ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

CryptoGT(クリプトGT)

CryptoGT(クリプトGT)の税金の計算方法と確定申告を分かりやすく解説

投稿日:

【おすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】FTXの詳細ページはこちらから

【2位】CryptoGTの詳細ページ

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【4位】Binance Futuresの詳細ページはこちらから

CryptoGT(クリプトGT)を使って仮想通貨(暗号資産)のトレードをしている人の中には、今年からある程度勝てるようになってきたという人もいるでしょう。

これまでトレードでうまくいかなかったという人でも、トレードの練習を積み重ねてCryptoGT(クリプトGT)で利益が出せるようになったという人であれば確認しなければならないのが確定申告や税金支払いの必要性です。

「仮想通貨(暗号資産)は為替ではないから確定申告は必要ない」「CryptoGT(クリプトGT)は海外の仮想通貨(暗号資産)取引所だから税金の支払いは不要」と思っている人でも、確定申告や税金の支払いが必要になる可能性があります。

そこで今回は、CryptoGT(クリプトGT)の税金の計算方法と確定申告について分かりやすく解説していきます。

CryptoGT(クリプトGT)の税金の計算方法と確定申告を分かりやすく解説

CryptoGT(クリプトGT)の確定申告や税金の支払いはまだまだグレーゾーンが多いが利益を得ていれば必要になる可能性が高い

CryptoGT(クリプトGT)でのトレードで今年から利益を出し始めた人の中には、確定申告や税金の支払いについて調べているという人も多いでしょう。

実際に仮想通貨(暗号資産)は登場して数年しか経っていないような投資(投機)の方法なので、確定申告や税金の支払いをどうしたら良いのかわからないという人も多いものです。

さらにCryptoGT(クリプトGT)のような海外の仮想通貨(暗号資産)取引所の場合、確定申告や税金の計算方法はより複雑になる印象があるでしょう。

CryptoGT(クリプトGT)の利益に対して税金の支払いが必要になる人の場合、まずは確定申告を行う必要があります。

CryptoGT(クリプトGT)を利用している人でトレードで利益を出している人であれば、次項より自分が確定申告の必要性があるのかどうかをまずは確認していきましょう。

CryptoGT(クリプトGT)で確定申告が必要になる人の特徴

CryptoGT(クリプトGT)を使っている人で、自分が確定申告の必要があるのかないのかがわからないという人は、まずは以下のいずれかに自分が該当しているのかどうかを確認してください。

  • 正社員・契約社員・アルバイトなど給与所得がある人...CryptoGT(クリプトGT)の利益(所得)+他の利益が年間で20万円を超える人
  • 個人事業主・専業主婦など給与所得がない人...CryptoGT(クリプトGT)の利益(所得)+他の利益が年間で38万円を超える人

まずは現在給与をもらっているのか、またはもらっていないのかを確認し、それぞれCryptoGT(クリプトGT)の利益(所得)+他の利益が年間でどれくらい出ているのかを確認してみましょう。

年内の前半だけ給与所得があった、年末から会社員として働き始めたなど、自分が確定申告の必要性に該当するのかどうかがわからないという人は、管轄の税務署に電話相談してみるのもおすすめです。

また、ここでいわれているCryptoGT(クリプトGT)での利益とは仮想通貨(暗号資産)のことであり、仮想通貨(暗号資産)が利益と判断される基準は以下のようになっています。

  • 仮想通貨(暗号資産)を売却して利益を得た場合
  • 保有している仮想通貨(暗号資産)を別の仮想通貨(暗号資産)と交換して利益を得た場合
  • 仮想通貨(暗号資産)を購入した時よりも価格が上がった状態で物やサービスを購入した場合
  • マイニングによる収益があった場合

など。

つまり仮想通貨(暗号資産)を日本円で購入し、価格は上昇したが保有したままなにもしていないという状態であれば、利益として認められることはありません。

あくまでも売却や交換、物やサービスの購入など一定の条件を満たすことで仮想通貨(暗号資産)の利益として認められることになるでしょう。

CryptoGT(クリプトGT)の税金の計算方法

CryptoGT(クリプトGT)を使っている人で確定申告の必要性がある人の特徴がわかったところで、実際の税金の計算方法についてもみていきましょう。

CryptoGT(クリプトGT)のトレードで得た仮想通貨(暗号資産)に関する利益は、確定申告の際に「雑所得」として計上していくことになります。

さらにCryptoGT(クリプトGT)のトレードで得た仮想通貨(暗号資産)利益は、「雑所得」の中でも「総合課税」として分類されることになるのです。

総合課税とは給与所得や雑所得、不動産所得など10種類の総合課税の対象となる所得を通算して税金がかけられるという税制のことを指します。

ただしCryptoGT(クリプトGT)の仮想通貨(暗号資産)で得た利益に関しては、「利益=所得」ではなく「利益−必要経費=所得」となり、所得に対して税金がかけられることになるでしょう。

総合課税として分類されたCryptoGT(クリプトGT)の所得に対して、所得税は以下のような計算方法で算出されます。

「所得−控除額×税率=所得税」

そして上記の税金の計算方法に適用される税率と控除額は、課税される所得金額によって以下のように変化します。

  • 課税される所得金額195万円以下...税率5%控除額0円
  • 課税される所得金額195万円を超え330万円以下...税率10%控除額97,500円
  • 課税される所得金額330万円を超え695万円以下...税率20%控除額427,500円
  • 課税される所得金額695万円を超え900万円以下...税率23%控除額636,000円
  • 課税される所得金額900万円を超え1,800万円以下...税率33%控除額1,536,000円
  • 課税される所得金額1,800万円超...税率40%控除額2,796,000円

つまり課税される所得金額が高額であればあるほど、税率も高くなるという傾向があるようです。

CryptoGT(クリプトGT)の税金の計算方法と確定申告を分かりやすく解説まとめ

今回は、CryptoGT(クリプトGT)の税金の計算方法と確定申告について分かりやすく解説してきました。

CryptoGT(クリプトGT)は海外の仮想通貨(暗号資産)取引所ですが、一定の条件を満たして所得を得ていれば確定申告や税金の支払いが必要になります。

確定申告や税金に関して、わからないことがあれば管轄の税務署に電話することで、無料で相談に乗ってもらえる可能性がありますよ。

-CryptoGT(クリプトGT)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.