ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

CryptoGT(クリプトGT)

CryptoGT(クリプトGT)の本人確認と二段階認証を分かりやすく解説

更新日:

【ボーナスが手厚いおすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【4位】Binance Futuresの詳細ページはこちらから

CryptoGT(クリプトGT)の本人確認と二段階認証ってなに?

本人確認せずにトレードをはじめられると耳にしたけれど、本人確認せずに取引をはじめられるその理由はなに?

またCryptoGT(クリプトGT)で本人確認が必要になるケースと二段階認証の設定方法を知りたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

基本的に取引所の登録時に本人確認しますが、CryptoGT(クリプトGT)は不要で取引をはじめられます。

二段階認証はセキュリティに影響を与えるため、取引を開始する前に設定したいところですが、設定方法がわからないという方もいるでしょう。

CryptoGT(クリプトGT)の本人確認と二段階認証を分かりやすく解説

CryptoGT(クリプトGT)は本人確認をせずにトレードをはじめられる。その理由は?

CryptoGT(クリプトGT)は本人確認をせずにトレードをはじめられますが、その理由が気になる方もいるのではないでしょうか。

国内取引所は本人確認を完了して承認を受けなければトレードを始めることはできないため、海外取引所であるCryptoGT(クリプトGT)の安全性に不安を感じる方もいるはずです。

CryptoGT(クリプトGT)で本人確認しなくてもトレードをはじめられる理由は、以下の2つがあげられます。

CryptoGT(クリプトGT)で本人確認せずにトレードできる理由は日本の金融庁の規制を受けていないから

国内取引所では必ず本人確認を求められるのに、CryptoGT(クリプトGT)で必要ない理由は、営業拠点となる国や金融ライセンスの違いです。

CryptoGT(クリプトGT)はマーシャル諸島を拠点とした海外取引所で、拠点国で登記を行い、国の金融ルールに基づいた運営をしています。

よって日本の法規制にしたがう必要はなく、日本の金融庁が定める本人確認をする必要もないのです。

CryptoGT(クリプトGT)で本人確認不要でトレードできる理由は追証制度を採用していないから

国内取引所は日本の法律により、追証システムの導入が義務付けられています。

追証システムとは、レバレッジ取引で保有したポジションの証拠金維持率が一定を下回ってしまった場合に、ユーザーが資金を追加入金しなければいけないしくみをさします。

国内取引所は追証制度があるため、ユーザーから追証を取り立てる必要があり、本人確認を徹底することで確実に追証させることができます。

CryptoGT(クリプトGT)は海外取引所のため、追証制度を導入しておらず、ユーザーが追証による借金を背負うリスクもありません。

追証なしでゼロカット制度を採用するCryptoGT(クリプトGT)では追証のような取り立てシステムとは無縁の環境でトレードできるため、このような理由で本人確認を徹底する必要がないのです。

CryptoGT(クリプトGT)で本人確認が必要になるケース

例外的にCryptoGT(クリプトGT)で本人確認が必要になるケースがありますので、詳しくみていきましょう。

CryptoGT(クリプトGT)で本人確認が必要になるのは4000USD以上の出金をする場合

CryptoGT(クリプトGT)では4000USD以上の高額出金をする場合に限り、本人確認書類の提出が必要になります。

本人確認書類とは、運転免許証やパスポートなどのカラー写真付きの公的身分証明書と、クレジットカード明細や住民票などの住所確認書類のふたつです。

ケースによってはセルフィ画像も必要になります。

身分証明書は有効期限内、住所確認書類は発行より3ヶ月以内のものに限られるため、準備しておきましょう。

CryptoGT(クリプトGT)で本人確認が必要になるのは二段階認証を解除する場合

もうひとつ、CryptoGT(クリプトGT)で本人確認が必要になるケースは、二段階認証を解除するときです。

CryptoGT(クリプトGT)は二段階認証を重要な手続きと判断しているため、二段階認証の解除で本人確認書類の提出が必要になるケースがあります。

CryptoGT(クリプトGT)の二段階認証の設定方法

CryptoGT(クリプトGT)は本人確認をせずに取引を開始できるため、取引所のセキュリティに不安を感じる方も少なくありません。

ハッキングリスクを軽減して、資金の安全性を高めるための対策としてCryptoGT(クリプトGT)では二段階認証の設定を推奨しています。

よってCryptoGT(クリプトGT)の二段階認証の設定方法をみていきましょう。

まずはお手持ちのスマホで「Google Authenticator」という二段階認証アプリをインストールしてください。

つづいてCryptoGT(クリプトGT)にログインしてダッシュボードから「設定」に進みましょう。

メニューから「セキュリティ」を選択します。

二段階認証の設定方法としてここでは「ログインに2段階認証を使用する」「出金、その他の作業に2段階認証を使用する」のふたつから「Google認証システムを介して」を選択して「保存」します。

すると「有効化」ボタンが表示されるので、選択しましょう。

スマホで「Google Authenticator」のスキャナを起動して、CryptoGT(クリプトGT)に表示されているQRコードをスキャンします。

Google Authenticatorで表示されたコードを、CryptoGT(クリプトGT)に記入して「アクティブ」を選択し、認証を完了することで、二段階認証の設定方法は完了となります。

設定を完了すると、CryptoGT(クリプトGT)でログインまたは出金・その他の作業をするときに、二段階認証コードを求められるようになります。

スマホからコードを取得してCryptoGT(クリプトGT)で二段階認証を行いましょう。

CryptoGT(クリプトGT)の本人確認と二段階認証を分かりやすく解説まとめ

CryptoGT(クリプトGT)の本人確認は、基本的に必要ありません。

本人確認をしないからといってCryptoGT(クリプトGT)のセキュリティに不安があるわけではないためご安心ください。

ただし本人確認を求められるケースとして4000USDを超える出金や二段階認証の解除方法がありますので、CryptoGT(クリプトGT)の指示にしたがいましょう。

セキュリティを向上するためには二段階認証が必要ですので、CryptoGT(クリプトGT)の手順に沿って設定方法を完了させるようにしてください。

-CryptoGT(クリプトGT)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.