ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

ビットコインFX(BTCFX)

ビットコインFX(BTCFX)のゼロカットを分かりやすく解説

更新日:

【おすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから

【3位】FTXの詳細ページはこちらから

【4位】Binance Futuresの詳細ページはこちらから

ビットコインFX(BTCFX)のゼロカットっていったいなに?

ゼロカットは必ず執行されるの?

ビットコインFX(BTCFX)のゼロカットの執行方法について詳しく知りたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

海外の仮想通貨取引所のご利用を検討されている方は、このようにお考えではないでしょうか。

ここではビットコインFX(BTCFX)のゼロカットについて詳しく解説していきます。

ビットコインFX(BTCFX)のゼロカットを分かりやすく解説

ビットコインFX(BTCFX)のゼロカットとは、証拠金取引で損失が発生したとき、借金リスクをカバーする制度です。

証拠金取引はレバレッジを適用し、資金以上の金額でトレードできます。

仮想通貨取引所では最大100倍を超えるレバレッジを適用できるため、利益に転じた場合はハイリターンが期待できます。

一方、損失に転じた場合は、莫大な借金リスクを負うことになるでしょう。

ハイレバレッジによるビットコインFX(BTCFX)のハイリスク面をカバーするために、海外FXではゼロカットが適用されています。

ビットコインFX(BTCFX)のゼロカットとは?

ビットコインFX(BTCFX)のゼロカットとはどのようなものなのか、もっと詳しくみていきます。

ゼロカットとは、ビットコインFX(BTCFX)でロスカットされて、マイナスになった口座残高を0円にリセットする制度です。

ロスカットとは、ビットコインFX(BTCFX)のレート変動によってポジションの含み損がふくれあがり、証拠金維持率が一定を下回った場合、これ以上の含み損が拡大しないように、ポジションを強制決済することをさします。

ようするにロスカットすることで、ビットコインFX(BTCFX)ユーザーの損失を最小限に抑えることができます。

証拠金維持率とは、ビットコインFX(BTCFX)の口座残高に対する含み益と含み益の割合を示しています。

海外のビットコインFX(BTCFX)では証拠金維持率が50%から100%程度になるとロスカットが執行されます。

ただし相場の急変によって、ロスカットが間に合わなくなってしまい、思わぬレートでロスカットされてしまい、莫大な損失が発生するケースがあります。

本来、発生した損失は借金として返済しなければいけません。

一方、ビットコインFX(BTCFX)ではロスカットが間に合わなかった場合に、ゼロカットによってマイナス口座残高を0円にリセットし、莫大な損失リスクからまぬがれることができます。

ようするにゼロカットとは、ビットコインFX(BTCFX)による借金リスクから投資家を守るための救済制度と言えるでしょう。

ビットコインFX(BTCFX)のゼロカットの執行方法

ビットコインFX(BTCFX)のゼロカットの執行方法は、基本的に取引所で申請する必要はなく、自動的に執行されます。

海外取引所の多くは、まず保有中のポジションを決済していき、すべての決済を完了しても口座残高がマイナスの場合に、ゼロカットが執行されます。

ポジションのうち、含み益のポジションは未確定の利益ですので、まずは損失の補てんにあてられるなどして、実質的な証拠金の残高を明確にしたうえで、ゼロカットが執行されると考えておきましょう。

ただしFTXのように、各サブアカウントがそれぞれゼロカットの対象になる場合は、その他のサブアカウントでポジションを保有していたとしても、その他の口座に影響を与えることはありません。

ビットコインFX(BTCFX)のゼロカットの執行方法や対象のポジションは、取引所ごとに異なるため、確認のうえトレードをスタートさせましょう。

ビットコインFX(BTCFX)のゼロカットは海外取引所限定で適用される

おそらくこれまで国内取引所のビットコインFX(BTCFX)をしてきた方は、ゼロカットになじみがないはずです。

ゼロカットとは、ハイレバレッジを適用する海外のFX取引所限定で適用されている、投資家を損失リスクから守るための救済制度です。

国内のビットコインFX(BTCFX)における最大レバレッジは最大2倍に制限されているのに対し、海外のビットコインFX(BTCFX)は取引所ごとに異なり、最大20倍から100倍でトレードできる業者は多いでしょう。

ハイレバレッジによるハイリスク取引を提供している海外取引所だからこそ、ゼロカット制度は採用されているのです。

一方国内取引所は、金融庁の「ブローカーによる損失補てんの禁止」という規制があるため、ゼロカット制度を採用できません。

ビットコインFX(BTCFX)のゼロカットは国内取引所の「追証」にかわる救済制度

ビットコインFX(BTCFX)のゼロカットは海外取引所限定の、投資家を守るための救済制度ですが、国内取引所にもないわけではありません。

国内取引所は追証制度を採用して、ビットコインFX(BTCFX)のロスカットによる損失リスクから投資家を守ることができます。

追証とは、ビットコインFX(BTCFX)でロスカットを防ぐために、証拠金を追加入金することをさします。

レート変動でふくれあがってしまった含み損の割合を減らし、ポジションの証拠金の割合を一時的に回復してロスカットを防ぐことができます。

ただし常にレート変動は続くため、追証しても不利な方向にレートが進んでしまった場合は、ロスカットされてしまう可能性も否めません。

もちろんゼロカットは適用されていないため、発生した損失を借金として返済しなければいけないことになるでしょう。

追証はロスカットを回避することによって、損失の発生を防ぐための救済制度だと考えておきましょう。

一方、ゼロカットはビットコインFX(BTCFX)の借金返済をしなくてもよい制度ですので、追証とは効果が異なることにご注意ください。

ビットコインFX(BTCFX)のゼロカットを適用してもリスクやペナルティはなし!

国内取引所を利用する投資家にとって、ビットコインFX(BTCFX)のゼロカットは信じられない制度ではないでしょうか。

ビットコインFX(BTCFX)のゼロカットを適用することによって、何かペナルティやリスクがあるのかとお考えの方もいるでしょうが、いっさいありません。

むしろゼロカットはメリットだけしかない制度と言えるでしょう。

ビットコインFX(BTCFX)の損失リスクを考慮すると、国内取引所よりも海外取引所の方が安全にトレードできます。

ただしゼロカットを適用することと同時に、証拠金は全額没収になることはお忘れのないようにトレードしていきましょう。

ビットコインFX(BTCFX)のゼロカットを分かりやすく解説まとめ

ビットコインFX(BTCFX)のゼロカットについて解説しました。

ゼロカットとは、海外のビットコインFX(BTCFX)でロスカットされた場合に、マイナスになった口座残高を無条件でリセットする、投資家を借金リスクから守るための救済制度です。

国内取引所では救済制度として追証がありますが、ゼロカットのようにトレードで負けた借金がなくなるものではありません。

このようなことからビットコインFX(BTCFX)をはじめるのであれば、国内取引所よりも海外取引所の方がおすすめと言えるでしょう。

-ビットコインFX(BTCFX)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.