ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

CryptoGT(クリプトGT)

CryptoGT(クリプトGT)の手数料を分かりやすく解説

更新日:

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

CryptoGT(クリプトGT)ではどのような手数料がどのくらいかかるの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

高額ボーナスや最大レバレッジ500倍を誇るCryptoGT(クリプトGT)は、仮想通貨FXで利益獲得を目指しやすい取引所です。

CryptoGT(クリプトGT)では58種類もの仮想通貨に加え、外国為替FXやCFDでもFXできるためご利用を検討する方もいるはずです。

そこで気になるのがCryptoGT(クリプトGT)の手数料でしょう。

CryptoGT(クリプトGT)の手数料を分かりやすく解説

CryptoGT(クリプトGT)で発生する手数料は以下3種類で、トレードのコストとして負担しなければいけません。

  • スプレッド(売買手数料・取引手数料):トレードごとに発生
  • スワップポイント(レバレッジ手数料):4時間ごとに発生
  • 入金手数料・出金手数料:入金や出金時に発生

CryptoGT(クリプトGT)は仮想通貨メインのFX取引所であるものの、外国為替FXやCFD・株式指数などでもトレードできるハイブリッドFX取引所です。

スプレッドや入出金手数料は、仮想通貨FXも外国為替FXなども同一の設定ですが、スワップポイントについては発生時間や割合が異なります。

こちらでは仮想通貨FXをメインに、CryptoGT(クリプトGT)の各手数料についてみていきます。

CryptoGT(クリプトGT)の売買手数料、スプレッド

CryptoGT(クリプトGT)の売買手数料をスプレッドと言います。

スプレッドとは、仮想通貨FXで片道取引するごとに発生する取引手数料をさし、残高から相殺されます。

CryptoGT(クリプトGT)では、売値と買値の差額が売買手数料、すなわちスプレッドをさします。

スプレッドは変動制の売買手数料で、刻一刻と変化し取引所ごとに異なります。

CryptoGT(クリプトGT)の主要通貨であるビットコインとイーサリアムのスプレッドは以下の通りです。

  • BTC/USD:2.66
  • ETH/USD:0.4

CryptoGT(クリプトGT)の売買手数料は、単純に買値と売値の差額をさしますが、他社では異なるパターンもあります。

たとえばBybitのビットコインの売買手数料は、Taker0.075%またはMaker-0.075%で計算します。

CryptoGT(クリプトGT)の売買手数料は、シンプルで把握しやすいのが特徴でしょう。

以下、CryptoGT(クリプトGT)と他社のBTC/USDのスプレッドを比較しています。

  • CryptoGT(クリプトGT):2.66
  • Bybit:6.97
  • FXGT:2.74

CryptoGT(クリプトGT)は、Bybitと比較すると圧倒的なスプレッドの狭さです。

FXGTとCryptoGT(クリプトGT)は互角ではあるものの、CryptoGT(クリプトGT)のほうが狭いです。

CryptoGT(クリプトGT)のレバレッジ手数料、スワップポイント

スワップポイントとはレバレッジ手数料をさし、ポジションを保有することで発生するFX取引独自の手数料です。

CryptoGT(クリプトGT)の仮想通貨FXでは、1日6回、4時間ごとにスワップポイントが発生し、利益から相殺されます。

スワップポイントの発生時間は、日本時間の1・5・9・13・17・21時です。

CryptoGT(クリプトGT)公式にはレバレッジ手数料の発生時間をサーバー時間で表示しているため、日本時間とは異なります。

ちなみにレバレッジ手数料であるスワップポイントは、上の時間帯にポジションを保有していた場合にのみ発生します。

よって上の時間帯をまたぐ時間帯に、CryptoGT(クリプトGT)のポジションを決済してしまえば、レバレッジ手数料は発生しません。

仮想通貨は24時間取引可能であるため、土日曜日もレバレッジ手数料が発生します。

以下はCryptoGT(クリプトGT)の仮想通貨FXのスワップレート一例です。

  • BTC:売りスワップ-0.0085% 買いスワップ-0.0100%
  • ETH:売りスワップ-0.0111% 買いスワップ-0.0101%

以下は他社のレバレッジ手数料一例です。

  • FXGT:売りスワップ -0.0105% 8時間ごと
  • bybit:-0.375~-0.001%、または0.001%~0.375%の変動制 8時間ごと

レバレッジ手数料であるスワップポイントは、変動制ですしスワップレートや発生回数が各社異なるため、CryptoGT(クリプトGT)と比較するのが難しいのが事実です。

CryptoGT(クリプトGT)のスワップポイントは【スワップポイント:ロット数×スワップレート×証拠金の価格÷100】で計算できます。

CryptoGT(クリプトGT)の外国為替FXのレバレッジ手数料

ちなみにCryptoGT(クリプトGT)の外国為替FXやCFDのレバレッジ手数料設定は、仮想通貨FXと異なります。

仮想通貨FXではみかけないプラススワップですが、CryptoGT(クリプトGT)の外国為替FXでは見受けられます。

プラススワップの場合は、割合に応じたスワップポイントを獲得できます。

  • EUR/USD:売りスワップ-6.34 買いスワップ0.32
  • USD/JPY:売りスワップ-0.43 買いスワップ-3.63

たとえばCryptoGT(クリプトGT)でEUR/USDの買いポジションを保有していたとしましょう。

買いスワップが0.32とプラス表示されていますので、レバレッジ手数料を支払うのではなく獲得できます。

外国為替FXのスワップ発生時間は、1日1回・日本時間の6時です。

外国為替FXは取引時間が、日本時間の月曜日7時5分から土曜日の6時55分(サマータイムは月曜6時5分から土曜5時55分)まです。

土日はCryptoGT(クリプトGT)の休日ですのでレバレッジ手数料は発生しませんが、そのぶん水曜日のスワップポイントが3倍発生します。

CFDや株式指数も仮想通貨FXや外国為替FXとはスワップポイント設定が異なりますので、ご注意ください。

CryptoGT(クリプトGT)の入金手数料・出金手数料

CryptoGT(クリプトGT)では入金手数料・出金手数料ともに無料です。

ただし入金時には、別途トランザクション手数料が必要です。

トランザクション手数料は、仮想通貨の送金手続き処理を行うマイナーに支払う手数料です。

手数料を多くするほどCryptoGT(クリプトGT)の送金処理をスピーディに完結してくれます。

トランザクション手数料を少なくしたばかりに、CryptoGT(クリプトGT)への入金手続きが遅くなってしまうこともありますので、ご注意ください。

明確にいくらがベストとは言えませんが、0.0001BTCを目安にするとよいかもしれません。

CryptoGT(クリプトGT)の手数料を分かりやすく解説まとめ

CryptoGT(クリプトGT)の手数料を解説しました。

トレードごとに発生する取引手数料のスプレッド、ポジション保有時間帯によって発生するレバレッジ手数料のスワップポイントが、CryptoGT(クリプトGT)のトレード手数料です。

CryptoGT(クリプトGT)への入金手数料として、マイニング手数料が発生することも心得ておきましょう。

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

-CryptoGT(クリプトGT)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.