ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

ビットコインFX(BTCFX)

ビットコインFX(BTCFX)と現物取引の違いを分かりやすく解説

投稿日:

【ボーナスが手厚いおすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【4位】Binance Futuresの詳細ページはこちらから

ビットコインFX(BTCFX)と現物取引の違いってなに?

あなたは今、このようにお考えですよね。

はじめて投資にチャレンジする方は、ビットコインFX(BTCFX)と現物取引の違いが理解できていないのではないでしょうか。

ここではビットコインFX(BTCFX)と現物取引の違いについて詳しく解説していきましょう。

ビットコインFX(BTCFX)と現物取引の違いを分かりやすく解説

ビットコインFX(BTCFX)と現物取引の違いをおおまかに述べると、以下の通り3つです。

  • ビットコインFX(BTCFX)は証拠金取引で、現物取引は実際売買
  • ビットコインFX(BTCFX)はレバレッジを適用できる
  • ビットコインFX(BTCFX)は空売りに対応している

では具体的に、ビットコインFX(BTCFX)と現物取引の違いについてみていきましょう。

ビットコインFX(BTCFX)と現物取引の違いにおける基本は「証拠金取引」と「実際売買」

ビットコインFX(BTCFX)と現物取引の違いは、基本的な取引方法でしょう。

トレードを開始する前に、ビットコインFX(BTCFX)は証拠金取引、現物取引は実際売買であることを把握しておく必要があります。

ビットコインFX(BTCFX)の証拠金取引とは?

ビットコインFX(BTCFX)の証拠金取引とは、その名の通り証拠金を担保にしたトレード方法をさします。

証拠金取引の具体的な特徴は、証拠金を取引所に担保として預け、新規エントリーで一時的にポジションを保有し、決済では反対売買が必要になります。

新規エントリーと決済注文で往復売買することで差額が損益として発生し、取引所に預けている証拠金と加減して、取引口座に反映されます。

ようするにビットコインFX(BTCFX)では、売買がセットになった往復注文を必ず行い、トレードの損益を発生させるトレード方法です。

ビットコインの現物取引は実際にビットコインを買う方法

一方、ビットコインの現物取引とは、取引口座の資金でビットコインを実際に売買する方法をさします。

現物取引でビットコインを買い注文すると、市場価格で取引口座から代金が決済されビットコインが反映されます。

すなわち現物取引とは、お店で商品を購入するのと同じ要領で、ビットコインを買うことができます。

現物取引ではリサイクルショップで商品を売るのと同じように、ビットコインを保有している場合に限り売り注文もできます。

取引所でビットコインを売ると、価格に応じた代金が取引口座に反映されます。

現物取引とビットコインFXの違いは、現物取引は買いっぱなしで売らずにビットコインを自己資産として保有できることでしょう。

ビットコインFXは、実際にビットコインを買ったわけではなく、買い注文時点の価格で買ったことを仮定しているだけであり、買ったことを形として残すためにポジションを保有することにとどまります。

さらにビットコインFXでは、買い注文をしたら売り注文をセットで行う必要があるため、決済注文を完了してようやく取引口座の残高が動くことも、現物取引との違いと言えるでしょう。

現物取引は、ビットコインを保有することで、将来の値上がりを待ってから売却してトレードすることも、別サービスや商品代金の決済方法としても活用できます。

幅広い用途でビットコインを活用できることが現物取引のメリットであり、ビットコインFXとの違いと言えるでしょう。

ビットコインFXよりも現物取引の方がメリットが大きいように感じてしまいますが、ビットコインFXにも大きなメリットがあります。

ここからはビットコインFXと現物取引の大きな違いをふまえながら、ビットコインFXのメリットとも言えることについてみていきます。

ビットコインFX(BTCFX)と現物取引の違いはレバレッジの適用

ビットコインFX(BTCFX)と現物取引の大きな違いとして、ビットコインFX(BTCFX)はレバレッジが適用できることがあげられます。

たとえばビットコインFX(BTCFX)は1万円を証拠金として預けることで、100万円の金額でトレードできます。

レバレッジ倍率は取引所ごとに上限が規定されており、国内取引所は最大2倍、海外では最大20倍から500倍という大きなレバレッジでビットコインFX(BTCFX)できます。

当然、証拠金をレバレッジ倍率だけふくらませてトレードできるため、損益も大きくなるでしょう。

一方、現物取引では、1万円の資金で1万円のビットコインを売買できます。

ビットコインFX(BTCFX)はレバレッジの適用によってハイリターン・ハイリスクトレードになること、現物取引は堅実にトレードできることが、ふたつの大きな違いと言えるでしょう。

ビットコインFX(BTCFX)と現物取引の違いは空売りの対応

もうひとつ、ビットコインFX(BTCFX)と現物取引の違いは空売りの対応であり、ビットコインFX(BTCFX)では空売りできます。

空売りとは、売り注文からはじめることをさし、別名ショートや信用取引と呼ばれています。

ビットコインFX(BTCFX)では「売ってから安く買い戻す」、すなわち下落相場でも利益を狙うことができます。

保有していないビットコインを売るためには、証拠金を担保に取引所から資金を借ります。

よって先に売ることができ、これは証拠金取引であるビットコインFX(BTCFX)の大きな特徴と言え、現物取引との違いと言えるでしょう。

一方、現物取引では保有しているビットコインがない場合は売ることができないため「買って高く売る」、すなわち上昇相場でだけでしか利益をめざせません。

すなわち現物取引は上昇相場だけでしか利益をめざせないのに対して、ビットコインFX(BTCFX)は上昇相場・下落相場のいずれでも利益をめざすことができます。

ビットコインFX(BTCFX)は厳密に、FX取引・先物取引・信用取引の3種類に分類されます。

FX取引は無期限取引、先物取引は決済期日つきの取引になり、いずれも期限など契約方法に違いがあり、いずれも空売りに対応しています。

ビットコインFX(BTCFX)と現物取引の違いを分かりやすく解説まとめ

ビットコインFX(BTCFX)と現物取引の違いについて解説しました。

まずビットコインFX(BTCFX)は、証拠金を担保にビットコインの買い価格と売り価格の差額を発生させるトレード方法ですが、現物取引は単純にビットコインを買う・売ることを目的としていることがふたつの違いです。

現物取引はビットコインを自己資産として保有できることがメリットですが、ビットコインFX(BTCFX)はレバレッジ取引できることと空売りできることが大きなメリットであり、ふたつの大きな違いと言えるでしょう。

仮想通貨はまだまだ将来性のある市場ですので、自分のニーズに合わせてビットコインFX(BTCFX)と現物取引を使い分けてみてください。

-ビットコインFX(BTCFX)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.