ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

Binance(バイナンス)

Binance(バイナンス)の取引履歴・資産確認を分かりやすく解説

投稿日:

【おすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから

【3位】FTXの詳細ページはこちらから

【4位】Binance Futuresの詳細ページはこちらから

Binance(バイナンス)の取引履歴や資産確認の方法がわからない。

取引履歴をダウンロードしたいけれど、どのようなやり方をすればいいの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

Binance(バイナンス)ではトレード中の損益にだけでなく、取引履歴を確認したり、ダウンロードしたりする必要が出てきます。

またBinance(バイナンス)にどのくらいの残高があるのか、資産の確認を行いたいという方もいるはずです。

Binance(バイナンス)の取引履歴・資産確認を分かりやすく解説

Binance(バイナンス)の取引履歴を見てトレードをフィードバックすることや、資産確認で口座残高を把握することは、トレードするうえでかかせないことです。

特に取引履歴は、確定申告書の作成で必要になるため、年明けすぐにダウンロードしなければいけません。

Binance(バイナンス)は常時取引所の更新を行っているため、同じ手順で取引履歴を確認したりダウンロードしたりできるとは限らないことに注意しましょう。

ここでは2021年9月現在の、Binance(バイナンス)の取引履歴と資産確認のやり方またはダウンロード方法についてみていきます。

Binance(バイナンス)の取引履歴の確認とダウンロードするやり方

現物取引の取引履歴の確認とダウンロードするやり方

まずはBinance(バイナンス)で現物取引の取引履歴を確認するやり方をみていきましょう。

メインメニュー「注文」から「現物取引」へ進みます。

左側のメニューへ移動し「トレード履歴」を選択しましょう。

現物取引の取引履歴が表示されますので、取引履歴を確認したい期間・通貨ペア・サイド(購入or売却)をセットしたら「検索」をかけると、条件にマッチした取引履歴を抽出できます。

Binance(バイナンス)の取引履歴を確認したら、ダウンロードするやり方をみていきましょう。

取引履歴上部、右側の「取引履歴のエクスポート」を選択しましょう。

ポップアップに取引履歴をダウンロードする期間を設定し「出力」を選択することで、csv形式で現物取引の取引履歴をダウンロードできます。

マージン取引と先物取引の取引履歴の確認とダウンロードするやり方も同じ

Binance(バイナンス)では、現物取引と同じやり方で、マージン取引と先物取引の取引履歴の確認とダウンロードをすることができます。

メインメニュー「取引」から「マージン取引」または「先物取引」を選択します。

取引履歴のページへアクセスしたら、期間・通貨ペア・サイドをセットし、検索しましょう。

ただしマージン取引は「クロスマージン」と「分離マージン」、先物取引は「USDⓈ-M先物」「COIN-M先物」で、それぞれ取引履歴が区別されていますので、必要なものを選択して取引履歴を確認、ダウンロードしてください。

ステーキング・レンディングの取引履歴を確認するやり方

Binance(バイナンス)のステーキングとレンディングの取引履歴を確認するやり方もほぼ同じですが、少しわかりにくいかもしれません。

メインメニュー「取引」から「収益履歴」を選択します。

画面左側のメニューへ移動し「収益履歴」内の「セービング」または「ステーキング」を選択し、取引履歴へアクセスします。

セービングとは、レンディングをさしています。

レンディングでは、フレキシブル・定期・アクティビティ・セービングトライアルの中から、ステーキングは定期ステーキング・DeFiステーキングのいずれか、取引履歴を表示したいものを選択しましょう。

最後に現物取引と同じく、通貨・種別・日付を選択して「検索」すると、取引履歴を確認できます。

入出金における取引履歴の確認とダウンロードするやり方

Binance(バイナンス)の入出金における取引履歴を確認するやり方は、「ウオレット」から「取引履歴」に進みます。

仮想通貨・フィアット(法定通貨)・振替などから選択しましょう。

検索フォームの「振替」で入金・出金など、「時間」から期間、「資産」を選択すると、入出金を確認できます。

Binance(バイナンス)の入出金履歴をダウンロードするやり方は、「すべてのステートメントを生成する」を選択します。

画面に、期間・アカウント・通貨を選択して「出力する」を選択します。

生成には少々時間がかかりますので待ちます。

Binance(バイナンス)から入出金履歴の生成が完了したという通知が届きますので、ふたたび「すべてのステートメントを生成する」から「ダウンロード」を選択して、入出金履歴を取得しましょう。

Binance(バイナンス)で資産確認するやり方

Binance(バイナンス)で資産確認するやり方をみていきましょう。

現物取引のウオレットで資産確認するやり方は、メニューの「ウオレット」から「フィアットと現物」を選択すると確認できます。

マージン取引・先物取引で資産確認するやり方も、「ウオレット」から「マージントレード用ウオレット」または「先物ウオレット」を選択して確認してください。

また現物ウオレットへアクセスすると、画面左側からもマージン取引と先物取引のウオレットへアクセスして、資産確認することもできます。

Binance(バイナンス)の取引履歴の確認とダウンロードするときの注意点

Binance(バイナンス)の取引履歴の確認をするためにダウンロードするときの注意点があります。

まず1回にダウンロードできる期間は3ヶ月間、現物取引に限り6か月間まで、または1万件のどちらかに制限されています。

制限を超えてダウンロードしたい場合は、制限に収まるよう期間や件数を抑えて複数回のダウンロードを繰り返したうえで、古いファイルから順番にアップロードしましょう。

Binance(バイナンス)の取引履歴・資産確認を分かりやすく解説まとめ

Binance(バイナンス)の取引履歴と資産確認について解説しました。

取引履歴の確認方法は、トレードメニューから各取引商品に進むことで取得でき、ダウンロード方法もわかりやすいです。

ただし取引所の更新によって、取引履歴のページは頻繁に移動する傾向があるうえ、日本語の翻訳機能がうまく働かずに意味の分からない日本語に翻訳されてしまう場合もあるため、使いづらい方もいるはずです。

資産確認のやり方も、各ウオレットへアクセスすることでできます。

わかりにくいのが、Binance(バイナンス)の入出金履歴を取得する方法ですので、こちらでは手順を追って詳しく解説しました。

入出金履歴は、通貨や期間を指定して、一度Binance(バイナンス)へダウンロード申請を行う必要があります。

ダウンロード手続きに手間がかかり面倒ではありますが、手順に沿って進めることでスムーズに完了するでしょう。

-Binance(バイナンス)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.