ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

CryptoGT(クリプトGT)

CryptoGT(クリプトGT)の税金の計算方法と確定申告を分かりやすく解説

投稿日:

【ボーナスが手厚いおすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【4位】Binance Futuresの詳細ページはこちらから

CryptoGT(クリプトGT)の税金の計算方法は、どのようにやればいいの?

そもそも確定申告ってなに?

CryptoGT(クリプトGT)の確定申告はすべてのユーザーが対象なの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

CryptoGT(クリプトGT)のトレードで、一定の利益を得られるようになった方の中には、確定申告を意識する方もいるのではないでしょうか。

すでにFXや株式などをしていて、CryptoGT(クリプトGT)でも仮想通貨(暗号資産)トレードをはじめたという方の中には、ふたつの税金の計算方法や確定申告などの違いについて疑問を感じている方もいるはずです。

CryptoGT(クリプトGT)の税金の計算方法と確定申告を分かりやすく解説

CryptoGT(クリプトGT)の税金の計算方法は確定申告で行う

確定申告とは、CryptoGT(クリプトGT)でのトレードなどの儲け、すわわち所得に応じた税金を既定の計算方法に基づいて算出し、税務署へ納税することをさします。

ただし確定申告は、所得があるすべての人が対象なのではなく、年間所得が一定を超えていた場合に必要になります。

数ある投資や投機方法の中でも、仮想通貨(暗号資産)ジャンルの確定申告は、所得の考え方や税金の計算方法に特徴があることに注意しましょう。

CryptoGT(クリプトGT)などの仮想通貨(暗号資産)は、登場してから数年しか経過していない新しいジャンルです。

過去にFXや株式経験がある方であっても、CryptoGT(クリプトGT)で利益を得た場合は、税金の計算方法や確定申告についてきちんと理解する必要があります。

CryptoGT(クリプトGT)の税金の計算方法と確定申告が必要になるケース

確定申告は、CryptoGT(クリプトGT)の税金の計算方法を行い納税するために必要だと解説しました。

CryptoGT(クリプトGT)で確定申告が必要になるケースはいくつかありますが、まずは以下の通り給与取得者と非給与取得者で異なるため、各自該当するのかどうかを確認しましょう。

  • 正社員・アルバイト・パート・契約社員などの給与取得者:CryptoGT(クリプトGT)とその他の所得が年間20万円を超える人
  • 学生・主婦・個人事業主などの非給与取得者:CryptoGT(クリプトGT)とその他の所得が年間48万円を超える人

給与取得者か非給与取得者かを判断したら、年間所得が20万円または48万円を超えているのかを確認して該当している場合に限り、確定申告で税金の計算方法を行う必要があります。

ちなみに所得とは、CryptoGT(クリプトGT)のすべての収入をさすのではなく、収入から経費を相殺した、純粋なCryptoGT(クリプトGT)の利益を示していることにご注意ください。

また仮想通貨(暗号資産)の所得とは、以下をさしていることにも注意が必要です。

  • 仮想通貨(暗号資産)を売却して利益を得た場合
  • 保有している仮想通貨(暗号資産)を別の仮想通貨(暗号資産)と交換して利益を得た場合
  • 仮想通貨(暗号資産)を購入した時よりも価格が上がった状態で物やサービスを購入した場合
  • マイニングによる収益があった場合

CryptoGT(クリプトGT)などの取引所や販売所でコインを購入し自己資産として保有しただけでは、所得にはなりません。

所得とは、保有している仮想通貨(暗号資産)をCryptoGT(クリプトGT)で売却や交換、商品やサービスの決済などをすることで、売買の差額だけを所得にするということになります。

よってまずは給与を得ている・得ていないを判断し、つづいて各所得が一定を超えていることを確認して該当するケースに限り、税金の対象者となるため、確定申告で税金の計算方法を進めていくことになります。

CryptoGT(クリプトGT)の税金の計算方法

各年の12月31日時点の年間所得が一定を超えていた場合、翌年3月15日までに確定申告でCryptoGT(クリプトGT)の税金の計算方法を進めていくことになります。

税制上の所得は、雑所得・給与所得・事業所得・配当所得・不動産所得など、10種類に分類されており、さらに雑所得は「総合課税」と「申告分離課税」にわかれています。

CryptoGT(クリプトGT)などの仮想通貨(暗号資産)の所得は、税制上「雑所得の総合課税」に分類され、区分にしたがって確定申告から税金の計算方法を進めていきます。

雑所得の総合課税の税率は累進課税方式を採用しており、所得が多くなるほど税金もアップするしくみで、CryptoGT(クリプトGT)の税金の計算方法は以下の公式にあてはめて行われます。

CryptoGT(クリプトGT)の税金の計算方法:所得-控除額×税率

これでCryptoGT(クリプトGT)の所得税を算出できます。

CryptoGT(クリプトGT)の税金の計算方法と確定申告をスムーズに始めるためのコツ

なお前述の通り、確定申告とは所得が一定を超えていた場合に、所得にもとづいて税金の計算方法を行うため、あらかじめ年間所得を把握しておく必要があります。

CryptoGT(クリプトGT)でトレードをスタートしたら損益や経費の記帳をスタートしましょう。

日頃からこまめに記帳することで、CryptoGT(クリプトGT)などの年間所得を明確にできます。

年間所得を明確にしておくことで、年明けすぐに確定申告の対象者であるのかを判断できますし、対象者であった場合も確定申告書の作成をスムーズに進めることができるでしょう。

もしCryptoGT(クリプトGT)のトレードの利益や損失の記帳を怠っている場合であっても、MT5から取引証明書をダウンロードできるため、損益を把握できるためご安心ください。

ただし経費については、領収書がなければ所得から控除できないことについても注意しておきましょう。

記帳方法は国税庁のホームページの様式を参考にし手書きでも可能ですが、会計ソフトを利用すると記帳だけでなく確定申告書の作成も流れに沿って進めることができるためおすすめです。

メジャーな会計ソフトは、税制法に基づいて税金の計算方法や確定申告書を作成できるため、税制に疎い方でも申告ミスを防ぐために役立つはずです。

CryptoGT(クリプトGT)の税金の計算方法と確定申告を分かりやすく解説まとめ

CryptoGT(クリプトGT)で一定の所得を得たら、確定申告で税金の計算方法行い、税務署へ所得税を納めましょう。

所得とは、収入から経費を相殺した金額をさすだけでなく、仮想通貨(暗号資産)では購入と売却・交換などの差額を示すためCryptoGT(クリプトGT)では所得の計上に注意が必要です。

また確定申告を済ませると所得税に加えて住民税の対象にもなるため、注意点として税金を多めに準備しておきましょう。

-CryptoGT(クリプトGT)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.