ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

CryptoGT(クリプトGT)

CryptoGT(クリプトGT)のスキャルピングを分かりやすく解説

更新日:

【ボーナスが手厚いおすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【4位】Binance Futuresの詳細ページはこちらから

CryptoGT(クリプトGT)はスキャルピングトレードが禁止されているの?

もしスキャルピングが認められているのなら、CryptoGT(クリプトGT)はスキャルピングに適しているのかを知りたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

CryptoGT(クリプトGT)の短期相場を狙い、スキャルピングを始めたいとお考えの方に向けて解説していきます。

CryptoGT(クリプトGT)のスキャルピングを分かりやすく解説

CryptoGT(クリプトGT)は公式的にスキャルピングを禁止するという記載がないため、認められていると考えてよいでしょう。

スキャルピングとは、数秒から数分という短期間で注文と決済を繰り返し行う、超短期の相場で利益を狙うトレード手法です。

1回のトレードでは1pips程度の小さな利益を狙いますが、トレード回数を繰り返し、小さな利益を積み上げていくことで大きな利益を獲得できます。

スキャルピングでは注文を繰り返すため、取引所のサーバーに負担をかけてしまうことから、スキャルピングを禁止する取引所も少なくありません。

利用規約等にスキャルピングを禁止するという記述はないため、CryptoGT(クリプトGT)はスキャルピングに対応していると考えてよいでしょう。

ではCryptoGT(クリプトGT)はスキャルピングに適した取引所なのでしょうか。

CryptoGT(クリプトGT)はスキャルピングに適しているかトレーディングプラットフォームから検証

CryptoGT(クリプトGT)はスキャルピングに適しているのかを判断するために、まずはトレーディングプラットフォームについて検証していきましょう。

取引所独自のトレーディングプラットフォームではなく、CryptoGT(クリプトGT)では世界中の投資家が愛用するMT5を公式採用しています。

MT5の先代版としていまだ人気の高いMT4がありますが、MT5版のチャートの時間足はMT5と比較すると多くの種類から選択できます。

分足だけをピックアップすると、MT5は1分足・2分足・3分足・4分足・5分足・6分足・10分足・12分足・15分足・20分足・30分足と、充実しています。

一方MT4はたった4種類だけしか取り扱っていないことを考えると、CryptoGT(クリプトGT)で採用するMT5はスキャルピングに適している取引プラットフォームと言えるでしょう。

ただしMT4はカスタムインジケーターと自動売買の種類が豊富でMT5よりも充実していますが、標準インジケーターについてはMT5のほうが種類が多いため、どちらも一長一短あると言えます。

CryptoGT(クリプトGT)はスキャルピングに適しているか手数料から検証

スキャルピングは、1回あたりのトレードで小さな値幅を狙いつつ、トレード回数を重ねるため、コスト負担が大きくなり手数料負けする可能性があります。

よって手数料は、CryptoGT(クリプトGT)スキャルピングに適しているのかを判断するためにとても重要ですので、コストについて検証していきましょう。

CryptoGT(クリプトGT)では取引手数料は無料ですが、実質的なトレードコストとしてスプレッドが発生します。

スプレッドとは、ひとつの銘柄における売値と買値の差額をさします。

現在、CryptoGT(クリプトGT)のスプレッドは拡大しつつあり、以前と比較するとコスト負担は重くなりつつあります。

一方、他の仮想通貨取引所では、スプレッドに上乗せされる形で、別途取引手数料が発生し、ふたつをトレードコストとして負担しなければいけません。

外部のスプレッドは狭いものの、取引手数料のうち成行注文で発生するテイカー手数料の負担が重すぎてしまう傾向にあります。

スキャルピングは注文と決済を繰り返すため、即座に約定する成行注文が適していますが、多くの投資家からテイカー手数料の負担が重すぎると言う声が多く聞かれています。

CryptoGT(クリプトGT)のスプレッドと他社のテイカー手数料を比較すると、CryptoGT(クリプトGT)のほうがコスト負担が軽いため、スキャルピングに適していると言えるでしょう。

CryptoGT(クリプトGT)はスキャルピングに適しているか約定力から検証

スキャルピングに適しているのかどうかを判断するためには、CryptoGT(クリプトGT)の約定力も重要になります。

約定力とは、注文の通りやすさをさしており、約定率が低いと注文が通らない、注文がすべるなどし、狙った価格で売買することができません。

小さな利幅を狙いつつ、短時間で注文を繰り返すスキャルピングにおいて約定力はとても重要であり、CryptoGT(クリプトGT)が適しているのかを判断する要素の中でも大きな割合を示すでしょう。

口コミからCryptoGT(クリプトGT)の約定力を確認してみると、多くの口コミから約定力が高い、スキャルピングに向く取引所、という声が多く聞かれていました。

約定力の観点からも、CryptoGT(クリプトGT)はスキャルピングに適している取引所だと言えます。

CryptoGT(クリプトGT)のスキャルピングを分かりやすく解説まとめ

検証の結果、CryptoGT(クリプトGT)はスキャルピングに向く取引所と判断できます。

トレーディングプラットフォームのMT5は分足の種類が非常に多く、他社と比較すると成行注文のトレードコストの負担は軽く、約定力についても高いことから、CryptoGT(クリプトGT)はスキャルピングに適した取引所と判断できるでしょう。

そもそも仮想通貨はボラリティが高く、CryptoGT(クリプトGT)ではさらに最大500倍でレバレッジ取引できるため、短時間で大きな利益を狙いやすくなることからも、スキャルピングに適しているおすすめの取引所と言えるでしょう。

-CryptoGT(クリプトGT)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.