ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

ビットコインFX(BTCFX)

ビットコインFX(BTCFX)の両建てを分かりやすく解説

投稿日:

【ボーナスが手厚いおすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【4位】Binance Futuresの詳細ページはこちらから

ビットコインFX(BTCFX)の両建てとはどのようなトレード手法なの?

相場が読みにくいビットコインFX(BTCFX)に適したトレード手法を知りたい。

ビットコインFX(BTCFX)で両建てするときの注意点はなに?

海外取引所の中でビットコインFX(BTCFX)の両建てに対応しているのはどこ?

あなたは今、このようにお考えですよね。

ビットコインFX(BTCFX)でリスクヘッジしたいとお考えの方の中には両建て手法を意識する方もいるでしょう。

また両建てとはどのようなものか、わからない方もいるはずです。

ビットコインFX(BTCFX)の両建てを分かりやすく解説

ビットコインFX(BTCFX)の両建てとは

ビットコインFX(BTCFX)の両建てとは、同じ通貨ペアで買い注文と売り注文を同じタイミングで行い、ロング(買いポジション)とショート(売りポジション)を同時保有するトレード手法です。

レートが相反するロングとショートを同時に保有することで、上昇相場または下落相場のどちらににレートが進んでも、ふたつのポジションの損益は相殺されて0円に抑えることができます。

損益が0円になるのでは両建てする意味はないのではとお考えの方もいるでしょう。

もちろんビットコインFX(BTCFX)の目的は利益をめざすことですので、一見両建ては無意味なトレードでは?と思う方がいてもおかしくはありません。

最終的な両建ての目的は、この先、ビットコインFX(BTCFX)の相場の方向性が明確になったときに備えるためです。

相場の方向性が明確になると、一方のポジションでは含み損が発生するため損切りし、もう一方、含み益を抱えるポジションを生かして一気にトレンドに乗ることができます。

わざわざ両建てしなくても、ビットコインFX(BTCFX)でトレンドが発生した時点で注文を行い、ポジションをひとつだけ保有すればよいのでは、とお考えの方もいるはずです。

トレンドが発生してから注文を行うとスリッページが発生するというデメリットがあり、思わぬ価格で約定する可能性があります。

一方、事前に両建てすることで、ビットコインFX(BTCFX)のポジション保有は実現できているため、スリッページの心配はありません。

あとは不利なポジションを損切りすることで、有利なポジションだけを保有してトレンドの起点から利益を狙うことができることが、ビットコインFX(BTCFX)の両建てにおける目的であり、メリットだと言えるでしょう。

基本的に両建てとは、レバレッジ取引のリスクヘッジに用いられるトレード手法で、現物取引ではできないと考えておきましょう。

ビットコインFX(BTCFX)の両建ての注意点

前項の通り、ビットコインFX(BTCFX)の両建ては、ロングとショートを保有して、相場の方向性が明確になった時点で不利なポジションを損切りして、有利なポジションを生かしてトレンドに乗り最大限の利益をめざすトレード手法です。

ビットコインFX(BTCFX)において両建てはメリットだけしかないように感じますが、実は上級者向けのトレード手法ですので初心者には難しいと考えられています。

ここではビットコインFX(BTCFX)の両建てのデメリットや注意点をみていきましょう。

ビットコインFX(BTCFX)の両建てはスプレッドと取引手数料が2倍かかる

両建ては、ビットコインFX(BTCFX)のロングとショートを保有するため、必勝証拠金、スプレッドと取引手数料も2倍になります。

ただし取引所の中には、両建ての必要証拠金は相殺されて0になるケースもあり、業者によってさまざまです。

両建ての必要証拠金が0になる取引所では、片方のポジションがロスカットになると、もう片方のポジションの必要証拠金が発生することに注意しましょう。

スプレッドと取引手数料も倍になるため、両建てではないトレードと比較すると、コスト負担がかさみます。

特にビットコインFX(BTCFX)のスプレッドはボラリティが高いため、スプレッド拡大の恐れがあることに注意しなければいけません。

このため、ビットコインFX(BTCFX)で両建てするときは、多くの口座残高を準備しておくことが大切と言えるでしょう。

ビットコインFX(BTCFX)の両建てができない取引所もある

国内外問わず、ビットコインFX(BTCFX)の両建てができない取引所もあります。

両建てをはじめるためには、ビットコインFX(BTCFX)の両建てに対応している取引所を利用しましょう。

たとえ両建てに対応している取引所であったとしても、両建てに対応していないトレード商品もあるため、ご注意ください。

ビットコインFX(BTCFX)の両建てができる海外取引所

ここでは海外取引所の中でビットコインFX(BTCFX)の両建てに対応している業者をご紹介します。

ビットコインFX(BTCFX)の両建てができる海外取引所:CryptoGT

CryptoGTは最大500倍でビットコインFX(BTCFX)できる海外取引所です。

取引プラットフォームは、世界中のプロ投資家が愛用しているMT5を採用し、優れたチャート分析機能と注文方法を利用することができます。

両建てに役立つ機能は、チャート上からの成行注文に対応したワンクリックオーダー機能で、スピーディにビットコインFX(BTCFX)の両建ての注文や決済を実行できます。

ビットコインFX(BTCFX)の両建てができる海外取引所:Bybit

Bybitは、約定力の高さやメイカー手数料の受取、最大100倍のビットコインFX(BTCFX)で定評のある、海外取引所です。

ただし両建てはUSDT無期限契約のみ対応しており、USD建てのインバース無期限契約は非対応になるためご注意ください。

約定力の高さから両建てに最適ですが、成行注文におけるテイカー手数料は割高なります。

ビットコインFX(BTCFX)の両建てができる海外取引所:Binance

binanceは、世界一の取引量を誇り、最大20倍でビットコインFX(BTCFX)できる海外取引所です。

両建てをはじめるためには、binanceのヘッジモードを有効にする必要があります。

注文フォーム上部、レバレッジ倍率の右隣のアイコンを選択し「プリファレンス」から「ポジション値」へ進み「ヘッジモード」を選択しましょう。

「一方向モード」のままでは、反対売買を行うと決済されてしまうため両建てできません。

ヘッジモードに変更すると発注ボタンがオープンポジション用に変更されるため、両建てすることができます。

ビットコインFX(BTCFX)の両建てを分かりやすく解説まとめ

ビットコインFX(BTCFX)の両建てについて詳しく解説しました。

両建ては、ロングとショートを同時保有して損益0に抑えることですが、最終的な目的はビットコインFX(BTCFX)のトレンドの起点からポジションを保有し、最大限の利益をめざせることでしょう。

ビットコインFX(BTCFX)のリスクヘッジのために役立つ両建てですが、はじめるためには取引所選びや両建てにおける注意点があることを覚えておきましょう。

-ビットコインFX(BTCFX)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.