ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

ビットコインFX(BTCFX)

ビットコインFX(BTCFX)の両建てを分かりやすく解説

投稿日:

【おすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】CryptoGTの詳細ページ

【2位】FTXの詳細ページはこちらから

【3位】Binance Futuresの詳細ページはこちらから

【4位】Bybitの詳細ページはこちらから

ビットコインFX(BTCFX)の両建てって、どのような手法なの?

両建てを禁止している取引所はあるの?ビットコインFX(BTCFX)の両建てを認めている取引所を知りたい。

ビットコインFX(BTCFX)の両建てのやり方は、どのようにすればいいの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

ここではビットコインFX(BTCFX)の両建てについて詳しく解説します。

ビットコインFX(BTCFX)の両建てを分かりやすく解説

ビットコインFX(BTCFX)の両建てとは?

ビットコインFX(BTCFX)の両建てとは、ビットコインの買い注文(ロング)と売り注文(ショート)を同じタイミングで行い、ポジションを保有するトレード手法です。

レートが相反するロングとショートを同時に保有することで、ビットコインFX(BTCFX)のレートが上昇・下落のどちらに進んでも、利益と損失を相殺することができます。

損益が0円になるのであれば、ビットコインFX(BTCFX)の両建てを無意味だとお考えになる方もいるでしょう。

たしかにビットコインFX(BTCFX)の本来の目的は利益をめざすことです。

一方両建ての目的は、いざビットコインFX(BTCFX)の相場の動きが明確になったときに備えておくことです。

あらかじめロングとショートの両方でポジションを建てておけば、ビットコインFX(BTCFX)の相場の方向性が明確になったときに、損失方向のポジションを決済してトレンドに乗ることができるのです。

両建てではなく、ビットコインFX(BTCFX)の相場の方向性が明確になったときに、利益方向へポジションをひとつ建てればよいのでは?このようにお考えの方もいるでしょう。

相場が明確になったタイミングで注文を行ったとしても、スリッページによって思わぬレートで約定されてしまう可能性があります。

両建てをしておけば、すでに約定されているポジションを維持し続けられるため、スリッページの影響を受けることがありません。

損失方向のポジションを損切りし、トレンド方向のポジションを育てて利益獲得を目指せるのが、ビットコインFX(BTCFX)の両建ての目的と言えるでしょう。

ビットコインFX(BTCFX)の両建てを認めている取引所とやり方

では実際にビットコインFX(BTCFX)の両建てを始めるためには、両建てを認めている取引所を利用する必要があります。

海外取引所では両建てを禁止する取引所は少ないですが、国内取引所の中には両建てを禁止する業者も存在します。

ビットコインFX(BTCFX)に適しているCryptoGT・FTX・Bybitなどは、両建てトレードを認めています。

ビットコインFX(BTCFX)の両建てを認めている取引所:CryptoGT

CryptoGTは、最大500倍のレバレッジでビットコインFX(BTCFX)トレードができます。

取引プラットフォームは、テクニカルチャート分析や注文において充実した機能が搭載されているMT5を採用。

CryptoGTの両建てはMT5のワンクリックオーダー機能を有効にし、各売買ボタンをクリックするだけで、ロングとショートをほぼ同じタイミングで建てることができます。

両建てのポジション決済もワンクリックで行えるため、CryptoGTはビットコインFX(BTCFX)の両建てに適していると言えるでしょう。

ただしワンクリックオーダーを有効にする方法は、「ツール」から「オプション」を選択し、「取引」タブの「ワンクリック注文」へチェックしてください。

ビットコインFX(BTCFX)の両建てを認めている取引所:FTX

FTXは最大101倍のレバレッジでビットコインFX(BTCFX)トレードができます。

先物取引は101倍のレバレッジで両建てできますが、FTXのセールス商品であるレバレッジトークンでも両建て可能です。

レバレッジトークンとは、あらかじめレバレッジ倍率とロング・ショートのポジションが決まっている、FTX独自のトレード商品ですが、異なる条件のポジションを保有して両建てできます。

無期限先物取引・期限付き先物取引・MOVE取引・現物取引など、さまざまなビットコインFX(BTCFX)商品で両建てできるのが、FTX独自のメリットです。

ただしレバレッジによって、出来高が異なることにご注意ください。

FTXは独自のプラットフォーム上にて、ロングとショートをそれぞれ注文することで両建てできます。

両建ての決済方法は「Reduce Only」ボタンをオンにしたのち、反対売買を行いましょう。

ビットコインFX(BTCFX)の両建てを認めている取引所:Bybit

Bybitは最大100倍のレバレッジでビットコインFX(BTCFX)トレードができます。

両建てはUSDT無期限契約のみ対応しており、BybitのビットコインFX(BTCFX)はBTC/USDTで両建てトレード可能です。

「参入注文」から注文を行い、ロングとショートを建てましょう。

米ドル建てでトレード可能なインバース無期限契約は、両建てに対応していません。

インバース無期限契約で両建てすると、反対売買とみなされてしまい、ポジションが決済されてしまいます。

ただしUSDT無期限契約とUSD建てインバース無期限でなら、ビットコインFX(BTCFX)の両建て風トレードが可能です。

ビットコインFX(BTCFX)の両建ての注意点

ビットコインFX(BTCFX)の両建ての注意点は、証拠金やスプレッド・スワップポイント負担です。

まずビットコインFX(BTCFX)の両建てには、2ポジションぶんの証拠金が必要です。

通常1ポジションの証拠金で済むところ、2倍ぶんを口座残高として準備しなければいけません。

またビットコインFX(BTCFX)の両建てのもうひとつの注意点は、スプレッドやスワップポイントも2倍発生することです。

急激な価格変動でスプレッドが拡大すると、両建てが解除されてしまう可能性も否定できません。

長期的なポジション保有ではスワップポイントも発生し、徐々に口座残高を減らしていきます。

このようなことを考慮して、ビットコインFX(BTCFX)で両建てするときは、じゅうぶんな口座残高を準備してから開始しましょう。

ビットコインFX(BTCFX)の両建てを分かりやすく解説まとめ

ビットコインFX(BTCFX)の両建てを解説しました。

トレンドの方向性を見極め、柔軟に対応できる両建ては、ビットコインFX(BTCFX)の損失を抑え、利益獲得を目指すことができます。

取引所ごとにビットコインFX(BTCFX)のトレード商品が異なりますので、まずは特徴を把握しましょう。

ビットコインFX(BTCFX)の両建ては、取引所ごとに注文方法が異なり、反対売買で決済されてしまう取引所も存在します。

よく取引所ごとの特徴を比較して、ビットコインFX(BTCFX)の両建てを開始してみてはいかがでしょうか。

-ビットコインFX(BTCFX)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.