ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

CryptoGT(クリプトGT)

CryptoGT(クリプトGT)のリップル(XRP)のトレードを分かりやすく解説

更新日:

【ボーナスが手厚いおすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから

【2位】Bybitの詳細ページはこちらから

【3位】Bitterzの詳細ページはこちらから

【4位】Binanceの詳細ページはこちらから

CryptoGT(クリプトGT)はリップル(XRP)を証拠金にトレードできるの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

将来性を期待してリップル(XRP)の保有を続けているが、価格が思うように上がらないため売却をためらってしまう。

しかし保有をつづけてもリップル(XRP)の価格が上がる気配がない…

そのような方は、CryptoGT(クリプトGT)のリップル(XRP)を証拠金にしてトレードしてみてはいかがでしょうか。

CryptoGT(クリプトGT)のリップル(XRP)のトレードを分かりやすく解説

CryptoGT(クリプトGT)はリップル(XRP)のトレードで売買差益を狙う方法がある一方、リップル(XRP)を証拠金にしたトレードもできます。

仮想通貨バブルの頃、将来性を期待してリップル(XRP)を購入したけれど、2020年まで価格は下がり続け、その後も価格は思うようにあがらず伸び悩んでいる。

このようにリップル(XRP)の長期ホールドに不安を感じている方も少なくありません。

いつ価格が回復するのかわからないのが仮想通貨ですので、長期保有することに意味がありますが、下がり続ける価格をじっと見守ることはやはりつらいものです。

そこで有効的な活用方法として、CryptoGT(クリプトGT)のリップル(XRP)を証拠金にしたトレードがおすすめです。

CryptoGT(クリプトGT)のリップル(XRP)のトレードは「証拠金」にできる

実はリップル(XRP)を証拠金にしてトレードできるのは、国内外の取引所の中でもCryptoGT(クリプトGT)だけで、以下5種類の通貨ペアでトレードできます。

  • BCH/XRP
  • LTC/XRP
  • DSH/XRP
  • ADA/XRP
  • BNB/XRP

ところで「リップル(XRP)を証拠金にトレードする」という意味がよくわからない方もいるでしょう。

たとえばBTC/XRPでトレードするということは「リップル(XRP)をトレード資金にしてBTC(ビットコイン)を売買し、損益を獲得する」ことをさします。

この場合リップル(XRP)は決済通貨であり、BTC(ビットコイン)は取引通貨になります。

CryptoGT(クリプトGT)でリップル(XRP)を証拠金にトレードすれば、BTC(ビットコイン)のレート変動に応じてリップル(XRP)を増やすことができます。

当然、FXトレードで負けてしまうと、損益が相殺されてリップル(XRP)は減ることになるでしょう。

どの仮想通貨や法定通貨のトレードにおいても、損益のどちらかが発生するため、取引するまで結果はわかりませんが、CryptoGT(クリプトGT)ではリップル(XRP)のトレードができるのです。

CryptoGT(クリプトGT)のリップル(XRP)の証拠金トレードで増やすことができる

ただしCryptoGT(クリプトGT)は証拠金取引にしか対応していないため、自己資産として保有するためのリップル(XRP)を買うことができません。

現物のリップル(XRP)を手に入れたい方は、国内の仮想通貨取引所か、海外の現物取引に対応した取引所で買い注文する方法に限ります。

CryptoGT(クリプトGT)のリップル(XRP)のトレードは、往復売買によるトレード結果を損益として口座に付与する方法ですので、実物のリップル(XRP)を買うことはできないと考えておきましょう。

ただしすでにリップル(XRP)を保有している場合は、CryptoGT(クリプトGT)でリップル(XRP)を証拠金にトレードして増やすことができます。

CryptoGT(クリプトGT)は証拠金取引ですので、上昇相場はもちろん下落相場を狙い、売り注文からはじめる空売りでもリップル(XRP)を増やすことができます。

CryptoGT(クリプトGT)はリップル(XRP)のトレードも可能

一方、CrptoGT(クリプトGT)は、リップル(XRP)を取引通貨としてトレードすることも可能です。

ビットコイン・イーサリアムや法定通貨など、主要通貨を証拠金にリップル(XRP)のレバレッジトレードができます。

  • XRP/USD
  • XRP/JPY
  • XRP/BTC
  • XRP/ETH
  • XRP/EUR

実は現在、リップル(XRP)の価格は上昇をみせており、2021年4月下旬ついに180.10円に到達しました。

リップル(XRP)は送金や決済手段として、国内の大手メガバンクも注目している仮想通貨です。

送金技術の高さから将来性が期待され注目が集まった2018年、リップル(XRP)は300円台まで上昇しましたが、徐々に値下がりを続け2020年3月は16円まで落ち込みました。

しかし2020年11月頃から急激に価格が回復を見せ始めています。

リップル(XRP)をガチホしていた方からはさらに値上がりを期待する声はもちろん、CryptoGT(クリプトGT)のリップル(XRP)でレバレッジトレードをはじめる投資家も増え始めています。

CryptoGT(クリプトGT)でリップル(XRP)のトレードをするメリット

CryptoGT(クリプトGT)でリップル(XRP)のトレードをするメリットをみていきます。

CryptoGT(クリプトGT)のリップル(XRP)のトレードはゼロカット採用のもと最大500倍でレバレッジ取引できる

CryptoGT(クリプトGT)のリップル(XRP)のトレードは、ビットコインと同じく最大500倍でレバレッジ取引できることがメリットです。

他社のリップル(XRP)のトレードは、ビットコインよりも最大レバレッジが抑えられてしまいますが、CryptoGT(クリプトGT)はアルトコインのトレードも最大レバレッジは同じです。

またCryptoGT(クリプトGT)のような海外取引所は、追証なし・ゼロカット採用のもとリップル(XRP)のトレードができることがメリットです。

国内取引所でロスカットで損失が確定すると、損失を借金として返済しなければいけませんが、CryptoGT(クリプトGT)の損失は取引所が肩代わりするため借金を返済する必要がなく安心してトレードできます。

リップル(XRP)は入金時間が速いうえCryptoGT(クリプトGT)の証拠金としてトレードできる

他社の場合、リップル(XRP)は証拠金としてトレードできないため、保有している場合は、一度現物取引所に送金してから他のコインに交換後、トレードの証拠金として活用する必要があります。

送金や交換する手間が必要になりますが、CryptoGT(クリプトGT)はリップル(XRP)をそのまま証拠金に使えることがメリットです。

しかもリップル(XRP)の送金は、わずか数秒で完了するという特徴を持つため、売り時や買い時を逃さすトレードできることもCryptoGT(クリプトGT)のメリットです。

CryptoGT(クリプトGT)のリップル(XRP)のトレードの注意点

CryptoGT(クリプトGT)におけるリップル(XRP)のトレードをするときの注意点は、トレードコストにも注目する必要があります。

取引手数料は無料ですが、トレードコストとしてスプレッドの他、スワップポイントが4時間おきに発生するため、トレードの証拠金を着実に減らしていきます。

CryptoGT(クリプトGT)のリップル(XRP)のトレードは、長期トレードよりも短期トレード向きと言えます。

またリップル(XRP)はボラリティが高いため、相場の急変に備える意味でも短期トレード向きと言えます。

CryptoGT(クリプトGT)のリップル(XRP)のトレードを分かりやすく解説まとめ

CryptoGT(クリプトGT)のリップル(XRP)のトレードについて解説しました。

リップル(XRP)を証拠金にトレードできるCryptoGT(クリプトGT)は、他社のように他のコインに交換してトレードする必要がありません。

またリップル(XRP)自体は送金スピードが早く、リップル(XRP)のレートを狙ったトレードできます。

CryptoGT(クリプトGT)はリップル(XRP)ユーザーにおすすめの取引所と言えるでしょう。

-CryptoGT(クリプトGT)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.