ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

CryptoGT(クリプトGT)

CryptoGT(クリプトGT)のスキャルピングを分かりやすく解説

投稿日:

【ボーナスが手厚いおすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】おすすめ1位の取引所(LINE公式で確認)

【2位】CryptoGTの詳細ページはこちらから

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【4位】Binanceの詳細ページはこちらから

ビットコインを始め、最近価格の高騰が続いている仮想通貨(暗号資産)。

そんな仮想通貨(暗号資産)取引を、海外の仮想通貨(暗号資産)取引所であるCryptoGT(クリプトGT)で始めてみたいと考えている人もいるでしょう。

中でも、仮想通貨(暗号資産)のスキャルピングトレードをやってみたいという人で、CryptoGT(クリプトGT)に興味を持っている人も多いはずです。

そこで今回は、CryptoGT(クリプトGT)のスキャルピングを分かりやすく解説していきます。

CryptoGT(クリプトGT)のスキャルピングを分かりやすく解説

CryptoGT(クリプトGT)はスキャルピングトレードOKの仮想通貨(暗号資産)取引所

そもそもスキャルピングとは、数分〜数十分などの短期間の間に注文と決済を繰り返すトレード手法のことです。

超短期トレードともいわれており、1回に取得できる利益はデイトレードなどに比べて少なめですが、トレードを積み重ねることで大きな利益を狙うことができます。

基本的にはフィアット通貨のFXトレード手法として有名ですが、仮想通貨(暗号資産)においてもスキャルピングトレードを行うことは可能です。

スッキャルピングトレードは売り買いを1日に何度も繰り返す手法のため、取引所のサーバーに負荷がかかりやすく、スキャルピング自体を禁止している取引所も少なくありません。

しかしCryptoGT(クリプトGT)に関しては、公式サイトなどで特にスキャルピング禁止という記載はないようです。

よって、CryptoGT(クリプトGT)は自由にスキャルピングトレードが楽しめる仮想通貨(暗号資産)取引所であるといえるでしょう。

CryptoGT(クリプトGT)はスキャルピングトレード向きの取引所なのか約定率から検証

スキャルピングトレードがOKとされているCryptoGT(クリプトGT)。

しかし「スキャルピングOK」としている仮想通貨(暗号資産)取引所でも、実際にトレードしてみると実はスキャルピングに不向きだったというパターンもあるものです。

特にCryptoGT(クリプトGT)などの仮想通貨(暗号資産)取引所がスキャルピング向きかどうかを見定めるポイントの1つが約定率の高さでしょう。

約定率とは出した注文の通りやすさを図る割合であり、約定率が低いと注文が通りにくい・注文が滑りやすいということになります。

特にスキャルピングは手法の特徴として、一日に何度も注文と決済を繰り返すことになるため、約定率の高さは欠かすことのできない取引所選びのポイントになるでしょう。

そしてCryptoGT(クリプトGT)の約定率に関してですが、口コミをみているとCryptoGT(クリプトGT)の約定率は他社に比べて高めだという評判が多くなっていました。

注文が滑りにくいということは、自分の決めたタイミングでのエントリーや決済がしやすいので、スキャルピング向きの取引所だといえるでしょう。

CryptoGT(クリプトGT)はスキャルピングトレード向きの取引所なのかスプレッドや手数料から検証

仮想通貨(暗号資産)取引所でスキャルピングを行う上で約定率と同様に重要になってくるのが、トレード時のコスト面です。

CryptoGT(クリプトGT)では取引手数料は発生しませんが、スプレッドが実質のコストとして存在します。

スプレッドとは、同じタイミングの同じ通貨ペアでの売値と買値の差額のことです。

2018年くらいまでのCryptoGT(クリプトGT)では、スプレッドもそれほど広くないといわれており、コスト面からしてもCryptoGT(クリプトGT)はスキャルピングに向いていると言われていました。

しかし現在CryptoGT(クリプトGT)は比較的スプレッドが広がっているというクチコミも多くなっており、以前よりスキャルピングでコストがかかってしまうような場面が増えているようです。

ただし、CryptoGT(クリプトGT)のスプレッドは変動方式が採用されていますので、売値と買値の差額は広がったり狭まったりと常に変動しています。

そのためCryptoGT(クリプトGT)でスキャルピングをするタイミングによっては、スプレッドが狭く取引しやすいタイミングも見つけることができそうです。

CryptoGT(クリプトGT)はスキャルピングトレード向きの取引所なのか使用しているトレーディングプラットフォームから検証

仮想通貨(暗号資産)取引所でスキャルピングを行うのであれば、その取引所で利用できるトレーディングシステムもスキャルピングを行う上での重要なポイントになってきます。

CryptoGT(クリプトGT)では独自のトレーディングシステムがないため、共通のトレーディングプラットフォームであるMT5が導入されているのです。

MT5はMT4と並ぶ、多くのブローカーで採用されているトレーディングプラットフォームでありチャートの時間足が豊富なことなどが大きな特徴となっています。

特に分足が「1分足・2分足・3分足・4分足・5分足・6分足・10分足・12分足・15分足・20分足・30分足」と11種類も選択可能です。

MT4の分足が4種類しかないことを考えると、CryptoGT(クリプトGT)で採用されているMT5はスキャルピングトレード向きのトレーディングプラットフォームだといえるでしょう。

ただしMT4に比べるとインジケーターの種類などは少なくなっていますので、マイナーなインジケーターを利用している人は、外部からのインストールが必要になる可能性があります。

CryptoGT(クリプトGT)のスキャルピングを分かりやすく解説まとめ

今回は、CryptoGT(クリプトGT)のスキャルピングができるのかや、スキャルピングに向いている仮想通貨(暗号資産)取引所なのかについて詳しく解説していきました。

CryptoGT(クリプトGT)ではスキャルピングが禁止されておらず、自由にスキャルピングトレードを楽しむことができるようになっています。

約定率も高く注文も通りやすくなっていますが、スプレッドに関しては不安定な様子も伺えますので、スキャルピングを行うときには直前に必ずスプレッドを確認しておきましょう。

-CryptoGT(クリプトGT)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.