ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています







【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

【下げ相場・BTCの価格の下落で稼げる「BitMEX」】

BitMEXは追証無しで100倍迄レバレッジ取引可能な取引所です。BTCFXではショート(売り)からも入る事が出来るので現物取引では出来ない「下げ相場」でも稼ぐ事が出来るのが大きな特徴となっています(今現在利益を上げているトレーダーの多くがショート勢です)
ゼロカットを搭載しており資産がマイナスになる心配が無い事や世界一取引量のある取引所なので板が厚く、サーバーも安定している為専業のトレーダーにも使われている取引所です

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

「BitMEX(ビットメックス)の登録方法と使い方を分かりやすく解説」

「BitMEX(ビットメックス)の手数料について分かりやすく解説」

「BitMEX(ビットメックス)のレバレッジ取引(FX)のやり方と手数料」

「BitMEX(ビットメックス)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説」

CryptoGT(クリプトGT)

CryptoGT(クリプトGT)のスプレッドを他社と比較してみた

投稿日:

【下げ相場・BTCの価格の下落で稼げる「BitMEX」】

世界一の取引量を誇る「BitMEX」ではBTCFXのショート(売り)から入る事で「下げ相場」でも稼ぐ事が可能です。BTCFXであればビットコインの価格が下がっている時が稼ぎ時にもなりますので登録がまだの方はぜひ登録して試してみて下さい

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

【下げ相場・BTCの価格の下落で稼げる「BitMEX」】

世界一の取引量を誇る「BitMEX」ではBTCFXのショート(売り)から入る事で「下げ相場」でも稼ぐ事が可能です。BTCFXであればビットコインの価格が下がっている時が稼ぎ時にもなりますので登録がまだの方はぜひ登録して試してみて下さい

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

「CryptoGT(クリプトGT)のスプレッドは、どのくらいなの?」「CryptoGT(クリプトGT)のスプレッドは他社よりも広いの?狭いの?比較したい」あなたは今、このような疑問を抱えていますね。

スプレッドとは仮想通貨ごとに設定されている売買価格の差をさしています。スプレッドは販売所や取引所ごとに違いがあるので、しっかりと比較して選ばなければなりません。また販売所で儲けを出すためにもかかせないポイントとなるので要チェックですよ!

CryptoGT(クリプトGT)は基軸通貨に一般通貨を採用、主要銘柄ばかりを扱っているので、トレードしやすいのが魅力でしょう。またBTC/JPY のスプレッドが2018年頃から狭くなったと言われていますが、2019年の現在ではどうなのでしょうか。

ここではCryptoGT(クリプトGT)で損をしないために、他社とのスプレッドを比較してみました。

CryptoGT(クリプトGT)のスプレッドを他社と比較してみた

仮想通貨の買い価格と売り価格の差額をスプレッドと言います。スプレッドが広いほど損をし、狭いほど儲けが出やすいという特徴があります。

ビットコインを購入するためには、販売所と取引所のいずれかで買わなければなりません。販売所は、運営が直接ユーザーと仮想通貨を売買します。それに対し取引所は、ユーザー同士が注文板を使って仮想通貨を売買します。

販売所で発生する仮想通貨の売買差額をスプレッドと呼び、実質的な取引手数料としています。ちなみに取引所の取引手数料は、maker手数料とtakar手数料と言います。取引所は注文板を提供するだけで、運営がトレードを仲介する手間がありません。よって取引所の手数料は販売所に比べて取引手数料が安くなります。

CryptoGT(クリプトGT)は販売所形式を採用しているので、スプレッドがかかります。スプレッドとは本来販売所形式でのみ使われる売買価格の差額をさしますが、取引所でのコイン差額のこともスプレッドと呼ぶ場合もあります。ここでは混同を避けるために、販売所を中心にCryptoGT(クリプトGT)と他社のスプレッドを比較していきましょう。

>>CryptoGT(クリプトGT)の登録がまだの方はこちらから(メールアドレスの登録で1分程度で登録可能です)

CryptoGT(クリプトGT)のスプレッド

まずはCryptoGT(クリプトGT)の中でもドル建てと日本円建てて主要銘柄のスプレッドをまとめました。

  • BTC/USD 11.6ドル
  • LTC/USD 0.6ドル
  • ETH/USD 2.24ドル
  • BCH/USD 4.34ドル
  • XRP/USD 0.0112ドル
  • BTC/JPY 1,404円
  • ETH/JPY 246円
  • XRP/JPY 3.45円
  • LTC/JPY 59円
  • BCH/JPY 676円

CryptoGT(クリプトGT)のスプレッドは、狭い傾向にあると思いませんか?もしCryptoGT(クリプトGT)が取引所であればこの程度のスプレッドでも当然だという気がします。しかしCryptoGT(クリプトGT)は取引所ではなく販売所です。まるで取引所レベルのスプレッドですよね。

基本的にCryptoGT(クリプトGT)のスプレッドはビットコインは広いと言われています。逆にアルトコインのスプレッドは狭いと言われていますが、果たして本当なのでしょうか。ひとつづつ見ていきましょう。

以下は日本円建てのCryptoGT(クリプトGT)と他社の各銘柄のスプレッドをまとめました。

>>CryptoGT(クリプトGT)の登録がまだの方はこちらから(メールアドレスの登録で1分程度で登録可能です)

CryptoGT(クリプトGT)のスプレッド【ビットコイン】

まずはCryptoGT(クリプトGT)のビットコインと他社を比較しています。CryptoGT(クリプトGT)でのビットコインのスプレッドは、販売所の中でもっとも狭いです。噂とは違い他社の10倍以下の価格と、特別安いのが特徴ですよ。

もしかしてCryptoGT(クリプトGT)は取引所価格なのでは?と思い、Zaifの取引所とも比較してみました。するとやはり販売所!CryptoGT(クリプトGT)と比較しても、圧倒的にZaifの販売所のほうが安かったです。

でもCryptoGT(クリプトGT)のビットコインは、販売所の中では最狭スプレッドでした。

  • CryptoGT(クリプトGT) 1,404円
  • ビットフライヤー 17,966円
  • DMM Bitcoin 18,988円
  • GMOコイン 14,952円
  • Zaif 36,737円
  • Zaif(取引所) 235円

>>CryptoGT(クリプトGT)の登録がまだの方はこちらから(メールアドレスの登録で1分程度で登録可能です)

CryptoGT(クリプトGT)のスプレッド【イーサリアム】

イーサりアムも他社と比較するとCryptoGT(クリプトGT)が圧倒的にスプレッドが狭いです。他社の1/7から1/10程度の価格で購入できますね。

  • CryptoGT(クリプトGT) 246円
  • ビットフライヤー 1,930円
  • DMM Bitcoin 1,499円
  • GMOコイン 1,837円
  • Zaif 1,471円

>>CryptoGT(クリプトGT)の登録がまだの方はこちらから(メールアドレスの登録で1分程度で登録可能です)

CryptoGT(クリプトGT)のスプレッド【ライトコイン】

ライトコインもCryptoGT(クリプトGT)のスプレッドがもっとも狭いです。他社と比較すると1/6からなんと1/8と圧倒的な狭さだと言えるでしょう。

  • CryptoGT(クリプトGT) 59円
  • ビットフライヤー 494円
  • DMM Bitcoin 400円
  • GMOコイン 484円

>>CryptoGT(クリプトGT)の登録がまだの方はこちらから(メールアドレスの登録で1分程度で登録可能です)

CryptoGT(クリプトGT)のスプレッド【リップル】

CryptoGT(クリプトGT)ではリップルのみ相場から狭い程度のスプレッドでした。いずれにしてもスプレッドが広いということはなさそうですね!(一時的にリップルの出来高が多い時期にスプレッドが広がっている事がある様です、今現在はよりリップルのスプレッドは縮小しています)

  • CryptoGT(クリプトGT) 3.45円
  • DMM Bitcoin 3.1円
  • GMOコイン 6.658円

>>CryptoGT(クリプトGT)の登録がまだの方はこちらから(メールアドレスの登録で1分程度で登録可能です)

CryptoGT(クリプトGT)のスプレッド【ビットコインキャッシュ】

ビットコインキャッシュもCryptoGT(クリプトGT)のスプレッドが圧倒的に狭いです。他は2,000や4,000程度なのに、CryptoGT(クリプトGT)はたった676!1/3から1/6程度のスプレッドです。

  • CryptoGT(クリプトGT) 676円
  • ビットフライヤー 4,498円
  • DMM Bitcoin 2,300円
  • GMOコイン 4,274円

CryptoGT(クリプトGT)のスプレッドは取引のタイミングによって大きく変わる

2018年頃から狭くなったと言われているCryptoGT(クリプトGT)のスプレッドですが、スプレッドは常に変動するものです。

そのためどの取引所であっても、実際にスプレッドが広いか狭いかは取引を行うタイミングまで断定することができません。

しかしCryptoGT(クリプトGT)の口コミを見ていると、2019年でもスプレッドが他者と比べて狭いという口コミはまだまだ見られるようです。

ただしスプレッドの幅にもかなりの波があるようで、スプレッド幅が狭い時にエントリーしてその後かなりスプレッドが広がってしまうというトラブルに巻き込まれたという口コミもありました。

このようなことからも、CryptoGT(クリプトGT)のスプレッドは安定的に狭いというよりも、いきなり広がってしまうというリスクも少なからずあるようです。

CryptoGT(クリプトGT)では、一気に広がってしまったスプレッドがそのままになるということはなく、後々スプレッドが狭めに戻るということが一般的なようです。

ただし、どのタイミングでスプレッドが広がったり狭くなったりするのかは予測しにくく、パターンはないようなのでエントリーの際には注意してスプレッドを確認するようにしましょう。

またポジションを保有している間もスプレッドは定期的に確認していったほうが良さそうですね。

CryptoGT(クリプトGT)のスプレッドを他社と比較してみたまとめ

CryptoGT(クリプトGT)のスプレッドを他社と比較してみましたが、どのコインもCryptoGT(クリプトGT)は狭いことがわかりました。

取引所価格とまでは行きませんが、販売所の中では数倍という圧倒的安さを誇っているのが魅力ですね。ただし状況によってはスプレッドがかなり開いているタイミングもあるようです。

基本的にCryptoGT(クリプトGT)のスプレッドは狭いと言われていますが、それでもエントリーの際とポジション保有中などはしっかりとスプレッドの幅を確認するのが良いでしょう。

>>CryptoGT(クリプトGT)の登録がまだの方はこちらから(メールアドレスの登録で1分程度で登録可能です)

→CryptoGT(クリプトGT)の他にも押さえておきたい関連記事

「CryptoGT(クリプトGT)の登録方法と使い方を分かりやすく解説」

【下げ相場・BTCの価格の下落で稼げる「BitMEX」】

BitMEXは追証無しで100倍迄レバレッジ取引可能な取引所です。BTCFXではショート(売り)から入る事が出来るので現物取引では出来ない「下げ相場」でも稼ぐ事が出来るのが大きな特徴となっています(今現在利益を上げているトレーダーの多くがショート勢です)
ゼロカットを搭載しており資産がマイナスになる心配が無い事や、世界一取引量のある取引所なので板が厚く、サーバーも安定している為専業のトレーダーにも使われている取引所です

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

「BitMEX(ビットメックス)の登録方法と使い方を分かりやすく解説」

「BitMEX(ビットメックス)の手数料について分かりやすく解説」

「BitMEX(ビットメックス)のレバレッジ取引(FX)のやり方と手数料」

「BitMEX(ビットメックス)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説」

【BitMEXと合わせて登録しておきたいレバレッジ最大200倍アルトコインFXも魅力のCryptoGT】

追証なしでレバレッジ最大200倍(調整可)、MT5導入、取扱通貨7種類。スプレッドとスワップポイントが大幅に(1/4程度に)下がり専業トレーダーの方の間でも評判が高まっているBTCFX専門の取引所です。BitMEXをメインに次点で合わせて登録しておきたい取引所です

>>CryptoGT(クリプトGT)の登録がまだの方はこちらから(メールアドレスの登録で1分程度で登録可能です)

「CryptoGT(クリプトGT)の登録方法と使い方を分かりやすく解説」

【BNBなどの人気トークンのレバレッジ取引が出来る「BaseFEX」】

BaseFEXは2018年末にスタートしたばかりの新しいBTCFXの取引所です。基本的な取引画面はかなりBitMEXに近い仕様になっておりBitMEXでの取引に慣れている方はトレードしやすい取引所となっています

主な特徴としてはBNB・HT・OKBなどの人気取引所の人気トークンのレバレッジ取引が出来る事です。大口向けの手数料ディスカウントやメイカー(指値)手数料が0%・テイカー(成行)手数料が0.05%と取引手数料が低いという特徴もあるので興味のある方は参考にしてみてください

BaseFEXの登録がまだの方はこちらから(当サイトからの登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

【ZERO/ゼロからはじめるビットコイン運営者】

初心者でもゼロから仮想通貨について学べる様に分かりやすい仮想通貨情報の発信を心掛けています

-CryptoGT(クリプトGT)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.