ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

ビットコインFX(BTCFX)

ビットコインFX(BTCFX)で負ける・大損の原因と解決方法を分かりやすく解説

投稿日:

【ボーナスが手厚いおすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【4位】Binance Futuresの詳細ページはこちらから

ビットコインFX(BTCFX)でいつも負けるけど、原因はなに?

ビットコインFX(BTCFX)の大損してしまった原因を知りたい。

今後のために、ビットコインFX(BTCFX)で負ける原因とともに、解決方法も知りたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

ビットコインFX(BTCFX)は勝ちやすい、儲かるなどと言われいるため、はじめてみたけれど負けるばかりで勝てないと感じている方は少なくありません。

負ける原因や解決方法を知らなければ、いずれビットコインFX(BTCFX)で大損する可能性もあります。

ビットコインFX(BTCFX)で負ける・大損の原因と解決方法を分かりやすく解説

ビットコインFX(BTCFX)で負けると感じている方には一定の特徴があり、解決方法も共通しています。

また大損の原因は、ビットコインFX(BTCFX)で大勝ちをめざしている、すなわち欲ばかりが先行している方でしょう。

ビットコインFX(BTCFX)で負ける・大損の原因と解決方法は「資金管理していない」

ビットコインFX(BTCFX)で負ける原因と解決方法は、資金管理していないことです。

資金管理はトレードルールのひとつであり、トレードでいくら使うのかをあらかじめ決めておく必要があります。

取引を開始する前に、必ずトレードルールを作成し、ルールに沿ってビットコインFX(BTCFX)をすることが勝てる条件と言えるでしょう。

ビットコインFX(BTCFX)で大損する原因は、大金を投入したフルレバトレードです。

フルレバトレードは即ロスカットになりやすく、負ける可能性が大きいでしょう。

またビットコインFX(BTCFX)で数多くのポジションを保有しすぎることで、損益管理ができないことも大損の原因になります。

これらはルールのない状態でビットコインFX(BTCFX)したときに陥りやすい状況であり、まさにギャンブルと同じです。

ビットコインFX(BTCFX)で負ける時や、大損する事態に陥るときの解決方法は、トレードルールを設定することです。

たとえばビットコインFX(BTCFX)でポジションを建てる1回の資金は、トレード資金の1%にとどめるべきと言われています。

またポジション管理できるだけオーダーすることも、ビットコインFX(BTCFX)で負けないために重要だと言えるでしょう。

ビットコインFX(BTCFX)で負ける・大損の原因と解決方法は「損切りしない」

ビットコインFX(BTCFX)で負ける原因は、損切りしないことです。

損切りしないことは、特にスキャルピングやデイトレードなどの短期トレードで大損する原因になります。

「もう少し待てば価格が回復するだろう」とポジション維持を続けても、含み損は回復しない可能性が高く、さらに急激な下落で想像以上の含み損を抱えてしまう状態にもなりかねません。

含み損を抱えてしまった場合は、損切りしてビットコインFX(BTCFX)のポジションをリセットし、再エントリーすることが負ける原因の解決方法です。

1回の勝ち負けにこだわってしまうと、損切りに踏み切れず、ビットコインFX(BTCFX)で大損の原因にもなりかねません。

ビットコインFX(BTCFX)は、トータルで利益が発生していることが重要です。

資金管理だけでなく損切りすることもトレードルールのひとつであり、ビットコインFX(BTCFX)で負けることや大損を防ぐための解決方法と言えるでしょう。

ビットコインFX(BTCFX)で負ける・大損の原因と解決方法は「借金する」

ビットコインFX(BTCFX)で負ける原因は、借金することです。

国内取引所には追証があり、損切りせずに資金を追加入金することでポジションの証拠金維持率を回復し、一時的にロスカットを回避できます。

追証してポジションが含み益方向に進めばよいでしょう。

しかし最終的にロスカットした場合は、損失に加えて追証も借金として返済しなければならず、大損のリスクがあります。

一方、海外取引所は、追証なしでゼロカットが備わっています。

ゼロカットとは、ビットコインFX(BTCFX)のロスカットで確定した損失を、取引所が補てんすることで、投資家を借金リスクから守るための救済制度です。

どんなに大損しても、無条件で口座のマイナス残高を0円にリセットしてもらえるため、負けるトレードをした場合も大損を防ぐことができます。

よって海外FXを利用することは、ビットコインFX(BTCFX)の大損の解決方法につながると言えるでしょう。

ビットコインFX(BTCFX)で負ける・大損の原因と解決方法は「仮想通貨の知識がない」

ビットコインFX(BTCFX)で負ける根本的な原因は、仮想通貨の知識がないことです。

仮想通貨は為替FXや株式に比べてボラリティが高いため、儲けやすいと言われている一方、負けるときは大損の可能性があります。

ビットコインFX(BTCFX)のボラリティが高い理由は、為替FXや株式のように通貨価値を保証する行政機関がないことや、歴史が浅いため小さなニュースでも市場が変動するためです。

大口ユーザーが有利になるようなニュースを発信し、意図的に価格操作を行うこともボラリティに影響を与えます。

ボラリティを考えずに無防備なトレードを行うと、ビットコインFX(BTCFX)で負ける原因になるでしょう。

ビットコインFX(BTCFX)の半減期を知らないことも、負ける原因と言えます。

半減期とはビットコインのインフレを防ぐため、おおよそ4年に一度、新規発行を半減させるビットコイン政策の時期をさし、半減期後はボラリティが大きくなります。

これを知らずに慌ててビットコインを安く売ってしまうことで、大損の可能性が高まります。

よって仮想通貨の知識を深めることが、ビットコインFX(BTCFX)で負けることを防ぐ解決方法につながるといえます。

ビットコインFX(BTCFX)で負ける・大損の原因と解決方法は「投資の知識がない」

仮想通貨の知識とともに、投資の知識がないこともビットコインFX(BTCFX)で負ける原因です。

ビットコインFX(BTCFX)を含む投資では、まずは過去の相場をもとに今後の相場を予測するためにチャート分析しなければいけません。

分析結果にもとづき、前項のように資金や損切りなどのトレードルールを設定したうえでトレードします。

トレード回数を重ねることで、勝ちパターンや負けパターンを見出すことができ、フィードバックを生かしたトレードをすることによってビットコインFX(BTCFX)で負けることや大損を防げます。

またビットコインFX(BTCFX)のニュースは大口ユーザーが有利になるように作成・拡散されていることが考えられているため、為替FXで活用されているファンダメンタルズ分析は役立たないと考えておきましょう。

チャート分析に基づいたトレードをすることや、仮想通貨のしくみを理解することも、ビットコインFX(BTCFX)で大損を防ぐための解決方法として重要です。

ビットコインFX(BTCFX)で負ける・大損の原因と解決方法を分かりやすく解説まとめ

ビットコインFX(BTCFX)で負ける原因や、大損の解決方法について解説しました。

根本的に知識や経験不足にもかかかわらず、ただ儲かるからと言って大金を使いハイレバレッジトレードすることや、よくばりすぎてしまうことは、ビットコインFX(BTCFX)で負ける原因となり、しいては大損の可能性もあります。

ビットコインFX(BTCFX)で負ける原因や解決方法は、勝つためには必ず理解しておくべきでしょう。

-ビットコインFX(BTCFX)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.