ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

ビットコインFX(BTCFX)

ビットコインFX(BTCFX)のレバレッジ取引を分かりやすく解説

投稿日:

【ボーナスが手厚いおすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから

【2位】Bybitの詳細ページはこちらから

【3位】Bitterzの詳細ページはこちらから

【4位】Binanceの詳細ページはこちらから

ビットコインFX(BTCFX)はレバレッジ取引をさすようだけれど、現物取引や為替FXとの違いがよくわからない。

ビットコインFX(BTCFX)のレバレッジ取引にはどのようなメリットがあるの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

ビットコインFX(BTCFX)やレバレッジ取引をよく理解していない方もいるのではないでしょうか。

ここではビットコインFX(BTCFX)とレバレッジ取引について詳しく解説していきましょう。

ビットコインFX(BTCFX)のレバレッジ取引を分かりやすく解説

ビットコインFX(BTCFX)とレバレッジ取引とは?

ビットコインFX(BTCFX)とは、ビットコインによるレバレッジ取引をさします。

レバレッジ取引とは、証拠金を担保にレバレッジをかけることで、元手資金の数倍の金額でトレードすることをさします。

たとえば1万円を証拠金に100倍のレバレッジをかけてビットコインFX(BTCFX)すると、100万円の金額でトレードできます。

当然、レバレッジ取引ではトレード金額が大きくなるのですから、当然利益や損失も大きくなります。

ビットコインFX(BTCFX)とは売買差益を狙う方法

ビットコインの取引でも、現物取引は買い注文することで取引口座から決済を行い、自己資産としてビットコインを保有することができます。

一方、ビットコインFX(BTCFX)で買い注文すると、一時的に買いポジション保有という状態で取引口座に反映されます。

ポジション保有時点では取引口座から決済は行われず、ビットコインの保有もできません。

ふたたび売り注文で決済することで、買い時点の価格と売り時点の価格差がようやく取引口座に反映されます。

ようするにビットコインFX(BTCFX)は新規エントリーと決済注文で売買し、差額を受け取るトレード方法をさします。

ビットコインFX(BTCFX)と現物取引の違い

現物取引は「安く買って高く売る」ことがトレード利益を狙うためのルールです。

安く買って高く売るためには、上昇相場を狙う必要があるでしょう。

一方、ビットコインFX(BTCFX)は「売ってから安く買い戻す」こともできるため、上昇相場だけでなく下落相場も狙うことができることは、現物取引にはないメリットです。

下落相場を狙い売り注文から始めるトレードを空売りと言います。

またビットコインFX(BTCFX)ではレバレッジ取引もできるため、元手資金以上の金額でトレードしハイリターンをめざせることも、現物取引にはないメリットでしょう。

ビットコインFX(BTCFX)の空売りやレバレッジ取引が手元にない資金を売買できる理由は、証拠金取引だからです。

証拠金を担保として取引に預けることで、一時的に資金を借りることができると考えておけばわかりやすいでしょう。

担保として証拠金を預けているため、もしビットコインFX(BTCFX)で負けてしまった場合は全額没収となることは、現物取引にはないデメリットです。

ビットコインFX(BTCFX)と為替FXの違い

為替FXは、法定通貨のレバレッジ取引をさしています。

ビットコインFX(BTCFX)は暗号資産のレバレッジ取引をさしていることから、為替FXとの違いはトレードする通貨のジャンルが異なるということになります。

通貨のジャンルが異なることを大前提として、為替FXとビットコインFX(BTCFX)の違いをあげると、ボラリティと最大レバレッジ、そして取引時間に違いがあるでしょう。

国や政府から通貨価値を保証されている法定通貨をトレードする為替FXは、需要と供給のバランスを維持しているため、安定した値動きを見せています。

一方、新しく登場したうえ、非中央集権体制であるビットコインは通貨価値を保証する機関が存在しないため、値動きは不安定です。

ボラリティが高く不安定であることから、世界各国の政府機関は投資家の損失リスクを考慮して、為替FXよりもビットコインFX(BTCFX)のレバレッジを低く設定しています。

為替FXにおける海外取引所のレバレッジ取引は500倍・1000倍などでできるケースもめずらしくありませんが、ビットコインFX(BTCFX)では最大100倍・500倍・低いところで20倍と抑えられています。

国内取引所の場合も、為替FXは最大25倍、ビットコインFX(BTCFX)は最大2倍までとレバレッジ取引の倍率に制限があり、ビットコインFX(BTCFX)のほうが低めに設定されています。

取引時間の違いは、為替FXは平日のみなのに対して、ビットコインFX(BTCFX)は24時間365日トレード可能ですので、断然ビットコインFX(BTCFX)のほうがトレードしやすい環境にあると言えるでしょう。

ビットコインFX(BTCFX)はレバレッジ取引。そのメリット

ここまでの解説を踏まえてビットコインFX(BTCFX)のメリットをまとめていきましょう。

  • 現物取引よりも少額資金で大きな金額のトレードができるため、大きな利益を狙える
  • 現物取引とは異なり、上昇相場・下落相場のどちらでも利益を狙るため、好きなタイミングでトレードできる
  • 為替FXとは異なり、ビットコインFX(BTCFX)の取引所は24時間365日営業しているため、好きな時間にトレードできる

ビットコインFX(BTCFX)のレバレッジ取引におすすめの取引所

ビットコインFX(BTCFX)のレバレッジ取引におすすめの取引所は、国内取引所よりもハイレバレッジ取引可能な海外取引所です。

海外のビットコインFX(BTCFX)は取引所に応じてレバレッジ取引の最大倍率が、以下のように異なります。

  • Binance:20倍
  • CryptoGT:500倍
  • FTX:101倍
  • Bybit:100倍

海外のビットコインFX(BTCFX)は、追証なし・ゼロカット制度を採用しているため、初期費用以上の資金は不要、ロスカットによる損失を借金として返済する必要がありません。

では海外のビットコインFX(BTCFX)のトレードコストは、取引所によって異なり、成行注文はスプレッドのみ負担するCryptoGT、指値注文は手数料を受け取れるBybitあたりがおすすめと言えるでしょう。

スワップポイントについては、資金調達率を受け取れる可能性があるBinance・FTX・Bybitあたりがおすすめです。

ビットコインFX(BTCFX)のレバレッジ取引を分かりやすく解説まとめ

ビットコインFX(BTCFX)のレバレッジ取引について解説しました。

ビットコインのレバレッジ取引をビットコインFX(BTCFX)と言い、現物取引よりも大きな金額でトレードでき、為替FXよりもボラリティが高いため大きな利益を狙いやすいと言えるでしょう。

大きな金額でトレードできるためビットコインFX(BTCFX)は損失が大きくなる可能性もある、ハイリスク・ハイリターントレードでもあります。

資金効率のよいレバレッジ取引でビットコインFX(BTCFX)は仮想通貨トレードの中でも、現在メジャーなトレード方法と言えるでしょう。

-ビットコインFX(BTCFX)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.