ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

CryptoGT(クリプトGT)

CryptoGT(クリプトGT)の安全性・怪しいの評判を分かりやすく解説

更新日:

【ボーナスが手厚いおすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【4位】Binance Futuresの詳細ページはこちらから

CryptoGT(クリプトGT)の安全性や、怪しいという評判があるのかを知りたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

CryptoGT(クリプトGT)は60種類の仮想通貨ペアを、追証なし・ゼロカット採用のもと、最大500倍でレバレッジ取引できる海外取引所です。

国内取引所から海外取引所への乗り換えを検討している方の中には、CryptoGT(クリプトGT)を怪しいと感じる方や、安全性や評判は大丈夫なのかと疑問を感じる方もいるでしょう。

CryptoGT(クリプトGT)の安全性・怪しいの評判を分かりやすく解説

CryptoGT(クリプトGT)の安全性について怪しいと疑念を抱く原因は、主に以下の3通りがあげられます。

  • 海外取引所では出金拒否があり出金できないという口コミがある
  • 日本の金融庁に認可されておらず「無登録業者」として警告を受けている
  • 口座開設に本人確認書類の提出が必須ではない

では実際の評判をもとにみていきましょう。

CryptoGT(クリプトGT)の安全性・怪しいの評判 出金拒否や出金トラブルはあるのか

CryptoGT(クリプトGT)は怪しい業者ではなく安全性が高い取引所であるのかを判断する基準として、出金拒否や出金トラブルがあるのかについてみていきます。

海外取引所では、出金拒否や出金トラブルの噂があるため、資金の安全性に不安を感じる声も少なくありません。

CryptoGT(クリプトGT)の出金関連の口コミを確認してみると、出金拒否ではないものの、出金時間がかかるなど出金トラブルに関する声が聞かれています。

仮想通貨の出金は、基本的に数分から数十分と言われていますが、CryptoGT(クリプトGT)では出金に最大48時間かかると公式的に公表しています。

他社と比較すると出金時間がかかってしまうため、CryptoGT(クリプトGT)の出金に対して不満を感じる声は聞こえるものの、出金拒否ではありません。

あまりにも出金時間がかかりすぎてしまうケースではSNSで悪評が聞かれてきますが、CryptoGT(クリプトGT)ではほぼないことから評判は良いと判断できます。

CryptoGT(クリプトGT)の安全性・怪しいの評判 日本の金融庁に「無登録業者」として警告されているが安全な取引所なのか

CryptoGT(クリプトGT)を怪しいと感じる原因は、日本の金融庁に認可されておらず「無登録業者」として警告を受けていることから、取引所の安全性に疑問を感じているケースです。

日本を拠点とする国内の仮想通貨取引所は、日本人をターゲットにサービスを提供しているため、日本の金融庁に認可される必要があります。

一方、CryptoGT(クリプトGT)はマーシャル諸島を拠点とした海外取引所であり、日本人をターゲットにサービスを提供しているわけではないため、日本の金融庁の認可は必要ありません。

たしかに日本の金融庁に関しては無登録業者ですが、CryptoGT(クリプトGT)は法に触れるような怪しい取引所でも、資金の安全性が低いわけでもないということです。

もし日本の認可業者になってしまうと仮想通貨FXの最大レバレッジは2倍に制限されてしまい、CryptoGT(クリプトGT)が提供する最大500倍のレバレッジ取引やゼロカット制度は認められなくなってしまいます。

CryptoGT(クリプトGT)は全ユーザーにも高いサービスを提供するために、あえて無登録業者をつらぬいていると考えられるでしょう。

ただし過去、日本の金融庁が海外取引所に対して業務停止警告をしたため、日本市場から撤退する可能性も0ではありません。

また2021年末には国内最大手の仮想通貨通貨取引所から、無登録業者への送金ができなくなるなどの制限が設けられています。

日本市場からの完全撤退の可能性については怪しい面もないとは言い切れませんが、CryptoGT(クリプトGT)の運営、トレード、資金管理などにおいては安全性が高いためよい評判も多く聞かれています。

CryptoGT(クリプトGT)の安全性・怪しいの評判 本人確認書類を提出しなくても安全に取引できるのか

CryptoGT(クリプトGT)は本人確認書類を提出しなくても取引がはじめられるため、怪しい取引所ではないのか、資金や個人情報の保管などの安全性に疑問を感じる方もいるようです。

国内取引所では本人確認書類を提出して承認されなければ取引を開始できませんが、CryptoGT(クリプトGT)では5000ドル相当額以上の出金に限り、提出を必要としています。

結論をいいますと、本人確認を徹底している国内取引所では、過去にハッキングリスクに見舞われた事例がいくつかあります。

一方、過去CryptoGT(クリプトGT)ではハッキング被害に遭ったことはありません。

このようなことから本人確認書類の提出は、仮想通貨や取引所の安全性に関して無関係であることが言えるでしょう。

それよりも取引所のセキュリティ管理や個人のセキュリティへの意識のほうが、CryptoGT(クリプトGT)のハッキングリスクを軽減することにつなげることが言えます。

CryptoGT(クリプトGT)の安全性・怪しいの評判を分かりやすく解説まとめ

CryptoGT(クリプトGT)の安全性と、怪しいという評判について解説しました。

日本人は国産=安全性が高い、という先入観を持つため、海外取引所というと怪しいというイメージを抱きがちです。

しかしCryptoGT(クリプトGT)は徹底したセキュリティ対策によって取引所の安全性を高めており、質の高いサービスを提供しています。

国内取引所にはない魅力がCryptoGT(クリプトGT)にはあるでしょう。

-CryptoGT(クリプトGT)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.