ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

ビットコインFX(BTCFX)

ビットコインFX(BTCFX)の税金の計算方法と確定申告を分かりやすく解説

投稿日:

【おすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】CryptoGTの詳細ページ

【2位】FTXの詳細ページはこちらから

【3位】Binance Futuresの詳細ページはこちらから

【4位】Bybitの詳細ページはこちらから

ビットコインFX(BTCFX)の税金の計算方法は、どのようにすべきなの?

ビットコインFX(BTCFX)の確定申告の対象者や、確定申告の目的を知りたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

ビットコインFX(BTCFX)で一定額を稼げるようになった場合、意識しなければいけないのが税金の計算方法や確定申告です。

ビットコインFX(BTCFX)の税金の計算方法と確定申告を分かりやすく解説

確定申告とは、1月1日から12月31日までの所得が一定を超えた場合、翌年3月15日までに規定の計算方法に基づいて所得税を算出し税金を納めることをさします。

ただしビットコインFX(BTCFX)で一定の年間所得を獲得したとしても、税務慮や海外取引所から確定申告通知や納税通知が届くわけではありません。

ビットコインFX(BTCFX)の損益や経費を個々に管理し、確定申告についてみずから情報収集し判断する必要があると心得ておきましょう。

ビットコインFX(BTCFX)の税金を納めるべき確定申告対象者は?

まずビットコインFX(BTCFX)で確定申告し、税金を納めるべき対象者は以下の通りです。

  • 正社員・パート・アルバイトなどの給与取得者:ビットコインFX(BTCFX)の年間所得が20万円を超えたら
  • 正社員だけで年収2,000万円を超える給与取得者:ビットコインFX(BTCFX)の年間所得に関わらず
  • 個人事業主・専業主婦・学生など非給与取得者:ビットコインFX(BTCFX)の年間所得が38万円を超えたら

雇用されて給料を獲得している正社員などと、雇用されていない個人事業主などでは、ビットコインFX(BTCFX)で確定申告し税金を納めるべきボーダーラインが異なります。

ただ雇用されていても給料が年間2,000万円を超えている方は、職場で源泉徴収されないため、ビットコインFX(BTCFX)の所得にかかわらず自分で確定申告しなければいけません。

このように確定申告して税金を納めるべき対象者は、大きく分けると3パターンです。

自分が確定申告の対象者であるのかどうかは、前年12月31日までの年間所得が基準になるため、翌年1月1日には明確にすることができるでしょう。

ビットコインFX(BTCFX)の税金と確定申告区分は「雑所得の総合課税」

ビットコインFX(BTCFX)の税金と確定申告区分は「雑所得の総合課税」です。

雑所得とは、事業所得・給与所得・利子所得・不動産所得・山林所得・一時所得・譲渡所得・退職所得・配当所得のいずれにも該当しない9つの所得をさします。

総合課税とは、上9つの所得と合計して確定申告し、税金を算出しなければいけないことをさします。

雑所得には総合課税の他「分離申告課税」が存在し、主に国内為替FXには分離申告課税が適用されます。

総合課税と分離申告課税の税金の計算方法や確定申告方法には違いがあり、以下の通り分離申告課税のほうが税制上優遇されています。

ビットコインFX(BTCFX)の税金と確定申告では繰越損失が適用されない

分離申告課税である国内為替FXには3年の繰越損失が適用され、確定申告の課税対象額を軽減して税金を安くすることができます。

繰越損失とは、たとえば今年のトレードで発生した損失がマイナス100万円だった場合、損失を翌年以降3年にわたって繰り越し、税金対象額を減らすことができます。

たとえば翌年のトレード利益が80万円だった場合、前年の損失から今年の利益を相殺することができます。

さらに相殺しても損失分が残ってしまう場合は、さらに翌々年に損失を繰り越すことができます。

一方、総合課税であるビットコインFX(BTCFX)の確定申告では、繰越損失が適用されず、税金が軽減されることはないため、分離申告課税と比較すると不利と言えるでしょう。

ビットコインFX(BTCFX)の確定申告では「総合課税」同士でなら損益通算が可能

ただしビットコインFX(BTCFX)の税金の確定申告区分である、総合課税に該当するジャンルであれば損益通算が可能です。

損益通算とは、損失と利益を相殺して、課税対象額を軽減することをさします。

本来損益通算は、法人口座を開設し法務手続きを完了している方が対象で、事業所得と他の事業の損益を相殺し、税金対象額を軽減できる制度です。

しかしビットコインFX(BTCFX)では他事業との損益通算は認められません。

ビットコインFX(BTCFX)で損益通算できるのは、総合課税に該当する損益に限り損益通算することができます。

たとえば海外ビットコインFX(BTCFX)・国内ビットコインFX(BTCFX)・海外為替FX同士で、損益通算可能です。

前述では、ビットコインFX(BTCFX)の年間所得は総合課税であるため、事業所得などの9所得と合計した金額で確定申告し税金を計算しなければいけないと解説しました。

よってビットコインFX(BTCFX)の所得と他9所得の損失は相殺できない一方、利益については合計して確定申告しなければならないということです。

紛らわしいため、ご注意ください。

ビットコインFX(BTCFX)の税金の計算方法

ではここまでの解説をもとにビットコインFX(BTCFX)の税金の計算方法を解説しましょう。

ビットコインFX(BTCFX)で確定申告すべき年間所得の計算方法

まずはビットコインFX(BTCFX)の年間所得を算出します。

ここでご注意いただきたいのは、税制上の「収入」と「所得」は区別されるということです。

収入とはビットコインFX(BTCFX)の利益をさし、所得とは収入から利益を獲得するために利用した経費を相殺した、純粋な利益をさします。

ビットコインFX(BTCFX)の経費に該当するのは、ネット通信費やパソコン・スマホなどの電気やデバイス代、参考書代などです。

たとえば、海外ビットコインFX(BTCFX)の収入800万円・国内ビットコインFX(BTCFX)の収入100万円・経費200万円だった場合の年間所得の計算方法は以下の通りです。

【ビットコインFX(BTCFX)の年間所得】800万円+100万円-200万円=700万円

確定申告時に年間所得をスムーズに算出するために、日頃からビットコインFX(BTCFX)の損益と経費で帳簿つけを行うことをおすすめします。

ビットコインFX(BTCFX)の損益を帳簿つけを行わず、利益や損失を把握してこなかった方も、MT4や各取引所から取引証明書をダウンロードできますのでご利用ください。

取引履歴の証明書や経費の領収書は、7年間の保管が義務づけられていますので、確定申告後も大切に保管しましょう。

ビットコインFX(BTCFX)で確定申告すべき税金の計算方法

ビットコインFX(BTCFX)の年間所得を算出したら、次は確定申告すべき税金の計算方法を算出します。

雑所得の総合課税の税率は、以下の累進課税方式に則り、所得に応じた税率が適用されます。

たとえば給与所得2,100万円・ビットコインFX(BTCFX)の所得が700万円だった場合の税金の計算方法は以下の通りです。

【ビットコインFX(BTCFX)の税金の計算方法】(2,100万円+700万円)×0.4-2,796,000=8,404,000円

ちなみに分離申告課税は一律20%です。

累進課税表の通り、ビットコインFX(BTCFX)の総合課税には控除が適用されるため、税率20%の時点では分離申告課税よりも総合課税のほうが有利と言えるでしょう。

ビットコインFX(BTCFX)の税金の計算方法と確定申告を分かりやすく解説まとめ

ビットコインFX(BTCFX)の税金の計算方法と確定申告を解説しました。

はじめの確定申告は白色申告です。

確定申告の方法の流れは、損益と経費の帳簿をつけ、確定申告書を作成して税務署へ提出、税金を納めて完了です。

やり方は、確定申告の参考書や専門サイトで調べる、わからないことは税務署へ問い合わせるとスムーズです。

会計ソフトのご利用も非常に便利で、低額なうえナビゲーターに沿って確定申告手続きを行うことができますのでぜひご活用ください。

どうしても自分でできないと言う方は、有料で税理士へ依頼する方法も存在します。

確定申告対象者であるのにもかかわらずビットコインFX(BTCFX)の税金を納めなかった場合は脱税に問われ、重税などのペナルティが発生しますので必ず行ってください。

あくまでも確定申告は所得税を計算して納税するために行いますが、確定申告することによって自動的に住民税の対象者となり納税通知書が送付されてくることも心得ておきましょう。

-ビットコインFX(BTCFX)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.