ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

CryptoGT(クリプトGT)

CryptoGT(クリプトGT)の法人口座を分かりやすく解説

更新日:

【ボーナスが手厚いおすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【4位】Binance Futuresの詳細ページはこちらから

CryptoGT(クリプトGT)は法人口座を開設できるの?

法人口座の開設フォームはどこ?必要書類はなに?

あなたは今、このようにお考えですよね。

CryptoGT(クリプトGT)は最大500倍でレバレッジ取引できるため、大きな利益を手にできる方もいるでしょう。

トレードでコンスタントな儲けを手にできるようになってくると、節税効果を意識して法人口座の開設を検討する方も少なくありません。

CryptoGT(クリプトGT)の法人口座を分かりやすく解説

CryptoGT(クリプトGT)は法人口座の開設を認めているが専用開設フォームは実装していない

CryptoGT(クリプトGT)には法人口座専用の口座開設フォームは実装されていません。

よって誰にでも認められるような法人口座を開設できるとは断定できませんが、CryptoGT(クリプトGT)が法人口座の開設を禁止しているわけではないのです。

CryptoGT(クリプトGT)の公式サイトのヘルプには、「法人アカウントは開設できますか」の問いに、法人口座の開設の際には「名」に企業名、「姓」に株式会社や有限会社などの企業形態を記入する、という内容が明記されています。

このことから、CryptoGT(クリプトGT)は法人口座の開設を認めていると言えるでしょう。

ただしCryptoGT(クリプトGT)の個人口座を法人口座扱いに出来るのかどうかはグレーゾーンとなります。

個人口座を法人口座として扱えるのかどうかの判断は、税務署の判断などにもゆだねられることになりますので、まずは税理士に相談することをおすすめします。

CryptoGT(クリプトGT)の法人口座開設における必要書類

基本的にCryptoGT(クリプトGT)の法人口座開設では、個人口座と同じように必要書類の提出は必要ありません。

5000ドル以上の出金になるケースに限り、法人確認書類の提出が必要になります。

CryptoGT(クリプトGT)の法人口座開設においての必要書類は、以下の通り個人口座とは異なります。

  • 履歴事項全部証明書
  • 法人の現住所確認書類
  • 代表者の本人確認書類
  • 代表者の現住所確認書類

ただしCryptoGT(クリプトGT)の判断によって、例外的にセルフィ画像も添付しなければいけないケースもあります。

法人口座の必要書類は、個人口座よりも種類が増え、法人関連の確認書類が必要になります。

履歴事項全部証明書とは登記簿謄本をさし、法務局で取得しなければいけません。

法人の住所確認書類は、法人名義の公共料金等、法人の住所が記載されている必要があります。

代表者の本人確認書類とは、代表者個人のパスポート・運転免許証・マイナンバーカードなど、顔写真付きの個人を証明できるものになります。

住所確認書類は、代表者の住所が確認できる、クレジットカードや公共料金の明細書・領収書などをさします。

いずれの書類も、有効期限内か、発行より3か月内でなければいけません。

個人口座の必要書類よりも法人口座は多くの書類が必要になるため、CryptoGT(クリプトGT)で5000ドルを超える出金手続きを行う場合は、できるだけ早めに必要書類の準備を進めておきましょう。

CryptoGT(クリプトGT)で法人口座を開設する手順

CryptoGT(クリプトGT)で法人口座を開設する手順は、個人口座とかわりませんので、流れに沿ってみていきましょう。

まずはCryptoGT(クリプトGT)の公式サイトの画面右上から「個人口座の登録」に進みます。

CryptoGT(クリプトGT)は個人口座と法人口座の開設フォームは区別されていないため、個人口座の開設フォームから法人口座の開設を行います。

口座開設フォームに、氏名(法人名)・メールアドレス・パスワード・国・電話番号を記入して、利用規約とロボット認証の項目をチェックしたら「登録」を選択しましょう。

CryptoGT(クリプトGT)のヘルプでは、法人口座の開設について「名」に企業名、「姓」に企業形態を記入と記載していますが、現行の口座開設フォームでは名と姓のフォームは区別されていませんので氏名の項目に法人名を記入しましょう。

つづいて認証メールが登録メールアドレス宛に送られてくるため、案内にしたがって認証手続きを完了させてください。

メールによる認証を完了すると、CryptoGT(クリプトGT)の法人口座のアカウント登録を完了します。

つづいてCryptoGT(クリプトGT)に登録したメールアドレスとパスワードでログインし、MT5口座を開設していきましょう。

ダッシュボードの「MT5」から「口座開設」に進み、画面の流れに沿って口座の通貨とレバレッジを選択して、口座開設を完了します。

口座開設を完了すると、メールでCryptoGT(クリプトGT)からMT5口座のログイン情報が送られてきて完了です。

またダッシュボードのヘッダーにある「MT5口座」を選択すると、CryptoGT(クリプトGT)で開設した口座の一覧が表示され、こちらからも法人口座のログインIDやパスワードを確認できます。

あとはMT5をダウンロードして、口座開設で取得したログイン情報を記入することで、CryptoGT(クリプトGT)の法人口座でトレードを開始できます。

CryptoGT(クリプトGT)を法人口座扱いにするコツは外部からの入出金は法人扱いの口座からに統一しよう

CryptoGT(クリプトGT)で法人口座を開設してトレードする場合、税金区分や計算、確定申告なども法人扱いとして処理されます。

個人と法人では税制上のルールが異なるため、CryptoGT(クリプトGT)の入出金相手となる仮想通貨ウオレットも法人名義であったほうが、税務処理がスムーズに進められます。

CryptoGT(クリプトGT)は法人口座で、入出金相手のウオレットが個人口座の場合は、税務処理が複雑になってしまいます。

税務処理が複雑になるだけでなく、個人口座を法人口座として認めてもらうためにも、法人名義での入出金に統一する必要があると公言する専門家もいます。

最終的にCryptoGT(クリプトGT)の個人口座を法人口座扱いにするという判断は税務署の裁量にゆだねられており、法人口座同士の入出金は法人扱いにするためのひとつの条件として考えられています。

よって税務処理をシンプルにするだけでなく法人口座として認められるためにも、法人名義の口座同士で入手金を行いましょう。

CryptoGT(クリプトGT)の法人口座を分かりやすく解説まとめ

CryptoGT(クリプトGT)では法人口座の開設を認めていますが、実際に認められるのかという判断は、税務署の判断によって異なります。

法人口座を開設したい場合は、まず税理士などの専門家に相談することをおすすめします。

専門家はトレードや入出金実績がある口座から法人口座扱いにできるのかどうかを判断できると考えられます。

しかし少しでも高い可能性で法人口座扱いをかなえたい方は、どうすればCryptoGT(クリプトGT)を法人口座にできるのかを専門家に相談してから条件に沿った方法で利用するとよいのかもしれません。

-CryptoGT(クリプトGT)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.