ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

CryptoGT(クリプトGT)

CryptoGT(クリプトGT)の本人確認と二段階認証を分かりやすく解説

投稿日:

【ボーナスが手厚いおすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】おすすめ1位の取引所(LINE公式で確認)

【2位】CryptoGTの詳細ページはこちらから

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【4位】Binanceの詳細ページはこちらから

海外の仮想通貨(暗号資産)取引所の中でも日本人トレーダーも数多く登録しているCryptoGT(クリプトGT)。

そんなCryptoGT(クリプトGT)にこれから登録したいという人の中には、本人確認の方法について詳しく知りたいという人もいるのではないでしょうか。

また海外のCryptoGT(クリプトGT)を利用するからこそ、二段階認証などのセキュリティ面も事前にしっかり確認しておきたいという人もいるでしょう。

そこで今回は、CryptoGT(クリプトGT)の本人確認と二段階認証について分かりやすく解説していきます。

CryptoGT(クリプトGT)の本人確認と二段階認証を分かりやすく解説

CryptoGT(クリプトGT)は本人確認なしでも取引可能!ただし条件付きで本人確認を求められる場合も

通常、日本の仮想通貨(暗号資産)取引所での取引を始めたい場合、アカウント登録時に本人確認書類の提出は必須となるでしょう。

しかし海外の仮想通貨(暗号資産)取引所であるCryptoGT(クリプトGT)では、本人確認を行わなくてもアカウントの開設や取引ができるようになっています。

CryptoGT(クリプトGT)のアカウント登録に本人確認書類がいらないと言われると「怪しい業者なのでは?」と不安に思ってしまう人もいますよね。

しかしCryptoGT(クリプトGT)が基本的に本人確認不要で取引できるのには、以下のような理由があるのです。

CryptoGT(クリプトGT)が本人確認不要で取引できる理由 日本の金融庁の規制を受けていないため

そもそもなぜ日本の取引所では本人確認が求められるのに、海外の取引所であるCryptoGT(クリプトGT)では本人確認が求められないのか。

この大きな違いは拠点となる国や取得している金融ライセンスの違いなどが大きな理由となっています。

CryptoGT(クリプトGT)は海外の仮想通貨(暗号資産)取引所であり、マーシャル諸島に登記されているHaito.Ldtという企業が運営している取引所です。

そのため日本の法律で規制されている規制対象にはなっておらず、アカウント登録時の本人確認に関しても必須ではありません。

CryptoGT(クリプトGT)が本人確認不要で取引できる理由 追証システムを導入していない

また日本の仮想通貨(暗号資産)取引所の場合、日本の法律により追証システムの導入が義務付けられています。

この追証システムとは、保有しているポジションが一定の証拠金維持率を下回った時に、ユーザーが追加で支払わなければならない証拠金のことです。

追証がある日本の仮想通貨(暗号資産)取引所の場合、追証の支払いという形でユーザーから取り立てを行わなければならない可能性があるので、本人確認を徹底する必要があります。

しかしCryptoGT(クリプトGT)は海外の仮想通貨(暗号資産)取引所であり、追証ルールは適用されませんので、ユーザーが追証のような条件で借金を背負う可能性がないのです。

追証なしのゼロカットが採用されているCryptoGT(クリプトGT)では日本の取引所のような取り立てシステムがないため、厳密に本人確認をする必要がありません。

CryptoGT(クリプトGT)で本人確認が必要になる条件

このように海外を拠点とするCryptoGT(クリプトGT)では、基本的に本人確認が不要になっています。

しかしCryptoGT(クリプトGT)では、一定の条件を満たすことで本人確認が必要になる場合もあるようです。

CryptoGT(クリプトGT)で本人確認が必要になるのは、以下のような条件を満たした時となります。

  • 一定額以上の高額出金を行う場合
  • 二段階認証の解除依頼を行う場合

またCryptoGT(クリプトGT)で本人確認を求められた場合に有効となる本人確認書類には、以下のような書類です。

  • 運転免許証やパスポートなどの公的機関が発行している顔写真付きの本人確認書類
  • 公共料金の領収書やクレジットカードの利用明細など、現住所のわかる書類

それでは、それぞれの具体的な内容をみていきましょう。

CryptoGT(クリプトGT)で本人確認が必要になるのは一定額以上の高額出金を行う場合

CryptoGT(クリプトGT)で本人確認が必要になる条件として、高額出金があります。

具体的には、以下のような条件での出金を行う場合に本人確認の提出が求められるでしょう。

  • 一回の出金が5BTC以上になる場合
  • 月間の出金が合計10BTC以上になる場合

CryptoGT(クリプトGT)で本人確認が必要になるのは二段階認証の解除依頼を行う場合

またCryptoGT(クリプトGT)では、一旦設定した二段階認証の解除手続きを行う場合にも本人確認書類の提出が求められます。

二段階認証の解除手続きの場合、本人確認書類とともに自撮りを行うセルフィーの画像が求められる場合もあるでしょう。

CryptoGT(クリプトGT)の二段階認証の設定方法

基本的に本人確認を行うことなくアカウント登録ができてしまうCryptoGT(クリプトGT)に、セキュリティ上の不安を感じるという人も少なくないようです。

CryptoGT(クリプトGT)のセキュリティ面に不安を感じている人であれば、二段階認証を自分で設定することで利用時の安全性を高めることができます。

それでは実際にCryptoGT(クリプトGT)の二段階認証の設定方法をみていきましょう。

手続きを行う前に、スマホアプリである「Google Authenticator」という二段階認証アプリをインストールしておいてください。

まずはCryptoGT(クリプトGT)公式からログインを行い、マイページを表示します。

マイページの左側に表示されるメニュー一覧の中から「プロフィール」をクリックし、さらに「設定」をクリックしていきましょう。

「設定」の画面に表示される「二段階認証」の項目の中にある「Google Authenticator」の項目のスライドボタンをオンにします。

「Google Authenticatorを有効にする」という画面と共にQRコードが表示されるので、スマホアプリの「Google Authenticator」を立ち上げてQRコードを読み込んで「次へ」をクリックします。

「Google Authenticator」のQRコード読み取りが完了したら、「Google Authenticator」に認証コードが表示されるので、認証コードをCryptoGT(クリプトGT)の画面に入力してください。

認証コードが照合されれば、CryptoGT(クリプトGT)の二段階認証の設定が完了となります。

CryptoGT(クリプトGT)の本人確認と二段階認証を分かりやすく解説まとめ

今回は、CryptoGT(クリプトGT)の本人確認と二段階認証を分かりやすく解説してきました。

CryptoGT(クリプトGT)では本人確認が基本的に不要ですが、高額出金や二段階認証の解除時には本人確認が必要になってきます。

また外部アプリである「Google Authenticator」を利用して二段階認証を設定し、利用上の安全性を高めることもできますので、是非試してみてくださいね。

-CryptoGT(クリプトGT)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.