ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

ビットコインFX(BTCFX)

ビットコインFX(BTCFX)のインジケーターでおすすめを分かりやすく解説

投稿日:

【おすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】CryptoGTの詳細ページ

【2位】FTXの詳細ページはこちらから

【3位】Binance Futuresの詳細ページはこちらから

【4位】Bybitの詳細ページはこちらから

ビットコインFX(BTCFX)のインジケーターでおすすめなのは、どれなの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

過去の価格推移をグラフ化したチャート上で、今後の値動きを予測するためにインジケーターを使ってみたいとお考えの方もいるはずです。

ここではビットコインFX(BTCFX)のインジケーターでおすすめのものを解説していきます。

ビットコインFX(BTCFX)のインジケーターでおすすめを分かりやすく解説

ビットコインFX(BTCFX)のインジケーターは、チャート上で相場を予測するために活用されます。

相場の予測はチャート分析以外にもファンダメンタルズ分析もあり、どちらもビットコインFX(BTCFX)で利益獲得をめざすためにかかせません。

ビットコインFX(BTCFX)で利益を狙うための指標であるインジケーターにはどのようなものがあり、どれがおすすめなのでしょうか。

ビットコインFX(BTCFX)のインジケーターでおすすめの前に種類をチェック

まずはビットコインFX(BTCFX)のインジケーターでおすすめを紹介する前にどのような指標があるのか、種類をチェックしていきましょう。

ビットコインFX(BTCFX)のインジケーターは、大きく分けて2種類です。

  • トレンド系インジケーター:平均移動線・ポリンジャーバンド・一目均衡表など
  • オシレーター系インジケーター:MACD・RSI・ストキャスティクスなど

ビットコインFX(BTCFX)のインジケーターのひとつトレンド系インジケーターは、メインのチャートの上にレイヤー的に重ねて表示します。

一方、オシレーター系インジケーターは、チャートの下に別枠として表示されます。

ビットコインFX(BTCFX)のインジケーターでおすすめは標準装備されている指標

上の平均移動線やMACDなどは、どのビットコインFX(BTCFX)取引所でも標準装備されているインジケーターでおすすめです。

中には個人投資家が独自に開発したインジケーターもあり、ビットコインFX(BTCFX)の指標の種類は無限に存在します。

もちろんマイナーなインジケーターは、デフォルトでビットコインFX(BTCFX)取引所に装備されているわけではなく、個々に入手する必要があります。

マイナーな指標は利用できる環境も限られており、世界的取引プラットフォームであるMT4・MT5やTradingViewなどでしか利用できないのがデメリットでしょう。

ビットコインFX(BTCFX)でチャート分析を始めようとご検討中の方は、マイナーなインジケーターよりも標準装備されているものがおすすめです。

その理由は、標準装備されているインジケーターは、多くの専門サイトや参考書などで使い方や疑問点などで、インジケーターの情報を調べることができるからです。

ただし多くのビットコインFX(BTCFX)取引所はTradingViewを採用していますので、もしマイナーなインジケーターを利用したい方はチャート分析に慣れてきたころ利用することをおすすめします。

ビットコインFX(BTCFX)のインジケーターでおすすめはトレンド系テクニカル指標

ビットコインFX(BTCFX)でおすすめのインジケーターはトレンド系テクニカル指標です。

トレンド系テクニカル指標はその名の通り、現在ビットコインFX(BTCFX)の相場が上昇相場か、それとも下落相場であるのかを把握するためにおすすめです。

ビットコインFX(BTCFX)のインジケーターにおすすめ:単純平均移動線

トレンド系インジケーターのひとつとしておすすめである、単純移動平均線の英語表記は「Simple Moving Average」でプラットフォーム上では「SMA」と表示されています。

ビットコインFX(BTCFX)のチャートの動きを、一定期間の平均価格を目安に線グラフ化したインジケーターです。

平均移動線はトレンドの方向を知ることができ、傾き方や角度でトレンドの強弱を知ることができます。

ビットコインFX(BTCFX)のインジケーターにおすすめ:ボリンジャーバンド

トレンド系インジケーターのボリンジャーバンドは英語表記で「Bollinger Band」と表示されます。

ビットコインFX(BTCFX)の平均移動線の線グラフに対し、一定の割合に応じた範囲を、平均移動線を囲うように表示した帯状グラフをさします。

ひとつのボリンジャーバンドにつき、2種類の濃い帯グラフと薄い帯グラフが重ねて表示され、平均移動線から近い偏差範囲が濃く、薄いものはさらに広範囲の偏差を示します。

ボリンジャーバンドは、ビットコインFX(BTCFX)のボラリティを示し、ふたつの帯グラフの範囲差が広いとボラリティが高く、狭い場合はボラリティが低いことを示しています。

ビットコインFX(BTCFX)相場のトレンドを把握し、逆張りかそれとも順張りなのかを判断するインジケーターとしておすすめと言えるでしょう。

同時にビットコインFX(BTCFX)のエントリーポイントや決済ポイントの判断に役立つインジケーターとしてもおすすめです。

ビットコインFX(BTCFX)のインジケーターでおすすめはオシレーター系テクニカル指標

ビットコインFX(BTCFX)のもうひとつのインジケーターでおすすめは、オシレーター系テクニカル指標です。

オシレーター系テクニカル指標は、ビットコインFX(BTCFX)が売られすぎか、それとも買われすぎなのかを判断するインジケーターとしておすすめです。

ビットコインFX(BTCFX)のインジケーターにおすすめ:MACD

オシレーター系インジケーターのMACDは、別名移動平均収束拡散法と呼ばれています。

MACDは、短期と長期の平均移動線の差から、トレンドを判断することができるインジケーターとしておすすめです。

短長期の平均移動線の広がりの差を確認することで、ビットコインFX(BTCFX)のトレンドの転換期を把握することができます。

MACDにはMACD・シグナル・ヒストグラムの3種類がラインで表示され、3つの動きによってトレンドを把握できます。

MACDがシグナルより上でさらに上向きなら上昇トレンド、シグナルより下で下向きならば下落トレンド、MACDとシグナルの幅が大きいほど勢いのあるトレンドと判断できます。

またMACDとシグナルの交差するポイントで売買ポイントであると判断でき、MACDがシグナルを上向きに交差すると買いシグナルすなわちゴールデンクロス、下向きに交差すると売りシグナルすなわちデットクロスと判断できます。

平均移動線でもトレンドを判断できますが、MACDは平均移動線よりもスピーディに売買のタイミングを見極められることからおすすめのインジケーターと言えるでしょう。

ビットコインFX(BTCFX)のインジケーターにおすすめ:RSI

RSIは相対力指数と呼ばれるビットコインFX(BTCFX)のオシレーター系インジケーターです。

一定期間におけるビットコインFX(BTCFX)相場の値上がりと値下がりの幅によって、0~100の間で数値化することができ、売られすぎ・買われすぎを判断できます。

たとえば25~20で買われすぎ、70~80で売られすぎと判断できます。

RSIが得意とするビットコインFX(BTCFX)の相場は、変動がゆるやかもしくはレンジ相場ですので、このような相場におすすめです。

ビットコインFX(BTCFX)のインジケーターでおすすめを分かりやすく解説まとめ

ビットコインFX(BTCFX)のインジケーターは、トレンド系とオシレーター系を組み合わせて使うことで、それぞれの欠点をカバーしつつ効果的なチャート分析が可能です。

まずはいろいろ試してみて、相場や自分に合ったインジケーターを使うとよいでしょう。

-ビットコインFX(BTCFX)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.