ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

ビットコインFX(BTCFX)

ビットコインFX(BTCFX)のショート(空売り)を分かりやすく解説

投稿日:

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

ビットコインFX(BTCFX)のショート(空売り)ってなに?

ショート(空売り)のやり方を知りたい。

ビットコインFX(BTCFX)でショート(空売り)するメリットや注意点にはどのようなことがあるの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

ビットコインFX(BTCFX)でより多くの利益獲得のチャンスを手に入れたいとお考えの方に、ショート(空売り)は役立つトレード手法です。

ビットコインFX(BTCFX)のショート(空売り)を分かりやすく解説

ビットコインFX(BTCFX)のショート(空売り)とは、以下の3要素すべてを満たしたトレード手法です。

  • 証拠金取引である
  • レバレッジ取引である
  • 売り注文から始め、決済は買い注文であること

では具体的にビットコインFX(BTCFX)のショート(空売り)について解説していきましょう。

ビットコインFX(BTCFX)のショート(空売り)のやり方

ビットコインFX(BTCFX)のショート(空売り)のやり方は、まずはレバレッジ取引に対応している取引所へアカウント登録・口座開設します。

国内取引所では最大4倍のレバレッジまでしか対応していませんが、海外取引所は100倍・500倍などのハイレバレッジによるハイリスク・ハイリターントレードを行うことができます。

ショート(空売り)のやり方は、ビットコインFX(BTCFX)の注文フォームを表示、成行注文は数量を、指値注文は数量と価格を選択し、売り注文でエントリーするだけです。

ビットコインFX(BTCFX)で売りポジションを保有し、レートが下がったポイントでショート(空売り)の決済を行いましょう。

証拠金取引は反対売買することで決済できますので、ショート(空売り)の場合は買い注文を行います。

するとビットコインFX(BTCFX)の利益は口座残高に反映される、というのがショート(空売り)のやり方です。

ビットコインFX(BTCFX)のレートが上がり続けてしまった場合は、適切なレートでショート(空売り)を決済によって損切りすることも、やり方のひとつとして覚えておきましょう。

ビットコインFX(BTCFX)のショート(空売り)とは?

ビットコインFX(BTCFX)のショート(空売り)とは、売り注文からはじめるトレード手法です。

ショート(空売り)は、信用取引とも呼ばれています。

通常、ビットコインFX(BTCFX)では「安く売って高く売る」ことで、売買利益を獲得します。

しかしショート(空売り)とは、「高く売って安く買い戻す」ことで売買利益を狙います。

ではもっと具体的にビットコインFX(BTCFX)のショート(空売り)とはどのようなものなのかについて解説していきましょう。

ビットコインFX(BTCFX)のショート(空売り)は「証拠金取引」のひとつのトレード手法

ビットコインFX(BTCFX)のショート(空売り)は、証拠金取引のひとつです。

証拠金取引のトレード方法は、ショート(空売り)ともうひとつロングが存在します。

ロングとは、ビットコインFX(BTCFX)で買いポジションを建てることをさし、ショート(空売り)は売りポジションを保有することをさします。

ショート(空売り)・ロングに限らず、証拠金取引で新規注文を行うとポジション(建玉)を保有する形で反映され、この時点では口座資金による決済は行われません。

証拠金取引を分かりやすく解説すると、現物取引で新規注文を行った場合、お店で買い物をするのと同じようにその都度口座資金から決済が行われ、これが証拠金取引との違いと言えるでしょう。

またショート(空売り)やロングの決済は反対売買で行われ、たとえばショート(空売り)の場合は、買い注文で行います。

ショート(空売り)の決済が完了すると、ようやくビットコインFX(BTCFX)のトレード損益が口座へ反映されるのです。

ビットコインFX(BTCFX)のショート(空売り)はレバレッジ取引ができる

もうひとつビットコインFX(BTCFX)のショート(空売り)は、レバレッジ取引できます。

レバレッジ取引とは、証拠金に数倍のレバレッジをかけて担保である証拠金の何倍もの資金で取引できるトレード方法です。

たとえば1万円の証拠金で100倍のレバレッジを適用する場合、100万円ぶんのビットコイン取引ができます。

前述した通りビットコインFX(BTCFX)でレバレッジ取引できるのは、トレード差益のみが口座に反映される証拠金取引だからです。

ビットコインFX(BTCFX)のレバレッジ取引は、ショート(空売り)・ロング問わず、証拠金の何倍もの金額でトレードできるぶん、利益や損失も大きくなります。

ビットコインFX(BTCFX)のショート(空売り)のメリット

ビットコインFX(BTCFX)のショート(空売り)のメリットは、相場問わずトレードできることでしょう。

現物取引の場合は、買ったビットコインよりもレートが上がらなければ、たとえ売ったとしても利益を獲得することはできません。

ようするに上昇相場でなければ、ビットコインで儲けを得ることはできないのです。

一方ビットコインFX(BTCFX)のショート(空売り)は、売りからはじめるため、レートが下がっている相場でも利益を獲得できます。

もちろん相場に合わせてロングもできるため、ビットコインFX(BTCFX)でショート(空売り)することによりエントリーのタイミングを増やすことができるのがメリットです。

ビットコインFX(BTCFX)のショート(空売り)の注意点

ビットコインFX(BTCFX)のショート(空売り)の注意点は、ロスカットリスクがあることです。

ロスカットとは、ビットコインFX(BTCFX)のポジションが一定の含み損を抱えた場合に、これ以上含み損がふくらまないように強制決済されることをさします。

ショート(空売り)の場合は、ビットコインFX(BTCFX)のレートが上がってしまうことで含み損を抱え、ポジションが強制決済されることによって、ビットコインFX(BTCFX)で損失が確定します。

前述の通り、ビットコインFX(BTCFX)のショート(空売り)は、レバレッジによって大きな利益を狙える一方、レートの変動状況によっては証拠金以上の損失が発生するリスクが存在します。

ようするにビットコインFX(BTCFX)のロスカットとは、証拠金取引ならではのトレーダーを莫大な損失から守る制度と言えるでしょう。

また海外取引所では、ビットコインFX(BTCFX)の損失によるマイナス残高を無条件でリセットする「ゼロカット」制度を採用しています。

国内取引所のマイナス口座残高はトレーダー自身が借金として返済しなければいけませんが、海外取引所では借金返済の必要はありません。

ただしゼロカットを採用していても、ビットコインFX(BTCFX)の損失によって失った証拠金は取り戻せないこともショート(空売り)の注意点として覚えておきましょう。

ビットコインFX(BTCFX)のショート(空売り)を分かりやすく解説まとめ

ビットコインFX(BTCFX)のショート(空売り)を解説しました。

相場を選ばずにエントリー可能なビットコインFX(BTCFX)のショート(空売り)によって利益獲得をめざしやすくなります。

ロングとショート(空売り)を併用して、ビットコインFX(BTCFX)で利益獲得を狙いましょう。

【☆ボーナスあり&使いやすい必ず押さえておきたいビットコインFX取引所ランキング☆】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから(定期的な入金ボーナスがあるので特におすすめ)

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから(CryptoGTと合わせて登録しておきたい取引所)

【3位】Bybitの詳細ページはこちらから

-ビットコインFX(BTCFX)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.