ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

CryptoGT(クリプトGT)

CryptoGT(クリプトGT)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説

更新日:

【ボーナスが手厚いおすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【4位】Binance Futuresの詳細ページはこちらから

CryptoGT(クリプトGT)の追証とロスカット、証拠金維持率ってなに?

CryptoGT(クリプトGT)に追証はあるのか、ロスカット水準は証拠金維持率でどのくらいなのかを知りたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

CryptoGT(クリプトGT)は60種類の仮想通貨を、最大500倍でレバレッジ取引できる海外取引所です。

レバレッジ取引のリスク管理のために、CryptoGT(クリプトGT)の追証やロスカット水準である証拠金維持率について理解しておく必要があります。

CryptoGT(クリプトGT)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説

CryptoGT(クリプトGT)は追証なしでロスカット執行

CryptoGT(クリプトGT)は追証なしでロスカット執行となります。

追証とは、追加証拠金の略語であり、その名の通り追加で証拠金を入金することをさします。

仮想通貨FXでは、注文するために必要証拠金が必要になり、必要証拠金とレバレッジをもとに取引量を調整したのち、トレードをスタートします。

ポジションを保有して値動きによって損益を発生させますが、仮想通貨のレートが自分の予想と反対方向に推移した場合、含み損が発生します。

そしてポジションに含み損が増え続けて証拠金の割合が一定を下回ってしまうとロスカットが執行されてしまい、CryptoGT(クリプトGT)によって取引は強制終了されて損失が確定します。

しかし追証制度を採用する仮想通貨取引所では、ロスカットの前に証拠金を追加入金することでロスカットを回避できます。

一方、CryptoGT(クリプトGT)では追証制度は採用されていないため、証拠金の割合が一定を下回ってしまっても追証を求められることはありません。

追証がないことから、ロスカットを回避することはできないため、CryptoGT(クリプトGT)のトレードは一見不利に見えます。

ところが追証は、元出資金以上の金額を支払うことになるため、事実上借金している状態になってしまいます。

また追証が発生するレベルまで含み損が増えてしまったトレードでは、自分が予想した通りにレートが推移することは難しくなります。

最終的に最小限のリスクで済ませるため、みずからトレードを終了させるために損切りして損失を確定するか、ロスカットされるまでたえることになるでしょう。

損失は借金として返済することになりますが、追証した資金も取り戻すことはできないため、CryptoGT(クリプトGT)のように追証がない取引所と比較するとトレードの資金負担は大きくなってしまいます。

CryptoGT(クリプトGT)は追証のかわりにゼロカットを採用

追証はトレードの資金負担を増やしてしまう厄介な一面がありますが、ロスカットを回避するための救済制度です。

CryptoGT(クリプトGT)には追証がないかわりとして、ゼロカットを採用しています。

ゼロカットとは、トレードの損失をCryptoGT(クリプトGT)が肩代わりし、損失による借金リスクを0円にするための救済制度です。

確定した損失は、口座残高にマイナスで表示されますが、CryptoGT(クリプトGT)がマイナスをゼロまでリセットします。

CryptoGT(クリプトGT)に限らず、海外取引所には追証がなくゼロカットが採用されているため、借金リスクがない環境でトレードできます。

基本的に追証は、国内取引所で採用されている制度であり、海外取引で採用するケースは少ないと考えておきましょう。

CryptoGT(クリプトGT)のロスカット水準は「証拠金維持率100%」

CryptoGT(クリプトGT)ではどのくらいでロスカットされてしまうのでしょうか。

トレードを開始する前に、リスク管理の一環としてロスカット水準である証拠金維持率についてきちんと把握することが大切です。

CryptoGT(クリプトGT)のロスカット水準は、証拠金維持率が100%を下回ったタイミングになります。

ロスカット水準は証拠金維持率100%、という数値にあまりピンとこない方もいるかもしれません。

そこでCryptoGT(クリプトGT)と他社のロスカット水準を比較してみましょう。

仮想通貨取引所のロスカット水準

  • Binance(バイナンス):証拠金維持率100%以下でロスカット
  • Bybit(バイビット):証拠金維持率およそ110%以下でロスカット
  • DMM Bitcoin:証拠金維持率80%以下でロスカット(追証は証拠金維持率100%)
  • GMOコイン:証拠金維持率75%以下でロスカット(追証は証拠金維持率100%)
  • Bitflyer(ビットフライヤー):証拠金維持率50%以下でロスカット(追証は証拠金維持率100%)

比較した結果、biananceやBybitなどの海外取引所のロスカット水準は、CryptoGT(クリプトGT)と同じくらいで、証拠金維持率100%程度です。

一方、国内取引所のロスカット水準は証拠金維持率が50%~80%と低めですが、追証はいずれも証拠金維持率100%で求められます。

すなわちCryptoGT(クリプトGT)でも他社でも証拠金維持率100%で追証やロスカットなどがあるため、リスク管理の水準はそれほど大差がないと言えるでしょう。

CryptoGT(クリプトGT)でロスカットされる金額を把握するためには計算ツールを活用しよう

ロスカット水準は証拠金維持率100%ですが、CryptoGT(クリプトGT)のポジションでいくらになったらロスカットされてしまうのか、金額を把握したい方もいるはずです。

CryptoGT(クリプトGT)のロスカット水準は、自分で計算することができますが、計算ツールを活用すると一瞬でロスカット執行となる金額を算出できます。

検索エンジンで「CryptoGT(クリプトGT) 取引便利ツール」と検索すると、計算ツールを見つけ出すことができます。

計算ツールに証拠金通貨・ロット数・レバレッジ・保有ポジションを設定するだけでロスカットの金額を計算できますので、ぜひ活用しましょう。

CryptoGT(クリプトGT)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説まとめ

CryptoGT(クリプトGT)の追証とロスカット、証拠金維持率について解説しました。

追証は証拠金を追加入金し、ロスカットを回避するための救済制度をさしますが、CryptoGT(クリプトGT)では採用されていません。

CryptoGT(クリプトGT)では追証のかわりにゼロカット制度が採用されており、トレードで負けてしまっても借金を返済する必要がなくなります。

ロスカット水準は証拠金維持率100%ですが、仮想通貨取引所の多くは同じ水準で追証やロスカットが執行されるため、大差がないと言えるでしょう。

CryptoGT(クリプトGT)でレバレッジ取引を開始する前に、追証とロスカット、証拠金維持率などのリスク管理についてきちんと把握しておきましょう。

-CryptoGT(クリプトGT)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.