ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

CryptoGT(クリプトGT)

CryptoGT(クリプトGT)の安全性・怪しいの評判を分かりやすく解説

投稿日:

【おすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】FTXの詳細ページはこちらから

【2位】CryptoGTの詳細ページ

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【4位】Binance Futuresの詳細ページはこちらから

海外の仮想通貨(暗号資産)取引所であるCryptoGT(クリプトGT)。

そんなCryptoGT(クリプトGT)を使ってこれから仮想通貨(暗号資産)取引にチャレンジしてみたいと考えている人もいるでしょう。

しかし海外の仮想通貨(暗号資産)取引所は、不明瞭な点も多く怪しい噂も多いため本当に安全に利用できるのかどうか気になるところですよね。

そこで今回は、CryptoGT(クリプトGT)の安全性や怪しいという評判について詳しく調べてみました。

CryptoGT(クリプトGT)の安全性・怪しいの評判を分かりやすく解説

CryptoGT(クリプトGT)をこれから利用してたいと考えている人で、「怪しい」「安全性に欠ける」と不安になっている人も多いはずです。

特に以下の3点に関してはCryptoGT(クリプトGT)の利用に不安を感じている人も多くなっています。

  • 日本の金融庁許可取引所ではない
  • 口座開設に本人確認書類の提出がいらない
  • これまでに出金拒否や出金トラブルにあった人はいるのか

ここでは実際に、それぞれのCryptoGT(クリプトGT)の怪しいと思われる理由について詳しく調べてみました。

CryptoGT(クリプトGT)の安全性・怪しいの評判 日本の金融庁許可取引所ではないが安全に取引できるのか

CryptoGT(クリプトGT)はHaito.Ltdというマーシャル諸島に拠点を置く企業が運用している仮想通貨(暗号資産)取引所です。

通常、日本国内にある安全性の高い仮想通貨(暗号資産)取引所の場合、日本の金融庁許可取引所として登録番号をもらっていますよね。

しかしCryptoGT(クリプトGT)は日本の金融庁許可取引所ではないため、登録番号がありません。

つまり日本の金融庁が規制しているルール外で仮想通貨(暗号資産)取引が運用できているということになります。

「日本の金融庁許可取引所ではない」というと、「怪しい業者なのでは?」と不安を感じる人も多くなるようです。

しかしCryptoGT(クリプトGT)のようが海外系の取引所の場合、そもそも日本での運用を目的とはしていないため日本の金融庁の許可が必要ありません。

そのため数多くの海外系の仮想通貨(暗号資産)取引所は、わざわざ日本の金融庁の取引許可をとるようなことはしていないのです。

ただし、日本の金融庁が過去に海外の仮想通貨(暗号資産)取引所に対して業務停止の警告を出したという事例もありますので、必ずしも安全とはいいきれません。

日本の金融庁がある程度CryptoGT(クリプトGT)の運用に関して踏み込んでくるようなことがあれば、CryptoGT(クリプトGT)が日本から撤退してしまうという事態も考えられるでしょう。

CryptoGT(クリプトGT)の安全性・怪しいの評判 本人確認書類の提出が不要なのに安全に取引できるのか

日本国内の仮想通貨(暗号資産)取引所で口座を開設する場合、必ず本人確認書類の提出が求められますよね。

一方、海外の仮想通貨(暗号資産)取引所であるCryptoGT(クリプトGT)では、メールアドレスさえあれば、手軽に口座の開設が行えるようになっています。

しかしこれまで国内の仮想通貨(暗号資産)取引所を利用していた人であれば、本人確認書類の提出がないCryptoGT(クリプトGT)は安全性に欠ける取引所だと感じる人もいるでしょう。

日本国内の仮想通貨(暗号資産)取引所では本人確認書類の提出が義務付けられていますが、海外の取引所であるCryptoGT(クリプトGT)では本人確認は義務ではありません。

そして本人確認を行なっている日本国内の仮想通貨(暗号資産)取引所であっても、ハッキングを受けて資金が流出したという事例は多数あります。

逆にCryptoGT(クリプトGT)では現在まで、ハッキング被害などのトラブル履歴はありません。

よって本人確認書類を提出しているかどうかが安全性を決めるポイントにはならないといえるでしょう。

CryptoGT(クリプトGT)の安全性・怪しいの評判 これまでの出金拒否や出勤トラブルなどの口コミを検証

最後にCryptoGT(クリプトGT)が安全性の高い業者なのか、怪しい業者なのかを判別するために、これまでの実際の利用者の口コミをみていきましょう。

特にこれからCryptoGT(クリプトGT)を利用したい人であれば、安全性高く資金の出金ができるのかどうかは気になるところですよね。

CryptoGT(クリプトGT)の出金に関するクチコミを調べてみましたが、特に怪しい出金拒否や出金トラブルに関するものは見当たりませんでした。

ただしCryptoGT(クリプトGT)では、まれに出金に時間がかかってしまうこともあるようです。

基本的には数十分ほどで送金が完了するCryptoGT(クリプトGT)ですが、取引量が多くなるタイミングなどでは数日〜1日ほど反映に時間がかかってしまうこともあります。

ただしこうしたシステムトラブルなどにより出金トラブルが発生した場合には、CryptoGT(クリプトGT)のサポートセンターに問い合わせれば、迅速に対応してくれるというクチコミも見つかりました。

CryptoGT(クリプトGT)は資金の送金に関しては、比較的安全性の高い取引所だといえるでしょう。

CryptoGT(クリプトGT)の安全性・怪しいの評判を分かりやすく解説まとめ

今回は、CryptoGT(クリプトGT)の安全性や怪しいという評判について詳しく調べてみました。

CryptoGT(クリプトGT)は、日本の金融庁への登録がないことや本人確認書類の提出が不要なことから怪しい業者だと考えている人もいるようです。

しかしこれまで不当な出金拒否や取引トラブルなども特にありませんので、安全に利用できる取引所だといえるでしょう。

-CryptoGT(クリプトGT)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.