ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

ビットコインFX(BTCFX)

ビットコインFX(BTCFX)の国内取引所でおすすめを分かりやすく解説

投稿日:

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

ビットコインFX(BTCFX)の国内取引所でおすすめはどこ?

あなたは今、このようにお考えですよね。

ビットコインFX(BTCFX)はビットコインのボラリティの高さとレバレッジの相乗作用で、大きな利益を狙いやすいのが魅力です。

国内取引所には、現物取引とレバレッジ取引できる取引所がありますが、いったいどこがおすすめなのでしょうか。

ビットコインFX(BTCFX)の国内取引所でおすすめを分かりやすく解説

ビットコインFX(BTCFX)の国内取引所は、最大4倍のレバレッジでトレードできるのがメリットであり、おすすめです。

現物取引限定の国内取引所には、Coincheck(コインチェック)やBitbank(ビットバンク)がある一方、ビットコインFX(BTCFX)をセールスポイントにしている取引所も存在します。

ここでは独自の視点から、ビットコインFX(BTCFX)ができるおすすめの国内取引所について解説していきましょう。

ビットコインFX(BTCFX)の国内取引所でおすすめ bitFlyer(ビットフライヤー)

国内取引所の中でビットコインFX(BTCFX)をおすすめする取引所は、bitFlyer(ビットフライヤー)です。

bitFlyer(ビットフライヤー)のビットコインFX(BTCFX)は、一般的なFX取引にあたるbitFlyer Lightning FXと、先物取引にあたるLightning Futuresでトレードできるおすすめの取引所です。

ビットコインFX(BTCFX)の国内取引所としてbitFlyerをおすすめする理由は、ビットコイン取引が盛んだからです。

特にビットコインFX(BTCFX)の取引量が日本最大級で、板が厚い、約定率が高い、スプレッドが狭いなどの声が多く聞かれるため、国内取引所としておすすめと言えるでしょう。

biTflyerは2020年5月1日施行の金融商品取引法の改正に伴い、5月1日までに本人確認を完了していない新規ユーザーは利用できなくなってしまいました。

残念ながら、現在はbitFlyerのビットコインFX(BTCFX)トレードは既存ユーザーのみとなっています。

bitFlyerのロスカット率は証拠金維持率50%で執行となり、国内取引所の中では一般的な水準となります。

ビットコインFX(BTCFX)の国内取引所でおすすめ GMОコイン

GMOコインは国内取引所の中でも、ひとつの取引所で2種類のビットコインFX(BTCFX)ができるおすすめの取引所です。

ビットコインFX(BTCFX)トレードは2種類あり、「取引所のレバレッジ取引」と、暗号資産FXすなわち「販売所形式によるレバレッジ取引」をすることができます。

GMOコインの取引所でのレバレッジ取引は、板情報によってユーザー同士でビットコインFX(BTCFX)トレードを行う方法です。

よってスプレッドが狭くなるため、ビットコインFX(BTCFX)のトレードコスト負担を軽減する国内取引所としておすすめと言えるでしょう。

取引所のレバレッジ取引では、成行注文・指値注文・逆指値注文によるビットコインFX(BTCFX)をすることができます。

一方暗号資産FXは、GMOコインとユーザー間でビットコインFX(BTCFX)トレードを行う方法です。

販売所形式であるためスプレッド負担が大きくなる一方、ビットコインFX(BTCFX)のスプレッドを明確にし公開されています。

スプレッドを公開することによってトレードコストを瞬時に確認できる点においては、ビットコインFX(BTCFX)でエントリーしやすくおすすめと言えるでしょう。

GMОコインの暗号資産FXでは、成行注文・指値注文・逆指値注文・IFD注文・OCO注文・IFD-OCO注文と、基本的な注文方法から応用が利いた注文方法でエントリーできる国内取引所としてもおすすめと言えます。

取引所のレバレッジ取引・暗号資産FXともに1日あたり0.04%のレバレッジ手数料が発生し、取引所のレバレッジ取引においては加えてロスカットごとに0.5%の決済手数料が発生します。

スプレッドだけでなくレバレッジ手数料を考慮し、GMOコインではどちらのビットコインFX(BTCFX)を利用するのかを考えることをおすすめします。

GMOコインのロスカット率は証拠金維持率75%です。

ビットコインFX(BTCFX)の国内取引所でおすすめ DMM Bitcoin

DMM Bitcoinは、国内取引所の中でビットコインFX(BTCFX)できるためおすすめです。

厳密にDMM Bitcoinは取引所ではなく販売所形式のため、スプレッドが広めに設定されているのはデメリットかもしれません。

ただビットコインFX(BTCFX)のスプレッドを明確に表示している点については、エントリータイミングを見計らいやすいため、おすすめの国内取引所と言えます。

DMM Bitcoinの取り扱い銘柄数は11種類で、国内取引所最多を誇ります。

ビットコインFX(BTCFX)をはじめ、イーサリアムやリップルなどの主要アルトコインで幅広くレバレッジ取引をしたい方に、DMM Bitcoinはおすすめと言えるでしょう。

成行注文・指値注文・逆指値注文・IFD注文・OCO注文・IFO注文と、幅広い注文方法でビットコインFX(BTCFX)できる国内取引所としても、DMM Bitcoinはおすすめです。

DMM Bitcoinのロスカット率は、証拠金維持率50%と標準的な水準です。

ビットコインFX(BTCFX)の国内取引所でおすすめを分かりやすく解説まとめ

ビットコインFX(BTCFX)の国内取引所でおすすめなのは、トレードで利益を狙いやすいbitFlyerと言えるでしょう。

一方、GMOコインやDMM BitcoinはビットコインFX(BTCFX)の他、取り扱い銘柄が多いことから、アルトコインでトレードしたい方におすすめの国内取引所と言えます。

このようなポイントを踏まえて、国内取引所がビットコインFX(BTCFX)におすすめなのかを見極めてください。

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

-ビットコインFX(BTCFX)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.