ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

CryptoGT(クリプトGT)

CryptoGT(クリプトGT)の法人口座を分かりやすく解説

更新日:

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

CryptoGT(クリプトGT)で法人口座を開設したい。

法人口座の開設方法はどのようにすればいいの?

CryptoGT(クリプトGT)の法人口座は本当にメリットだけ?

あなたは今、このようにお考えですよね。

CryptoGT(クリプトGT)は最大レバレッジ500倍を誇る、海外仮想通貨FX取引所です。

それなりに利益獲得できるようになると、CryptoGT(クリプトGT)で法人口座の開設を考える方もいるのではないでしょうか。

CryptoGT(クリプトGT)の法人口座を分かりやすく解説

CryptoGT(クリプトGT)では法人口座を開設できます。

海外FXの中には、法人口座を開設できないブローカーが存在するものの、CryptoGT(クリプトGT)では可能です。

CryptoGT(クリプトGT)で法人口座を開設するメリットの多くは節税効果でしょう。

以下はCryptoGT(クリプトGT)法人口座の開設方法です。

  • 法人口座開設手順1.CryptoGT(クリプトGT)で新規法人口座を開設する
  • 法人口座開設手順2.CryptoGT(クリプトGT)の法人口座トレーディングアカウントを開設する

では流れに沿って法人口座を開設しましょう。

CryptoGT(クリプトGT)の法人口座の開設方法

CryptoGT(クリプトGT)の法人口座の開設方法は、個人口座とほぼ変わりません。

1.CryptoGT(クリプトGT)の口座開設新規登録フォームへアクセス

「新規登録」をクリックします。

2.CryptoGT(クリプトGT)の新規登録フォームを記入

CryptoGT(クリプトGT)の法人口座の開設方法フォームの記入方法は、以下の通りです。

法人口座の場合は、「名」に会社名、「姓」に企業形態を記入しましょう。

「国」「電話番号」「メールアドレス」「パスワード」を入力します。

パスワードは大文字・小文字・数字を各ひとつづつ使用し、6文字以上の文字列を設定しなければいけません。

CryptoGT(クリプトGT)の「利用規約に同意する」にチェックを入れ「続ける」ボタンをクリックしましょう。

3.登録メールアドレスでメール認証する

法人口座の登録メールアドレスに、CryptoGT(クリプトGT)から登録確認の認証メールが配信されます。

「リンクでのご確認」をクリックし、CryptoGT(クリプトGT)の法人口座開設が完了します。

リンクでのご確認ではなく、CryptoGT(クリプトGT)で求められたPINコードを入力しても、法人口座開設の認証ができます。

自分がやりやすい方法でCryptoGT(クリプトGT)の法人口座開設を完了させてください。

CryptoGT(クリプトGT)の法人口座のトレーディングアカウント開設方法

つづいてCryptoGT(クリプトGT)で法人口座のトレーディングアカウントを開設します。

1.CryptoGT(クリプトGT)のトレーディングアカウント開設フォームへアクセス

CryptoGT(クリプトGT)の「MT5」を選択します。

2.トレーディングアカウント開設フォームを記入する

CryptoGT(クリプトGT)の法人口座のトレーディングアカウントのレバレッジ倍率と通貨を選択します。

法人口座では、ひとつのトレーディングアカウントにつき、ひとつの通貨とレバレッジ倍率しか選択できません。

プラットフォームで「MT5 Live」を選択⇒トレーディングアカウントの通貨を選択⇒レバレッジを選択し「アカウントを開設する」をクリックしましょう。

登録メールアドレスにCryptoGT(クリプトGT)から法人口座のログインIDとパスワードが配信されます。

法人口座アカウントでMT5へログインする際に必要ですので、大切に保管しましょう。

CryptoGT(クリプトGT)の法人口座開設の注意点

CryptoGT(クリプトGT)の法人口座では、1つのアカウントにつき全通貨のトレーディングアカウントをひとつづつ開設できます。

ただしビットコインとリップル建ての口座に限り2口座を開設でき、ビットコインキャッシュ・イーサリアム・モネロ・ライトコインは1口座づつです。

よってCryptoGT(クリプトGT)の法人口座は、全8口座を開設できます。

CryptoGT(クリプトGT)では法人口座も個人口座も、口座開設数の上限は変わりません。

CryptoGT(クリプトGT)の法人口座のメリットは節税効果

CryptoGT(クリプトGT)で法人口座を開設する方の多くは、節税効果を期待する方ではないでしょうか。

法人口座は、法人税や法人住民税・地方法人税・法人事業税などが発生し、税率20%から30%程度になります。

一方、CryptoGT(クリプトGT)の個人口座の所得税や住民税は15%から55%と、利益を多く獲得できるようになるほど税金が高くなる累進課税方式を採用しています。

利益が少ない場合は、個人口座のほうが節税効果が高いですが、多くの利益獲得が可能になると法人口座のほうが税率が低くなり、CryptoGT(クリプトGT)での節税効果を得られます。

同時にCryptoGT(クリプトGT)で法人口座を開設すると、損失繰越が適用されるようになるのもメリットです。

海外FXであるCryptoGT(クリプトGT)の個人口座は、繰越損失が認められていません。

法人口座は例外的に最長9年の繰越損失が適用され、CryptoGT(クリプトGT)で発生した他年度の損失と相殺し、節税することができます。

その他にもCryptoGT(クリプトGT)で法人口座を開設すると、経費扱いできる幅が広がる、健康保険料が安くなるなどのメリットもあります。

ただしCryptoGT(クリプトGT)で法人口座を開設するときは慎重に

節税効果の恩恵にあやかれる法人口座ですが、CryptoGT(クリプトGT)の利益次第では思うような効果を得られない可能性があります。

CryptoGT(クリプトGT)の法人口座のための会社設立費と書類代として50万円ほどの初期費用が発生します。

毎年、年間7万円法人住民税、50万円近くの税理士費用もコンスタントに発生することを視野にいれなければいけません。。

CryptoGT(クリプトGT)の利益に対して、これだけの費用が発生することを心得て法人口座を開設する必要があるのです。

法人を設立しCryptoGT(クリプトGT)で口座を開設したものの、やっぱりコスト負担が大きいから法人を解体したいと思っても、莫大な手間がかかります。

そのようなことを考慮すると、法人口座の開設はコンスタントに年収1,000万円以上を得られるようになってからをおすすめします。

同時にCryptoGT(クリプトGT)の利益を自由に使いたいとお考えの方に、法人口座の開設はおすすめできません。

法人口座の利益を個人口座に移動した時点で、個人口座の課税対象額となり、法人口座の節税効力は消滅します。

CryptoGT(クリプトGT)の法人口座の利益はあくまでも事業でしか使用できないと考えておくべきでしょう。

安易な気持ちでCryptoGT(クリプトGT)で法人口座を開設することはおすすめできません。

CryptoGT(クリプトGT)の法人口座の本人確認書類

CryptoGT(クリプトGT)では本人確認書類不要で、法人口座を開設し入金やトレードを開始できます。

ただ出金時には、CryptoGT(クリプトGT)で本人確認書類が必要になります。

  • 履歴事項全部証明書:会社の謄本。法務局で取得可能。3ヶ月以内に発行されたもののみ有効
  • 代表者の身分証明書(カラー):パスポート・自動車運転免許証・マイナンバーカード・写真付き住民基本台帳カード
  • 代表者様の現住所確認書類(カラー):住民票・公共料金の請求書・電話料金の請求書・クレジットカードの請求書又は利用明細書・国民健康保険証(手書きの現住所は受理不可)。発行3ヶ月以内に限る

法人口座開設時には不要ですが、CryptoGT(クリプトGT)から出金する際には必要ですので覚えておきましょう。

CryptoGT(クリプトGT)の法人口座を分かりやすく解説まとめ

CryptoGT(クリプトGT)の法人口座は、簡単に開設できます。

個人口座の開設方法と同じですので、CryptoGT(クリプトGT)の流れに沿って進めてください。

簡単に開設でき、節税効果が期待できるCryptoGT(クリプトGT)の法人口座ですが、安易な気持ちで行うことはおすすめできません。

法人口座の利益は法人として消化することを心得ておきましょう。

同時にCryptoGT(クリプトGT)の法人口座時の法人設立費用がかかること、万が一法人解体の際には莫大な手間がかかることも考慮する必要があります。

CryptoGT(クリプトGT)で法人口座開設をご検討中の方は、ぜひ参考になさってください。

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

-CryptoGT(クリプトGT)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.