ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

CryptoGT(クリプトGT)

CryptoGT(クリプトGT) のMT5の使い方を分かりやすく解説

投稿日:

【おすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから

【3位】FTXの詳細ページはこちらから

【4位】Binance Futuresの詳細ページはこちらから

CryptoGT(クリプトGT)のMT5の使い方がよくわからない…

MT5を取得しても、CryptoGT(クリプトGT)のチャートや注文ができないのはなぜ?

CryptoGT(クリプトGT)のMT5の使い方の一連の流れを知りたい。

あなたはこのようにお考えですよね。

ここでは初心者でもCryptoGT(クリプトGT)でチャート分析や取引できるよう、MT5の使い方について解説していきます。

CryptoGT(クリプトGT) のMT5の使い方を分かりやすく解説

CryptoGT(クリプトGT)のMT5の使い方の基礎知識として理解していただきたいのは、ただMT5を取得しただけでは取引を開始することができません。

まずはMT5の使い方として、CryptoGT(クリプトGT)でMT5口座を開設、入金し、プラットフォームである「MT5」を入手、さらに取引口座へログインし、ようやくチャート分析やトレードを開始することができます。

CryptoGT(クリプトGT) のMT5の使い方 口座開設する

まずはMT5の使い方として、CryptoGT(クリプトGT)でMT5口座の開設を行いましょう。

使い方の流れは、CryptoGT(クリプトGT)でアカウント登録を完了しログインを済ませ、「MT5」⇒「アカウントを開設する」を選択します。

「アカウントを作成する」フォームの「プラットフォーム」で「MT5Live」を選択し、「通貨」「レバレッジ」を好みで記入します。

最後に「アカウントを開設」するボタンを選択することで、CryptoGT(クリプトGT)のMT5口座の新規開設が完了します。

口座開設完了と同時に、メールにてCryptoGT(クリプトGT)から口座開設完了メールが配信されてきます。

のちほど取引口座へログインするときに利用する、CryptoGT(クリプトGT)のログインIDとパスワードが記載されていますので、大切に保管しておきましょう。

さらにMT5の使い方をスムーズにするために、前もってCryptoGT(クリプトGT)のウオレットに入金し、MT5口座へ資金移動しておくことをおすすめします。

CryptoGT(クリプトGT) のMT5の使い方 ダウンロード・インストールする

つづいてCryptoGT(クリプトGT)でMT5をダウンロード・インストールする使い方を解説します。

CryptoGT(クリプトGT)の「MT5」ページへアクセスし、ページ最下部にある取引プラットフォームからデバイスやOSに適したMT5を取得します。

MT5をダウンロード・インストールする使い方の流れは、とにかく手順に沿って行うだけなので難しくありません。

CryptoGT(クリプトGT) のMT5の使い方 取引口座へログインする

MT5のインストールが完了したら、CryptoGT(クリプトGT)の取引口座へログインする使い方をみていきましょう。

さきほどMT5口座開設後に送信されてきたメール内のログインIDとパスワードを使い、CryptoGT(クリプトGT)のMT5口座へログインします。

ログインする使い方は、MT5を起動し「ファイル」⇒「取引口座にログイン」を選択し、ログインフォームを表示します。

表示されたログインフォームに、「ログインID」と「パスワード」を記入し「OK」をクリックすると、CryptoGT(クリプトGT)のMT5へのログインが完了します。

CryptoGT(クリプトGT) のMT5の使い方 チャートを表示する

MT5でCryptoGT(クリプトGT)のチャートを表示する使い方をみていきましょう。

実際の使い方は「気配値表示」でチャートを表示したい銘柄を右クリックし「チャートウインドウ」を表示します。

もし気配値表示にチャートを表示したい銘柄がない場合は、気配値表示エリア内で右クリックし「すべて表示」を選択しましょう。

MT5でCryptoGT(クリプトGT)の全銘柄が気配値に表示され、チャートを表示することができます。

一方、誤って不要なチャートを表示してしまい消去するときの使い方は、チャートウインドウ右上の閉じるボタンをクリックしてください。

CryptoGT(クリプトGT) のMT5では、チャートの種類や時間足を変更する使い方もできます。

MT5のチャート分析でもっとも活用されているローソク足ひとつには、CryptoGT(クリプトGT)が上昇相場であるのか下落相場であるのかに加え、高値・安値・始値・終値を確認できます。

チャートの時間足を変更する使い方によって、スキャルピングでは短期相場、スイングトレードでは長期相場を確認することができます。

CryptoGT(クリプトGT) のMT5では、インジケーターやトレンドラインなどを表示する使い方も可能です。

インジケーターはチャート分析の指標であり、CryptoGT(クリプトGT)の相場状況を確認したり、エントリーポイントを見極めることができます。

CryptoGT(クリプトGT) のMT5の使い方 注文する

つづいてCryptoGT(クリプトGT)のMT5で、注文する使い方をみていきましょう。

使い方はMT5の「新規注文」を選択し、注文フォームへアクセスし、CryptoGT(クリプトGT)で発注したい「注文銘柄」「注文タイプ」を選択します。

CryptoGT(クリプトGT)のメインである注文方法の種類は、以下の通りです。

  • 成行注文:「数量」を記入。現在の市場価格で注文し、即座に約定する。CryptoGT(クリプトGT)のMT5では「カウントダウン注文」として表示
  • 指値注文:「数量」「価格」を記入。注文タイプでは「Buy Limit」「Sell Limit」を選択。注文したい価格で発注できる一方、価格に達するまでは約定しない
  • 逆指値注文:「数量」「価格」を記入。注文タイプは「Stop Limit」「Stop Limit」を選択。指値注文とは逆方法に、買い注文の場合は現在レートよりも高い価格で、売り注文は低い価格で発注する

以下の画像は、CryptoGT(クリプトGT)の指値注文の記入方法例です。

また注文フォームの「ストップロス」は損切り注文を、「テイクプロフィット」には利確注文を仕込む使い方もできます。

注文しポジションを建てると、MT5の「ツールボックス」内の「取引タブ」に表示されるので、CryptoGT(クリプトGT)の証拠金維持率・損益状況・口座残高を確認することができます。

CryptoGT(クリプトGT) のMT5の使い方 注文を決済する

CryptoGT(クリプトGT)の注文を決済するときのMT5の使い方をみていきます。

MT5のツールボックス内で決済したいポジションの一番右端の「×」閉じるボタンをクリックしましょう。

CryptoGT(クリプトGT) のMT5の使い方を分かりやすく解説まとめ

CryptoGT(クリプトGT)のMT5の使い方を解説しました。

MT5はCryptoGT(クリプトGT)のチャート分析または注文ツールですので、きちんと使い方を理解することが必要です。

MT5の使い方をマスターしてCryptoGT(クリプトGT)で利益獲得をめざしましょう。

-CryptoGT(クリプトGT)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.