ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

ビットコインFX(BTCFX)

ビットコインFX(BTCFX)のアービトラージを分かりやすく解説

投稿日:

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

ビットコインFX(BTCFX)のアービトラージのやり方を知りたい。

そもそもビットコインFX(BTCFX)のアービトラージって何なの?

あなたは今、このようにお考えではないでしょうか。

ビットコインFX(BTCFX)で利益獲得を狙う方法を増やしたいとお考えの方の中で、アービトラージに興味をお持ちの方もいるはずです。

ビットコインFX(BTCFX)のアービトラージを分かりやすく解説

ビットコインFX(BTCFX)のアービトラージは、異なる取引所同士の価格差で利益を狙う方法です。

一方、一般的なビットコインのアービトラージでは「ビットコインを安く買って高く売る」「ビットコインを高く売って安く買い戻す」すなわち同じ通貨同士の売買による価格差で利益を目指します。

ビットコインFX(BTCFX)のアービトラージとは?

アービトラージとは日本語で裁定取引と呼ばれ、取引所ごとの価格差や金利差によって利益獲得をめざす手法をさします。

ところがビットコインFX(BTCFX)の金利はすべてマイナス表示ですので、金利差で利益を狙うことはできないため、取引所の価格差によるアービトラージを行います。

アービトラージを分かりやすく解説するために、まずはビットコインの現物取引によるアービトラージを例にあげます。

たとえばA取引所で100万円のビットコインを買い、B取引所へ送金して102万円で売ることで2万円の利益を獲得できる手法をさします。

同じビットコインだったとしても取引所ごとに異なる価格設定になりますので、アービトラージでは安く買える取引所でビットコインを買い、高く売れる取引所で売ることでトレードで儲けを出すことができるのです。

ところがビットコインFX(BTCFX)は証拠金取引ですので、買い注文のポジションを、売り注文で決済するために他の取引所へ移動することができません。

ビットコインFX(BTCFX)のアービトラージは、どのようなやり方をすればよいのでしょうか。

具体的にビットコインFX(BTCFX)のアービトラージとは?

たとえば、具体的なビットコインFX(BTCFX)のアービトラージのやり方を解説していきましょう。

A取引所で1BTC=100万円の買いポジションを保有し、B取引所で1BTC=110万円の売りポジションを建てるとしてます。

時間が経ち、A取引所のビットコインは130万円に、B取引所では120万円に上昇したとしましょう。

A取引所は20万円の利益になる一方、B取引所では10万円の損失が発生したため、ビットコインFX(BTCFX)のトレード差益は20万円-10万円=10万円がアービトラージの利益になります。

このようなことから、ビットコインFX(BTCFX)のアービトラージとは、異なる取引所のロングとショートのトレード差益の差額、すなわちサヤトリとも呼ばれています。

ビットコインFX(BTCFX)のアービトラージのやり方

ビットコインFX(BTCFX)のアービトラージのやり方として、レバレッジ取引の買いビットコインと、レバレッジ取引の売りビットコインで、異業種間の両建てをする方法を解説していきます。

まずは最低2つ以上のビットコインFX(BTCFX)取引所に口座開設を行い、各取引所へ入金しましょう。

A取引所でビットコインFX(BTCFX)でロングし、B取引所でショートすなわち空売りし、ロングとショートのビットコインの価格差が狭くなるまで待ちます。

価格差が狭くなったところで、ロングは売り決済、ショートは買い決済を行う、という方法がビットコインFX(BTCFX)のアービトラージのやり方です。

ビットコインFX(BTCFX)のアービトラージのやり方は、他にも現物取引とレバレッジ取引を組み合わせる方法など、さまざまな手法があります。

ビットコインFX(BTCFX)のアービトラージのメリット

ビットコインFX(BTCFX)の前に、ビットコインのアービトラージのメリットを解説しましょう。

ビットコインのアービトラージは、安い取引所で買い、高い取引所で売ることで確実な利益が見込めます。

一般的なビットコインの現物取引は、ひとつの取引所で安く買い、価格が上がるのを待ってから高く売るため、購入後即座に売ったところで利益獲得はできません。

アービトラージでは、異なる取引所のビットコイン価格の差額を狙うため、購入後にレート変動を待つことなく売却する取引所へ送金し、着金後すぐに売って利益を獲得できるのがメリットです。

ただしビットコインのアービトラージは、送金している間にレートが変動し、価格差が縮まってしまう可能性があるのはデメリットでしょう。

またビットコインの送金には送金ウオレット側でマイナーフィーが発生するため、送金手数料以上の利益獲得を目指す必要があります。

ビットコインFX(BTCFX)のアービトラージのメリットは現物のような送金手数料や送金時間は不要

一方、ビットコインFX(BTCFX)のアービトラージのメリットは、ロングを建てる取引所とショートを建てる取引所で、それぞれポジションをひとつづつ保有し注文から決済まで完結させます。

よって現物取引のように送金する必要がなく、送金手数料によるコスト負担や、送金時間によるレート変動で売買差が縮まってしまうリスクがないことがメリットでしょう。

ビットコインFX(BTCFX)でもビットコインの価格変動は意識するものの、あくまでも証拠金取引ですので、アービトラージでは「ロングとショートで発生したレート差益の、さらに差額」を意識しなければいけません。

ビットコインFX(BTCFX)のアービトラージのメリットは上昇・下落相場のいずれでも利益を目指せる

ビットコインのアービトラージは、安くビットコインを買い高く売ることで利益を狙いますので、上昇している相場でなければ利益を狙えません。

一方、ビットコインFX(BTCFX)は、証拠金を担保にレバレッジ取引できるため、上昇相場はもちろん下落相場でも利益が目指せるのはメリットでしょう。

相場を選ばずビットコインFX(BTCFX)できるということは、アービトラージで利益獲得のチャンスを増やすことにもつながります。

ビットコインFX(BTCFX)のアービトラージの注意点

もう一点、ビットコインFX(BTCFX)のアービトラージの注意点として、裁定取引を認めている取引所を利用しましょう。

為替FXのアービトラージは規約違反に該当する禁止行為とされており、アカウント凍結などの厳しいペナルティ対象になる取引所が多いです。

一方、ビットコインFX(BTCFX)取引所の多くは、アービトラージを認めています。

しかしアービトラージを禁止するのかどうかは、取引所ごとに異なります。

特に為替FXとビットコインFX(BTCFX)が一体型となるハイブリッド取引所では、もしかしたら為替とビットコイントレードの共通禁止事項としてアービトラージを認めていない可能性も否めません。

ビットコインFX(BTCFX)でアービトラージを始める際は、まずはじめに取引所の禁止事項に抵触しないのかどうかを確認することが大切です。

ビットコインFX(BTCFX)のアービトラージを分かりやすく解説まとめ

ビットコインFX(BTCFX)のアービトラージを解説しました。

現物取引のビットコインによるアービトラージとは異なるメリットやデメリットがありますので、きちんと理解したうえで行いましょう。

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

-ビットコインFX(BTCFX)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.