ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています







【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

【下げ相場・BTCの価格の下落で稼げる「BitMEX」】

BitMEXは追証無しで100倍迄レバレッジ取引可能な取引所です。BTCFXではショート(売り)からも入る事が出来るので現物取引では出来ない「下げ相場」でも稼ぐ事が出来るのが大きな特徴となっています(今現在利益を上げているトレーダーの多くがショート勢です)
ゼロカットを搭載しており資産がマイナスになる心配が無い事や世界一取引量のある取引所なので板が厚く、サーバーも安定している為専業のトレーダーにも使われている取引所です

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

「BitMEX(ビットメックス)の登録方法と使い方を分かりやすく解説」

「BitMEX(ビットメックス)の手数料について分かりやすく解説」

「BitMEX(ビットメックス)のレバレッジ取引(FX)のやり方と手数料」

「BitMEX(ビットメックス)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説」

CryptoGT(クリプトGT)

CryptoGT(クリプトGT)の手数料を分かりやすく解説

投稿日:

【下げ相場・BTCの価格の下落で稼げる「BitMEX」】

世界一の取引量を誇る「BitMEX」ではBTCFXのショート(売り)から入る事で「下げ相場」でも稼ぐ事が可能です。BTCFXであればビットコインの価格が下がっている時が稼ぎ時にもなりますので登録がまだの方はぜひ登録して試してみて下さい

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

【下げ相場・BTCの価格の下落で稼げる「BitMEX」】

世界一の取引量を誇る「BitMEX」ではBTCFXのショート(売り)から入る事で「下げ相場」でも稼ぐ事が可能です。BTCFXであればビットコインの価格が下がっている時が稼ぎ時にもなりますので登録がまだの方はぜひ登録して試してみて下さい

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

海外の仮想通貨取引所であるCryptoGT(クリプトGT)をこれから利用してみたいという人も多いのではないでしょうか。

レバレッジ取引ができる海外の仮想通貨取引所は、国内取引所よりもかなり高いレバレッジをかけてトレードできるところが多くなっています。

そしてCryptoGT(クリプトGT)でも、最大200倍のレバレッジ取引を行う事が可能です。

ハイレバレッジ取引ができる取引所は、大きな利益を得られるチャンスも多くなりますよね。

しかし、そんな取引所だからこそ気になってくるのが手数料ではないでしょうか。

そこで今回は、CryptoGT(クリプトGT)の手数料について分かりやすく解説していきます。

CryptoGT(クリプトGT)の手数料を分かりやすく解説

最大200倍のレバレッジ取引ができ、サーバーも強く注文が通りやすいとレバレッジトレーダーからも好評を得ているCryptoGT(クリプトGT)。

使い勝手に関してはかなり高い評価を得ているようですが、気になるのは取引で発生する手数料です。

CryptoGT(クリプトGT)では、基本的に以下のような手数料は発生しません。

  • 入金・出金のための手数料(トランザクションのマイナーフィーは除く)
  • ポジションを持つ事自体に発生する取引手数料

このように説明すると、CryptoGT(クリプトGT)は基本的に手数料が無料で使えると思ってしまう人もいるでしょう。

しかし、CryptoGT(クリプトGT)では、以下のような部分から手数料となるものを徴収しています。

  • スプレッド(売値と買値の差額)
  • スワップ手数料(レバレッジ手数料)

それでは次項よりそれぞれについて詳しくみていきましょう。

>>CryptoGT(クリプトGT)の登録がまだの方はこちらから(メールアドレスの登録で1分程度で登録可能です)

CryptoGT(クリプトGT)の手数料となるスプレッド

CryptoGT(クリプトGT)で取引を行う際に手数料とみなされる1つ目のものがスプレッド幅です。

スプレッドとは、売値と買値の差額のことをさします。

CryptoGT(クリプトGT)のチャートをみてみるとわかりますが、同じタイミングでも売値と買値が異なることがわかりますよね。

売り(SELL)が0.06617なのに対し、買い(BUY)は0.06639です。

このように売りと買いの間に発生する差額をスプレッドと呼びます。

>>CryptoGT(クリプトGT)の登録がまだの方はこちらから(メールアドレスの登録で1分程度で登録可能です)

CryptoGT(クリプトGT)のスプレッド幅は、他の取引所に比べて広めだという口コミが多くなっています。

しかしこれには、CryptoGT(クリプトGT)の取引所としてのあり方が大きく関係しているのです。

そもそもCryptoGT(クリプトGT)はBitMEX(ビットメックス)やBitflyer lighitning(ビットフライヤーライトニング)のようにユーザー同士が取引を行う取引所ではありません。

売買を行うユーザーの相手となるのは常にCryptoGT(クリプトGT)、つまり取引所です。

CryptoGT(クリプトGT)は、取引所というよりも販売所として売買のスタイルを形成しています。

そのため、ユーザー同士の売買よりも注文が通りやすく利用しやすくなっている分、スプレッド幅が広めに設定されているのです。

>>CryptoGT(クリプトGT)の登録がまだの方はこちらから(メールアドレスの登録で1分程度で登録可能です)

スプレッドが広めと言われていたCryptoGT(クリプトGT)ですが、2018年9月ではCryptoGT(クリプトGT)のスプレッド幅が大幅に変更され狭くなりました。

そのため2018年後半の口コミを調べていると、「CryptoGT(クリプトGT)のスプレッドは狭い」という口コミが多くなっています。
>>CryptoGT(クリプトGT)の登録がまだの方はこちらから(メールアドレスの登録で1分程度で登録可能です)

しかし、2019年の4月頃からは再びスプレッドが広いという口コミが多くなり、一時的にはエントリーできないほどのスプレッド幅になっていたようです。

このようなことからも、CryptoGT(クリプトGT)のスプレッドはタイミングによってかなり差があるといえるでしょう。

注文を出す際には、必ずスプレッドの幅を確認してからエントリーしてください。

>>CryptoGT(クリプトGT)の登録がまだの方はこちらから(メールアドレスの登録で1分程度で登録可能です)

CryptoGT(クリプトGT)の手数料となるスワップ手数料

スワップ手数料は各取引所によって若干定義が異なる手数料です。

CryptoGT(クリプトGT)の場合には、一定期間を超えてポジションを持ち越す時に発生する手数料のことをさしています。

CryptoGT(クリプトGT)のスワップ手数料は、日本時間のAM6時にポジションを持ち越すことにより発生する設定です。

そして、水曜日にはスワップが3倍になるので注意してください。

また、スワップ手数料は以下の計算式を用いて求めることができます。

「スワップ手数料=スワップレート×価格×取引量÷100÷360」

なお、スワップレートに関しても、それぞれの通貨ペアでレートが異なるので、公式サイトの一覧表を確認してみると良いでしょう。

なお、ロングスワップとショートスワップは以下のような意味を持ち合わせています。

  • ロングスワップ...買いポジションを持っている場合に発生するスワップ
  • ショートスワップ...売りポジションを持っている場合に発生するスワップ

>>CryptoGT(クリプトGT)の登録がまだの方はこちらから(メールアドレスの登録で1分程度で登録可能です)

CryptoGT(クリプトGT)スワップ手数料の計算例

それでは実際にスワップ手数料の計算方法の具体例を見ていきましょう。

BTC/JPYの通貨ペアでショートポジションを100万円分持っている場合

BTC/JPYの通貨ペアでショートポジションを100万円分持っている場合のスワップ手数料の計算方法です。

まずは、CryptoGT(クリプトGT)の通貨ペア詳細で、「BTC/JPY」のショートスワップ(ショートポジションなので)を確認します。

BTC/JPYのショートスワップ手数料は「-27」です。

次に以下の計算式に実際に数字を当てはめていきます。

「スワップ手数料=スワップレート×価格×取引量÷100÷360」

(スワップレート)-27×(価格)100万円×(取引量)1÷100÷360=-750

つまり、このポジションを持ったまま日本時間のAM6時を過ぎる度に750円のスワップ手数料が発生するということになります。

また、毎週水曜日はスワップが3倍になるので、「750円×3=2250円」にアップします。

ポジションを持つ曜日によってもスワップの価格はかなり変わりますので注意してください。

>>CryptoGT(クリプトGT)の登録がまだの方はこちらから(メールアドレスの登録で1分程度で登録可能です)

CryptoGT(クリプトGT)の手数料は他の取引所と比べて高いのか安いのか

ここまでCryptoGT(クリプトGT)の主な手数料であるスプレッドとスワップについて説明してきました。

CryptoGT(クリプトGT)では、通貨ペアやポジションを持つタイミングによってスプレッドやスワップが変化します。

そのため、毎回ポジションを持つ度に必ず同じ手数料が発生するという訳ではありません。

しかし手数料が毎回変化するとしても、気になるのは他取引所よりも手数料が高いのか安いのかではないでしょうか。

ここでは、実際にCryptoGT(クリプトGT)を使用している人の手数料に関する口コミを集めてみました。

>>CryptoGT(クリプトGT)の登録がまだの方はこちらから(メールアドレスの登録で1分程度で登録可能です)

CryptoGT(クリプトGT)では、2018年9月にスプレッドやスワップ手数料に関する条件が変更になっています。

この変更に伴い、取引でかかってくる手数料が以下の例ようにかなり安くなったという口コミが多くなりました。

  • BTC/JPYスプレッド 5600円→1500円スワップポイント 0.4%→0.08%
  • BTC/USDスプレッド 65ドル→14ドルスワップポイント 0.38%→0.08%

このような変更により、国内取引所を使用するのであれば、CryptoGT(クリプトGT)の方がお得に使えると言う人も増えてきています。

ただし現在のところ、同じ海外のレバレッジ取引可能な取引所であるBitMEX(ビットメックス)に比べると手数料が高くつくと言う人が多いようですね。

「CryptoGT( クリプトGT)のレバレッジ取引(FX)のやり方と手数料」

>>CryptoGT(クリプトGT)の登録がまだの方はこちらから(メールアドレスの登録で1分程度で登録可能です)

海外のレバレッジ取引ができる取引所と言うことで、CryptoGT(クリプトGT)と比べられることの多いのがBitMEX(ビットメックス)です。

BitMEX(ビットメックス)の手数料もポジションやタイミングによって異なってきますが、主な特徴として指値と成行の手数料の違いがあります。

BitMEX(ビットメックス)の場合、成行注文は手数料が発生しますが、指値注文の場合は手数料をもらうことができます。

そのため、注文の出し方次第でもCryptoGT(クリプトGT)とBitMEX(ビットメックス)の手数料がどちらが高いのかは異なります。

「CryptoGT(クリプトGT) の追証とロスカット証拠金維持率を分かりやすく解説」

>>CryptoGT(クリプトGT)の登録がまだの方はこちらから(メールアドレスの登録で1分程度で登録可能です)

注文の方法や注文のタイミングによっても、BitMEX(ビットメックス)とCryptoGT(クリプトGT)どちらが手数料が高いかは異なります。

ただし、注文の通りやすさは現在のところCryptoGT(クリプトGT)の方が通りやすいと言われています。

そのため、注文の通りやすさなど総合的に考えると、今のところCryptoGT(クリプトGT)の方が使い勝手が良いと言う口コミが多いようです。

「CryptoGT(クリプトGT) の追証とロスカット証拠金維持率を分かりやすく解説」

CryptoGT(クリプトGT)の手数料を分かりやすく解説まとめ

今回はCryptoGT(クリプトGT)の手数料をわかりやすく解説してきました。

CryptoGT(クリプトGT)には、入出金手数料や取引手数料は存在しません。

その代わりスプレッドやスワップなど実質手数料となるものが発生するようになっています。

また、ポジションを持つ通貨ペアやポジションを持つタイミングによってもスプレッドやスワップの発生する金額が異なります。

まずはCryptoGT(クリプトGT)での自分の取引スタイルを見直し、自分のスタイルに見合った手数料で取引できるかどうかを確認してみると良いでしょう。

>>CryptoGT(クリプトGT)の登録がまだの方はこちらから(メールアドレスの登録で1分程度で登録可能です)

→CryptoGT(クリプトGT)の他にも押さえておきたい関連記事

「CryptoGT(クリプトGT)の登録方法と使い方を分かりやすく解説」

「CryptoGT( クリプトGT)のレバレッジ取引(FX)のやり方と手数料」

「CryptoGT(クリプトGT) の追証とロスカット証拠金維持率を分かりやすく解説」

【下げ相場・BTCの価格の下落で稼げる「BitMEX」】

BitMEXは追証無しで100倍迄レバレッジ取引可能な取引所です。BTCFXではショート(売り)から入る事が出来るので現物取引では出来ない「下げ相場」でも稼ぐ事が出来るのが大きな特徴となっています(今現在利益を上げているトレーダーの多くがショート勢です)
ゼロカットを搭載しており資産がマイナスになる心配が無い事や、世界一取引量のある取引所なので板が厚く、サーバーも安定している為専業のトレーダーにも使われている取引所です

>>BitMEX(ビットメックス)登録がまだの方はこちらから(当サイトから「BitMEX」登録で6ヶ月間手数料が10%offになります)

「BitMEX(ビットメックス)の登録方法と使い方を分かりやすく解説」

「BitMEX(ビットメックス)の手数料について分かりやすく解説」

「BitMEX(ビットメックス)のレバレッジ取引(FX)のやり方と手数料」

「BitMEX(ビットメックス)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説」

【BitMEXと合わせて登録しておきたいレバレッジ最大200倍アルトコインFXも魅力のCryptoGT】

追証なしでレバレッジ最大200倍(調整可)、MT5導入、取扱通貨7種類。スプレッドとスワップポイントが大幅に(1/4程度に)下がり専業トレーダーの方の間でも評判が高まっているBTCFX専門の取引所です。BitMEXをメインに次点で合わせて登録しておきたい取引所です

>>CryptoGT(クリプトGT)の登録がまだの方はこちらから(メールアドレスの登録で1分程度で登録可能です)

「CryptoGT(クリプトGT)の登録方法と使い方を分かりやすく解説」

【ZERO/ゼロからはじめるビットコイン運営者】

初心者でもゼロから仮想通貨について学べる様に分かりやすい仮想通貨情報の発信を心掛けています

-CryptoGT(クリプトGT)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.