ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

CryptoGT(クリプトGT)

CryptoGT(クリプトGT)とFXGTの違いの比較を分かりやすく解説

更新日:

【ボーナスが手厚いおすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【4位】Binance Futuresの詳細ページはこちらから

CryptoGT(クリプトGT)とFXGTの違いを比較したい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

CryptoGT(クリプトGT)とFXGTは、仮想通貨FXと法定通貨のFXトレードができますが、2社の違いがよくわからないという方もいるでしょう。

どちらでトレードすべきか判断に迷う方に向けて、CryptoGT(クリプトGT)とFXの違いを比較していきます。

CryptoGT(クリプトGT)とFXGTの違いの比較を分かりやすく解説

CryptoGT(クリプトGT)とFXGTのレバレッジの最大値の違いと比較

CryptoGT(クリプトGT)とFXGTにおけるレバレッジの最大値の違いを以下の一覧から比較してみましょう。

CryptoGT(クリプトGT)のレバレッジの最大値

  • 仮想通貨(暗号資産)ペア:最大500倍
  • 為替通貨ペア:最大500倍
  • CFD銘柄:最大100倍
  • 株価指数:最大100倍

FXGTのレバレッジの最大値

  • 仮想通貨(暗号資産)ペア:最大500倍
  • 為替通貨ペア:最大500倍
  • CFD銘柄:最大100倍
  • 株価指数:最大100倍
  • 株式投資:50倍

レバレッジの最大値を比較した結果、仮想通貨(暗号資産)ペア、為替通貨ペア、株価指数、CFD銘柄すべて、同じです。

CryptoGT(クリプトGT)とFXGTともに、豊富なトレード商品をハイレバレッジで取引できます。

また両社ともハイレバレッジで取引できる海外FXブローカーですので、ゼロカット制度が採用されており、万が一のロスカットでマイナスになった口座残高をゼロまでリセットしてもらるという共通点があります。

CryptoGT(クリプトGT)とFXGTの取扱通貨ペア・銘柄の違いと比較

CryptoGT(クリプトGT)とFXGTの取扱通貨ペアと銘柄の違いや数を比較していきましょう。

CryptoGT(クリプトGT)の取扱銘柄数

  • 仮想通貨(暗号資産)ペア:63種類
  • 為替通貨ペア:9種類
  • CFD銘柄:1種類
  • 株価指数:3種類

FXGTの取扱銘柄数

  • 仮想通貨(暗号資産)ペア:33種類
  • 為替通貨ペア:54種類
  • CFD銘柄:5種類
  • 株価指数:9種類
  • 株式投資:31種類

CryptoGT(クリプトGT)は仮想通貨(暗号資産)ペア、為替通貨ペア、CFD銘柄、株価指数で取引できますが、それに加えてFXGTは株式投資も取り扱っていることが大きな違いです。

取引商品の種類を比較した結果、CryptoGT(クリプトGT)よりもFXGTのほうが株式投資でも取引できるため、幅広い投資に対応しています。

さらに取扱銘柄数を比較すると、仮想通貨(暗号資産)ペアが多いのはCryptoGT(クリプトGT)、為替通貨ペアが多いのはFXGTということも大きな違いでしょう。

仮想通貨(暗号資産)ペアに絞ると、FXGTはビットコインやイーサリアムなどの主要アルトコインだけを扱っているのに対し、CryptoGT(クリプトGT)ではマイナーな銘柄を扱っています。

今後の将来性を期待して仮想通貨(暗号資産)FXをしたいのであれば、CryptoGT(クリプトGT)のほうが取扱数が豊富でおすすめと言えるでしょう。

比較した結果、CryptoGT(クリプトGT)は仮想通貨(暗号資産)FX向けで、FXGTは為替FXに適しています。

CryptoGT(クリプトGT)とFXGTのロスカット水準の違いと比較

CryptoGT(クリプトGT)とFXGTのロスカット水準を比較して、違いを明確にしましょう。

  • CryptoGT(クリプトGT):証拠金維持率100%以下でロスカット
  • FXGT:証拠金維持率50%以下でロスカット

CryptoGT(クリプトGT)はFXGTよりもロスカット水準となる証拠金維持率が倍です。

おそらくCryptoGT(クリプトGT)は仮想通貨(暗号資産)、FXGTは為替FXをメイン取引にしているため、ロスカット水準に大きな違いがあることが考えられます。

FXGTのロスカット水準は、多くの仮想通貨(暗号資産)取引所と比較しても大幅に低いため、CryptoGT(クリプトGT)よりもポジション維持しやすいことが大きな特徴でしょう。

仮想通貨(暗号資産)FXの銘柄数を比較すると、CryptoGT(クリプトGT)のほうが多いですが、ロスカットリスクを軽減できるのはFXGTです。

CryptoGT(クリプトGT)とFXGTのスプレッドの違いと比較

CryptoGT(クリプトGT)とFXGTの違いを明確にするために、仮想通貨(暗号資産)FX「BTC/USD」と為替FX「USD/JPY」の各スプレッドを比較していきましょう。

ただしスプレッドは変動制のトレードコストになるため、取引するタイミングによって違いますので、あくまでも目安にとどめるようにご利用ください。

BTC/USDの平均スプレッド

  • CryptoGT(クリプトGT):1500
  • FXGT:1500

仮想通貨(暗号資産)FXのスプレッドを比較した結果、違いはなく、CryptoGT(クリプトGT)もFXGTも同じでした。

ただしFXGTのスプレッドはスタンダード口座を示しており、スプレッドを抑えて取引できるECN口座ではスプレッドは1350でトレードできます。

一方、CryptoGT(クリプトGT)は口座タイプの区別がないこともFXGTとの違いと言えるでしょう。

USD/JPYの平均スプレッド

  • CryptoGT(クリプトGT):2.0
  • FXGT:1.5

為替FXのスプレッドを比較すると、FXGTよりもCryptoGT(クリプトGT)のほうが広いことがわかりました。

ただしFXGTのECN口座のスプレッドは1.0と大幅に抑えられていますが、為替FXに限り、スプレッドに上乗せする形で、10ドルの取引手数料が発生します。

FXGTのトータル的なトレードコストも1.1と、CryptoGT(クリプトGT)のスプレッドより倍近くの違いがあります。

為替通貨ペアのスプレッドを比較した結果、やはりCryptoGT(クリプトGT)よりもFXGTのほうが低コストでトレードできることがわかりました。

CryptoGT(クリプトGT)とFXGTの違いの比較を分かりやすく解説まとめ

CryptoGT(クリプトGT)とFXGTの大きな違いとして、レバレッジの最大値、取扱通貨ペア・銘柄、ロスカット水準、スプレッドについて解説しました。

レバレッジの最大値は両社とも同じですが、大きな違いとして取扱通貨ペアや銘柄数、ロスカット水準、スプレッドがあげられます。

仮想通貨(暗号資産)FXをメインにサービスを展開しているのはCryptoGT(クリプトGT)、為替FXはFXGTです。

しかし採用する口座タイプの違いなどから、FXGTのほうが仮想通貨(暗号資産)FXを、低コストかつロスカット水準が低い環境でトレードできる可能性があります。

トレードするときはスプレッドをきちんと比較してから取引するようにしましょう。

-CryptoGT(クリプトGT)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.