ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

ビットコインFX(BTCFX)

ビットコインFX(BTCFX)とFXの違いを分かりやすく解説

投稿日:

【おすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから

【3位】FTXの詳細ページはこちらから

【4位】Binance Futuresの詳細ページはこちらから

ビットコインFX(BTCFX)とFXの違いはなに?

あなたは今、このようにお考えですよね。

近年注目を浴びているビットコインFX(BTCFX)とFXですが、FXユーザーの中には、ビットコインFX(BTCFX)に興味がわいたケースや、その逆も考えられるでしょう。

最近、投資に興味がわいた方の中には、ビットコインFX(BTCFX)とFXの違いを知って有利な方、または興味がわいた方でトレードしたいとお考えの方もいるはずです。

ここではビットコインFX(BTCFX)とFXの違いについて解説していきます。

ビットコインFX(BTCFX)とFXの違いを分かりやすく解説

ビットコインFX(BTCFX)とFXの違いは、投資対象です。

投資対象の特徴における違いから、ボラリティの高さ・レバレッジ・取引時間に差があると考えておくとよいでしょう。

一方、ビットコインFX(BTCFX)もFXも、証拠金取引ですのでレバレッジをかけて元手資金の数倍の金額をトレードできることについては共通点と言えるでしょう。

ビットコインFX(BTCFX)とFXの違いは投資対象

ビットコインFX(BTCFX)とFXの違いは、投資対象です。

FXは、フィアット通貨をさしており、日本円・米ドル・ユーロ・ポンド・スイスフランなど、世界各国の法定通貨でレバレッジ取引を行います。

一方ビットコインFX(BTCFX)は、仮想通貨のひとつ、ビットコインのレバレッジ取引をさしています。

仮想通貨には、ビットコインの他にも、アルトコインやトークンなどがありますが、ビットコイン以外の暗号資産については流動性がないため、投資対象としてはあまりおすすめできません。

投資対象の違いとして、法定通貨は実物のコインや紙幣という物理的通貨ですが、インターネットシステム上で流通する暗号資産は物理的実体がないこともあげられるでしょう。

ただしビットコインFX(BTCFX)とFXは証拠金取引ですので、トレードした結果、実際に取引口座に反映されるのは売買して獲得した利益や損失だけです。

実際に投資対象を買えるのはビットコインの現物取引で、買い注文することで取引口座でビットコインを保有することができ、そのあと売って売買差益を受け取ることも、保有し続けるのも個人の自由です。

法定通貨はFXに限る一方、ビットコインは現物取引とビットコインFX(BTCFX)できることもふたつの違いと言えるでしょう。

ビットコインFX(BTCFX)とFXの違いはボラリティの高さ

ビットコインFX(BTCFX)とFXの違いは、ボラリティの高さもあげられます。

ボラリティとは、値動きの大きさをさしています。

FXのボラリティは通貨によって異なるものの、安定した値動きのある米ドルは1日あたり1~2円程度のボラリティを維持しています。

一方ビットコインFX(BTCFX)は、1日あたり1万円以上のボラリティとなるケースもめずらしくありません。

厳密に申し上げると、FXのボラリティも通貨の種類によってビットコインFX(BTCFX)レベルのボラリティをみせるポンドなどもありますが、平均的に安定している傾向にあるでしょう。

ボラリティにおいて、ビットコインFX(BTCFX)とFXで違いがある理由は、通貨を管理する団体の有無です。

FXの投資対象である法定通貨は、国や政府が通貨価値を管理・保証していますが、ビットコインは非中央集権体制であることから管理者がいないため、通貨価値は保証されていません。

いつ通貨価値がなくなってしまうのかわからないビットコインは、急激に需要が上がったり下がったりすることから不安定な値動きを見せており、ボラリティも大きくなります。

これらボラリティの違いを踏まえると、ビットコインFX(BTCFX)はFXよりもハイリターンである一方、ハイリスクと言えます。

ビットコインFX(BTCFX)とFXの違いはレバレッジ

これからビットコインFX(BTCFX)とFXでトレードを検討している方は、ふたつのレバレッジの大きさにおける違いについてきちんと把握しておきたいところです。

まずFXのレバレッジは、一般的に最大100倍を超えており、最大1000倍を超えるケースもめずらしくありません。

一方ビットコインFX(BTCFX)のレバレッジも、最大100倍を超えるケースもありますが、近年最大20倍に制限される動きが見受けられています。

ビットコインFX(BTCFX)とFXのレバレッジにこれだけの差がある理由は、やはりビットコインをはじめとした暗号資産のボラリティが大きく、値動きが安定しないためでしょう。

ただでさえ値動きの激しいビットコインFX(BTCFX)のハイレバトレードによる損失が発生した場合、莫大な借金を抱えることになりかねないからです。

各国の暗号資産における規制当局の動きから、ビットコインFX(BTCFX)はレバレッジの制限がかかりやすくなっており、低レバッジになりつつあります。

海外取引所だけでなく国内取引所でも同じように、ビットコインFX(BTCFX)は最大2倍のレバレッジに制限されているのに対し、FXのレバレッジは最大25倍でトレードできます。

レバレッジが大きいほど、必要証拠金を抑えて取引できるため、手持ち資金が少なくても始めやすいのが魅力です。

このようなレバレッジの違いを踏まえると、ビットコインFX(BTCFX)はFXよりも低レバレッジなため、必要証拠金は多く必要になると言えるでしょう。

ビットコインFX(BTCFX)とFXの違いは取引時間

ビットコインFX(BTCFX)とFXの違いは、取引時間もあげられます。

基本的にFXの取引時間は営業拠点国の平日になり、土日は休日になるケースが多いです。

また欧米市場にあわせて世界的イベントであるクリスマスや元旦なども休場や営業時間の短縮になるケースが多いでしょう。

営業拠点国の平日を取引時間にするため、各国の時差を意識してトレードする必要があります。

一方、ビットコインFX(BTCFX)の取引時間は、基本的に24時間365日トレードできるケースが多いです。

取引時間の違いから、ビットコインFX(BTCFX)はFXよりも、自由なタイミングでトレードを楽しめることが大きな魅力と言えるでしょう。

ビットコインFX(BTCFX)とFXの違いを分かりやすく解説まとめ

ビットコインFX(BTCFX)とFXの大きな違いは、投資対象・ボラリティ・レバレッジ・取引時間です。

安定した値動きのトレードを楽しみたいのならFX、ボラリティが高くスリリングなトレードを楽しみたいのであればビットコインFX(BTCFX)がおすすめでしょう。

ブームが去ってしまったかのように感じるビットコインですが、将来性がある暗号資産として注目されているため、今後の動向に注目してください。

-ビットコインFX(BTCFX)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.