ゼロからはじめるビットコイン

ビットコインをゼロからはじめる方向けの情報を記載しています

アーカイブ

【お問い合わせにについて】
広告掲載などの「お問い合わせ」は下記よりお願い致します。

>>お問い合わせはこちらから

Binance(バイナンス)

Binance(バイナンス)のステーキングを分かりやすく解説

投稿日:

【おすすめのビットコインFX取引所ランキング】

【1位】CryptoGTの詳細ページはこちらから

【2位】FXGTの詳細ページはこちらから

【3位】FTXの詳細ページはこちらから

【4位】Binance Futuresの詳細ページはこちらから

Binance(バイナンス)のステーキングとはいったいなに?

ステーキングの報酬はどのくらい?

Binance(バイナンス)のステーキングのやり方を知りたい。

あなアは今、このようにお考えですよね。

Binance(バイナンス)は世界一の取引量を誇る海外の仮想通貨取引所であり、多くの銘柄やトレード商品で取引できるのが魅力です。

投資方法のひとつとして、ステーキングの知名度は高まりましたが、その原点はBinance(バイナンス)と言っても過言ではありません。

ここではBinance(バイナンス)のステーキングについて解説していきます。

Binance(バイナンス)のステーキングを分かりやすく解説

Binance(バイナンス)のステーキングとは?

Binance(バイナンス)のステーキングとは、専用のウオレットに仮想通貨やトークンを預け入れることで、ブロックチェーンネットワークの維持・運用に貢献できるサービスです。

ブロックチェーンネットワークの運用に貢献した見返りとして、報酬を受け取ることができます。

投資目的のステーキングは、仮想通貨売買のようにチャート分析や注文方法の知識は不要で、レンディングのように他のユーザーへ仮想通貨を貸し出すわけもありません。

ステーキングは、Binance(バイナンス)の専用ウオレットへ一定期間にわたり仮想通貨を預けるだけでできる、長期資産運用と言えるでしょう。

Binance(バイナンス)のステーキングの種類と銘柄

Binance(バイナンス)のステーキングの種類と、各ステーキングの対応銘柄についてみていきましょう。

2021年8月25日現在の情報をもとに解説していきます。

Binance(バイナンス)のフレキシブルステーキング

フレキシブルステーキングとは、Binance(バイナンス)に仮想通貨やトークンを預け入れる期間に応じた利子を受け取れるサービスです。

預入期間が決まっていないため、好きなタイミングで償還できることがメリットです。

デメリットは、自由に償還できるぶんリターンが少ないことでしょう。

現在、取扱銘柄はありません。

Binance(バイナンス)の定期ステーキング

定期ステーキングとは、Binance(バイナンス)に一定期間、仮想通貨やトークンを預け入れることで利子を受け取れるサービスです。

預入期間中は、仮想通貨やトークンがロックされるため、トレードや出金することができません。

ステーキングの期間は、7日・15日・30日・60日・90日などの中から、銘柄ごとにいくつかの選択肢が設けられているため、任意で選択することができます。

フレキシブルステーキングのように自由なタイミングで仮想通貨やトークンを利用することができないのはデメリットですが、利率が高くリターンが多くなることはメリットでしょう。

定期ステーキングの銘柄は、DASH・BMB・XTZ・XEM・EOS・LSK・QTUM・IOSTを含む68種類です。

Binance(バイナンス)のDeFiステーキング

DeFiステーキングとは、Binance(バイナンス)から分散型金融(DeFi)という金融サービスに仮想通貨やトークンを預け入れることで利子を受け取れるサービスです。

複雑なしくみやインターフェースによってあまり普及しなかったDeFiを、Binance(バイナンス)の介入によって初心者でも手軽に利用できるようになりました。

DeFiステーキングでも、資産を自由に償還できる「フレキシブル」か、一定期間「ロック」されるタイプのいずれかを選択できます。

現在のDeFiステーキングは、フレキシブルタイプのみ、利用できます。

DeFiステーキングの銘柄は、BTC・ETH・USDT・BUSD・USDC・LINK・DAI・BNBを含む11種類です。

Binance(バイナンス)のステーキングの年利・報酬

Binance(バイナンス)のステーキングの年利は、銘柄ごとに異なります。

たとえばBNBトークンのステーキングを、30日間で行うと年利8.26%、90日間で行うと年利12.96%です。

年利とは1年間預けたときに受け取れる利息をさしています。

100万円を元手に1年間ステーキングすると、30日間の場合は年間82,600円、90日間の場合は129,600円を1年間で受け取れます。

Binance(バイナンス)のステーキングの報酬は、日割りで計算されます。

たとえば上述の30日間の場合は、1日当たり226.30円(=82,600÷365=226.30)ですので、30日で6789.04円をステーキング報酬として受け取れます。

Binance(バイナンス)のステーキングのやり方

Binance(バイナンス)のステーキングのやり方をみていきましょう。

ステーキングの事前準備として、まずBinance(バイナンス)のウオレットに仮想通貨やトークンを保有している必要があるため、購入するまたは外部ウオレットから送金してください。

Binance(バイナンス)のウオレットに仮想通貨を準備できたら、いよいよステーキングのやり方に進みます。

まず「ファイナンス」から「バイナンスアーニング」に進み、画面をスクロールして「定期ステーキング」の「詳細」を選択します。

Binance(バイナンス) 定期ステーキングのやり方

「定期ステーキング」タブが選択されていることを確認し、Binance(バイナンス)でステーキングしたい銘柄の「今すぐステーク」を選択します。

ステーキングの「期間」「ロック金額」を記入して、利用規約をチェックしてから「承認」をクリックしましょう。

Binance(バイナンス) DeFiステーキングのやり方

「DeFiステーキング」タブを選択し、Binance(バイナンス)でステーキングしたい銘柄の「今すぐステーク」を選択します。

ステーキングの種類を「フレキシブル」または「ロック」から選択し、「期間」「ロック金額」等を記入して、利用規約をチェックしてから「承認」をクリックしましょう。

Binance(バイナンス)のステーク(ステーキング)の収益・利益の確認方法

ステーキング申し込み後、現在のステーク状況の確認方法は、Binance(バイナンス)の「ウオレット」から「収益」を選択します。

「定期ステーキング」または「DeFiステーキング」タブを選択すると、ステーキングの履歴を確認できます。

Binance(バイナンス)のステーキングの早期償還のやり方

Binance(バイナンス)のステーキングの早期償還のやり方は、「ウォレット」から「収益」へ進み、「定期ステーキング」から「ロック」を開き「早期償還」をクリックするだけです。

ステーキングの早期償還におけるやり方には、ふたつの注意点があります。

まずBinance(バイナンス)で早期償還の手続きを完了したあと、ステーク資産のロック解除には一定時間が必要です。

定期ステーキングは、翌日に資産を償還できますが、仮想通貨やトークンのロック解除と資金の償還には各1日かかります。

時差の関係で、仮想通貨やトークンを受け取るまでに、、最大48から72時間かかることも考えておく必要があるでしょう。

またBinance(バイナンス)のステーキングで早期償還を選択した場合、元本割れはありませんが、ロック期間中の分配利息が元本から差し引かれます。

Binance(バイナンス)のステーキングで売り切れのときの対処法

Binance(バイナンス)のステーキングは先着順ですので、人気の銘柄はすぐに売り切れてしまいます。

売り切れる銘柄の特徴は、人気の仮想通貨またはトークンの中でも、特にステーキングの期間が長い銘柄でしょう。

Binance(バイナンス)のステーキングをはじめるために重要なことはタイミングです。

ステーキングで売り切れるときの対処法は、Binance(バイナンス)のステーキングのページをこまめに確認するだけしか方法がありません。

タッチの差で売り切れることも少なくないため、事前にステーキングする銘柄を決めておき、Binance(バイナンス)のステーキングで空き枠を見つけたら、即座に申し込みましょう。

Binance(バイナンス)のステーキングを分かりやすく解説まとめ

Binance(バイナンス)のステーキングは、仮想通貨を専用ウオレットに預けるだけで利子を受け取ることができるサービスです。

たとえばガチホしている仮想通貨がある場合、Binance(バイナンス)のステーキングに預けるだけで、本来では受け取ることのできない利子を稼げます。

賢く仮想通貨を運用したい方にBinance(バイナンス)のステーキングはおすすめと言えるでしょう。

-Binance(バイナンス)

Copyright© ゼロからはじめるビットコイン , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.