ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

CryptoGT(クリプトGT)

CryptoGT(クリプトGT)の両建てを分かりやすく解説

投稿日:

【おすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】CryptoGTの詳細ページ

【2位】FTXの詳細ページはこちらから

【3位】Binance Futuresの詳細ページはこちらから

【4位】Bybitの詳細ページはこちらから

海外の仮想通貨(暗号資産)取引所の中でも日本人トレーダーに人気のあるCryptoGT(クリプトGT)。

そんなCryptoGT(クリプトGT)でこれから両建てトレードにチャレンジしてみたいという人もいますよね。

しかし海外の仮想通貨(暗号資産)取引所の中には、両建てトレード自体を禁止しているところや、両建てが可能で合っても厳しい取引の規制があり両建てトレードがやりにくい取引所もあります。

そこで今回は、CryptoGT(クリプトGT)が両建てトレードのできる取引所なのかや、両建てトレードがしやすい取引所なのかについて詳しく調べてみました。

CryptoGT(クリプトGT)の両建てを分かりやすく解説

CryptoGT(クリプトGT)は両建てOKの仮想通貨(暗号資産)取引所

CryptoGT(クリプトGT)で両建てトレードを行うためには、まずはCryptoGT(クリプトGT)自体が両建てトレードを許可しているかどうかを確認する必要があります。

CryptoGT(クリプトGT)の公式サイトを確認してみたところ、以下のような両建てに関する情報が掲載されていました。

Q:両建ては可能ですか?

A:はい、両建て取引が可能となっております。❈ボラティリティの変動に伴って必要証拠金が変動し、強制ロスカットが発生する場合がございますため、ご留意くださいますようお願いいたします。

つまりCryptoGT(クリプトGT)では自由に両建てトレードが可能ということになりますね。

またryptoGT(クリプトGT)では複数口座を開設することもできますが、複数口座をまたいでの両建てトレードなども特に制約は設けられていません。

さらに中には複数の仮想通貨(暗号資産)取引所をまたいで両建てトレードをしたいという人もいると思いますが、業者間の両建てトレードについても特に制約は設けられていないようです。

よってCryptoGT(クリプトGT)では1つの口座内での両建てトレードはもちろんのこと、口座間、業者間のトレードについても規制なく自由にトレードできるようになっています。

ただし業者をまたぐ両建てトレードの場合には、もう1つのポジションを保有する業者で業者間の両建てトレードを禁止している場合もあるでしょう。

CryptoGT(クリプトGT)を使って業者間の両建てトレードを行う場合には、事前に業者間の両建てトレードを許可している取引所かどうかを確認してください。

CryptoGT(クリプトGT)の両建てトレードのやり方

それでは実際にCryptoGT(クリプトGT)で両建てトレードを行う方法について解説していきます。

CryptoGT(クリプトGT)では売りと買いのポジションを全く同じタイミングで注文を出すことはできなくなっていますので、できるだけ近いタイミングで順番に売りと買いの注文を出していくことになるでしょう。

CryptoGT(クリプトGT)の両建てトレードでは、基本的に成行注文を使っていくことになりますが、成行注文のやり方にも2通りのやり方があります。

CryptoGT(クリプトGT)の両建てトレードのやり方 ワンクリック取引を利用する方法

まずはCryptoGT(クリプトGT)の両建てトレードのやり方で最もスピーディーに、かつシンプルに両建てポジションが保有できるワンクリック取引のやり方です。

CryptoGT(クリプトGT)のトレーディングプラットフォームであるMT5を立ち上げると、チャート右上に「Sell」「Buy」と書かれた注文ボタンが表示されています。

これがCryptoGT(クリプトGT)のワンクリック取引ボタンです。

またCryptoGT(クリプトGT)のチャートを開いた際に、右上に上のようなワンクリック取引のボタンが表示されていないという人は、以下の手順でワンクリック取引ボタンを表示させましょう。

  • CryptoGT(クリプトGT)のMT5を立ち上げ、両建てする通貨ペアのチャートを表示させる
  • チャート上で右クリック(Macの場合はチャート上でダブルクリック)
  • メニューが表示されたら、その中の「ワンクリックトレーディング(k)」を選択する
  • チャート右上にワンクリック取引ボタンが表示される

ワンクリック取引ボタンが表示されたら、実際の注文方法をみていきましょう。

  • ワンクリック取引ボタンの真ん中に表示されている数字の部分に取引数量を入力(またわ両脇にあるボタンで価格設定する)
  • 売りの場合には「Sell」買いの場合には「Buy」をクリックする
  • 「SELL」「BUY」の下に表示されているレート価格で注文が成立する
  • 先ほど入れたポジションと反対のポジションの注文を同じ手順で入れる

CryptoGT(クリプトGT)の両建てトレードのやり方 成行注文画面を利用する方法

CryptoGT(クリプトGT)の両建てトレードの注文方法の中で、両建てトレードに利用できるもう1つの注文方法が成行注文画面を利用する方法です。

まずはCryptoGT(クリプトGT)のMT5を開き、ログインしていきましょう。

MT5のメイン画面が開いたら、画面丈夫にある「新規注文」アイコンをクリックすると、注文画面が表示されます。

または左側に表示されている気配値一覧からも、注文画面を表示させることが可能です。

気配値一覧の中から取引をしたい銘柄のところで右クリック(Macはダブルクリック)し、表示されるメニューの中から「新規注文」をクリックすると注文画面が表示されます。

CryptoGT(クリプトGT)の成行注文画面が表示されたら、以下の手順で両建て注文を行なってください。

  • 銘柄:取引する銘柄を選択(BTCJPYなど)
  • タイプ:「カウントダウン注文」を選択
  • 数量:注文数量を入力
  • 売りの場合には「成行売り」買いの場合には「成行買い」をクリックして1つめの注文を完了させる
  • 続いて同じ手順で逆のポジションの注文を入れる

CryptoGT(クリプトGT)の両建てトレードはスプレッドやロスカットに注意

ここまでCryptoGT(クリプトGT)の両建てトレードの注文方法について解説してきました。

注文画面の操作方法さえ覚えてしまえば、誰でも気軽に両建てトレードができるCryptoGT(クリプトGT)ですが、スプレッドやロスカットに注意しなければなりません。

スプレッドとは、同じタイミングでの同通貨の売値と買値の差額です。

この差額は純粋なコストとして発生するので、両建てトレードを行う際にもスプレッドを考慮して決済を行わないと、手数料負けを起こす可能性があります。

またレートの激しい動きなどにより、損切りが間に合わず両建てトレードでも強制ロスカットなどが発生する場合もあるようです。

両建てトレードを行なっているからと安心せずに、ポジション保有中はしっかりレートの動きを確認していきましょう。

 

CryptoGT(クリプトGT)の両建てを分かりやすく解説まとめ

今回は、CryptoGT(クリプトGT)が両建てトレードのできる取引所なのかや、両建てトレードがしやすい取引所なのかについて詳しく調べてみました。

CryptoGT(クリプトGT)は両建てトレードOKの仮想通貨(暗号資産)取引所となっています。

まずは比較的簡単なワンクリック取引を使って少量から両建てトレードを試してみてくださいね。

-CryptoGT(クリプトGT)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.