ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

Binance(バイナンス)

Binance(バイナンス)の使い方を分かりやすく解説

投稿日:

【おすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから

【3位】FTXの詳細ページはこちらから

【4位】Binance Futuresの詳細ページはこちらから

Binance(バイナンス)の使い方や手順は、どのように進めたらいいの?

入出金方法やトレード方法の使い方がわからない。

Binance(バイナンス)の日本語対応や、スマホアプリの使い方に対応しているのかを知りたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

Binance(バイナンス)は世界トップクラスの取引量と取扱通貨数を誇る、海外の仮想通貨取引所です。

ここではBinance(バイナンス)の使い方の特徴や手順について解説していきます。

Binance(バイナンス)の使い方を分かりやすく解説

Binance(バイナンス)の使い方における特徴は、以下の通りです。

  • 日本人でもスムーズな使い方ができるよう日本語翻訳機能に対応
  • 公式スマホアプリにも対応、PC版と同じ使い方ができる
  • 2段階認証と本人確認を完了しなければ入出金と取引ができない
  • 入金方法の使い方は、仮想通貨だけでなく、日本円のクレジットカード購入にも対応
  • マージン取引と先物取引はスポット取引のウオレットから資金移動する必要がある
  • TradeViewでチャート分析できる

ではここからは、Binance(バイナンス)の基本的な使い方を手順に沿ってみていきましょう。

Binance(バイナンス)の使い方 アカウント登録と口座開設

Binance(バイナンス)の使い方は、まずアカウント登録からはじめます。

「登録」からメールアドレスとパスワードを登録して、メール認証を完了させましょう。

つづいての使い方は、2段階設定を完了させましょう。

Binance(バイナンス)にログインして、「アカウント」アイコンから「セキュリティ」へ進み、流れに沿って進めます。

SMS認証またはGoogle認証のいずれかを、自由に選択できます。

最後、口座開設の使い方として本人確認を進めていくので、本人確認書類として、パスポートなどの身分証明書を準備してください。

そしてBinance(バイナンス)の「アカウント」アイコンから「セキュリティ」へ進みます。

流れに沿って「認証」で個人情報を登録し、「認証プラス」で準備した書類の提出と、自撮りで顔認証し、申請を行います。

最短数分でBinance(バイナンス)の確認手続きは完了し、承認がおりることで、入金とトレードを開始できます。

Binance(バイナンス)の使い方 入金方法と出金方法

つづいてのBinance(バイナンス)の使い方として、仮想通貨の入金方法と出金方法をみていきます。

入金方法の使い方は、Binance(バイナンス)の「ウオレット」へ進み、「フィアットと現物」から入金するコインの「入金」を選択します。

「ネットワーク」を選択し、入金アドレスをコピーして、入金元である外部ウオレットの出金画面に貼り付けて、手続きを完了させましょう。

出金方法の使い方は、同じくBinance(バイナンス)のウオレットから、出金するコインの「出金」を選択します。

出金先である外部ウオレットから入金アドレスをコピーして、「アドレス」欄に貼り付け、「数量」等を記入して、手続きを完了させましょう。

Binance(バイナンス)はクレジットカード購入による使い方にも対応している

Binance(バイナンス)は日本円による入金方法に対応していないため、国内取引所に入金して仮想通貨を購入し、Binance(バイナンス)へ仮想通貨を送金するという使い方をします。

唯一日本円に対応しているのは、クレジットカードでコインの購入を行い、仮想通貨を入金する方法です。

クレジットカードによる購入方法は、仮想通貨の入金方法の手続きをワンステップで完了するという使い方ができてとても便利ですが、決済手数料は高くなります。

使い方は、Binance(バイナンス)の「仮想通貨を購入」から「クレジットカード・デビットカード」を選択して、「使う」で日本円、「受信」で購入したいコインを選択して、流れに沿って進めてください。

Binance(バイナンス)はマージン取引・先物取引の使い方は専用ウオレットへの資金移動が必要

ここまで解説してきた入金方法の使い方は、Binance(バイナンス)のメインウオレット兼スポット取引(現物取引)のウオレットへの入金方法になります。

マージン取引(信用取引)と先物取引を行う場合は、スポット取引のウオレットから専用ウオレットへ資金移動する必要があります。

資金移動の使い方は、Binance(バイナンス)の「ウオレット」から、「マージントレード用ウオレット」または「先物ウオレット」のいずれかへ進み、各手順に沿って振替手続きを完了させましょう。

Binance(バイナンス)の使い方 トレード方法

つづいてのBinance(バイナンス)の使い方は、トレード方法をみていきます。

まずはじめの使い方は、Binance(バイナンス)のヘッダーのメニューからトレード商品を選択します。

  • スポット取引:Binance(バイナンス)の「トレード」から「クラシック」を選択
  • マージン取引:Binance(バイナンス)の「トレード」から「マージントレード」を選択
  • 先物取引:Binance(バイナンス)の「デリバティブ」から「USDⓈ-M」「COIN-M」のいずれを選択

なお先物取引の「USDⓈ-M」は無期限のUSDT建てで、「COIN-M」は期限付きのUSD建てトレードになります。

つづいての使い方は、チャートの確認方法と注文方法を行うために、銘柄を選択する方法です。

スポット取引とマージン取引は、画面右の仮想通貨ペア一覧から、銘柄を選択しましょう。

マージン取引は、通貨ペア隣の「×**」の数値がレバレッジになりますので、トレードに適用したいレバレッジの項目を選択してください。

一方先物取引は、チャート上部の通貨ペアのプルダウンメニューから、銘柄を選択してください。

これでBinance(バイナンス)のチャートの確認方法をスタートできます。

公式のチャートだけでなく「TradeView」を選択するだけで、豊富なインジケーター・時間足・トレンドラインなどを活用しながら優れたチャート分析機能にを活用する使い方にも対応しています。

トレード方法における最後の使い方は、Binance(バイナンス)の注文方法です。

スポット取引とマージン取引は画面下、先物取引は画面右側の注文フォームを記入していきましょう。

まずはじめに、注文フォームで注文方法を選択し、指定された項目の記入を行います。

以下は取引商品ごとに対応している注文方法です。

  • リミット(指値注文):スポット取引・マージン取引・先物取引
  • マーケット(成行注文):スポット取引・マージン取引・先物取引
  • ストップリミット(逆指値注文):スポット取引・マージン取引・先物取引
  • OCO:スポット取引・マージン取引
  • ストップマーケット(逆指値注文):先物取引
  • トレーリングストップ:先物取引
  • ポストオンリー:先物取引

成行注文は数量、指値注文は価格と数量を記入して、発注を完了しましょう。

なお先物取引は、クロスマージンまたは分離マージンのいずれかと、最大20倍までのレバレッジを選択できます。

これでBinance(バイナンス)における基本的な使い方ができます。

Binance(バイナンス)の使い方はレバレッジトークン・ステーキング・レンディングなどにも対応

ここまでBinance(バイナンス)の基本的な使い方を解説してきました。

上項のトレード方法の他にも、Binance(バイナンス)はレバレッジトークンの取引や、ステーキング・レンディングなど、さまざまな使い方に対応しています。

レバレッジトークンとはロスカットがない取引商品で、そのかわりに毎日のリバランスによってレバレッジの調整を行い、規定値に戻すトレード商品です。

ステーキングはBinance(バイナンス)で仮想通貨を保有するだけ、レンディングはBinance(バイナンス)に仮想通貨を貸し出すだけで年利を受け取る投資方法です。

ぜひ自分のニーズに合わせてBinance(バイナンス)をご利用ください。

Binance(バイナンス)の使い方を分かりやすく解説まとめ

Binance(バイナンス)の基本的な使い方を中心に解説しました。

世界一の取引量を誇るだけあり、Binance(バイナンス)の仮想通貨の使い方は多岐にわたります。

こちらではまだまだ紹介しきれない使い方がありますので、ぜひBinance(バイナンス)で探してみてください。

-Binance(バイナンス)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.