ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

ビットコインFX(BTCFX)

ビットコインFX(BTCFX)のチャートの見方と使い方を分かりやすく解説

更新日:

【ボーナスが手厚いおすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから

【2位】Bybitの詳細ページはこちらから

【3位】Bitterzの詳細ページはこちらから

【4位】Binanceの詳細ページはこちらから

ビットコインFX(BTCFX)のチャートの見方はどのようにしたらいいの?

チャートの使い方がよくわからない。

あなたは今、このようにお考えですよね。

ビットコインFX(BTCFX)のチャートは、値動きを確認する以外に、どのような使い方をしたらいいのかわからないという方も少なくないはずです。

そもそも投資ははじめてなので、チャートの見方がよくわからないという方もいるでしょう。

ビットコインFX(BTCFX)のチャートの見方と使い方を分かりやすく解説

ビットコインFX(BTCFX)のチャートの見方を覚えると、過去の値動きから今後の動きを予測する使い方ができるようになります。

そのためにはビットコインFX(BTCFX)の基礎知識をはじめ、テクニカルチャート分析の知識も必要になります。

まずは参考書を準備して、ビットコインFX(BTCFX)とチャート分析とファンダメンタルズ分析について基礎知識をつけてください。

ここではチャート分析の知識があることを大前提として、ビットコインFX(BTCFX)のチャートの見方と使い方について解説していきましょう。

ビットコインFX(BTCFX)のチャートの見方と使い方 ローソク足

ビットコインFX(BTCFX)のチャートの見方と使い方の基本として、まずはじめに覚えておきたいのがローソク足です。

ローソク足は2色に色分けされており、取引所によって異なるものの、色に応じて見方が異なります。

上昇相場は陽線、下落相場を陰線と言い、上のローソク足を例にすると、緑が陽線で、赤が陰線という見方ができます。

ローソク足の長方形と上下に伸びる直線にも意味があり、陽線と陰線で見方は異なります。

陽線の場合、長方形の底辺が始値・上辺が終値を示しており、陰線の場合は上辺が始値・底辺が終値という見方をします。

長方形から上に伸びる線は高値、下の線は安値という見方をします。

ローソク足ひとつには、これだけの情報が盛り込まれているため、見方を覚えることで、ビットコインFX(BTCFX)の相場分析に役立つ使い方ができるでしょう。

ビットコインFX(BTCFX)のチャートの見方と使い方 時間足

ビットコインFX(BTCFX)のチャートの見方と使い方で重要なものは時間足の変更です。

時間足とはローソク足ひとつぶんの時間を示しているため、チャートが示す時間の見方を変えることができます。

チャートの時間足を変更することで、短期相場から長期相場まで、ニーズに合ったチャートを確認する使い方ができるでしょう。

スキャルピング・デイトレード・スイングトレードと、ビットコインFX(BTCFX)の手法に適した相場の見方や使い方ができます。

ビットコインFX(BTCFX)のチャートの見方と使い方 インジケーター

ビットコインFX(BTCFX)のチャートの見方はインジケーターの挿入で、相場状況を把握しやすくする使い方ができます。

インジケーターには種類があり、ビットコインFX(BTCFX)のトレンドを把握するためのトレンド系インジケーターでは「平均移動線」などがあります。

もうひとつはビットコインFX(BTCFX)が売られすぎか買われすぎなのかを示す、「RSI」などのオシレーター系インジケーターもあります。

インジケーターによってチャートの相場状況の見方が異なり、ビットコインFX(BTCFX)の値動きが示す相場状況を把握する使い方ができます。

ビットコインFX(BTCFX)のチャートの見方と使い方 トレンドライン・水平線

インジケーターの他にも、チャートにトレンドラインや水平線を挿入して、ビットコインFX(BTCFX)の高値や底値を把握する見方ができます。

チャートのラインツールは、トレンドラインや水平線だけでなく、ピッチフォークなどさまざまなラインや図形を挿入する使い方も可能です。

ラインの使い方は、チャートエリアの左側にツールボックスが表示されるため、任意のラインや図形を選択してください。

ビットコインFX(BTCFX)のチャートの見方と使い方 チャートの種類

取引所に応じてチャートの種類は異なるものの、基本的にビットコインFX(BTCFX)のチャートの見方や構成はほぼ共通しています。

基本的にチャート分析ではローソク足を用いますが、バーチャートやラインチャートに変更して見方を変える使い方も可能です。

チャートの種類を変更する使い方は、チャートエリア上部の「チャートの種類」アイコンから任意のものを選択しましょう。

ビットコインFX(BTCFX)の異なるチャートであっても見方・使い方は同じ

ビットコインFX(BTCFX)の取引所に応じて異なるチャートを採用していますが、どれも見方や分析に関する使い方はほぼ共通しています。

チャートは各取引所が採用するトレーディングプラットフォームに実装されている機能のひとつになります。

Binanceは取引所独自のチャートの他、国内外の仮想通貨取引所が採用するTradingViewのチャートも利用可能です。

世界的に知名度の高いTradingViewは優れたチャート分析機能の実装により、独自プラットフォームでは利用できない分析機能の使い方も可能でしょう。

独自プラットフォーム・TradeViewともにアプリ版を採用しており、ブラウザ版の場合はTradingView・Binanceのチャートともにインストール不要で使い方もスムーズです。

Bybitは、取引所独自のチャート分析ツールを採用し、アプリ版も利用可能、PC版はインストール不要です。

CryptoGTは、世界的取引プラットフォームとしてプロ投資家が利用するMT4の後継版、MT5を採用しており、アプリ版のチャートの使い方もほぼ共通と考えてよいでしょう。

ただしMT5はPC版・アプリ版ともにインストールは必要と考えおいてください。

どこのチャートも見方や使い方はほぼ同じと考えてよいですが、使い始めるまでのインストールについては、取引所やアプリ版・PC版で異なると考えておきましょう。

ビットコインFX(BTCFX)のチャートの見方と使い方を分かりやすく解説まとめ

ビットコインFX(BTCFX)のチャートの見方と使い方について解説しました。

チャートの見方はビットコインFX(BTCFX)の値動きを確認することはもちろんですが、チャート分析に沿った使い方をしてこそ役立ちます。

こちらではビットコインFX(BTCFX)のチャートの見方と操作面における基本的な使い方を解説しましたが、それだけでは意味がありません。

まずはチャート分析の知識をつけるために参考書やセミナーなどを活用して、ビットコインFX(BTCFX)の基礎知識とチャート分析を勉強することからスタートさせましょう。

-ビットコインFX(BTCFX)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.