ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

ビットコインFX(BTCFX)

ビットコインFX(BTCFX)のレバレッジ取引を分かりやすく解説

投稿日:

【おすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】CryptoGTの詳細ページ

【2位】FTXの詳細ページはこちらから

【3位】Binance Futuresの詳細ページはこちらから

【4位】Bybitの詳細ページはこちらから

ビットコインFX(BTCFX)のレバレッジ取引って、具体的にどのようなものなの?

レバレッジ取引って、どのような条件でトレードできるの?

あなたは今、このようにお考えではないでしょうか。

ビットコインFX(BTCFX)のレバレッジ取引は、より多くの利益を獲得するために役立つトレード方法です。

ビットコインFX(BTCFX)のレバレッジ取引を分かりやすく解説

仮想通貨バブルだったころと比較して、ビットコインで利益を獲得しづらくなってしまった頃、ビットコインFX(BTCFX)が注目されるようになりました。

現在ではビットコインFX(BTCFX)によるレバレッジ取引が浸透し、多くの方がハイリスク・ハイリターントレードで利益獲得をめざしています。

特に国内取引所の最大レバレッジは4倍に制限され、ハイリターンをのぞむことが難しい一方、海外取引所の最大レバレッジは100倍を超える取引所も多く、資金効率よくレバレッジ取引を行うことができます。

では具体的にビットコインFX(BTCFX)のレバレッジ取引とは、どのようなものなのでしょうか。

ビットコインFX(BTCFX)のレバレッジ取引とは?

ビットコインFX(BTCFX)のレバレッジ取引とは、証拠金を担保にレバレッジをかけ、元手以上のトレードを行うことができます。

たとえばビットコインFX(BTCFX)で1万円を証拠金に100倍のレバレッジをかけると、100万円を資金にみたててトレードできます。

レバレッジ取引の倍率ぶんの資金である99万円は、取引所から一時的に借りると考えます。

前述の通りビットコインFX(BTCFX)のレバレッジ取引とは「証拠金取引」をさしますが、もっと具体的に解説しましょう。

レバレッジ取引の新規注文を、買い注文の場合はロング、売り注文ではショートと言います。

新規注文を行うと、「ロング」または「ショート」ポジションを保有する形で反映されます。

あくまでも証拠金取引における新規注文は、ポジションを建てることが目的であり、この時点で取引口座から資金が動くことはありません。

ビットコインFX(BTCFX)のポジションの決済方法は、すでに買い注文(ロング)のポジションを保有している場合は売り注文、売り注文(ショート)を保有しているのなら買い注文という具合に反対売買が行われます。

決済を完了するとビットコインFX(BTCFX)の損益が確定し、取引所の口座へ反映されます。

レバレッジ取引ではこの時点でようやく口座資金が動くのです。

ようするにビットコインFX(BTCFX)のレバレッジ取引とは、証拠金にレバレッジをかけ、ハイリターン・ハイリスクトレードができます。

ビットコインFX(BTCFX)のレバレッジ取引は大きく分けて3種類

ビットコインFX(BTCFX)のレバレッジ取引は、以下の通り大きく分けて3種類です。

  • FX取引:無期限でポジションを保有できるレバレッジ取引
  • 先物取引:現在の価格で定めた期日で売買することを約束する、決済期限付きのレバレッジ取引
  • 信用取引:売り注文(ショートまたは空売りともいう)から始められるレバレッジ取引

ビットコインFX(BTCFX)のレバレッジ取引でもっとも一般的なのが、無期限でFX取引できる商品です。

先物取引と信用取引は特殊なレバレッジ取引と言え、FX取引・先物取引・信用取引は取引所ごとに発生する手数料が異なります。

ビットコインFX(BTCFX)のレバレッジ取引の最大レバレッジ

ビットコインFX(BTCFX)のレバレッジ取引の最大レバレッジは以下の通りです。

  • CryptoGT:500倍
  • FTX:101倍
  • Bybit:100倍

いずれも海外のビットコインFX(BTCFX)取引所は、ハイレバレッジトレードが可能です。

Bybitはポジションサイズが150BTC大きくなるにつれ、段階的にレバレッジ倍率が制限され、下がっていきます。

最終的な最大ポジションサイズは1,500BTで、最大レバレッジは18倍に制限されます。

ビットコインFX(BTCFX)のレバレッジ取引のロスカット

ビットコインFX(BTCFX)のレバレッジ取引のロスカットは、以下に達したときに執行されます。

  • CryptoGT:証拠金維持率100%
  • FTX:インフォーメーションボックスの「推定決済価格」またはレバレッジ20倍以下は証拠金維持率3%・レバレッジ50倍以上の場合は証拠金維持率0.6%からポジションサイズが増えるほど増加
  • Bybit:証拠金維持率20%から90% ポジションサイズに応じて段階に応じて変化

レバレッジ倍率と同じく、Bybitではポジションサイズが150BTC大きくなるにつれ、段階的にロスカットレベルである証拠金維持率が上がっていきます。

最大ポジションサイズ1,500BTで、ロスカットレベルである証拠金維持率90%に制限され、ポジション維持が難しくなるでしょう。

ビットコインFX(BTCFX)のレバレッジ取引はゼロカットを採用

ビットコインFX(BTCFX)のレバレッジ取引は、ゼロカット制度を採用しています。

ゼロカットとは、ビットコインFX(BTCFX)の相場の急変でロスカットが間に合わず損失が発生した場合、取引所が損失を肩代わりしてくれる海外取引所独自の救済制度です。

ようするにビットコインFX(BTCFX)でロスカットされてしまうとマイナス口座となるため、取引所が無条件で口座残高を0円にリセットしてくれます。

国内取引所ではゼロカットがない代わりに、追証制度が存在します。

ビットコインFX(BTCFX)のレバレッジ取引の手数料

ビットコインFX(BTCFX)のレバレッジ取引の手数料は、以下の通りです。

  • CryptoGT:スワップポイント 4時間ごとに発生
  • FTX:資金調達率 1時間ごとに発生
  • Bybit:資金調達率 8時間ごとに発生

取引所ごとにレバレッジ取引の手数料の名目は異なりますが、ビットコインFX(BTCFX)のポジション保有を続ける限りレバレッジ手数料は発生し続けるのは共通と言えるでしょう。

ビットコインFX(BTCFX)のレバレッジ取引を分かりやすく解説まとめ

ビットコインFX(BTCFX)のレバレッジ取引を解説しました。

レバレッジ取引は、一般的なFX取引と先物取引・信用取引の3種類を、証拠金によってビットコインFX(BTCFX)にレバレッジを適用してトレードすることができます。

海外取引所でビットコインFX(BTCFX)のレバレッジ取引を行うメリットは、ゼロカット制度が適用されることでしょう。

取引所ごとにレバレッジ取引の最大レバレッジ・ロスカット率・手数料などの条件は異なりますので、ビットコインFX(BTCFX)を始める際にはきちんと詳細をご確認ください。

-ビットコインFX(BTCFX)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.