ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

CryptoGT(クリプトGT)

CrytpoGT(クリプトGT)のレバレッジ取引を分かりやすく解説

更新日:

【ボーナスが手厚いおすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【4位】Binance Futuresの詳細ページはこちらから

CrytpoGT(クリプトGT)のレバレッジ取引とはどのようなもの?

レバレッジ取引のメリットとデメリットを知りたい。

CrytpoGT(クリプトGT)のレバレッジ取引の倍率はどのくらいなの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

CrytpoGT(クリプトGT)は60種類にものぼる仮想通貨ペアを最大500倍でレバレッジ取引できる、キプロスを拠点とした海外の仮想通貨FX取引所です。

CrytpoGT(クリプトGT)のレバレッジ取引を分かりやすく解説

CrytpoGT(クリプトGT)はレバレッジ取引に特化した取引所であり、他社で取扱のない仮想通貨ペアを低コストで、ロスカット水準は証拠金維持率100%という条件のもとトレードできます。

ボーナスキャンペーンも頻繁に開催しており、最大500倍のレバレッジ取引で証拠金として充当できるほか、トレーディングプラットフォームにMT5を採用、EAなどの自動売買トレードにも対応しています。

入金や出金は18種類の通貨を選択でき、日本語サポートも充実していることから、CrytpoGT(クリプトGT)は日本人ユーザーのレバレッジ取引に適していると言えるでしょう。

CrytpoGT(クリプトGT)のレバレッジ取引とは?

CrytpoGT(クリプトGT)のレバレッジ取引とは、証拠金を担保にレバレッジをかけて、元手資金以上の金額で効率よくトレードする方法をさします。

たとえばCrytpoGT(クリプトGT)で1万円の証拠金に500倍をかけると、500万円の金額で売買できます。

レバレッジ取引で勝つと利益は大きくなり、負けると損失も大きくなるというトレード方法です。

一方現物取引は、仮想通貨をそのままの価格で売買する方法で、レバレッジ取引と現物取引の大きな違いと言えるでしょう。

もうひとつレバレッジ取引と現物取引の違いは、レバレッジ取引では保有していない仮想通貨を先に売るとう注文ができることです。

売り注文からはじめることを空売りやショートと呼び、売ってから値下がりしたタイミングで買い戻すことで利益を狙うことができます。

一方現物取引は、元手資金の範囲内で買った仮想通貨を保有している状態でなければ売ることはできません。

現物取引と比較するとレバレッジ取引は、資金やトレードのタイミングにおける自由度が高いトレード方法と言えるでしょう。

CrytpoGT(クリプトGT)のレバレッジ取引のメリット

CrytpoGT(クリプトGT)のレバレッジ取引のメリットは、以下の通りです。

  • 少ない資金ではじめられる
  • 大きな利益が期待できる
  • どのタイミングでも利益を狙える
  • 追証なしでトレードできる
  • 借金リスクがない

以下は、1BTC=500万円のタイミングで、国内取引所の2倍とCrytpoGT(クリプトGT)の500倍で、それぞれレバレッジ取引したときの必要証拠金です。

CrytpoGT(クリプトGT)の500倍のレバレッジ取引は、少ない資金で大きな金額の取引ができます。

  • レバレッジ2倍:500万×1÷2倍=250万円
  • レバレッジ500倍:500万×1÷500倍=1万円

大きな金額で取引できるレバレッジ取引は、大きな利益が期待できます。

たとえば1BTC=500万円のビットコインが501万に値上がりしたとして、現物取引では1万円の利益になるところ、2倍のレバレッジ取引では2万円の利益になります。

一方、CrytpoGT(クリプトGT)の倍率は最大500倍ですので、レバレッジ取引では500万円の利益が見込める計算になり、小さな資金で大きな利益が期待できることがメリットでしょう。

現物取引では買い注文からスタートするため上昇相場を狙う必要がありますが、レバレッジ取引は売り注文からでもはじめられるため、上昇相場に加えて下落相場でも利益が狙うことができます。

すなわちレバレッジ取引専門の仮想通貨取引所であるCrytpoGT(クリプトGT)では、どのタイミングでも利益を狙うことができるでしょう。

海外取引所のCrytpoGT(クリプトGT)は、国内取引所のような追証はなく、借金を背負うこともありません。

たとえ莫大な損失が発生してもCrytpoGT(クリプトGT)ではゼロカットシステムを採用しているため、借金を返済しなくてもよいのは大きなメリットだと言えます。

CrytpoGT(クリプトGT)のレバレッジ取引のデメリット

CrytpoGT(クリプトGT)のレバレッジ取引におけるデメリットは、スプレッドやスワップポイントなどの手数料負担が増えることです。

スプレッドは、取引数量に応じて負担が大きくなりますが、レバレッジ取引は取引数量を増やすことにつながるため、コスト負担が大きくなるでしょう。

もうひとつ、レバレッジ取引の手数料としてスワップポイントがあり、CrytpoGT(クリプトGT)では1日6回、きまった時間に発生します。

このためCrytpoGT(クリプトGT)のレバレッジ取引は長期トレードに不向きと言えるでしょう。

CrytpoGT(クリプトGT)のレバレッジ取引の倍率について

CryptoGT(クリプトGT)のレバレッジ取引の倍率は、MT5の口座開設時に初期設定します。

ただし常に最大倍率でレバレッジ取引できるわけではなく、仮想通貨ペアの種類と、取引数量に応じて倍率が変わることに注意が必要です。

CrytpoGT(クリプトGT)のレバレッジ取引の倍率は仮想通貨ペアと取引数量によって変化する

CryptoGT(クリプトGT)のレバレッジ取引の倍率は最大500倍ですが、仮想通貨ペアによっては最大200倍までの倍率までしか適用されない銘柄も存在します。

最大200倍までしか設定できない仮想通貨ペアにおいては、MT5口座開設の最大レバレッジも200倍までしか設定できません。

たとえ500倍を設定できる仮想通貨ペアであったとしても、発注する通貨数量によって、その都度レバレッジ取引の倍率が変化することにも注目です。

BTC・XRP・DSH・LTC・BCH・ETH・EOS・XMR・MBTのレバレッジ倍率

  • ステージ1:10,000ドル通貨以下   :500倍:0.2%
  • ステージ2:10,000から20,000通貨  :200倍:0.5%
  • ステージ3:20,000から60,000通貨  :100倍: 1%
  • ステージ4:60,000から80,000通貨  : 50倍: 2%
  • ステージ5:80,000から1,000,000通貨: 20倍: 5%

ADA・BNB・BSV・TRXのレバレッジ倍率

  • ステージ1:10,000ドル通貨以下  :500倍:0.2%
  • ステージ2:10,000から20,000通貨 :200倍:0.5%
  • ステージ3:20,000から60,000通貨 :100倍: 1%
  • ステージ4:60,000から80,000通貨 : 50倍: 2%
  • ステージ5:80,000から300,000通貨: 20倍: 5%

CyptoGT(クリプトGT)のレバレッジ取引は、仮想通貨FXだけでなく、為替FX・CFDでもトレードでき、通貨ペアや取引数量に応じてレバレッジ倍率が変動します。

CrytpoGT(クリプトGT)のレバレッジ取引の倍率の変更方法

CryptoGT(クリプトGT)のレバレッジ取引の倍率は、口座開設時に設定しますが、後から変更することもできます。

レバレッジ倍率の変更方法は、CryptoGT(クリプトGT)のサポートデスクへ以下のメールを送信しましょう。

  • 送信先:jpsupport@cryptogt.com
  • 件名:レバレッジ変更依頼
  • 本文:トレーディング口座ID:  希望レバレッジ倍数:

CrytpoGT(クリプトGT)のレバレッジ倍率は、5倍・10倍・20倍・50倍・100倍・200倍・500倍から変更可能です。

ただしCrytpoGT(クリプトGT)でポジションを建てている場合は、レバレッジを変更できません。

ポジションを決済したのち、CrytpoGT(クリプトGT)へレバレッジ変更依頼メールを送信してください。

CrytpoGT(クリプトGT)のレバレッジ取引を分かりやすく解説まとめ

CrytpoGT(クリプトGT)のレバレッジ取引は、最大500倍でトレードでき、小さな資金で大きな利益を狙うことができます。

ただしレバレッジ取引ではコスト負担がかさむことに注意しましょう。

CrytpoGT(クリプトGT)では銘柄と取引数量に応じてレバレッジ取引の倍率が変化することにも注意してください。

-CryptoGT(クリプトGT)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.