる証拠金維持率

証拠金維持率とは、ビットコインFX(BTCFX)の追証やロスカット執行の基準となる証拠金維持率の割合を示しています。

ポジションを保有すると、レート変動によって含み損益が発生し、証拠金の割合は増減します。

すなわち証拠金維持率とは、含み損益を相殺したリアルタイムの証拠金、すなわち実質的な証拠金残高の割合を示していると言えるでしょう。

ビットコインFX(BTCFX)の証拠金維持率は業者ごとに異なります。

各社のロスカット基準が「証拠金維持率***%」と規定されていれば明確ですが、海外ビットコインFX(BTCFX)取引所の中には変動制の業者も存在します。

そもそもビットコインFX(BTCFX)取引所では、Bybitのように口座残高をすべて証拠金にするのか、それとも一部を証拠金にするのかによって有効証拠金が変化する取引所が存在します。

FTXはサブアカウントを開設してメインアカウントと口座残高を切り離し、サブアカウントごとに証拠金を設定してポジションを建てることができます。

またFTXもBybitもポジションサイズによって証拠金維持率が変化するため、一丸に比較するのは難しいと言えるでしょう。

よって証拠金維持率は各社ごとに計算する必要があると言えます。

ビットコインFX(BTCFX)でロスカット執行となる証拠金維持率を比較

ビットコインFX(BTCFX)のロスカット基準となる証拠金維持率を比較すると以下の通りです。

  • CryptoGT:100%
  • FTX:レバレッジ20倍以下の場合証拠金維持率は3%から、60倍以上の場合0.6%から、ポジションサイズによって増加
  • Bybit:基本的に50%、ポジションサイズが増えるほど段階的に増加

FTXの先物取引では「有効証拠金÷マーク価格(市場価格)」が証拠金維持率を下回った場合にロスカットされます。

ポジションを保有すると、インフォメーションボックス内の「メンテナンスマージン要件」にFTXの証拠金維持率が表示されます。

またはインフォメーションボックスの「推定清算価格」に達することで、ロスカット執行となります。

ちなみにFTXのレバレッジ倍率は「ポジションサイズ÷有効証拠金」で算出され、有効証拠金が減っていくと証拠金維持率とともにレバレッジ倍率も上がっていきます。

Bybitの証拠金維持率は「有効証拠金÷必要証拠金×100」で計算できます。

ポジションサイズが増えるたびに証拠金維持率があがり、レバレッジ倍率が制限されます。

CryptoGTのロスカットは証拠金維持率100%で執行されます。

FTXやBybitと比較するとロスカット基準は高いと言えるでしょう。

ビットコインFX(BTCFX)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説まとめ

ビットコインFX(BTCFX)に追証はありません。

追証がない代わりとしてゼロカットが採用されているため、ビットコインFX(BTCFX)トレードの損失リスクを軽減することができます。

ロスカット基準であるビットコインFX(BTCFX)の証拠金維持率は、BybitとFTXは変動制ですので、それぞれ計算方法や基準が異なります。

各社の証拠金維持率の算出方法に基づいて、ビットコインFX(BTCFX)のトレードにお役立てください。

ハイレバレッジで証拠金取引が可能なビットコインFX(BTCFX)のロスカットや証拠金維持率は、トレードするためにかかせない知識ですのできちんと理解しましょう。

-ビットコインFX(BTCFX)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.