ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

CryptoGT(クリプトGT)

CryptoGT(クリプトGT)のスワップポイント一覧・計算方法・時間を分かりやすく解説

投稿日:

【おすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】CryptoGTの詳細ページ

【2位】FTXの詳細ページはこちらから

【3位】Binance Futuresの詳細ページはこちらから

【4位】Bybitの詳細ページはこちらから

海外の仮想通貨(暗号資産)取引所の中でも日本人の利用者も多いCryptoGT(クリプトGT)。

そんなCryptoGT(クリプトGT)でこれから取引を始めたいという人の中には、CryptoGT(クリプトGT)のスワップポイントの条件などが気になるという人もいるのではないでしょうか。

通貨ペア同士の金利差として一定時間をまたいでポジションを保有すると発生するスワップポイントも、仮想通貨(暗号資産)ではどれくらいかかるのか気になるところですよね。

そこで今回は、CryptoGT(クリプトGT)のスワップポイント一覧・計算方法・時間を分かりやすく解説していきます。

CryptoGT(クリプトGT)のスワップポイント一覧・計算方法・時間を分かりやすく解説

CryptoGT(クリプトGT)のスワップポイント一覧

CryptoGT(クリプトGT)のスワップポイントは、それぞれトレードしている主軸通貨によっても割合が異なります。

またCryptoGT(クリプトGT)のスワップポイントは、基本的に変動型になっているため取引量やタイミングによっても発生するスワップポイントは異なるようです。

ここでは、主軸通貨別にCryptoGT(クリプトGT)の平均スワップレートをまずは見ていきましょう。

  • 主軸通貨BTC...平均SELLスワップレート-0.0085%・平均BUYスワップレート-0.0100%
  • 主軸通貨BCH...平均SELLスワップレート-0.0105%・平均BUYスワップレート-0.0100%
  • 主軸通貨XRP...平均SELLスワップレート-0.0100%・平均BUYスワップレート-0.0115%
  • 通貨DSH...平均SELLスワップレート-0.0105%・平均BUYスワップレート-0.0110%
  • 主軸通貨ETH...平均SELLスワップレート-0.0111%・平均BUYスワップレート-0.0101%
  • 主軸通貨LTC...平均SELLスワップレート-0.0100%・平均BUYスワップレート-0.0105%
  • 主軸通貨ADA...平均SELLスワップレート-0.0126%・平均BUYスワップレート-0.0114%
  • 主軸通貨EOS...平均SELLスワップレート-0.0107%・平均BUYスワップレート-0.0117%
  • 主軸通貨BNB...平均SELLスワップレート-0.0163%・平均BUYスワップレート-0.0186%
  • 主軸通貨BSV...平均SELLスワップレート-0.0109%・平均BUYスワップレート-0.0112%
  • 主軸通貨TRX...平均SELLスワップレート-0.0155%・平均BUYスワップレート-0.0148%
  • 主軸通貨XMR...平均SELLスワップレート-0.0166%・平均BUYスワップレート-0.0158%
  • 主軸通貨XLM...平均SELLスワップレート-0.0141%・平均BUYスワップレート-0.0141%
  • 主軸通貨XTZ...平均SELLスワップレート-0.0143%・平均BUYスワップレート-0.0143%
  • 主軸通貨MBT...平均SELLスワップレート-0.01%・平均BUYスワップレート-0.01%
  • 主軸通貨IOT...平均SELLスワップレート-0.014%・平均BUYスワップレート-0.014%

このように、どの主軸通貨を見ても基本的にCryptoGT(クリプトGT)の平均スワップレートはマイナスです。

プラス表記の場合にはスワップポイントが付与されることもありますが、マイナス表記の場合にはスワップポイントを支払うことを意味しています。

ただしCryptoGT(クリプトGT)のスワップレートは変動していますので、プラスの場合にはスワップポイント分が付与されることもあるでしょう。

CryptoGT(クリプトGT)のスワップポイントの時間

CryptoGT(クリプトGT)のスワップポイントは、1日6回発生するタイミングがあります。

通常のフィアット通貨の為替FXの場合、スワップポイントが発生するタイミングは1日1回ですので、CryptoGT(クリプトGT)のスワップポイントの回数はかなり多いことがわかるでしょう。

しかし仮想通貨(暗号資産)取引の場合、1日に複数回のスワップが発生するという取引所も多いものです。

CryptoGT(クリプトGT)のスワップポイントの発生時間は、以下のようになっています。

サーバータイム(GMT+3)の3:00・7:00・11:00・15:00・19:00・23:00

上記の時間帯をまたいでポジションを保有することで、スワップポイントが発生するという条件です。

4時間に1回はスワップポイントが発生するタイミングがあるということになりますので、スワップポイントのコストをできるだけ抑えたいという人は、スワップポイントが発生する時間帯に注意しながら注文と決済を行っていく必要があるでしょう。

CryptoGT(クリプトGT)のスワップポイントの計算方法

CryptoGT(クリプトGT)のスワップレートが参照できたところで、レートをもとに実際にスワップポイントがいくら発生するのか計算方法をみていきましょう。

ここではBTCの平均スワップレートをもとに具体的なスワップポイントを計算していきます。

主軸通貨BTC...平均SELLスワップレート-0.0085%・平均BUYスワップレート-0.0100%

主軸通貨BTCの売りスワップレートは-0.0085%ですので、1日6回スワップが発生しますので、まずは「-0.0085%×6回=‐0.051%」となり1日のスワップレートは‐0.051%ということになるでしょう。

また買いのスワップレートは-0.01%ですので「-0.01%%×6回=-0.06%」となり1日のスワップレートは1日-0.06%ということになります。

つまり100万円分のBTCの売りポジションを24時間保有すれば、1日に「100万円×0.051%=510」で510円のスワップポイントが手数料として発生するでしょう。

そして100万円分のBTCの買いポジションを24時間保有すれば、1日に「100万円×0.06%=600」で600円のスワップポイントが手数料として発生することになります。

CryptoGT(クリプトGT)のスワップポイント一覧・計算方法・時間を分かりやすく解説まとめ

今回は、CryptoGT(クリプトGT)のスワップポイント一覧・計算方法・時間を分かりやすく解説してきました。

CryptoGT(クリプトGT)のスワップレートは変動方式が採用されていますが、平均のスワップレートが主軸通貨ごとに公表されていますので参考にしてみるとよいでしょう。

またCryptoGT(クリプトGT)のスワップポイントは1日に6回発生するという特徴があり、通常の為替FXに比べるとかなり多くなっています。

ポジションを長時間保有するという人は、事前にスワップレートもしっかりチェックしながらコスト計算を行っていくのがよいでしょう。

-CryptoGT(クリプトGT)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.