ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています







【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

【下げ相場・BTCの価格の下落で稼げる「BitMEX」】

BitMEXは追証無しで100倍迄レバレッジ取引可能な取引所です。BTCFXではショート(売り)からも入る事が出来るので現物取引では出来ない「下げ相場」でも稼ぐ事が出来るのが大きな特徴となっています(今現在利益を上げているトレーダーの多くがショート勢です)
ゼロカットを搭載しており資産がマイナスになる心配が無い事や世界一取引量のある取引所なので板が厚く、サーバーも安定している為専業のトレーダーにも使われている取引所です

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

「BitMEX(ビットメックス)の登録方法と使い方を分かりやすく解説」

「BitMEX(ビットメックス)の手数料について分かりやすく解説」

「BitMEX(ビットメックス)のレバレッジ取引(FX)のやり方と手数料」

「BitMEX(ビットメックス)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説」

CryptoGT(クリプトGT)

CryptoGT(クリプトGT)とBitMEX(ビットメックス)の比較を分かりやすく解説

投稿日:

【下げ相場・BTCの価格の下落で稼げる「BitMEX」】

世界一の取引量を誇る「BitMEX」ではBTCFXのショート(売り)から入る事で「下げ相場」でも稼ぐ事が可能です。BTCFXであればビットコインの価格が下がっている時が稼ぎ時にもなりますので登録がまだの方はぜひ登録して試してみて下さい

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

【下げ相場・BTCの価格の下落で稼げる「BitMEX」】

世界一の取引量を誇る「BitMEX」ではBTCFXのショート(売り)から入る事で「下げ相場」でも稼ぐ事が可能です。BTCFXであればビットコインの価格が下がっている時が稼ぎ時にもなりますので登録がまだの方はぜひ登録して試してみて下さい

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

仮想通貨のレバレッジ取引に、これからチャレンジしてみたいと考えている人もいるでしょう。

レバレッジ取引を始める時に最初に悩む方が多いのが、取引所選びです。

レバレッジ取引ができる仮想通貨取引所は、現在かなり増えてきています。

そんな中でも利用者が多くなっているのが、CryptoGT(クリプトGT)とBitMEX(ビットメックス)です。

そしてCryptoGT(クリプトGT)とBitMEX(ビットメックス)の違いを具体的に知りたいという人も多いでしょう。

そこで今回は、CryptoGT(クリプトGT)とBitMEX(ビットメックス)の比較を分かりやすく解説していきます。

CryptoGT(クリプトGT)とBitMEX(ビットメックス)の比較を分かりやすく解説

仮想通貨のレバレッジ取引を行うユーザーが多く利用しているのが、CryptoGT(クリプトGT)とBitMEX(ビットメックス)です。

CryptoGT(クリプトGT)とBitMEX(ビットメックス)はどちらも海外の取引所で、国内取引所より大きなレバレッジで取引できることが魅力となっています。

Bitflyer(ビットフライヤー)をはじめとする国内の取引所のレバレッジが縮小する傾向があり、今後海外取引所に目を向ける人が多くなりそうです。

中でもCryptoGT(クリプトGT)とBitMEX(ビットメックス)は国内ユーザーからも高い人気を誇っていますが、使い方やユーザーのトレード方法によって、おすすめの取引所は異なるといえるでしょう。

ここでは、CryptoGT(クリプトGT)とBitMEX(ビットメックス)をあらゆる角度から比較して見ました。

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

>>CryptoGT(クリプトGT)の登録がまだの方はこちらから(メールアドレスの登録で1分程度で登録可能です)

CryptoGT(クリプトGT)とBitMEX(ビットメックス)取引相手の比較

CryptoGT(クリプトGT)とBitMEX(ビットメックス)はどちらもレバレッジ取引ができる海外の取引所です。

しかし、売買を行う相手に大きな違いがあります。

CryptoGT(クリプトGT)は、販売所を相手に売買取引を行います。

一方のBitMEX(ビットメックス)は、ユーザー同士で売買を行うのです。

そのためBitMEX(ビットメックス)には、売り板・買い板がありますが、CryptoGT(クリプトGT)には板がありません。

そもそもの取引相手が異なるので、手数料やスプレッドなどにも大きな違いが生じています。

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

>>CryptoGT(クリプトGT)の登録がまだの方はこちらから(メールアドレスの登録で1分程度で登録可能です)

CryptoGT(クリプトGT)とBitMEX(ビットメックス)注文の通りやすさの違い

レバレッジ取引ができる取引所の多くで、「注文が通らない。」というトラブルが相次いでいます。

BitMEX(ビットメックス)はレバレッジ取引ができる取引所の中でも、比較的注文が通りやすいとは言われています。

しかし、こお最近はBitMEX(ビットメックス)も注文が通りにくくなってきたという口コミが増えているのです。

一方のCryptoGT(クリプトGT)は、サーバーへの負荷が少ないMT5というシステムが採用されています。

その結果、混雑時でもスムーズに注文が通りやすい仕組みになっているのです。

市場が動いている混雑時などは、CryptoGT(クリプトGT)を利用した方が注文が通りやすい可能性が高くなっています。

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

>>CryptoGT(クリプトGT)の登録がまだの方はこちらから(メールアドレスの登録で1分程度で登録可能です)

CryptoGT(クリプトGT)とBitMEX(ビットメックス)の取扱通貨の比較

CryptoGT(クリプトGT)とBitMEX(ビットメックス)には、取扱通貨、そして通貨ペアの数にも違いがあります。

BitMEX(ビットメックス)では、現在8種類の通貨ペアの取扱を行なっています。

一方のCryptoGT(クリプトGT)は、現在58種類の通貨ペアの取扱が行われています。

CryptoGT(クリプトGT)の詳しい取扱コインとそれぞれのペアはこちらで確認できます。

またBitMEX(ビットメックス)の場合は、どのコインでもビットコイン建てでの取引です。

しかしCryptoGT(クリプトGT)には、BTC建ての他にもETH建てやXRP建てなどアルトコイン建てのペアも用意されています。

さらにフィアット通貨の取扱もUSD建てだけではなく、JPY建てのペアもあるのです。

これは海外の取引所ではかなり珍しいといえるでしょう。

アルトコインをビットコインに交換することなく取引をスタートさせたい場合には、CryptoGT(クリプトGT)がおすすめです。

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

>>CryptoGT(クリプトGT)の登録がまだの方はこちらから(メールアドレスの登録で1分程度で登録可能です)

CryptoGT(クリプトGT)とBitMEX(ビットメックス)入金・出金できる通貨銘柄の比較

CryptoGT(クリプトGT)とBitMEX(ビットメックス)には、入出金に使える通貨にも違いがあります。

BitMEX(ビットメックス)では、入出金で利用できるのはBTCのみです。

そのため他の取引所のアルトコインを元値にするなら、一旦BTCに交換してから送金する必要があります。

一方のCryptoGT(クリプトGT)は、ETHやXRPなどを含む8種類の通貨での入出金が可能です。

アルトコインを利用するのであれば、CryptoGT(クリプトGT)の方が送金関係はスムーズでしょう。

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

>>CryptoGT(クリプトGT)の登録がまだの方はこちらから(メールアドレスの登録で1分程度で登録可能です)

CryptoGT(クリプトGT)とBitMEX(ビットメックス)レバレッジの比較

CryptoGT(クリプトGT)とBitMEX(ビットメックス)はどちらもはいレバレッジが魅力の取引所です。

しかし、掛けられるレバレッジの詳細はそれぞれに異なります。

BitMEX(ビットメックス)では最大100倍のレバレッジ取引が可能です。

しかし最大100倍のレバレッジが掛けられるのは、ビットコインのみとなっています。

コインによってもレバレッジの最大値は異なっており、アルトコインは最大で50倍のレバレッジです。

一方のCryptoGT(クリプトGT)は、最大200倍のレバレッジをアルトコインでもかけることができます。

またこれまでCryptoGT(クリプトGT)は、200倍のレバレッジが固定でしたが、現在ではレバレッジを変更することが可能です。

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

>>CryptoGT(クリプトGT)の登録がまだの方はこちらから(メールアドレスの登録で1分程度で登録可能です)

CryptoGT(クリプトGT)とBitMEX(ビットメックス)手数料の比較

CryptoGT(クリプトGT)とBitMEX(ビットメックス)は、それぞれ取引を行う相手が以下のように異なります。

  • CryptoGT(クリプトGT)...売買の相手はCryptoGT(クリプトGT)
  • BitMEX(ビットメックス)...売買の相手はBitMEX(ビットメックス)のユーザー

そのため、それぞれの手数料のあり方も大きく異なるのです。

CryptoGT(クリプトGT)の手数料


海外取引所として人気のあるCryptoGT(クリプトGT)とBitMEX(ビットメックス)。

特にBitMEX(ビットメックス)では成行注文の手数料の高さが口コミで話題になっていますが、比較するとCryptoGT(クリプトGT)の方が成行注文の場合には手数料が安く済むことがあるようです。

そのため状況や注文方法によって、取引所を変えていくのも1つの方法であるといえるでしょう。

最近「手数料が安くなった」という口コミも多いCryptoGT(クリプトGT)の手数料の特徴は以下の通りです。

  • 注文方法に関わらず、ポジションを持つ手数料は無料
  • 以前はスプレッドが広めだったが、かなり狭く変更された
  • スワップポイントもおよそ0.4%から0.08%へ変更された

CryptoGT(クリプトGT)は、ポジションを持つこと自体で手数料がかかることはありません。

しかし取引所を相手に取引をするので、スプレッド幅やスワップポイントが手数料として徴収されます。

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

>>CryptoGT(クリプトGT)の登録がまだの方はこちらから(メールアドレスの登録で1分程度で登録可能です)

スプレッドとは、売値と買値の差額のことです。

以前は、BTC/JPYのスプレッド5600円ほどだったのが、現在では1500円までに縮まっています。

またBTC/USDのスプレッドも65ドル→14ドルまで縮まりました。

以前はスプレッドが広めと言われていたCryptoGT(クリプトGT)ですが、現在はかなり狭くなったことがわかりますね。

以前に比べて売値と買値の差がなくなってきているので、利益を出しやすくなったといえるでしょう。

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

>>CryptoGT(クリプトGT)の登録がまだの方はこちらから(メールアドレスの登録で1分程度で登録可能です)

また、スワップポイントに関してもBTC/JPYで0.4%→0.08%、BTC/USDで0.38%→0.08%と掛け率が低くなっています。

スワップポイントは、ポジションを持ったまま一定期間が過ぎるとかかる利子のようなものです。

よってスワップポイントが低いということは、同じ時間ポジションを持つなら利子が安くなることを意味します。

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

>>CryptoGT(クリプトGT)の登録がまだの方はこちらから(メールアドレスの登録で1分程度で登録可能です)

BitMEX(ビットメックス)の手数料

BitMEX(ビットメックス)でポジションを持つことによってかかってくる手数料は、以下のものがあります。

  • メイカー手数料(指値手数料)...-0.0250%
  • テイカー手数料(成行手数料)...0.0750%
  • ビットコイン決済手数料...0.05%
  • アルトコイン決済手数料...0.25%
  • 資金調達手数料...常時変動

BitMEX(ビットメックス)の手数料の大きな特徴といえるのが、メイカー(テイカー)手数料です。

BitMEX(ビットメックス)では成行注文が成立すると、テイカー手数料を支払う必要があります。

しかし指値注文が通った場合には、メイカー手数料が発生します。

そして、このメイカー手数料の表記はマイナスになっていますよね。

つまり、指値注文で一度板に並んだ注文が通るとメイカー手数料が発生し、手数料をもらえることになるのです。

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

>>CryptoGT(クリプトGT)の登録がまだの方はこちらから(メールアドレスの登録で1分程度で登録可能です)

よって、BitMEX(ビットメックス)では、注文方法次第では手数料で元金を増やすこともできるのです。

ただし、指値注文は必ず注文が成立するとは限りません。

また、指値で注文しても板に並ばずにすぐに成立してしまった注文に関しては「成行」と見なされます。

この場合にはメイカー手数料ではなく、テイカー手数料が発生しますので注意してください。

CryptoGT(クリプトGT)とBitMEX(ビットメックス)の比較を分かりやすく解説まとめ

今回はCryptoGT(クリプトGT)とBitMEX(ビットメックス)の比較を分かりやすく解説してきました。

CryptoGT(クリプトGT)とBitMEX(ビットメックス)にはどちらにもメリット・デメリットが存在します。

両方の特性をしっかりと把握して、自分のトレードしやすい方を利用していくようにしましょう。

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

>>CryptoGT(クリプトGT)の登録がまだの方はこちらから(メールアドレスの登録で1分程度で登録可能です)

【下げ相場・BTCの価格の下落で稼げる「BitMEX」】

BitMEXは追証無しで100倍迄レバレッジ取引可能な取引所です。BTCFXではショート(売り)から入る事が出来るので現物取引では出来ない「下げ相場」でも稼ぐ事が出来るのが大きな特徴となっています(今現在利益を上げているトレーダーの多くがショート勢です)
ゼロカットを搭載しており資産がマイナスになる心配が無い事や、世界一取引量のある取引所なので板が厚く、サーバーも安定している為専業のトレーダーにも使われている取引所です

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

「BitMEX(ビットメックス)の登録方法と使い方を分かりやすく解説」

「BitMEX(ビットメックス)の手数料について分かりやすく解説」

「BitMEX(ビットメックス)のレバレッジ取引(FX)のやり方と手数料」

「BitMEX(ビットメックス)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説」

【BitMEXと合わせて登録しておきたいレバレッジ最大200倍アルトコインFXも魅力のCryptoGT】

追証なしでレバレッジ最大200倍(調整可)、MT5導入、取扱通貨7種類。スプレッドとスワップポイントが大幅に(1/4程度に)下がり専業トレーダーの方の間でも評判が高まっているBTCFX専門の取引所です。BitMEXをメインに次点で合わせて登録しておきたい取引所です

>>CryptoGT(クリプトGT)の登録がまだの方はこちらから(メールアドレスの登録で1分程度で登録可能です)

「CryptoGT(クリプトGT)の登録方法と使い方を分かりやすく解説」

【ZERO/ゼロからはじめるビットコイン運営者】

初心者でもゼロから仮想通貨について学べる様に分かりやすい仮想通貨情報の発信を心掛けています

-CryptoGT(クリプトGT)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.