ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

ビットコインFX(BTCFX)

ビットコインFX(BTCFX)が大きく動く時間帯を分かりやすく解説

投稿日:

【おすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから

【2位】FTXの詳細ページはこちらから

【3位】FXGTの詳細ページはこちらから

【4位】Binance Futuresの詳細ページはこちらから

【5位】Bybitの詳細ページはこちらから

ビットコインFX(BTCFX)が大きく動く時間帯はいつなの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

ビットコインFX(BTCFX)で利益を目指すためには、ボラリティすなわち値動きが必要です。

ここではビットコインFX(BTCFX)が大きく動く時間帯について解説していきます。

ビットコインFX(BTCFX)が大きく動く時間帯を分かりやすく解説

ビットコインFX(BTCFX)の利益獲得には、値動きすなわちボラリティが必要です。

たとえばビットコインFX(BTCFX)でビットコインを1BTC=100万円で買い、レートが101万円に上がった時点で売れば、1万円の値動きによって売買差益を獲得できます。

一方、レートが102万円に上がるまで待ち、達した時点で売れば2万円の利益を獲得できます。

ビットコインFX(BTCFX)はさらにレバレッジがかけられるため、証拠金を数倍にしてハイリターンを狙うこともできます。

いずれにしても価格が大きく動くほど、ビットコインFX(BTCFX)で利益獲得を目指しやすくなります。

ビットコインFX(BTCFX)のレートは常に変動し続け、時間帯によっては大きく動く可能性もあります。

FXや株式などの投資では、それぞれ価格が大きく動く時間帯が異なりますが、ビットコインFX(BTCFX)で価格が大きく動く時間帯は存在するのでしょうか。

ビットコインFX(BTCFX)が大きく動く時間帯を把握する前にユーザーの多い地域をチェック

24時間365日取引できるビットコインFX(BTCFX)市場だからこそ、価格が大きく動く時間帯を把握できません。

FX市場も24時間、世界中のどこかの市場で取引が行われていますが、土日は休日と定められ、地域ごとに取引時間が異なります。

為替市場が大きく動く時間帯は、FX市場の中心地であるニューヨーク市場・欧州市場、そして東京市場が開場する時間帯であり、もっとも価格が大きく動く時間帯として認識されています。

一方、年中無休のビットコインFX(BTCFX)市場は、取引時間が規定されていないため、活発に売買される時間帯、すなわち価格が大きく動く時間帯を把握するための目安がありません。

よってビットコインFX(BTCFX)が大きく動く時間帯を知るためには、ビットコインユーザーの多い国と、その活動時間を把握することです。

COINPPOST「仮想通貨の個別銘柄、日本と世界で関心度に大きな温度差─ビットコイン・イーサリアム・XRP(リップル)の現在」の記事では、Blockchaincenter.netの「Cryptocurrency World Map」グーグルトレンドの検索データをもとに、ビットコインに関心が高い国を調査した結果をまとめています。

こちらのデータから、ビットコインユーザーの多い地域は、アメリカ・アフリカであることが明確になっています。

アフリカ地域はインフラなどが確立されていない貧困地域ですので、すべての個人がビットコインFX(BTCFX)を行うことは困難です。

もちろん国や個々の貧困状況によって異なりますが、ビットコイン投資よりもまずは送金手段やインフラとしての活用に注目が集まっているのが現実ではないでしょうか。

一方、アメリカの中でも特に南米地域でビットコインFX(BTCFX)が注目されており、こちらは価格が大きく動く時間帯として影響を与えていることが考えられています。

ビットコインFX(BTCFX)が大きく動く時間帯を把握するためには出来高の多い地域にも注目

ビットコインFX(BTCFX)の価格が大きく動く時間帯を把握するためには、ユーザー数だけでなく出来高の多い地域にも注目しなければいけません。

同じくCOINPOSTの「北米と東アジアで仮想通貨投資動向に差異、銘柄比率や取引頻度を比較=レポート」ではビットコインの出来高の割合をまとめており、アメリカがもっとも大きな割合を占めています。

ビットコインの出来高は、現物取引よりもビットコインFX(BTCFX)のほうが必然的に大きくなる、すなわちビットコインが大きく動く時間帯を把握するための大きな手掛かりになると言えるでしょう。

ただヨーロッパとアメリカのユーザーを抱える6つの取引所と、東アジアユーザーを抱える同数取引所の取引頻度を比較したデータでは、東アジアユーザーのほうが北米ユーザーよりも2倍近い取引回数であることが明確になっています。

取引回数も出来高に影響を与えるため、ビットコインFX(BTCFX)が大きく動く時間帯の手掛かりになります。

ビットコインFX(BTCFX)が大きく動く時間帯はアジアとアメリカの活動時間

総じて、ビットコインFX(BTCFX)が大きく動く時間帯は、ユーザー数と出来高の多いアメリカと、取引回数の多いアジアの活動時間と言えます。

まずアジアでビットコインFX(BTCFX)が大きく動く時間帯は日本時間の17:00から翌1:00、朝の時間帯である5:00から9:00です。

一方、アメリカはアジアと14時間から17時間遅れた時間帯です。

ふたつが重なる17:00から翌1:00はアメリカの朝の時間帯にあたるため、特にビットコインFX(BTCFX)が大きく動く時間帯と言えるでしょう。

ビットコインFX(BTCFX)が大きく動く時間帯を意識する必要があるのは短期トレード

ビットコインFX(BTCFX)が大きく動く時間帯として意識する必要があるのは、スキャルピングやデイトレードなどの短期トレードです。

スイングトレードなどの長期トレードは、短時間によるレート変動ではなく長期にわたる価格変動でトレードするため、日々のビットコインFX(BTCFX)で大きく価格が動く時間帯を意識する必要はありません。

一方、数秒や数分、または数時間でビットコインFX(BTCFX)の利益を狙う短期トレードは、価格が大きく動く時間帯を狙ってトレードすることで利益を狙いやすくなります。

ビットコインFX(BTCFX)が大きく動く時間帯を分かりやすく解説まとめ

ビットコインFX(BTCFX)が大きく動く時間帯について解説しました。

このようにビットコインFX(BTCFX)が大きく動く時間帯は、ユーザーの多い地域や出来高が多い地域の活動時間帯が大きく影響を与えています。

ビットコインFX(BTCFX)はボラリティが高い時間帯ほど利益を狙いやすくなるため、ビットコインFX(BTCFX)が大きく動く時間帯はきちんと把握しておくとよいでしょう。

ただビットコインFX(BTCFX)が大きく動く時間帯は、スキャルピングやデイトレードに影響を与えます。

短期トレーダーは特にビットコインFX(BTCFX)が大きく動く時間帯を理解すべきと言えるでしょう。

-ビットコインFX(BTCFX)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.