ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

CryptoGT(クリプトGT)

CryptoGT(クリプトGT)の通貨ペア・銘柄一覧を分かりやすく解説

投稿日:

【おすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】CryptoGTの詳細ページ

【2位】FTXの詳細ページはこちらから

【3位】Binance Futuresの詳細ページはこちらから

【4位】Bybitの詳細ページはこちらから

海外の仮想通貨(暗号資産)取引所であるCryptoGT(クリプトGT)で、仮想通貨(暗号資産)のトレードを始めてみたいという人もいるでしょう。

特にアルトコインや特定のトークンでの取引がしたいという人は、CryptoGT(クリプトGT)の通貨ペア・銘柄がどのようなラインナップなのか詳しく知りたいという人も多いようです。

そこで今回は、CryptoGT(クリプトGT)の通貨ペア・銘柄一覧を分かりやすく解説していきます。

CryptoGT(クリプトGT)の通貨ペア・銘柄一覧を分かりやすく解説

CryptoGT(クリプトGT)の通貨ペア・銘柄一覧は64種類!仮想通貨(暗号資産ペア)は54種類!

CryptoGT(クリプトGT)で取り扱っている通貨ペアや銘柄は、他の取引所と比べてもかなり豊富なラインナップになっているといわれているようです。

実際にCryptoGT(クリプトGT)の通貨ペア・銘柄がどれくらいあるのかを調べたところ、仮想通貨(暗号資産)同士の通貨ペアのみで54種類、法定通貨やCFDのペアも含めると64種類が揃っていました。

具体的なCryptoGT(クリプトGT)の通貨ペア・銘柄一覧は以下の通りです。

米ドル(USD)建ての通貨ペア

ビットコイン(BTC)・イーサリアム(ETH)・ビットコインキャッシュ(BCH)・リップル(XRP)・ライトコイン(LTC)・ダッシュ(DASH)・モネロ(XMR)・カルダノ(ADA)・BNBトークン(BNB)・ユーロ(EUR)・豪ドル(AYD)・英ポンド(GBP)・ゴールド(XAU)

日本円(JPTY)建ての通貨ペア

ビットコイン(BTC)・イーサリアム(ETH)・ビットコインキャッシュ(BCH)・リップル(XRP)・ライトコイン(LTC)・ダッシュ(DASH)・モネロ(XMR)・カルダノ(ADA)・BNBトークン(BNB)・ユーロ(EUR)・豪ドル(AUD)・英ポンド(GBP)・米ドル(USD)

ビットコイン(BTC)建ての通貨ペア

イーサリアム(ETH)・ビットコインキャッシュ(BCH)・リップル(XRP)・ライトコイン(LTC)・ダッシュ(DASH)・モネロ(XMR)・カルダノ(ADA)・BNBトークン(BNB)

イーサリアム(ETH)建ての通貨ペア

ビットコインキャッシュ(BCH)・リップル(XRP)・ダッシュ(DASH)・モネロ(XMR)

リップル(XRP)建ての通貨ペア

イーサリアム(ETH)・ビットコインキャッシュ(BCH)・ライトコイン(LTC)・ダッシュ(DASH)・モネロ(XMR)・カルダノ(ADA)・BNBトークン(BNB)

ライトコイン(LTC)建ての通貨ペア

イーサリアム(ETH)・ビットコインキャッシュ(BCH)・ダッシュ(DASH)

その他のフィアット通貨同士の通貨ペア

米ドル/カナダドル(USD/CAD)・ユーロ/英ポンド(EUR/GBP)

CryptoGT(クリプトGT)の通貨ペア・銘柄一覧のレバレッジ最大値と最小・最大ロット数

CryptoGT(クリプトGT)には仮想通貨(暗号資産)だけで54種類、法定通貨やCFD通貨ペアなどの銘柄も含めると全部で64種類の銘柄を取り扱っています。

そして現在はその全ての通貨ペア・銘柄において一律最大で500倍のレバレッジ取引が可能です。

日本国内の仮想通貨(暗号資産)取引所やFXブローカーの場合、最大でも4倍〜25倍程度にレバレッジの最大値が留められていますので、かなり大きなレバレッジをかけて取引ができることがわかります。

ただし、取引ロット数の最大値・最小値に関しては、取引を行う通貨ペアや銘柄によっても変わるようです。

たとえばビットコイン/米ドル(BTC/USD)の通貨ペアの場合には、最小ロットが0.01Lotで最大ロットが50Lotに設定されています。

一方同じ仮想通貨(暗号資産)であるビットコイン/米ドル(BCH/USD)の通貨ペアの場合には、最小ロットが0.6Lot、最大ロットが40Lotです。

最小ロット・最大ロット数は、通貨ペアによってもかなり設定が異なりますので、CryptoGT(クリプトGT)の公式サイトに掲載されている最小ロット数・最大ロット数を事前に確認しておくのがよいでしょう。

CryptoGT(クリプトGT)の通貨ペア・銘柄一覧は64種類だが入出金が行えるのは8種類

CryptoGT(クリプトGT)では、取引自体は法定通貨(フィアット通貨)・仮想通貨(暗号資産)を含む前64種類の通貨ペア・銘柄一覧が用意されています。

ただし豊富な通貨ペア・銘柄を取り扱うCryptoGT(クリプトGT)でも、法定通貨(フィアット通貨)での入出金には対応していません。

つまり「日本円」「米ドル」「ユーロ」「カナダドル」「ポンド」などでの取引は可能ですが、このような為替通貨での入出金はできないのです。

CryptoGT(クリプトGT)で入出金ができる通貨は仮想通貨(暗号資産)に限られており、銘柄も以下のものに限定されています。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ダッシュ(DASH)
  • モネロ(XMR)
  • カルダノ(ADA)

そのため基本的には、国内や海外の他の仮想通貨(暗号資産)取引所または外部ウォレットを利用して日本円などの法定通貨に交換する必要があるようです。

ただし一部の以下のような仮想通貨(暗号資産)は、クレジットカードを利用してダイレクトに仮想通貨(暗号資産)の購入ができるようになっています。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)

よって上記の通貨であれば日本国内の仮想通貨(暗号資産)取引所にて一旦日本円を入金し、仮想通貨(暗号資産)と交換した上でCryptoGT(クリプトGT)へ仮想通貨(暗号資産)を送金という手間を省くことが可能です。

CryptoGT(クリプトGT)の通貨ペア・銘柄一覧を分かりやすく解説まとめ

今回は、CryptoGT(クリプトGT)の通貨ペア・銘柄一覧を分かりやすく解説してきました。

CryptoGT(クリプトGT)の通貨ペア・銘柄一覧では2021年現在で仮想通貨(暗号資産)・フィアット通貨(法定通貨)・CFD商品を含む64種類が取り扱われています。

ただしコイン銘柄によってロット数などの取引条件が異なる場合がありますので、取引したい通貨ペアや銘柄の条件を事前にしっかり確認してから取引を行なっていきましょう。

-CryptoGT(クリプトGT)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.