ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

ビットコインFX(BTCFX)

ビットコインFX(BTCFX)のアービトラージを分かりやすく解説

投稿日:

【ボーナスが手厚いおすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【4位】Binance Futuresの詳細ページはこちらから

ビットコインFX(BTCFX)のアービトラージってなに?

アービトラージにはどのようなメリットがあるの?

ビットコインFX(BTCFX)のアービトラージのやり方を知りたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

ビットコインFX(BTCFX)の利益をめざすために、アービトラージを検討されている方もいるのではないでしょうか。

ビットコインFX(BTCFX)のアービトラージを分かりやすく解説

ビットコインFX(BTCFX)のアービトラージは、異なる業者間の価格差で利益をめざす方法です。

一方、通常のビットコインFX(BTCFX)では、ビットコインを「安く買って高く売る」「高く売って安く買い戻す」方法で利益を狙います。

一般的にアービトラージとは、ビットコインの現物取引におけるトレード方法ですが、ビットコインFX(BTCFX)ではできるのでしょうか。

ビットコインFX(BTCFX)のアービトラージとは?

アービトラージとは、日本語で裁定取引と呼ばれており、業者間の価格差や金利差を狙って利益をめざすトレード方法をさします。

一方ビットコインFX(BTCFX)では金利がマイナスであるため、金利差で利益をめざすことはできないため、価格差を狙ってアービトラージを行います。

アービトラージとはどのようなものなのかを解説するために、ビットコインの現物を例にあげてみていきましょう。

A取引所でビットコインを100万円で買い、B取引所にビットコインを送金して105円で売ることで、アービトラージで5万円の利益を獲得できます。

ビットコインの価格は業者によって異なるため、価格が安い取引所で購入して、価格が高い取引所へ送金して売却することで、トレードの利益を獲得できるというしくみです。

ところがビットコインFX(BTCFX)は証拠金取引ですので、A取引所で建てた買いポジションを決済するために、B取引所へ移動させることはできません。

証拠金取引は、新規注文と決済注文をひとつの取引所で完結させる必要があるため、ビットコインFX(BTCFX)のアービトラージのやり方は現物とは異なるため注意しましょう。

ビットコインFX(BTCFX)のアービトラージとは業者間におけるトレード損益の差を狙う手法のこと

ビットコインFX(BTCFX)のアービトラージのやり方について詳しくみていきます。

A取引所で1BTC=100万円の買いポジションを保有し、B取引所では1BTC=110万円の売りポジションを建てるとしましょう。

レートが変動してA取引所のビットコインは150万円に、B取引所では120万円に上昇し、この時点において両業者で反対売買による決済注文を行います。

A取引所は50万円の利益、B取引所では10万円の損失となり、両業者の損益を相殺することで、ビットコインFX(BTCFX)のアービトラージでは40万円の利益獲得となります。

よってビットコインFX(BTCFX)のアービトラージとは、ふたつの業者のロングとショートで発生した損益の差額を狙うことから、サヤトリとも呼ばれています。

ビットコインFX(BTCFX)のアービトラージのやり方

前項の通り、ビットコインFX(BTCFX)のアービトラージのやり方は、異なる業者間の口座をまたいだ両建てをすることをさします。

よってアービトラージのやり方は、ふたつ以上のビットコインFX(BTCFX)に対応した取引所で口座開設と入金を済ませておきましょう。

A取引所ではビットコインFX(BTCFX)で買い注文してロングを保有し、B取引所では売り注文すなわち空売りしてショートを保有します。

ロングとショートの価格差が狭くなった時点で、ロングは売り注文、ショートは買い注文で決済してください。

最後、業者間の損益を自分の頭の中で相殺することで、ビットコインFX(BTCFX)のアービトラージのやり方は完了となります。

ビットコインFX(BTCFX)のアービトラージのメリット

ビットコインFX(BTCFX)の前に、ビットコインの現物におけるアービトラージのメリットとデメリットをみていきましょう。

  • レート差益を狙う現物取引と比較したアービトラージのメリットは、異なる業者でビットコインを売買するため即座に利益を狙える
  • ビットコインのアービトラージのデメリットは、送金手数料がかるうえビットコインを送金している間にレートが縮まってしまうおそれがある

つづいてビットコインFX(BTCFX)のアービトラージのメリットについてみていきます。

ビットコインFX(BTCFX)のアービトラージのメリットは現物のような送金手数料や送金時間は不要

ビットコインFX(BTCFX)のアービトラージのメリットは、ロングを建てる取引所とショートを建てる取引所で、それぞれポジションをひとつづつ保有し注文から決済まで完結させます。

よって現物取引のように送金する必要がなく、送金手数料によるコスト負担や、送金時間によるレート変動で売買差が縮まってしまうリスクがないことがメリットでしょう。

ビットコインFX(BTCFX)でもビットコインの価格変動は意識するものの、あくまでも証拠金取引ですので、アービトラージでは「ロングとショートで発生したレート差益の、さらに差額」を意識して行います。

ビットコインFX(BTCFX)のアービトラージのメリットは上昇・下落相場のいずれでも利益を目指せる

ビットコインのアービトラージは、安くビットコインを買ってから高く売って利益を狙うため、上昇相場でなければ利益を狙えません。

一方、ビットコインFX(BTCFX)は、証拠金を担保にレバレッジ取引できるため、上昇相場はもちろん下落相場でも利益がめざせることはメリットでしょう。

相場を選ばずビットコインFX(BTCFX)できるということは、アービトラージで利益獲得のチャンスを増やすことにもつながります。

ビットコインFX(BTCFX)のアービトラージの注意事項

ビットコインFX(BTCFX)のアービトラージをするための注意事項として、裁定取引が認められている取引所でトレードすることです。

基本的にビットコインFX(BTCFX)のアービトラージは、多くの取引所で認められていますが、為替FXの取引所では禁止されているケースがほとんどです。

ひとつの取引所で、ビットコインFX(BTCFX)と為替FXができるハイブリッドな業者の場合は、アービトラージを禁止するケースも少なくないでしょう。

アービトラージを禁止する取引所でトレードした場合は、重大なペナルティの対象になりますので、いずれにしても取引所でアービトラージする前にご確認ください。

ビットコインFX(BTCFX)のアービトラージを分かりやすく解説まとめ

ビットコインFX(BTCFX)でもアービトラージで利益をめざすことができます。

証拠金取引であるビットコインFX(BTCFX)のアービトラージは、現物のビットコインのやり方とは異なりますのでご注意ください。

アービトラージにはビットコインFX(BTCFX)ならではのメリットもあるため、ぜひトレード手法のひとつとして活用してみてはいかがでしょうか。

-ビットコインFX(BTCFX)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.