ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

CryptoGT(クリプトGT)

CryptoGT(クリプトGT)のスプレッドの一覧と比較を分かりやすく解説

更新日:

【ボーナスあり&使いやすいおすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的なBTCの入金ボーナスがあり特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて2番目に登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【4位】BaseFEXの詳細ページはこちらから

【5位】BTCMEXの詳細ページはこちらから

【ボーナスあり&使いやすいおすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的なBTCの入金ボーナスがあり特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて2番目に登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【4位】BaseFEXの詳細ページはこちらから

【5位】BTCMEXの詳細ページはこちらから

【ボーナスあり&使いやすいおすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的なBTCの入金ボーナスがあり特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて2番目に登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【4位】BaseFEXの詳細ページはこちらから

【5位】BTCMEXの詳細ページはこちらから

CryptoGT(クリプトGT)のスプレッドで狭いの、それとも広いの?

スプレッドを一覧表示して、コストが低い取引所やCryptoGT(クリプトGT)の銘柄を選んでトレードしたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

CryptoGT(クリプトGT)は、最大レバレッジ500倍、58種類のペア通貨で取引できる海外仮想通貨FXです。

仮想通貨FXだけでなく、外国為替FXやCFDも扱っていることから、CryptoGT(クリプトGT)は使いやすい取引所です。

CryptoGT(クリプトGT)のスプレッドの一覧と比較を分かりやすく解説

CryptoGT(クリプトGT)のスプレッドは、通貨ごとに異なります。

たとえば同じビットコインでも、ドルを証拠金にした場合と日本円を証拠金にした場合ではスプレッドが異なります。

よってきちんとCryptoGT(クリプトGT)のスプレッドを一覧比較することが、コストを抑えてFXするために大切と言えるでしょう。

CryptoGT(クリプトGT)の通貨同士のスプレッド差はもちろん、他社とCryptoGT(クリプトGT)のスプレッド差も気になりますよね。

よってCryptoGT(クリプトGT)のスプレッドを、一覧表示し比較してみました。

CryptoGT(クリプトGT)のスプレッド一覧比較【ドル建て】

CryptoGT(クリプトGT)でのドル建て仮想通貨のスプレッドを比較すべく、以下の通り一覧にしました。

  • BTC/USD:3
  • LTC/USD:0.245
  • ETH/USD:0.4
  • BCH/USD:0.74
  • XRP/USD:0.00093
  • DSH/USD:0.241
  • XMR/USD:0.526

一覧で比較した通り、CryptoGT(クリプトGT)のドル建て仮想通貨で、もっともスプレッドが広いのはビットコインです。

基本的に流動性が高い通貨はスプレッドが狭い傾向にありますが、CryptoGT(クリプトGT)で他の通貨と比較した結果ビットコインが一番広い結果となりました。

CryptoGT(クリプトGT)のドル建て仮想通貨でもっともスプレッドが狭いのは、一覧で比較してもわかる通りリップルです。

価格が低迷しがちなリップルですが、将来性に期待してスプレッドが狭い今、CryptoGT(クリプトGT)で購入する方がいるのも実情です。

特にCryptoGT(クリプトGT)はリップル建てでもトレードできる仮想通貨FX取引所です。

アルトコインのFX⁼CryptoGT(クリプトGT)と考える方がいても不思議ではありません。

CryptoGT(クリプトGT)のスプレッド一覧比較【日本円建て】

以下は日本円建てによる、CryptoGT(クリプトGT)のスプレッド一覧比較です。

  • BTC/JPY:3
  • LTC/JPY:27
  • ETH/JPY:38
  • BCH/JPY:85
  • XRP/JPY:96
  • DSH/JPY:34
  • XMR/JPY:77

CryptoGT(クリプトGT)の日本円建てのスプレッドで、もっとも狭いのは一覧比較にもある通りビットコインです。

もっとも流動性が高い仮想通貨であるビットコインのスプレッドが狭いのは当然のことだと言えるでしょう。

逆にCryptoGT(クリプトGT)の日本円建てで、もっともスプレッドが広いのはリップルです。

一覧比較をみてもわかる通り、ビットコインは日本円建て、リップルはドル建てにしたほうが、スプレッドを抑えられます。

逆にスプレッドが広いのは、日本円建ての場合はリップル、ドル建ての場合はビットコインと真逆になっています。

一覧で比較した通り、CryptoGT(クリプトGT)でビットコインを買うのであれば、ドルではなく日本円で購入したほうがスプレッド負担が軽くなります。

CryptoGT(クリプトGT)のスプレッド一覧【他社と比較】

CryptoGT(クリプトGT)のスプレッドでの比較対象としてよく登場するのが、ビットメックス・FXGTなどの海外取引所です。

大人気のビットメックスは、スプレッドが狭く魅力的なFX取引所でしたが5月上旬から取引を停止しました。

外国為替FXでスプレッドの狭さが人気のDMM系列の仮想通貨部門、DMM Bitcoinと口コミで悪い評判をみかけたTAOTAOについてBTC/USD(ない場合はドルに換算して算出)を一覧比較してみます。

  • CryptoGT(クリプトGT):3
  • FXGT:5.76
  • DMM Bitcoin:6
  • TAO TAO:4.13

一覧比較の通り、FXGTのスプレッドは比較的広めです。

実はFXGTはCryptoGT(クリプトGT)と運営が同じですが、FXGTは外国為替FX・CryptoGT(クリプトGT)は仮想通貨FXがメインです。

よってFXGTのほうがスプレッドが広めに設定されているのかもしれません。

DMM Bitcoinのスプレッドを一覧比較すると、CryptoGT(クリプトGT)を含む4社の中でもっとも広い結果になっています。

一覧比較すると口コミにあったTAOTAOのスプレッドは、それほど広くはありませんでした。

4社の中でCryptoGT(クリプトGT)は、スプレッドの面からも魅力的と言えるのではないでしょうか。

CryptoGT(クリプトGT)のスプレッドの一覧と比較を分かりやすく解説まとめ

CryptoGT(クリプトGT)のスプレッドを一覧で比較しました。

業者ごとにスプレッドが異なりますので、きちんと一覧比較して選ぶことが大切と言えるでしょう。

また同じCryptoGT(クリプトGT)でも証拠金が異なる通貨では、スプレッド差があることにも注目です。

スプレッド差は一覧比較してみなければわかりません。

よってCryptoGT(クリプトGT)をご利用の際は、ぜひスプレッドを一覧比較のうえトレードすることをおすすめします。

【ボーナスあり&使いやすいおすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的なBTCの入金ボーナスがあり特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて2番目に登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【4位】BaseFEXの詳細ページはこちらから

【5位】BTCMEXの詳細ページはこちらから

-CryptoGT(クリプトGT)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.