ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

ビットコインFX(BTCFX)

ビットコインFX(BTCFX)のゼロカットを分かりやすく解説

投稿日:

【おすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】CryptoGTの詳細ページ

【2位】FTXの詳細ページはこちらから

【3位】Binance Futuresの詳細ページはこちらから

【4位】Bybitの詳細ページはこちらから

ビットコインFX(BTCFX)のゼロカットってなに?

ゼロカットって必ず適用されるの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

海外仮想通貨取引所について気になる方や、今後海外取引所のご利用を検討されている方の中には、このようにお考えの方もいるでしょう。

ここではビットコインFX(BTCFX)のゼロカットについて詳しく解説していきます。

ビットコインFX(BTCFX)のゼロカットを分かりやすく解説

ビットコインFX(BTCFX)のゼロカットは、証拠金取引において損失が発生したときの借金リスクをなくす制度です。

証拠金取引はレバレッジを適用し、資金以上の金額でトレードできます。

海外仮想通貨取引所では100倍・500倍などのレバレッジを適用できるため、利益に転じた場合はハイリターンが期待できます。

一方、損失が発生した場合は、大きな損失リスクを背負うことになります。

このようなビットコインFX(BTCFX)のハイリスク性をカバーするために、海外取引所ではゼロカットが採用されています。

ビットコインFX(BTCFX)のゼロカットとは?

ビットコインFX(BTCFX)のゼロカットについてもっと詳しく解説していきましょう。

ゼロカットとは、ビットコインFX(BTCFX)でロスカットされた場合の損失を、0円にリセットする制度です。

ロスカットは、ビットコインFX(BTCFX)のレートの変動によってポジションの含み損がふくれあがり、証拠金維持率が一定を下回った場合に、これ以上含み損が大きくならないようにポジションを強制決済することをさします。

ようするにロスカットを行い、ビットコインFX(BTCFX)ユーザーの損失を最小限に抑えることができます。

証拠金維持率とは、ビットコインFX(BTCFX)の口座残高に対する含み損や含み益の割合を示しています。

多くのビットコインFX(BTCFX)取引所のロスカット率は、証拠金維持率50%から100%くらいで執行されます。

ただしロスカットが間に合わず、相場急変により思わぬレートでロスカットされてしまうこともあり、口座残高がマイナスで終了してしまうこともあります。

ビットコインFX(BTCFX)ではロスカットが間に合わなかった場合、ゼロカットによってマイナス口座の残高を0円にリセットし、多大な損失リスクからまぬがれることができます。

ようするにゼロカットとは、ビットコインFX(BTCFX)ユーザーを、借金リスクから守る救済制度なのです。

ビットコインFX(BTCFX)のゼロカットの執行方法

ビットコインFX(BTCFX)のゼロカットの執行方法は、特に手続き申請することなく自動的に行われます。

多くの取引所のゼロカットの執行方法は、まずは保有中のポジションを決済していき、それでも口座残高がマイナスの場合に執行されるパターンが多いでしょう。

ただしFTXのようにサブアカウントごとにゼロカット対象となる取引所では、他のサブアカウントでポジションを保有していたとしても影響を与えることなく、各アカウントごとにロスカットとなりゼロカットが執行されます。

ビットコインFX(BTCFX)のゼロカットは海外FX限定で適用される

これまで国内ビットコインFX(BTCFX)取引所で仮想通貨のレバレッジ取引を経験してきたと言う方も、ゼロカットにはなじみがないはずです。

ゼロカットは、ハイレバレッジトレードで発生する海外FX限定の救済制度だからです。

国内ビットコインFX(BTCFX)の最大レバレッジは4倍までなのに対し、海外ビットコインFX(BTCFX)の最大レバレッジは各取引所ごとに異なり、100倍以上のレバレッジを提供している業者が多いです。

ハイリスクなハイレバレッジトレードを提供する海外ビットコインFX(BTCFX)だからこそ、ゼロカットが採用されているのです。

国内ビットコインFX(BTCFX)でゼロカットが適用されない理由は、業者がトレーダーの損失をカバーしてはいけないという日本独自の制度があるからです。

ビットコインFX(BTCFX)のゼロカットは追証に代わる救済制度

ビットコインFX(BTCFX)のゼロカットは、海外取引所独自のトレーダー救済制度ですが、国内ビットコインFX(BTCFX)にも救済制度がないわけではありません。

国内取引所では「追証」をトレーダーを守る救済制度として採用しています。

追証とは、ビットコインFX(BTCFX)で保有するポジションのロスカットを防ぐために、証拠金を追加入金することをさします。

レート変動でふくれあがってしまった含み損の割合を減らし、ポジションの証拠金の割合を回復してロスカットを防ぐことができます。

万が一、追証してもビットコインFX(BTCFX)でロスカットされてしまった場合の損失は、トレーダーが借金として返済しなければいけません。

一方ゼロカットは、トレードで発生した損失を取引所が肩代わりし、ビットコインFX(BTCFX)によるマイナス口座残高を0円に戻してくれます。

ビットコインFX(BTCFX)のゼロカットはロスカット後に発生した損失による借金負担リスクをなくすことに対し、追証はポジションのロスカットを防ぐための救済制度だと考えておきましょう。

ビットコインFX(BTCFX)のゼロカットはメリットばかり。ペナルティはなし

海外ビットコインFX(BTCFX)のゼロカットを利用した場合にペナルティは発生するの、と疑問をいだく方もいるはずです。

たしかに追証制度しか知らない国内取引所ユーザーにとって、ゼロカット制度はメリットしかありません。

無条件でマイナス口座の残高を0円にリセットしてもらえるなんておいしすぎるのでは、と疑念をいだく方がいても不思議ではありません。

しかしゼロカットを採用する海外ビットコインFX(BTCFX)取引所では、損失による借金負担がなくなります。

損失リスクにおいては国内取引所よりも海外取引所のほうが、圧倒的に安全にトレードできます。

ただしビットコインFX(BTCFX)のゼロカットはあくまでも損失をカバーするだけであって、利益獲得に結び付けることはできません。

ゼロカット執行と同時に、担保として預けておいた証拠金が全額没収になることには変わりないことを心得てください。

ビットコインFX(BTCFX)でゼロカット制度が採用されるからと言って、トレードをはじめた目的を見失わず、利益獲得を目指しましょう。

ビットコインFX(BTCFX)のゼロカットを分かりやすく解説まとめ

ビットコインFX(BTCFX)のゼロカットを解説しました。

海外取引所限定のトレーダー救済制度であるゼロカットは、万が一ロスカットが間に合わなかった場合でも、損失による借金リスクがありません。

ロスカットを防ぐための追証とは異なり、ゼロカットを採用するビットコインFX(BTCFX)取引所では安心してハイレバレッジトレードを行うことができます。

-ビットコインFX(BTCFX)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.