ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

ビットコインFX(BTCFX)

ビットコインFX(BTCFX)のショート(空売り)を分かりやすく解説

投稿日:

【ボーナスが手厚いおすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【4位】Binance Futuresの詳細ページはこちらから

ビットコインFX(BTCFX)のショート(空売り)ってなに?

ショート(空売り)にはどのようなメリットがあるの?

ビットコインFX(BTCFX)のショート(空売り)のやり方を知りたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

ビットコインFX(BTCFX)における利益獲得のチャンスを少しでも多くしたい方に適しているのがショート(空売り)という手法です。

ビットコインFX(BTCFX)のショート(空売り)を分かりやすく解説

ビットコインFX(BTCFX)のショート(空売り)とは、証拠金取引における注文方法のひとつです。

新規注文を売り注文で行い、決済注文は買い注文で行うことをショート(空売り)と言います。

ビットコインFX(BTCFX)のショート(空売り)とは?

ビットコインFX(BTCFX)のショート(空売り)とは、売り注文からはじめるトレード手法です。

ショート(空売り)は信用取引とも呼ばれています。

ビットコインFX(BTCFX)は「安く買って高く売る」ことで利益をめざします。

一方、ショート(空売り)は「高く売って安く買い戻す」ことで売買利益をめざします。

さらに深く掘り下げて、ビットコインFX(BTCFX)のショート(空売り)とはどのようなものなのかをみていきましょう。

ビットコインFX(BTCFX)のショート(空売り)は証拠金取引のひとつ

証拠金取引とは、証拠金を担保にして、ビットコインFX(BTCFX)の売買差益を狙う方法をさします。

ビットコインFX(BTCFX)では、まず新規注文をしてポジション(建玉)を保有し、ポジションは一時的に取引口座に反映されます。

そしてレート変動を待ちポジションに対する決済注文することで差額を発生させ、利益または損失が確定、売買の損益を取引口座に反映することができます。

証拠金取引とは、新規注文と決済注文をセットで行い、売買の差額を発生させる方法をさします。

ビットコインFX(BTCFX)はショート(空売り)とレバレッジ取引できる

投資の基本は「安く買って高く売る」ですので、ビットコインFX(BTCFX)でも買い注文で新規エントリーして、値上がりを待ってから売り注文で決済します。

一方、ビットコインFX(BTCFX)のショート(空売り)は「高く売って安く買い戻す」ため、売り注文で新規エントリーして、値下がりを待ってから決済注文を買い注文で行います。

売りからはじめるビットコインFX(BTCFX)はショート(空売り)ですが、買いから始めることをロングと言います。

ロング・ショートのいずれにせよ、証拠金を担保にビットコインFX(BTCFX)して、売買の差額だけを取引口座に反映させることができるトレード方法です。

よって現物取引では不可能なショート(空売り)を、証拠金取引であるビットコインFX(BTCFX)ではじめることができるのです。

もうひとつビットコインFX(BTCFX)は証拠金取引であるため、ロング・ショート(空売り)問わずにレバレッジ取引できることも特徴のひとつと言えるでしょう。

ビットコインFX(BTCFX)のショート(空売り)のメリット

ビットコインFX(BTCFX)のショート(空売り)のメリットは、相場状況に関係なくいつでもトレードできることです。

現物取引は「安く買って高く売る」という、上昇相場でしか利益を狙うことができません。

一方証拠金取引であるビットコインFX(BTCFX)は、ロングの他にも「高く売って安く買い戻す」ショート(空売り)でもトレードできます。

すなわちショート(空売り)できるビットコインFX(BTCFX)は、エントリーのタイミングが多くなることがメリットと言えるでしょう。

ビットコインFX(BTCFX)のショート(空売り)のやり方

ビットコインFX(BTCFX)のショート(空売り)のやり方をみていきましょう。

まずはビットコインFX(BTCFX)できる取引所を選び、口座開設と、入金を完了させてください。

おすすすめの取引所は、ビットコインFX(BTCFX)を最大20倍~100倍を超えるレバレッジでトレードできる海外取引所でしょう。

GMOコイン・DMM Bitcoinなどの国内取引所ではビットコインFX(BTCFX)の最大2倍のレバレッジに制限されています。

一方代表的な海外取引所でおすすめしたいのは、最大20倍のレバレッジを適用できるBinance、最大100倍のBybit、最大500倍に対応しているCryptoGTなどです。

取引所を選んだら、公式サイトの流れに沿って口座開設を完了させ、入金を行います。

ショート(空売り)のやり方は、ビットコインFX(BTCFX)のチャートで下落相場であることを確認したら、注文を行います。

注文方法のやり方は、ビットコインFX(BTCFX)の注文画面に進み、成行注文・指値注文などを選択して、数量や価格を記入したら売り注文を完了させてショート(空売り)のポジションを保有します。

そしてレートが下がったタイミングで買い注文を出し、保有中のショート(空売り)のポジションを決済することでビットコインFX(BTCFX)の利益を獲得できます。

ビットコインFX(BTCFX)のショート(空売り)の注意点

ビットコインFX(BTCFX)のショート(空売り)の注意点は、損失リスクがあるということです。

前項の通り、ビットコインFX(BTCFX)は証拠金を担保に、レバレッジをかけて証拠金の数倍におよぶ金額でトレードできます。

レバレッジをかけるメリットは大きな利益を狙えることがですが、そのぶん損失も大きくなることに注意しましょう。

ポジションに含み損が発生して、一定の証拠金を下回ってしまうと、ポジションの強制決済すなわちロスカットが執行されます。

損失リスクはショート(空売り)に限ったことではなく、ロングを含む証拠金取引全般にいえることです。

ビットコインFX(BTCFX)のショート(空売り)の損失は、投資家が借金として返済しなければいけません。

ただし海外取引所の場合は、ビットコインFX(BTCFX)の借金を取引所が肩代わりする「ゼロカット制度」が採用されているため、投資家が返済する必要はありません。

一方、国内取引所の損失は、投資家が返済する必要があります。

海外取引所は、ハイレバレッジでトレードできるうえ、損失を借金として返済する必要がないことから、ビットコインFX(BTCFX)のショート(空売り)をはじめるうえで大きなメリットだと言えるでしょう。

ビットコインFX(BTCFX)のショート(空売り)を分かりやすく解説まとめ

ビットコインFX(BTCFX)のショート(空売り)は、ビットコインの上昇相場・下落相場のどちらでも利益をめざすことができるトレード手法です。

海外取引所のショート(空売り)では、レバレッジをかけてハイリターンをめざせるだけでなく、万が一損失が発生した場合であっても借金を返済する必要がないことはメリットだと言えるでしょう。

-ビットコインFX(BTCFX)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.